そうですね 意味。 されるとなさる、敬語の意味の違いは何?例文で使い方を詳しく解説! | コトバの意味紹介サイト

質問に「そうですね」と考え中の意味で返すのは・・・

そうですね 意味

結論だけを書くと、正しいとか正しくないという問題ではありません。 やめたほうがいいですよ。 妙にもったいをつけている感じで、偉そうな印象になることさえあります。 有名人(とくにスポーツ選手)が「そうですね」で返すのは、単なる口癖でしょう。 決して望ましいことではありませんが、インタビューは基本的に「される人」のほうが立場が上なので許されているだけです。 日常生活で「そうですね」を口癖にしているのは、日本語として「間違い」ではありませんが、マナーとしてはよくありません。 mx5ggさんは「何度か他の上司からも指摘されたこと」があるのですから、単なる口癖なのでしょう。 上司に対していつもそんな言い方をしていたら、怒鳴られてもしかたがありません。 ちなみに「えっと……」はもっとダメです。 「そうですね」が気になる人は、「えっと……」はもっと気になるはずです。 余計なことは言わずにできるだけ早く答えるのがイチバンです。 どうしても間が持たないなら「少々お待ちください」くらいですかね。 これならマナーとしては問題ありません。 しかし「少々お待ちくださいって何?さっさと答える!」と言われるかもしれません。 以前、別の質問板に書いたコメントを転載します。 「そうですね」が好ましくない理由は、2つ考えられます。 目上の人に対して語尾に「ね」をつけるのはよくない……これもそのとおりでしょう。 個人的にはもうひとつの理由のほうが大きい気がします。 質問者は普段から「そうですね」が口癖になってはいませんか。 「とりあえずな返答をしてしまった」という表現が少し気になりました。 どんなときにも反射的に「そうですね」と言う人は多いようです。 これが気になる人には気になります。 典型的なのはスポーツ選手のインタビューでしょう。 何を聞かれても、まず「そうですね」と言う人がけっこういます。 詳しくは下記をご参照ください。 以下は一部の抜粋(重言)。 当方の壊れかけた記憶だと、野球選手の間で始まった流行だと思います。 江川卓選手がインタビューのときに使っているのが目立つな……と思っていたらアッと言う間に広まったような。 下記が参考になると思います。 【質問に対し、初めに「そうですね・・・」という言い方 - その他 スポーツ - 教えて!goo】 回答コメントの中に大石選手の名前があります。 大石選手の現役期間は1981年~1997年。 江川選手の現役期間は1979年~1987年。 同時期と言えなくもないような……。 とりあえず相手の言葉を肯定するのはコミュケーション術にもある心得ですから、理にかなっているのでしょう。 もちろん、「時間稼ぎ」の側面もあると思います。 もともとは、黙って考え込むより、なんか賢そうな印象があったような(みんながやると、決して「賢そうな印象」ではないのですが……)。 ================================ 途中でユニークなコメントが入っている。 「某将棋指し」が言っていたんですか。 三流週刊誌並みの信憑性のなさだな。 誰がいつ頃言ったと何に書いてあるんですか? たしかに羽生名人がそんな言い方をするのを見たことがある。 でもそれは「そう……ですねぇ……」と言いながら頭脳がフル回転しているのがうかがえる。 これは賢そうな印象の典型。 一方スポーツ選手がどんな質問に対しても「そうですね」と言うのは逆に見える典型。 一緒にされてもなぁ。 当方が張ったリンク先に、「そうですね」に関するすごい考察がある。 「そうですね」のルーツとして次のものをあげている。 1 具志堅用高の「ちょっちゅね~」 2 田中角栄の「まあその~」 3 大平正芳の「あ~う~……」 3 はいくらなんでも違うだろう(笑)。 わたしも回答でよく使います。 ^^ ただ、常に使うというわけではありません。 無意識に使っているのですが、その無意識の中身を探ってみると、どうも、 「そうですね」は、 「そうですね・・・。 わたしにとってなかなか難しい問題のように思えるので、拙速に対応するのではなく、考えをよく練ってからじっくりと回答してみたいと思います」 の略のようです。 「それだけじっくり考えたのだから素晴らしい回答だと言いたいのか?何だよ偉そうに・・・ぷんぷん」 のような突込みが入る余地も当然あります。 つまり、 「あなたはそんな素晴らしい回答ができるだけの人物じゃないだろ!」 という感覚を相手が持っている場合に、「そうですね」は忌避される。 ということになるでしょう。 このように、良くも悪くも「そうですね」は自負心の現われであるため、それに続く内容に、ある程度の価値が暗黙的に求められます。 上司に対する 「そうですね~、15日にはできると思います」は 「上司に対して自負心をひけらかすとは不届きである」 「どんな素晴らしい内容かと思えば、その程度のことをもったいぶって言うんじゃない」 という2点で上司の逆鱗に触れた可能性が高いと言えます。 「えっと」は子供言葉ですから、仕事で使うのには適しません。 上司への対応としては、どんな質問であれ、とりあえず「はい!」と言って畏まっている姿勢を示してから話し始めるのがコツです。 「おい、今夜一杯いくか」 「そうですねー、じゃぁ2時間だけ、すみません」 とかなら言われないと思います。 でも、その企画書は貴方が あるいは貴方を中心に 作成してるんですよね、つまりお仕事です。 上司は企業人たる貴方が常にその「仕事」の事を考えていると思って質問しています。 当然即答されると思っています。 普段から考えてる筈だから、考えてから、などはあり得ない、上司としては当たり前の気持ちです。 「えっと」は論外、友達じゃないんだから。 まして貴方上司にインタビュされてる有名人じゃないし 個人的には有名人だからって偉い訳じゃないんだから「生意気だ」と思う事もあります。 まぁ口癖になってる場合もあると思いますので 「ほんとですかー」って口癖の人がいますが、個人的に大嫌いです。 余談 、おいおい直してくってことで。 会話の間を持つ単語として「そうですね」は一番使いやすい。 「そうですね。 私もそう思います。 」という様に肯定する場合でも 「そうですね。 でもこういう考えも出来るのではでしょうか」と言うようにやんわりと否定する場合にも使えます。 流石に頭から否定するような場合には適さないですが・・・・ と言うように、会話において話と話の間を保つ一つの方法として「そうですね」を使う事はごく普通に使われます。 上司から事前に企画書の作成を指示されているような場合、何日頃まで作成できるのかという点は事前に理解できている筈です。 その様な状況であれば、完成予定を問われて即答してくれる事を上司が期待していたのでは無いでしょうか? そうでは無くて、議論の中で企画書を作ることになりその完成までを問われたのなら『そうですね。 』と間を置いて時数や日数を計算するのは普通の事です。 何も考えずに、即答する方がおかしな話。 ま、一般的にはそうであっても、貴方と上司の関係、議論の内容、貴方の普段の言葉遣いなど、その他の要因もあるので、この場合にどちらが間違っているのか判断するのは難しいんじゃないのか? 少なくとも『この「そうですね」の使い方で何度か他の上司からも指摘されたことがあります。 』という認識があるんでしょうから、特定の上司の思い込みとも言えない。 Q 最近新しいバイト先に変わったのですが、そこの先輩が口煩い上に贔屓ばかりする人で… 私が何かすると怒るのですが、新しく入ってきたバイト 私より3日後ぐらい には、同じ事でも全く怒っていません。 とにかくそんな人先輩として信頼して見れないので、 その人の言動で納得できない事があったので皆様の意見を頂戴したいです。 『そうですね』 というのは、お客様に対して失礼にあたりますか? このバイト先の先輩がいうには語尾に『~ね』は失礼だと言うのですが。 確かに『そうね』など、ですの部分が抜けてれば失礼だと思います。 しかし、『そうですね』って言い方は『~です』って敬語が含まれていますし、私は今まで敬語だと思ってました。 因みに、社員の方や他のバイトの方も普通に使ってらっしゃいます。 皆様はどう思われますか? お客様の立場からの意見でも構いません。 宜しくお願いいたします。 補足必要な所あれば補足致します。 A ベストアンサー はじめまして。 日常的には、「はい、そうですね」が良いと思います。 はっきり、頭に「はい」をつけて下さい。 また「そうですか」は、「本当にそうですか?」というニュアンスで伝わる場合があるので避けるべきです。 「はい、そうですね」は、頭と語尾で、はっきり肯定しているので、相手に不快感は、よっぽどでなければ与えないと思います。 よほど目上の方には、「はい、左様ですね。 」「はい、そのように致します。 」のように、しっかり敬語を使われる必要も出て来ますが、日常的には丁寧語でも大丈夫だと思われます。 あえて、アドバイスさせて頂くとすれば、「はい、そうですね」ばかりを使わない方が、話を聞いていることが伝わると思います。 「はい、そうですね。 」という風に、はっきり尊敬の気持を表すと、次に質問されても、また教えて下さる気持ちを持って頂けるのでは? また、おうむ返しも、お相手を肯定する有効な相づちだと言われます。 また、自分の中で確認を取れるので、大切なことは、繰り返しながら、お話を聞かれると良いと思います。 「会議は、明日の3時半からだよ。 」 「明日の3時半からですね。 はい、了解しました。 」 等のように使います。 ご参考まで。 はじめまして。 日常的には、「はい、そうですね」が良いと思います。 はっきり、頭に「はい」をつけて下さい。 また「そうですか」は、「本当にそうですか?」というニュアンスで伝わる場合があるので避けるべきです。 「はい、そうですね」は、頭と語尾で、はっきり肯定しているので、相手に不快感は、よっぽどでなければ与えないと思います。 よほど目上の方には、「はい、左様ですね。 」「はい、そのように致します。 」のように、しっかり敬語を使われる必要も出て来ますが、日常的には丁寧語でも大丈夫だと思わ... A ベストアンサー こんにちは。 以前書いたもののコピーですが。 4 V-てから 「~あとで」と同じく、時間的前後関係を表しますが、より「順序」という 意味合いがあります。 ふたつの事柄のうち、どちらが前か後かを述べる場合は、 「~あとで」でも「~てから」でもいいのですが、順序が決まっている事柄の 場合は、「~てから」の方がぴったりします。 買物をしてから、映画を見ました。 これが終ってから、あちらの仕事に取りかかろう。 歯を磨いてから朝御飯を食べますか、朝御飯を食べてから歯を磨き ますか。 見てから読むか、読んでから見るか。 ピカッと光ってから、どーんと音が聞こえる。 以上の例では「~あとで」でも言えますが、以下の例ではどうでしょうか。 切符を買ってから中に入る。 ちょっと口をすすいでから歯を磨く。 準備運動をよくしてから、泳いでください。 これらは、「~あとで」で言えないことはありませんが、少し不自然です。 これらの「AてからB」のAは、Bをするために必要なことで、「あと」にす るのでは無意味な場合です。 また、時間の経過を表す場合も、「~あとで」は不自然です。 夜が明けてから人家を探そう。 (?あとで) 秋が来てから、急に人通りが多くなった。 占領が終わってからでも、もう50年近くの時間が過ぎた。 最初の文明が生まれてから1万年。 「だ」が付いて文末に来る場合もあります。 「~のN」の形にもなります。 乾杯は会長が来てからだ。 起こすのは医者が来てからでいい。 そのあとのことは、まずやってみてからの話だ。 「V-てからでないと、~ない」という表現がよく使われます。 まずモノを見てからでないと、何とも言えませんね。 入会金を払ってからでないと、アクセスできません。 それから、「Aのあと今まで に 」「A以来ずっと」の場合も「~てから」 が使われます。 勉強を始めてから、多くのことを学びました。 生れてから、ずっとこの町に住んでいます。 パソコンもウインドウズになってから、多少使いやすくなった。 「AてからBまで」の形にもなります。 小学校に入ってから大学を出るまで、ずっと机の前に座っていた。 小学校に入ってから大学を出るまでの16年間 「は/も/より」などの副助詞をつけることもできます。 来てからは/も 来てからさえ も 来てからより も ここに移ってからは、時間がゆったりと流れるようです。 こんにちは。 以前書いたもののコピーですが。 4 V-てから 「~あとで」と同じく、時間的前後関係を表しますが、より「順序」という 意味合いがあります。 ふたつの事柄のうち、どちらが前か後かを述べる場合は、 「~あとで」でも「~てから」でもいいのですが、順序が決まっている事柄の 場合は、「~てから」の方がぴったりします。 買物をしてから、映画を見ました。 これが終ってから、あちらの仕事に取りかかろう。 歯を磨いてから朝御飯を食べますか、朝... 当時の私は、その内容を忘れていたわけではなく、あくまで確認をしたいんだというニュアンスを伝えたいがためにこのような念を押す言葉遣いになっていたようです。 また社会人も間近ですし、少しずつ言葉遣いを直したいと思っています。 ご教示お願いいたします。 A ベストアンサー 「そうなんですか」「そうなんですね」自体が会話用語で、 ビジネス用語、マナー用語としては使わないと思います。 A ベストアンサー おじさんです。 男はね、最初はの頃は、その女性に対し、もの珍しさもあり テンションは上がっているものです。 でも、そのテンションは、ずっと続くものではありません。 ですから、最初の頃は自分のほうもそうですが、貴女のテンションも あがっているので、それに合わすようなことはしていたのでしょうね。 ですが、それは持続はしないものですよ。 一日中朝から晩まで、 ずっとやりとりなどやってられませんよ。 付き合いきれなくなるものです。 貴女の間違いを書いておきますね。 貴女とその男性との仲を、メールで繋ごう繋ごうとして いることです。 本来メールは簡単なもので、補助的なものです。 男女の仲は、実際に会えない日、会えない期間があり それが、あの人何してんだろうと、そう思い、相手を考える 時間が生じ、実際に会ったときに、こういうことあったんだよ ああいうことあったんだよと、次のデートが楽しみになるものです。 それがメールを使って、常に相手の動向を知っていたら、そして 知りたがったら、もう片方は面倒になっていくものです。 最初の頃は別ですよ。 それと、男の大半はじぶんのほうから女性を追いたいもので 女性が積極的にメールなどで、やいのやいの言ってくれば もう、俺に完全にイカレているなと思えば、何も追う必要もなくなります。 恋愛は気に入ったほうが積極的にいくものではあるけど それが度を越してきますと、喜ぶ男もいるかもしれませんが 大体は熱がさがってきます。 メール、連絡がないと、あせるのでしょうが そういうのがないときに、あせってはいけません。 愛を育む時間だと思ってください。 常にだとイヤになってしまうんだよ。 軽くでもキスをした仲であれば、この女性もうイケルと思い 男のほうは、今までのように努力はしないですよ。 心の中では、一丁あがりと思っていることでしょう。 この表現はよくないかな。 安心感を持つにしておきましょうか。 >相手から急にそっけないメールの返事が来たら男性の方はどう思いますか? これはなんですか、駆け引きをしようとしているのかな。 どう思うかですね、駆け引きをしようとしているな、面倒くせえ女だなと 思うことでしょう。 気を惹こうとしているのですから。 これは、今のおじさんではなく、若いときのおじさんの 想いですので、すべての男が同じではないと思いますけど。 実際に会ったときのことを大事にして、メールで繋ごう繋ごうと しないことです。 気持ちはわかりますよ。 いつも私の心と彼の心が繋がっていたいという気持ちがね。 でも、それをすると男は面倒になります。 特別に中身がない、やりとりであれば余計にです。 今まで積極的にいき、ある程度までいったのだから、ここでしばらく お休みをいれましょう。 今は連絡をやすみましょう。 それがいいですよ。 そのほうがうまくいきますよ。 おじさんです。 男はね、最初はの頃は、その女性に対し、もの珍しさもあり テンションは上がっているものです。 でも、そのテンションは、ずっと続くものではありません。 ですから、最初の頃は自分のほうもそうですが、貴女のテンションも あがっているので、それに合わすようなことはしていたのでしょうね。 ですが、それは持続はしないものですよ。 一日中朝から晩まで、 ずっとやりとりなどやってられませんよ。 付き合いきれなくなるものです。 貴女の間違いを書いておきますね。 貴女とその男性との仲を...

次の

質問に「そうですね」と考え中の意味で返すのは・・・

そうですね 意味

この記事の目次• 韓国語の「 그래 クレ」の意味と使い方 韓国語「 그래 クレ」の元々の形(原形といいます)は「 그렇다 クロッタ そうだ、そうである 」です。 この 「 그렇다 クロッタ」から派生して出来たのが「 그래 クレ」。 「 그래 クレ」を会話の中で単体で使うと「そう」というタメ口表現(パンマル)になります。 「 그래 クレ」の使い方は様々。 以下3つのパターンを紹介します。 「そう、わかった」の「クレ アラッソ」 相手の発言に対して「そう、わかった」と答える時に「 알았어 アラッソ わかった 」とよく一緒に使います。 「 알았어 アラッソ」は友達や恋人に使うパンマルです。 例文 미안해요. 조금 늦어요 ミアネヨ チョグム ヌヂョヨ. すみません。 ちょっと遅れます。 알았어 クレ アラッソ. そう、わかった。 「そうそう」と相槌をうつ「クレクレ」 友達が言った言葉に対して同意や共感を示しながら「そうそう」という時には「 그래그래 クレクレ 」と「 그래 クレ」を重ねて言います。 例文 방탄소년단 새곡이 너무 좋아 パンタンソニョンダン セゴギ ノム チョア! 防弾少年団の新曲がすごくいい! 그래그래. 나도 그렇게 생각해 クレクレ ナド クロッケ センガッケ. そうそう。 私もそう思う。 「そう?」と聞き返す「クレ?」 「 그래 クレ」を「そうかな?」という意味の疑問形で使う事もできます。 例文 그 옷이 조금 화려하지 않아 ク オシ チョグム ファリョハヂ アナ? その服ちょっと派手じゃない? 그래 クレ? そう? 韓国語の「 그래 クレ」を含んだその他のハングルと会話例文 「クレ〜」というハングルの単語がたくさんありますが、これらは「 그래 クレ(そうだ)」と関連した言葉です。 「 그래 クレ」を含んだ韓国語をいくつかご紹介します。 「 그래요 クレヨ」の意味は「そうですね」 「 그래요 クレヨ」は「 그래 クレ」の丁寧な言い方で「そうです」という意味になります。 初めて合った人などにパンマルの「 그래 クレ」を使うと、ちょっと失礼に当たってしまうので「 그래요 クレヨ」を使います。 「 私も そうです」と相槌をうつ「 그래요 クレヨ」 相手の発言に対して「私もです」と同意を示す時に「 그래요 クレヨ」を使います。 例文 빅뱅을 마나서 너무 기뻐요 ビクベンウル マンナソ ノム キッポヨ! BIGBANに会えてとても嬉しいです! 네, 나도 그래요. ネ ナド クレヨ はい、私もです 「そうですか?」と聞き返す「 그래요 クレヨ?」 この場合も「そうですか?」という相槌のニュアンスになります。 例文 오늘 옷이 너무 예뻐요 オヌル オシ ノム イェッポヨ. 今日の服、とてもかわいいです。 그래요? 고마워요. クレヨ コマウォヨ そうですか?ありがとう 「 그래 クレ」を使った「 그래서 クレソ」と「 그래도 クレド」 「 クレソ 그래서 」は「 그래 クレ そうだ 」と「〜から 理由 」を意味する「 서 ソ」がひっついて 「だから、それで」という意味。 「だから」という意味を表す接続詞には「 그래서 クレソ 」の他に「 그러니까 クロニカ」というものがあります。 2つの使い分け方などに関しては、以下の記事で詳しく説明しています。 一方「 그래도 クレド」は「 그래 クレ そうだ 」と「〜も」を意味する「 도 ド」がひっついて 「でも そうだとしても 」という意味になります。 韓国語の「 그래 クレ」と「 맞아 マジャ」の違い 「そう」という意味を持つ単語が「 그래 クレ」の他にもう一つありますが、それが「 맞아 マジャ」です。 これら2つは文字の長さも使い方も似ているから、「どうやって使い分けるの?」とよく疑問に思われる単語。 「 맞아 マジャ」の原形は「 맞다 マッタ 合っている 」で、 「 맞아 マジャ」のニュアンスは「その通り」という感じになります。 「 그래 クレ」と同じように相槌をうって「 맞아맞아 マジャマジャ」という使い方もできる一方、「口に合う」「服が合う」など元々の意味に沿った使い方もされる単語です。 한식은 입에 맞아 ハンシグン イベ マジャ. 韓国料理は口に合うよ 이옷이 너에게 잘 맞아 イオシ ノエゲ チャルマジャ. この服君によく似合ってるよ 「 그래 クレ」と「 맞아 マジャ」の発音と似た単語 「 그래 クレ」と「 맞아 マジャ」の発音ですが、 「グレ」や「マジョ」と聞こえる場合もあります。 「 그래 クレ」の発音を日本語のカタカナで書くと「クレ」と「グレ」で異なるように見えますが、実際はどちらでも同じ意味で通じます。 一方、「 맞아 マジャ」の発音に関しては、ソウルの方言で「 아 ア」を「 어 オ」と発音する人が多い傾向もあるようです。 「マジャ」と「マジョ」は同じ意味になります。 また、「マジャ」と似た発音に「カジャ」という韓国語もありますが、「カジャ」はハングルで書くと「가자」。 「行く」という意味の「 가 カ」と「〜しよう」という意味の「 자 ジャ」がひっついて「行こう」という意味になります。 「 그래 クレ」と「 맞아 マジャ」以外の相槌 あいづち 表現 「クレ 그래 」と「マジャ 맞아 」も相槌をうつ時によく使う言葉ですが、それ以外にも韓国語のあいづち表現はいろいろあるのでご紹介します。 「そうだよね?」の相槌一覧 그죠 クヂョ 그지요 クヂヨの短縮形 そうですよね? 그지 クヂ 그지요 クッチヨのパンマル タメ口 そうでしょ? 그렇죠 クロッチョ 그렇지요 クロッチヨの短縮形 そうでしょう? 그렇지 クロッチ 그렇지요 クロッチヨのパンマル タメ口 そうでしょ? 맞죠 マッチョ 맞지요 マッチヨの短縮形 そうでしょう? 맞지 マッチ 맞지요 マッチヨのパンマル タメ口 そうだよね? 「 지요 チヨ 죠 チョ 」というのは「〜ですよね」と相手に確認する文末表現。 「 지 チ」というのは「 지요 チヨ 죠 チョ 」から丁寧な「です、ます」の「 요 ヨ」を抜いた形で、パンマルと呼ばれるタメ口表現です。 友達や親しい間柄の相手に対して使います。 韓国語で「そうでした」は「クレッソ」と「クレッソヨ」 「 그래 クレ」と「 그래요 クレヨ」は「そうです」という現在形ですが、 「そうでした」と過去形で言いたい場合は「 그랬어 クレッソ」「 그랬어요 クレッソヨ」になります。 過去の相手が感じたことに対して「そうだったんですね」と反応を示す時などに使います。 동방신기를 직접봤으니까 진짜 행복했어요 トンバンシンギルル チクチョプボァッスニカ チンチャ ヘンボッケッソヨ. 東方神起を直接見たから、ホントに幸せでした。 아, 그랬어요 ア クレッソヨ. あ〜、そうだったんですね。 まとめ 韓国語の「 그래 クレ」の意味と使い方を中心に、様々な相槌表現と派生語までご紹介しました。 今回お伝えした内容のポイントを以下にまとめておきたいと思います。

次の

質問に「そうですね」と考え中の意味で返すのは・・・

そうですね 意味

「そういえば」とは、話題の提示の際に使われる言葉です。 主に、人と会話している時にその内容から連想した話を持ち出すことを表現します。 その話題に同調した上での想起であり、脈絡のない話を唐突に行う時の言い回しでもあります。 そういえばの意味とは 他にも、相手の話題に関連した別の話題を持ち出すときの表現でもあります。 「そういえば」とは、ふと思い浮かんだことを伝える時に主に使う言葉ですが、「そういえば」とは、話を切り替える際に一般的に用いられる言い回しでもあります。 そういえばと伝えておけば、話の内容が切り替わったことがわかりやすく、話し相手に誤解を与えません。 自分の中では次の話に移行したつもりでも、その事を相手にきちんと伝えなければ話の内容がわかりにくいため、「そういえば」と使います。 そういえばと相手に声に出して伝えることは、相手への配慮や思いやりでもあります。 「そういえば」は対人関係においても良く使用される言葉の一つです。 そういえばの使い方 そういえばを使った例文をご紹介します。 それを相手に対しての共感として伝える「そういえばそうだった」という言葉は、それを聞いた相手の耳に心地よく響くでしょう。 自分の言葉で気づかされた相手は、「そういえばそうだった」と重要事項を思いだしたことを教えてくれた相手に感謝している場面でよく使われます。 そのため、相手とのコミュニケーションを図るときに、「そういえばそうだった」を伝えることは、相手との共感や共有意識になり、一般的には人から好まれる言葉です。 感激詞 「そういえばそうだった」は、「そういえば」と同様に、感激詞としてもつかわれます。 「そういえば」の意味を二回繰り返している「そういえばそうだった」は、よりその意味合いが強くなります。 「そういえばそうだった」と発する時、多くの人は、忘れていた記憶をよみがえらせて気分がすっきりしており、思い出せたことに感激しているような心境だからです。 そのため、「そういえばそうだった」と人が言う時は、そのひらめきに近い感覚により機嫌が良くなっていることが多いでしょう。 また、用事を思い出したことで、大変急いでいる心境に駆られることでしょう。 そのように、「感激詞」とは、その言葉を使っている人の感情がやや激しくなっていることを示しています。 良くある心境 ほかにも、思い出したことを本当に心から喜びほっとしている場合もありますし、思い出したことに動揺しているような心境でもあります。 相手の話をきちんと聞いている時につかわれることが、「そういえば」と同様に、「そういえばそうだった」は、人の話に集中して耳を傾けて、注意深く聞きながら共感していることにもつながっています。 またリラックスして話ができる相手にたいしては、「そういえばそうだった」と、心の中だけではなく、実際に口に出して表現する際の言葉です。 接続詞など 「そういえば」は接続詞としての役割にもなっています。 接続詞とは、品詞の一つです。 接続詞は、文と文をつなげる時に用いられる単語です。 また、あるいは、などの選択の際に用いる単語であったり、しかし、だけど、けれども、のような逆説的なことを告げる時に用いられる単語や、だから、したがって、のような結論を出す時に主に使用する順接がこれにあたります。 「そういえば」の類語・言い換え 「そういえば」を漢字にするときは、「そう言えば」という風にあらわします。 「そういえば」をすべて漢字に換えると、「然う言えば」になります。 昔日本では官僚制度があり、左から右にかけてくらいが高いといわれていました。 そのため、尊敬をあらわす「左」という漢字が使われるようになったのだといわれています。 そう言えばの言葉の使い方など 「そう言えば」の言葉の使い方は、主に人との会話の際に、唐突に思い出したことについてを伝える時の、話題を少し切り換える時に使う単語です。 使い方は、「そう言えば、おもいだしたのだけど、あれは解決した? 」というように、その思いだした事がらを忘れないうちに相手に伝えたいときに用いられます。 「そういえば」と似た言葉との違い 「ちなみに」と使う時には、「ついでにいうと自分の意見はこうだ」というような、主張であることが多いでしょう。 または、相手の話に対して、「ちなみに、あなたはどうおもわれますか」というように、少し疑問に思った事などの不明点を明らかにするための問いの際にも使われています。 ちなみにも、相手の話をよく聞いたうえで、その内容に共感を示しつつ相手への控えめな主張となりますので、相手を気遣った、比較的柔らかい主張の仕方となっています。 ところでなど 「ところで」は、「そういえば」や、「ちなみに」とは若干意味合いが違ってきます。 「ところで」は、話の内容とは一旦かけ離れたことを知りたいときに主に使われています。 ほかにも、ちなみによりは、ややかしこまった言い方であり、主に文面で敬語とあわせて使う言い回しです。 」というように用いられます。 「そういえば」の敬語 そういえばの敬語は、「左様ですか」などで表されます。 左様ですか、とは一般的にはあまり使用されない言葉ですが、「左様」は、人が話した内容を指す言葉であり、「そういえば」ととても近い意味合いがあります。 また、「恐れ入りますが」や「恐縮ですが」なども、「そういえば」の敬語ではないかと考える人もいるのではないでしょうか。 「恐れ入ります」や「恐縮です」には、相手の話や用事を中断させ、強引に自分の話を聞き入れてもらいたいときに使用する言葉という点だけが似ています。 しかし「恐れ入ります」や「恐縮です」などは、謙虚な心を表現するときに使用する言葉ですので、使い方によっては、相手への共感や敬意をしめす「そういえば」の敬語のように用いられる言葉でしょう。 クッション言葉 「そういえば」や「恐れ入ります」や「恐縮」には、人が話している内容を中断するための目的があって使われる言葉でもあるため、話している途中に割り込む際などに、「クッション言葉」として使われています。 クッション言葉とは、相手を嫌な気持ちにさせずに話を聞いてもらう手立てとして用いられます。 「すみませんが」や「よろしいでしょうか」をクッション言葉として使うときは、人の話に突然割り込むことになりますので、当然話を聞いていないことが多いでしょう。 そのため、「すみません」などの言葉は、その話に「共感」もせずに割り込む行為だと念頭に置きながら使います。 フランク 話の流れを著しく遮断してしまいかねないときや、全く面識のない人へは、「恐れ入ります」に変えて、謙虚で相手に感謝も同時に伝えるのが一般的です。 また、「すみません」といって割り込むような言い方は、フランクな言い方となりますので、相手によっては、軽々しく感じたり、場にふさわしくないと取られる言葉です。 丁寧な似た言葉など 丁寧な言い方で、「そういえば」に似た言葉には、相手が話していることに対して、ふと疑問に思ったことを問いただす際に用いる、「つかぬことを伺いますが」などがあります。 しかし「つかぬことを伺いますが」は、人の話題に疑問を投げかける言葉ですので、相手を理解できていないことをあからさまに感じさせるものとなります。 逆にいえば、その相手に興味をもっていることを抱かせる、前向きなコミュニケーションをはかる言葉としてもつかわれます。 目上の人への言い換え また目上の方などへは、共感を示さない言葉は高飛車な印象を与えかねませんので注意が必要です。 あからさまな好奇心と、相手を理解できていないことをはっきりと伝えるその言葉を聞いた相手が一瞬たじろいでしまうこともあります。 その場合には「つかぬことを伺いますがよろしいでしょうか」と相手へ確認を取ると、目上の方への問いも軽々しさが消えた謙虚な姿勢が伝わり印象が変わってきます。 そういえばは相手への共感と敬意をあらわす言葉 人と会話をする時には、「そういえば」というような、相手への共感を示す言葉を多く取り入れると気持ちの良い会話が成立します。 相手が話すことに対して深く耳を傾けることは、相手との信頼関係を築くうえでも大切なことです。 「そういえば」が自然と発言できる時は、その相手へ心を開いているということを表し対人関係においてもリラックスした理想的な心理状態だといえるでしょう。 人の話をよく聞いて、その言葉から連想される「そういえば」などの接続詞をもちいれば、話も弾みやすくなることが期待できます。 話の流れを良くして相手の話に敬意を表すためにも、相手の話題を理解しようとする姿勢を持って話を聞いて、共感をしながら「そういえば」を使って話題を広げることに役立てましょう。

次の