なんば まつ毛 エクステ。 primagie

元美容師が教えるまつ毛エクステとまつ毛パーマどちらがいいのか?

なんば まつ毛 エクステ

お好きな見出しからどうぞ• 【1】まず気をつけるべきは洗顔とクレンジング! まつ毛エクステは、自まつ毛1本1本に人工まつ毛を接着することによって、その長さやボリュームをコントロールする施術です。 基本的には自まつ毛が生え変わるとき、まつ毛エクステも一緒にとれてしまうのですが、負担をかけすぎたり、間違ったケアをしたりしていると、その寿命を縮めてしまう可能性があります。 では、まつ毛エクステを長持ちさせるには、どうすればいいのでしょうか。 まつ毛エクステを長持ちさせるには様々な方法がありますが、まずは、日頃何気なくしている行動を見直すことから始めてみましょう。 オイルフリークレンジングでまつエクを長持ちさせる まつ毛エクステをしている人の中には、ファイバー入りのマスカラやウォータープルーフマスカラを使ってみたものの満足できず施術を受けた、という方が少なくありません。 そしてこういった方の中には、まつ毛エクステをつけた後もなお、オイルクレンジングをしている方がいます。 マスカラの中にはオイルクレンジングでなければ落とせないものも多いため、そのときの感覚のままクレンジングをしている、といったところでしょうか。 しかし、オイルクレンジングは、まつ毛エクステの寿命を縮める原因になります。 まつ毛エクステは専用の接着剤を使って自まつ毛につけていくのですが、クレンジングオイルはこの接着剤を溶かしてしまうのです。 そこでメイク落としをする際は、オイルフリータイプの洗顔料を使うようにしましょう。 オイルフリータイプのものであれば接着剤を溶かしませんので、まつ毛エクステを長持ちさせることができます。 洗顔・クレンジングは優しく 洗顔やクレンジングをするとき、皆様はどの部分を重点的に洗いますか?目元や口元のクレンジングに力を入れている、という方も多いのではないでしょうか。 目元や口元は特に念入りにメイクする部分なので、当然といえば当然ですね。 もちろん、メイクをしっかり落とすことは、肌を健やかに保つうえでとても大切なことです。 しかし、目元を強くこすってしまっては、まつ毛エクステに負担をかけてその寿命を縮めてしまいます。 まつ毛エクステを長持ちさせたいならば、洗顔とクレンジングは優しく行うようにしましょう。 物理的な刺激はまつ毛エクステの大敵ですので、できるだけ摩擦を与えないようにすることが大切です。 まつ毛に水分を残さない まつ毛エクステを長もちさせるには、まつ毛に水分を残さないようにすることも大切です。 というのもまつ毛エクステは水気に弱く、湿ったままの状態で長時間放置していると、接着剤がはがれやすくなってしまうのです。 洗顔はもちろん、入浴や水泳などでまつ毛を濡らした後は、しっかりタオルドライをして水気を残さないようにしましょう。 時間があるときは、ドライヤーの冷風をまつ毛の下から当てることで、より確実に乾燥させることができます。 【2】まつ毛エクステを長持ちさせるメイク術 まつ毛エクステを長持ちさせるためには、普段のメイクでもいくつか気をつけたいポイントがあります。 1 ウォータープルーフマスカラは使用NG 上述のようにまつ毛エクステは、オイルクレンジングすると接着剤が溶け、長持ちしなくなってしまいます。 しかしウォータープルーフマスカラはオイルタイプの洗顔料でなければオフすることができませんので、このタイプのマスカラを使うとオイルクレンジングせざるを得ません。 そのためまつ毛エクステをつけている間は、ウォータープルーフマスカラを使わないようにしましょう。 まつ毛エクステをつけていれば長さもボリュームも十分出すことができますので、基本的にマスカラを使う必要はありません。 どうしてもマスカラを使いたい場合はお湯で落とせるフィルムタイプのものを、毛先にだけ塗ることをおすすめします。 2 アイシャドウはチップで塗ろう パウダータイプのアイシャドウを使っている方は、その塗り方にも気をつける必要があります。 まつ毛エクステを接着している部分にアイシャドウの粉が付着すると、外れやすくなってしまうのです。 アイシャドウを塗るときは、チップを使うようにしましょう。 チップはブラシに比べて粉が落ちにくいため、メイクによるまつ毛エクステへのダメージを最小限に抑えられるのです。 最近はクリームタイプのアイシャドウも発売されていますので、こういったものを利用するのもおすすめです。 【3】まつ毛エクステへの負担をなくして長持ちさせる まつ毛エクステは、人口まつ毛を接着剤でくっつけているだけのものです。 そのため物理的刺激に大変弱く、衝撃や摩擦によって外れてしまうことがあります。 まつ毛エクステを長持ちさせるには、これにかかる負担をできる限りなくすことも大切です。 1 ビューラーの使用はNG!? まつ毛をカールさせることができるビューラーは、まつ毛メイクの必需品です。 しかし、まつ毛エクステをつけている方には、その使用をおすすめできません。 というのもビューラーは、まつ毛を挟み引っ張り上げることでそのカール角を大きくしていきます。 このときまつ毛やまつ毛エクステにかかる負担は相当なもので、それによってまつ毛エクステが外れてしまうことがあるのです。 また、まつ毛エクステをつけた状態でビューラーを使うと、人口まつ毛が不自然に折れ曲がってしまうこともあります。 そういった場合は、ホットビューラーを使うといいでしょう。 まつ毛に当ててカールさせるタイプのホットビューラーならばまつ毛を挟む必要がないため、まつ毛エクステに負担をかけずにすみます。 2 日常生活の中で気をつけるべきポイント まつ毛エクステに負担をかけないようにするには、日常生活の中でもいくつか気をつけたいことがあります。 しかしこの「目元をこする」という行為は、まつ毛エクステに大きなダメージを与えます。 まつ毛エクステの接着部分に摩擦が加わると、これが外れやすくなるのです。 また、目のまわりの皮膚はとても薄く、目をこすることで傷つけてしまう可能性もあります。 まつ毛エクステを長持ちさせるためにも、目元の肌トラブルを避けるためにも、目元を子すらないよう気をつけましょう。 しかしうつ伏せ寝をするとまつ毛エクステが枕に押し当てられ、折れ曲がってしまうことがあります。 また枕との摩擦が起こることによってまつ毛エクステが外れやすくなったり、自まつ毛が抜けてしまったりすることもあります。 いつもうつ伏せで寝てしまうという方は、仰向けもしくは横向きで眠るよう、意識してみましょう。 そうすることで、まつ毛エクステを長持ちさせられるかもしれません。 皆様はシャワーを浴びるとき、その水流を顔に直接あててはいませんか?シャワーの水流による物理的負荷は意外と大きく、これがまつ毛エクステに直撃すると、思わぬダメージを与えてしまうことがあります。 シャワーを浴びるときはまつ毛に水流を直接あてないよう、気をつけましょう。 また顔にシャワーをあてるときは、水圧を低めに調整することをおすすめします。 【4】毎日のケアも忘れずに! ここまでは、いかにまつ毛エクステへの負担を減らすか、ということについて解説してきました。 しかし、まつ毛エクステを長持ちさせるためには、ただ負担を軽減するだけでなく正しいケアやお手入れをすることも大切です。 1 コームでまつ毛を整える まつ毛エクステをつけると、まつ毛の長さやボリュームが増して絡みやすくなります。 そして絡んだまつ毛をそのままにしていると、まつ毛エクステが外れたり自まつ毛ごと抜けたりすることがあります。 まつ毛エクステをした後は、まつげ用コームで毎日コーミングするようにしましょう。 コーミングをするとまつ毛が絡まりにくくなるのはもちろん、自まつ毛と人工まつ毛がうまくなじんで綺麗な目元に仕上げることができます。 ちなみにコームを使うときですが、いきなり根元から梳かしはじめると、まつ毛エクステがとれてしまいます。 まつ毛が絡まったときは焦らず、毛先からゆっくり梳かしていくようにしましょう。 2 自まつ毛のケアも忘れずに! まつ毛エクステの施術では、強力な接着剤を使います。 そのため自まつ毛には大きな負担がかかりますし、まつ毛エクステをつけることでまつ毛が重くなった分、まぶたにも負担がかかります。 まつ毛エクステは自まつ毛に接着するものですので、自まつ毛が弱るとまつ毛エクステもとれやすくなってしまいます。 そのためまつ毛エクステを長持ちさせるためには、自まつ毛の健康を維持しなければなりません。 まつ毛美容液には保湿成分やまつ毛を保護する成分、まつ毛の成長を助ける成分などが配合されており、効果的なまつ毛ケアができるのです。 まつ毛美容液には配合成分やブラシの形など様々な種類のものがありますので、自分に合ったアイテムを探してみてはいかがでしょうか。 【5】サロン・エクステ選びも大切! まつ毛エクステのもちは、施術者の技術や人工まつ毛の種類によっても変わってきます。 そのためサロン選びやエクステ選は、慎重に行わなければなりません。 1 信頼できるサロンで施術を受けよう まつ毛エクステは、目元に行う施術です。 そのためサロン選びを間違うと、まつ毛エクステのもちが悪くなるというのはもちろん、思わぬ健康被害に遭ってしまう可能性もあります。 しかし現在でも、美容師免許を持たないアイリストが施術を行っているサロンが存在しています。 そこでサロン選びをする際はまず、施術を担当しているアイリストが美容師免許を取得しているかどうか、必ず確認するようにしましょう。 サロンによっては美容師免許取得者であることを店内やHPに提示していますので、そういったサロンを選ぶと安心です。 口コミには実際にそこで施術を受けた人のリアルな感想が書かれているため、そのサロンで施術を受けたらまつ毛エクステが長持ちするのかどうか、調べることがでるからです。 2 エクステのカール・本数選びにも注意! まつ毛エクステが長持ちするかどうかは、接着する人工まつ毛の種類にも左右されます。 まずまつ毛エクステのカール角についてですが、その角度が緩くなればなるほどもちが良くなります。 またまつ毛エクステの本数についても、少なければ少ないほどもちが良くなります。 まつ毛エクステをつけるときは、可愛いから、まつ毛が多くなるから、ということだけでなく、自まつげ毛の負担やもちの良さなども考慮したうえで接着する人工まつ毛を選ぶようにしましょう。 さいごに.

次の

まつげエクステ(マツエク)商材の卸・仕入れ

なんば まつ毛 エクステ

検索条件• 大阪府にあるまつ毛エクステ関連のスクール一覧です。 まつ毛エクステの専門知識・技術を習得できると、アイリストとしてサロンへの就職ができるほか、自身が講師となってまつ毛エクステの知識・技術を発信していくことも可能です。 大阪府には、まつ毛エクステの知識・技術を友達と一緒に学んでいけるまつ毛エクステスクールが多く、お互いにまつ毛パーマをし合ったりしながら楽しくアイリストとしての腕を磨いていけます。 友達と一緒に入学すれば割引制度が適用されるスクールも多く存在するので、この機会にぜひ友達を誘ってまつ毛エクステスクールに足を運んでみましょう。 今回は、大阪府にある人気のまつ毛エクステ関連のスクールをご紹介します。 60 9800円~のべ7500名以上の受講者実績!10年以上経営!• 弁天町駅、朝潮橋駅、九条駅• エステ・フェイシャル、イメージアップ、トータルビューティー、小顔矯正、美容その他、まつ毛エクステ(まつエク)、まつげパー…• 1日講座 まつげエクステレッスンが通学15000円!(3Dも+1万円で受講可能です!)通信9800円でご用意しています。 リンパドレナージュも3万円と大変お安く質の良いレッスンをご受講頂けます。 会場は、レッスン内容によっては、福島、加島、長堀橋、心斎橋になります。 詳細は、ご予約の際に個別にご説明いたします。 ご受講後も東京本校と全く同じサービスを受けられますので、ご安心下さい。 … 美容関連• 全てにチェックを入れる• エステ・フェイシャル• イメージアップ• トータルビューティー• 小顔矯正• 美容その他 まつげ・ネイル関連• 全てにチェックを入れる• まつ毛エクステ(まつエク)• まつげパーマ• アイリスト• ネイル• セルフジェルネイル• ネイリスト• まつげ・ネイルその他 リラクゼーション関連• 全てにチェックを入れる• リンパドレナージュ・リンパマッサージ• アロマ• ハーブ・ハーバルセラピー• 整体・矯正• リフレクソロジー• マッサージ• フットケア・フットマッサージ• ボディケア・ボディマッサージ• ヘッドマッサージ・ヘッドスパ• スウェディッシュマッサージ• バリニーズ• ロミロミマッサージ• リラクゼーションその他 料理・フードビジネス関連• 全てにチェックを入れる• 家庭料理• お菓子・スイーツ• 各国料理• 料理・フードビジネスその他 結婚・ブライダル関連• 全てにチェックを入れる• ブライダルコーディネート• 結婚・ブライダルその他 ビジネス・専門スキル関連• 全てにチェックを入れる• 話し方・コミュニケーション• ビジネススキルアップ・キャリアアップ• 企画・マーケティング• ビジネス・専門スキルその他 4. 73 「手に職を持って働く、働き続ける」ためのエステティックスクール• 心斎橋駅、四ツ橋駅、本町駅、なんば駅、長堀橋駅• エステ・フェイシャル、トータルビューティー、まつ毛エクステ(まつエク)、リンパドレナージュ・リンパマッサージ、アロマ、ア…• 説明会・見学会• 無料体験• 長堀橋駅、心斎橋駅、四ツ橋駅• メイク、エステ・フェイシャル、トータルビューティー、アンチエイジング、小顔矯正、まつ毛エクステ(まつエク)、アロマ、アロ…• 説明会・見学会• 無料体験• 1日講座• 桜川駅、西大橋駅、西長堀駅、四ツ橋駅• メイク、エステ・フェイシャル、トータルビューティー、アンチエイジング、小顔矯正、まつ毛エクステ(まつエク)、アロマ、アロ…• 説明会・見学会• 無料体験• 1日講座• 全てにチェックを入れる• エステ・フェイシャル• トータルビューティー• 小顔矯正• ボディジュエリー• ブラジリアンワックス• 美容その他 まつげ・ネイル関連• 全てにチェックを入れる• まつ毛エクステ(まつエク)• まつげパーマ• アイリスト• まつげ・ネイルその他 心理・セラピー関連• 全てにチェックを入れる• セラピスト• フットセラピー• 心理学・メンタルケア• 心理カウンセラー• 心理・セラピーその他 リラクゼーション関連• 全てにチェックを入れる• リンパドレナージュ・リンパマッサージ• アロマ• リフレクソロジー• マッサージ• フットケア・フットマッサージ• ボディケア・ボディマッサージ• タイ古式マッサージ• ヘッドマッサージ・ヘッドスパ• バリニーズ• リラクゼーションその他 アート・絵・書関連• 全てにチェックを入れる• エアーブラシ 工芸・ものづくり関連• 全てにチェックを入れる• スイーツデコ• カルトナージュ• デコアート• ジュエリーデザイナー• ビーズアクセサリー スピリチュアル・占い関連• 全てにチェックを入れる• タロット• 大阪府では、大阪市を中心に多くのまつ毛エクステスクールがあるため、他のカルチャースクールのために大阪市へ足を運ぶ方や、休日の美容サロン通いで足を運ぶ方なども気軽にアクセスできます。 また、大阪市以外では堺市や枚方市、そのほかのエリアにも数は少ないですがまつ毛エクステスクールが点在しています。 そのため、スクールのレッスン内容にこだわらずアクセスの利便性を取るならエリアでの絞り込み検索、レッスンの充実具合や授業形態などスクールそのものの質にこだわるなら大阪府のスクール一覧に目を通してみましょう。 最終的には、ご自身の都合にあったまつ毛エクステ関連のスクールを選びましょう。

次の

まつげエクステ(マツエク)商材の卸・仕入れ

なんば まつ毛 エクステ

目元のメイクによって顔の印象って大きく変わりますよね。 なかでも「まつ毛」次第で目をより大きく見せることもできるので長さ、ボリューム、カールなどに気を使ってる女性も多いでしょう。 マスカラやつけまつ毛などまつ毛用のメイクアイテムもありますが、今回は一度施術すれば一定期間効果が持続するまつ毛エクステとまつ毛パーマについておはなししたいと思います。 まつ毛エクステとまつ毛パーマってどう違うのか、それぞれの施術方法やこんな人に向いているなど、そのメリット・デメリットまで「まつ毛エクステとまつ毛パーマ」の疑問をとことん解決したいと思います。 まつ毛エクステとは? 専用のグルーで自分のまつ毛に一本一本まつ毛のエクステをくっつけていきます。 まつ毛の長さ・太さ・カールにも種類があるので自然なまつ毛にしたいという人から、思いっきりボリュームアップしたいという人まで好みに合わせて選ぶことができますね。 グルーが強力なので施術中や施術後グルーが乾くまで目にしみることがあります。 これはグルーの揮発成分でしみているだけなので乾いてしまえば治まるのがほとんどなので少し様子を見ましょう。 グルーが目に入った場合はとんでもない激痛で「しみる」とかいう次元の傷みではありません。 完全に乾くのにだいたい4~5時間位かかります。 はじめてまつ毛のエクステをした場合慣れるまで違和感を感じることがありますが、慣れてしまえば気にならなくなるという人が多いです。 ただ、痛みやかゆみがおさまらない場合や腫れてきたという場合は体質的に合わないことも考えられますし、まつ毛のエクステが自分のまつ毛ときちんとくっついていない、または取れかかっているということも考えられます。 まずは施術してもらったサロンに相談しましょう。 まつ毛のエクステってどのくらい持つの? まつ毛のエクステは施術してからだいたい3~4週間でリペア(手直し)が必要といわれています。 ただ3週間たったから一気に取れ始めるわけではなく、施術した日からすこしずつ取れていきます。 まつ毛は髪の毛やほかの体毛にくらべて生え変わりのサイクルが2~3ヶ月と早く、毎日少しずつ生え変わっています。 エクステを付けたまつ毛がちょうど抜ける時期だったら数日でエクステと一緒に抜けてしまいます。 2週間たったくらいからエクステに隙間が目立つようになってくるので3~4週間ごとにリペアしていくときれいなまつ毛を維持できますよ。 まつ毛エクステの種類について まつ毛のエクステにはシルク・ミンク・セーブルの3種類があります シルク 値段は一番やすく、カールが取れにくいという特徴がありますが自まつ毛となじみにくくマツエく初心者さんは違和感を感じやすいかもしれません。 ミンク 自まつ毛とのなじみもよく軽くて自然な仕上がりになります。 セーブル 値段は3種類の中で最も高価ですがその分なじみもよく自然な仕上がりで、初心者さんにもおすすめです。 まつ毛のエクステの料金は? 一本100円くらいが相場ですが、まつ毛のエクステをするなら1本だけということはまずないと思います。 だいたい何十本でいくら、またはつけ放題(時間制限あり)でいくらという料金体系のサロンが多いようです。 両目60本で4000円~5000円くらい。 60分のつけ放題で5000円~10000円くらい まつ毛のトリートメントをするなら1000円~2000円くらい。 あくまで目安ですが参考にどうぞ。 まつ毛エクステのメリット 1. メイクの時間を短縮できる。 メイクをする時に目元に一番時間をかけるという人は多いと思いますがまつ毛のエクステをすればその分時間の短縮になりますので、毎日のメイクが楽になりますね。 理想のまつ毛を再現できる。 まつ毛のエクステには様々な長さ・太さ・カールがあるので、ほぼ理想に近いまつ毛を再現できます。 すっぴんに自信が持てる。 まつ毛のボリュームが増えることで目が大きく見えます。 ノーメークでも目元がパッチリして目が大きくみえるので素顔に自信が持てるようになります。 まつ毛エクステのデメリット 1. お金がかかる。 まつ毛のメイクにはマスカラ・つけまつ毛・まつ毛パーマ・エクステといろいろありますが、まつ毛のエクステは一番お金がかかってしまいます。 普段のケアが大変。 目をこすれない、オイル系のクレンジングが使えない、アイメイクを落とすのにもエクステを気にして丁寧に落とさないといけない、コットンが引っかかるなど。 メイクの手間がかからないと思ってエクステすると、普段のケアが予想以上に大変ということもあります。 まつ毛がない人には向かない。 まつ毛のエクステは自まつ毛につけていくので、もともとのまつ毛がない部分にはつけられません。 部分的にまつ毛が生えていないという人もたまにいますが、エクステをするとまつ毛の無い部分が目立ってしまうことがあります。 まつ毛エクステを長持ちさせるには 1. マスカラは専用のものを使う。 マスカラは基本必要ありませんが使う場合はエクステ専用の落としやすいマスカラにしましょう。 ウォータープルーフなど落ちにくいマスカラは落とすときにまつ毛のエクステに負担をかけてしまいます。 ビューラーはホットビューラーを使う。 普通のビューラーを使ってエクステが折れてしまうと、もとのカールに戻せなくなります。 まつ毛エクステにおすすめなのはホットビューラーです。 これも、まつ毛をはさむタイプではなく、まつ毛の下からあててもちあげるタイプを使いましょう。 2週間くらいたつと最初きれいだったエクステが方向感なくバラバラになってくることがあります。 その時もホットビューラーで整えてあげると長持ちしますよ。 オイル系のクレンジングは使わない。 エクステに使っているグルーはオイル系クレンジングの油分に弱いので使わないようにしましょう。 うつぶせで寝ない。 うつぶせで寝るとエクステが折れてしまう可能性がありますので気をつけましょう。 タオルやコットンの使用に気を付ける。 まつ毛のエクステはタオル、コットンなどに引っかかりやすいので気をつけましょう。 まつ毛のエクステを取りたいときはどうするの? まつ毛のエクステを取りたいときは専用のリムーバーがあるのでサロンで取ってもらいましょう。 自分で無理やりとるとまつ毛が傷んだり抜けてしまったりします。 料金は施術してもらったサロンなら1000円前後で安くできる場合や、サロンによっては最初の施術時の料金に含まれている、または無料という場合もあります。 はずすときだけ別のサロンで、という場合は若干高めで2000円前後が多いようですが、外した後にそこのサロンでまつ毛エクステを付け直すならはずすのは無料ということもあります。 サロンによって変わってくるので確認してくださいね。 まつ毛パーマとは? まつ毛パーマは専用のパーマ液でまつ毛をカールさせます。 液は髪の毛用のパーマ液とは違い、目に入りにくいようにクリームタイプやジェルタイプの液になっています。 まつ毛を好みのカールになるようにロットやビューラーで固定して、パーマ液でカールをつけます。 施術中にパーマ液の揮発成分が目に染みることがあります。 (特に1液) まつ毛エクステ同様液が目に入ればしみるどころではなく激痛ですので、ちょっとしみる・・・くらいなら少し様子を見ましょう。 大抵は液の塗布が終われば落ち着きますが、少し様子を見て痛みが強くなったりする場合は我慢せずに施術者に伝えましょう。 まつ毛パーマの種類は? ロッドタイプ まぶたにまつ毛用ロットを張り付けてまつ毛を巻きつけていきます。 しっかり持ち上げたい場合におすすめですが施術者の技術によって仕上がりが違ってきます。 ビューラータイプ まつ毛をビューラーではさんでパーマをかけます。 技術はそれほど必要ありませんが根元からしっかりあげたい人には物足りないかもしれません。 まつ毛パーマの料金は? 3000円前後が一般的ですが高ければ5000円以上するところもありますし、安ければ2000円以下で出来るところもあります。 これも目安程度に参考にしてください。 まつ毛パーマのメリット 1. きれいなカールが持続します。 ビューラーだとまつ毛が折れてしまったり海やプール、洗顔などでまつ毛を濡らしてしまうとカールは取れますが、まつ毛パーマをかければきれいなカールが持続します。 メイクの時間を短縮できる。 ビューラーを使う必要がないのでメイクの時間が短縮できます。 まぶたが持ち上がって二重になることも・・・ まつ毛パーマをかけることでまぶたが持ち上がり一重まぶたが二重になったり、たるんで重たい印象だったまぶたが持ち上がって明るい印象になったという人もいます。 ただまつ毛パーマはこのような効果を保障するものではないので、なればラッキーくらいに考えるといいですね。 まつ毛パーマのデメリット 1. まつ毛が傷む。 最近ではまつ毛パーマの液も品質の良いものが多くなっているのでひどく傷むようなことは少ないですが、マスカラやつけまつ毛、エクステと比べると痛みが出てしまいます。 まつ毛自体の長さは変わらない。 まつ毛パーマは自分のまつ毛をカールするだけなので長さは変わりません。 まつ毛パーマを長持ちさせるには まつ毛パーマはだいたい1ヶ月ほどでカールはとれてきます。 それまでの間できるだけきれいなまつ毛をキープするために次の事に気をつけましょう。 目をこすらない、ビューラーを使わない。 まつ毛パーマをかけたあとはまつ毛が傷みやすい状態になっていますから、こすったりビューラーを使うとまつ毛を痛めてしまいます。 まつ毛用の美容液を使う。 できれば朝晩まつ毛用の美容液をつけてダメージをケアしてあげましょう。 髪のパーマって乾いた状態だとだらんと伸びてしまっていますよね? 髪を水で濡らしたりパーマ用ムースをもみ込んだりすると復活します。 まつ毛パーマ基本的に同じで施術後家に帰ってから思ったよりカールがかかってないなぁと思っても、マスカラをつけるとカールが復活することもあります。 それでもカールが足りない場合はかけなおすことができる場合もあるのでサロンに連絡してみましょう。 まつ毛エクステとまつ毛パーマどちらを選べばいいの? まつ毛のボリュームや長さを出したい人や、すっぴんでも目力が欲しいならまつ毛エクステがおすすめ。 マスカラがにじんでパンダ目になりやすい人や海やプールへ行くときにもおすすめです。 逆さまつ毛などまつ毛のくせに悩んでる人はまつ毛パーマ。 普段のケアにあまり手をかけたくないという人にもおすすめです。 メリットデメリットをふまえて自分に合った方を選んでくださいね。 どちらも目元で行う施術ですから施術者の技術はもちろんですが、お店が衛生的でカウンセリングもしっかりしてくれるところをえらびたいですね。 rerereflow.

次の