オジロ ザウルス マッチョ。 AREA AREA OZROSAURUS 歌詞情報

OZROSAURUS(オジロザウルス)のおすすめ曲9選を紹介

オジロ ザウルス マッチョ

ハマの大怪獣こと OZROSAURUSの1年半ぶりとなる、 シングル「The Phoenix [will rise]」は、 名曲「AREA AREA」のコンビDJ PMX DS455 によるハードボイルドで メロディアスなトラックに乗せ、 「俺は生きてるぜ」と雄々しく吠える最高のポジティヴ・チューンだ。 2年半前の、2ndアルバムのリリース後に起きた、生死の境をさまよった交通事故からの復活。 その恐るべき完成度の高さを予想するのに、これ以上ふさわしいシングルはないだろう。 MACCHO:ちょっとペースを温存してた感じですね。 ここ1年半はあんまり露出もなかったけど、現場に集まってくれた奴らは一人残らずロックしてきたし、自信はあったんで、早く証明したかった。 ライヴで徐々にハジけだして、今はもう止まらない感じ。 あれはすごくいい曲だから、あのまま終わらせちゃいけないって。 で、骨組みはそのままで、今の音を加えて完成させました。 MACCHO:うん。 あそこで終わっててもおかしくなかったわけだから。 大人になった気はしますよ。 責任感が増してきてる。 俺はミュージシャンとしてメシを喰ってるんだから、それを貫き通すことができなければ他のこともやれるわけがない。 普通の仕事ができるんだったらいいけど、できないから。 今これが俺の天職だって本気で思ってるんで。 もう数年前から自分の中では見えてる。 ……って、言ってるだけなんだけど 笑。 普段から音楽抜きでつきあってる人だけです、結果的には。 こだわったわけじゃないんだけど。 自分で全部歌っちゃうから。 それぐらい、今は自己主張が強い時期なんですよ。 発情期みたいな感じ。 ヤリたくてしょうがない(笑)。 MACCHO:ずっと見てる人は、そう思いますよね。 そうか、もう27歳ですか。 MACCHO:そうですよ。 それも、頑張らなきゃと思う一つの要因でもあるんだけど。 17歳と27歳じゃ、やっぱり違うから。 わかりやすい結果がほしい年にはなってきてますね。 ただマイク持って歌うのが大好きだったのが17歳で、それは未だにたいして変わっちゃいないんだけど、俺は俺が国民的ラッパーになるべきだと思ってるから。 そこはまだまだ。 MACCHO:すごいシンプルなテーマですね。 とりあえず、何をやってる人にせよ、「生きてる」っていうテーマに共感しない人はいないでしょ。 自殺しようとしてる人だって、死ぬ直前までは「生きる」ということを考えてるわけだから。 それはHIP HOPの大事なテーマでもあるし、歌を聴くことによって、1日だけでも思いとどまってくれたとしたら、それは人間の心を動かせたってことだから。 その日思いとどまらせただけでも意味のあることだと思うから。 人の気持ちを変えるとか、世界を変えるとか、具体的にどういうことか?というと、そういう単位だと思う。 ラップでそういうことがあったらいいと思うし、そういうものをどんどん表現していきたい。 それが結果的に、音楽で人を動かしたということだと思うから。 俺の歌で世界が一気に変わることはないけど、一人一人の人生の、たった数分間にでも貢献できればいいと思いますね。

次の

WHOOO OZROSAURUS 歌詞情報

オジロ ザウルス マッチョ

1978年4月8日生まれ 2019年8月現在だと41歳だ。 横浜市磯子区生まれ、南区六ツ川育ち。 六ッ川といえば特に何もないイメージの街だ。 繁華街でもなく特別田舎でもない。 中学生だった14歳の時に、出入りしていた洋服店、おそらくアバランチかな、、 アバランチの経営者だったDS455のKayzabroと出会い、彼から勧められてラップを始め、DJ KADOTAのシングルに参加。 95年にはMC MACCHOとして『CLUB WILD. B』というコンピレーション・アルバムに「Nanatsuki」という曲で参加している。 何とわずか15歳でラッパーとして台頭していた!! 一時期DS455に在籍していた事もある。 オムニバス・アルバム『THE BEST OF JAPANESE HIPHOP』シリーズにDS455メンバーとしてやソロでも参加している。 マッチョは神奈川県の武相高校に進学 武相高校は男子校でスポーツも強い高校としても有名だ。 マッチョのいた時代はヤンキーも多くいた。 マッチョは高校時代は、東京ストリートニュースなどの雑誌に取り上げられたりしていた。 後に高校は中退。 そして2015年に新メンバーを迎えてのオジロサウルスの曲もやばい。 DJはDJ SN-Z 山嵐のベース武史、ドラムはTOTALFATのBUNTA。 ギターはCRYSTAL LAKEのYD そしてマニピュレーター・トラックメイカーとしてGUNHEAD オリジナルメンバーのマッチョの6人バンドとなった。 とされている。 マッチョは名指しでクレバを大っぴらに攻撃はしていないが曲のリリックで以下のような表現がある。 オジロのDisrespect 4 u という曲から MACCHOからKREVAへのディス) 「ガキだまくらかす糞エリート サビの歌メロでヘタレヒット」 当時クレバはサビを歌にする事でヒットを量産していた。 そしてオジロの曲On and onでは 「でも俺は俺だけさ 常忘れねー 人は人 それはそれ」と放つ するとKREVAもアンサーしたのかたまたまなのか マッチョのリリックを引用して応戦 クレバのTHE SHOWという曲 「人は人 俺は俺 やいのやいのいう前によこしなbeat beat」 と応戦。 もちろん二人とも憎しみあっているわけではないだろう。 それぞれかっこいいスタイルを持っているラッパーだ。 マッチョ の性格や今後の運勢は? マッチョの性格は知り合いや家族でないとわからない。 生年月日占いでみてみよう、、あくまでも占いなのであしからず、、 太陽星座は牡羊座。 表面的には、野心家で行動的な意志の強い人。 他人のあとに従うことをよしとせず、 何事も自主的に行う積極性にあふれたタイプ。 また自らの能力に自信を持っていて、挑戦心や冒険心が人一倍旺盛。 優れた決断力と大胆なふるまいで、仲間をリードし注目を集めることが多いはず。 そのため集団の中においては指揮官的な存在。 ただしそのような面が裏目に出ると、身勝手で強引な印象を周りの人に与える場合があるかもしれない。 ————————————————————— 以上のような結果となった やはり も長所も短所もあると思う。 占いは占いとして運勢や運命は自分で決めていくものだ。 今後も マッチョに 注目していきたい。

次の

HIP HOPアーティストについて質問です。OZROSAURUSのMACCHOくん...

オジロ ザウルス マッチョ

来歴 [ ]• - MCのMACCHOとDJのDJ TOMOの2人でにて結成。 - よりミニアルバム『ライム・ダーツ』を発表し。 - MACCHOは、、らの作品に客演、DJ TOMOはラッパ我リヤのに参加し、知名度を高める。 - 初のフル・アルバムとなる『ROLLIN'045』を発表。 売上枚数8万枚を超えるロングセラーを記録している。 - 2ndアルバム『JUICE』を発表。 この直後にMACCHOが交通事故に遭い、一時は死線を彷徨うも奇跡的に回復。 - DJ TOMOが方向性の違いにより脱退。 以後、MACCHOのソロユニットとなる。 - DS455と共に新レーベルBAY BLUES RECORDZを設立。 MUSIC MAGAZINEやBLASTでBEST HIPHOP ALBUM 2006に選ばれる。 - 所属していたとの間で起きた歌詞の表記を巡っての対立をきっかけにインディーズに活動の場を移し 、4thアルバム『Hysterical』を発表。 - MACCHOが、ヒップホップ創成期から活躍する大御所DJ、の20年ぶりの新作『The Bridge: Concept Of A Culture』へ客演で参加。 - と契約。 メジャーでの活動を再開。 - 5thアルバム『OZBUM 〜A:UN〜』を発表。 - Zeebraによって設立されたレーベル、GRAND MASTERに移籍。 また、新メンバーが加入し6人組のバンドとなる。 メンバー [ ]• MACCHO(マッチョ、漢字表記: 麻超、1978年4月8日 - ): 横浜市生まれ、六ツ川育ち。 中学生だった14歳の時に、出入りしていた洋服店で、そこの経営者だったのKayzabroと出会い、彼から勧められてラップを始め 、DJ KADOTAのシングルに参加。 95年にはMC MACCHOとして『CLUB WILD. B』というに「Nanatsuki」という曲で参加している。 一時期DS455に在籍していた。 『THE BEST OF JAPANESE HIPHOP』シリーズにDS455メンバーとしてやソロでも参加している。 時代は、などの雑誌に取り上げられたりしていた。 後に高校は中退。 ASSASSYN JEANZやVANTAGEというも手掛けている。 DJ SN-Z(ディージェイ・スニーズ): 92年にDJを始め、94年には本場のシーンを体験するために渡米。 NYを拠点に数々のDJバトルに参加。 レジェンド・クラス・アーティストたちとのステージ・ワークや、NYの数々のクラブやラジオ(LIME LITE、MARS2112、JIMMY'S CAFEや、WWRL)でレギュラーでプレイし、現地で活動していた邦人グループ、RIZINGSONのDJも務めた後、05年に帰国。 Maccho(OZROSAURUS)、F. ()、、秋田犬どぶ六の4人がフロントを務めるHIPHOPグループ=ROMERO SPに専属DJとして参加した後、OZROSAURUSに正式加入。 武史: バンドのメンバー。 Bunta: バンドのメンバー。 YD: バンドのメンバー。 GUNHEAD:・ ユニットHABANERO POSSEのメンバー。 元メンバー [ ]• DJ TOMO(ディージェイ・トモ、 - ):DJ 横浜市出身。 2004年に方向性の違いにより脱退。 90年代初頭からDJバトルへの出場やクラブDJなどの活動をしていた。 MACCHOとはレコード店PROPSでスタッフとして働いている時に出会う。 脱退後、単身で渡米しのにて2年間生活し、楽曲の制作やDJとしての活動を行った。 2006年に帰国後はクラブDJとして横浜を拠点に活動。 後に自身のレーベルSMACK RECORDINGSを立ち上げ、2008年には1stソロ・アルバム『045 RENAISSANCE』を発表。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• Bay Blues(1998年10月1日)• 鉄の意志• ドツボ• Bay Blues• 命のメロディー~遠い記憶3• AREA AREA(2000年11月15日)• AREA AREA• KOCO KOCO• VILI VILI feat SHALLA• Hey Girl feat. (2002年11月7日)• Hey Girl Feat. CORN HEAD• BASE TO BASE• Hey Girl Feat. CORN HEAD -DJ TOMO REMIX-• Hey Girl -Instrumental-• JUICE(2003年3月5日)• JUICE• MOBB STERS feat. JUICE instrumental• ON AND ON(2004年3月3日)• ON AND ON• ON AND ON ROMERO SP REMIX• Chain Remains feat. B-YAS,秋田犬どぶ六• Material Jungle feat. The Phoenix will rise (2005年10月26日)• The Phoenix will rise• 眩暈 めまい• MEDLEY-LIVE at Yokohama Bay Hall - WEST FEST 2004• The Phoenix will rise -Instrumental アルバム [ ]• ライム・ダーツ(1997年1月25日)ミニアルバム• ROLLIN'045(2001年4月25日)• INTRO• CHECK ME NOW• WHOOO• KOCO KOCO• AREA AREA• VILI VILI feat. SHALLA• SKIT feat. MASTA SIMON from MIGHTY CROWN• ROLLING ROLL UP• RULE feat. O,JANBO-MAN from 風林火山• 少女A• SKIT• TELL ME feat. MAY• 045 BB• YOUNG GUNNZ feat. ,MAGUMA MC'S• しかけfeat. TWIGY• 追い越し可• JUICE(2003年3月19日)• INTRO• BASE TO BASE• JUICE part 1• Star Killer• For Love... skit feat. MASTA SIMON• Locka Boogie• 招かざる客 feat. CORNHEAD• Everlast feat. BIG RON• Da One? interlude• 1 Candidate• Keep Rollin' feat. DABO,UZI• JUICE part 2? ROMERO SP Remix• Get Upper feat. いちまんえん• Hey Girl feat. CORN HEAD• Conscious Party O'brady O'brada• outro? We ain't goin' down• 招かざる客 ROMERO SP REMIX• いちまんえん ROMERO SP REMIX• INTRO• All My People -It's OS III-• I See U• Welcome To The Bay Blues Recordz feat. Kayzabro from DS455• 般若,SAY• My Dear Son• The Phoenix will rise• Handz Up• Disrespect 4 U feat. ZEEBRA• ON AND ON ROMERO SP Remix• D's Nutz FM'06 Vol. Clap Ya!! feat. BIG RON• 眩暈 めまい• Soul Dier feat. SORASANZEN• 風吹く土曜 feat. SAY• Outro• Hysterical(2007年8月15日)• INTRO• 星を願う• FULL MOON [I'm Sorry]• 1 for DA 何? 十字架の上 [Power Of Love]• It's a One Day• How High [No Joke]• AHH YEAH• Love vs Hate [My Lover]• ああだのこう• ヒステリック• SANDER• I LV U• メメント• EXODUS [大脱出計画]• BYE BYE• INTRO• 半信半疑• 異次元ポケット• Friend• Skit feat. MASTA SIMON from MIGHTY CROWN• Profile aka Ghetto Bird• Matrix• Muddy Water• ロマンチック• ZERO• モンスター• FREE• SKIT• LOCK STAR• MABOROSI• MUSIC IS OUR TREASURE DJ WATARAI REMIX• MATRIX DJ WATARAI REMIX DVD [ ]• 「SEVEN DIMENSIONS」(2000年2月23日) 8. NIPPON feat. Kha-la• 「Based On A True Story」 2000年06月14日 4. 男の条件 featuring MACCHO OZROSAURUS , Q ,• 「Love Education」 2001年3月1日 6. Crush Me Groovediggerz Remix feat. MACCHO• 「Platinum Tongue」 2001年06月13日 11. 徒然草 feat. &MACCHO OZROSAURUS• 「Future Shock Compilation」 2001年12月21日 12. 1978 Connection Show Me Yo' Respect Joosoc and MACCHO - Dj Tomo Remix• C」 2002年8月8日 1. C 3. LOCO CRUSING• 「Book Of Life: 炎の章」 2003年06月27日 8. SAFE NO MORE feat. 「」(2003年7月9日)• 「ROMERO GONE WILD Vol. 1」 2003年12月12日• 「MASSIVE」 2003年12月17日 10. YOUNG GUNZ 3 feat. , MACCHO• 「おはよう日本」 2004年2月18日 7. Dead Man Walking まずは金が先Remix feat. 565, MACCHO• 「Shock To The Future-remix」(2004年3月17日) 4. BEATS 6. BONDS feat. BEATS aka Remixed by 7. NO PAIN NO GAIN feat. Hey Girl feat. 「THE R」 2004年4月14日• BEATS「BEATS JAPAN」 2004年4月28日 11. BONDS feat. MACCHO,TOKONA-X• 「Summer Sweetz」 2004年7月7日 15. MACCHO for OZROSAURUS• 「WE AIN'T STOP」(2004年7月28日) 5. WE AIN'T STOP feat. MACCHO OZROSAURUS• 「Shock To The Future -7th Anniversary」(2004年9月15日) 3. B-YAS,秋田犬どぶ六• 「No. 9」 2004年11月24日 7. FIVE DEADLY MICS feat. KENTA5RAS,DEV LARGE,秋田犬どぶ六,MACCHO• 「STR8 OUT DA BAY」(2005年6月10日) 7. SMOKAZ SWEETS feat. 「ごうだつゲーム」 2005年3月23日 4. I wanna real feat. MACCHO• 「To MySelf~Believe Yourself~」(2006年1月25日) 4. Feel So HIGH ~ジパングツアー~ feat. 「REDSTA -The Rap Attacker-」(2006年2月22日) 3. LONG DRIVE feat. MACCHO OZROSAURUS• 「SLOW BURNING」 2006年10月4日 10. Outlow Connection feat. MACCHO OZROSAURUS ,,,U-PAC G-PRIDE ,,• 「RISING」 2007年3月28日 7. Yoko Yoko Cruisin' Feat. Kayzabro DS455 , MACCHO OZROSAURUS• 「MISTA XXXXXL」(2007年6月11日) 7. Bounce feat. MACCHO OZROSAURUS 11. 熱帯夜 feat. Kayzabro,MACCHO OZROSAURUA ,SAY• Music Hustlin' feat. ,,AKIRA, MACCHO, , DJ NONKEY• 「」(2008年6月25日) 7. Look At Me feat. MACCHO OZROSAURUS ,,,SAY 8. 4:20 feat. MACCHO OZROSAURUS 12. Reason This is why we rap feat. ,,MACCHO OZROSAURUS 16. Turn Off The Lights feat. ,MACCHO OZROSAURUS , 20. Miss Luxury feat. MACCHO OZROSAURUS ,,,,• この道を partIII feat. MACCHO for OZROSAURUS• 「RED」 2009年2月18日 9. CRY FEAT. MACCHO OZROSAURUS• 「the Bridge: Concept of a Culture」 2009年3月5日 2. We Speak Hip Hop feat. 「CHECK THA NUMBER」 2009年7月29日 7. BAYBLUES LOCOS feat. MACCHO OZROSAURUS• 「THE ONE WAY」 2010年2月17日) 6. KNOCK KNOCK feat. MACCHO OZROSAURUS• 「One Love」 2010年4月14日 11. One Love feat. MACCHO OZROSAURUS• 「LIVIN' LARGE」 2010年10月13日 15. BAYBLUES ROCKAZ feat. MACCHO OZROSAURUS• 「24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN」 2010年10月20日 4. 24 BARS TO KILL 、、、MACCHO• 「」 2011年1月26日 11. MACCHO• 「Hazard」 2011年4月13日 8. Dog Tag feat. MACCHO OZROSAURUS Pro. BLAST OFF PRODUCTIONS• 「THE FAR EAST RULAZ- PRESENTS LIFE STYLE RECORDS COMPILATION VOL. 4」 2011年7月13日 3. 「Virgo」 2011年10月12日 9. INCAROSE feat. MACCHO OZROSAURUS• 「Manhattan Records The Exclusives Japanese Hip Hop Hits2」 2011年11月23日 1. PROFILE OZROSAURUS 5. DOG TAG RYUZO feat. MACCHO• Born This Way feat. MACCHO OZROSAURUS , [ ]• 「ヨコハマシカ」 2012年12月12日 1. ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS• 「」 2013年1月9日 7. PAPARAZZI feat. ,MACCHO• 「LIFESTYLE COMPIRATIPN VOL. 5」(2013年4月24日) 7. 「DECKSTREAM. JP」 2013年8月14日 2. REAL STYLE feat. 「ジレンマ feat. MACCHO OZROSAURUS 」 2013年11月6日 1. ジレンマ feat. MACCHO OZROSAURUS• 「DGKA DIRTY GHETTO KING ANARCHY 」 2013年11月13日 5. SCHOOL OF HARD KNOX feat. 作品に客演しているミュージシャン [ ]• B-YAS• GHETTO INC• Kayzabro• KNOCK• MAGUMA MC's• MASTA SIMON• SAY• Shalla• SORASANZEN• 脚注・出典 [ ]• 公式サイトのプロフィールでは98年の『Bay blues』がメジャー・デビュー作となっているが、『ライム・ダーツ』をリリースしたWEA Japanは、の社内レーベルであり、であるため、こちらが正しいと思われる。 - Black File• アルバム『Hysterical』収録「AHH YEAH」の歌詞より• - bounce. com 連載• アルバム『Hysterical』収録「星を願う」の歌詞より• - MySpace 外部リンク [ ]• ozrosaurus045 -•

次の