ホワイト 餃子。 千葉県野田市の「ホワイト餃子」は、1日2万個売れるソウルフード

ホワイト餃子と丸満餃子って形が似ているけど系列店?何でホワイト餃子グループじゃないの?

ホワイト 餃子

湯を沸かし、油を用意しておきます• 冷たいフライパンに油をひいて、餃子を冷凍のまま並べます• 点火と同時に熱湯を入れます。 餃子が八分目まで浸る位。 ガスは強火、フタをします。 8分位・・・• 大きな泡になってきたら・・・• 油を入れます、餃子がもぐる位。 (ここがポイント)• 湯と油がまじって白くにごります。 強火のまま。 3分位で湯は蒸発し、油が透明になります。 油をたす。 底がこげ茶になります、底入れをし、中火にします。 油を元にもどします、少しだけ残す。 油は3〜4回使えます。 こげ目をつけて・・・火を止めます。 残った油を元にもどし・・・• 餃子を返しヘラで皿にひっくり返して、出来上がり。 (少なく焼くときは、フライパンを小さく)フライパンにすき間があると油が大きくはね、危険です。 フライパンは1回毎にお湯で洗って、油をひいておいて下さい。 冷凍餃子は冷凍焼けをしない様ビニール袋などで空気を遮断し3カ月以内にお召し上がりください.

次の

ホワイト餃子グループ ホームページ

ホワイト 餃子

スポンサードリンク 調べて見てみたら丸満餃子は「ホワイト餃子の1番弟子」の人が始めたんだとか。 これで納得してたのですが、なら系列店となるはずなのに ホワイト餃子グループに名前がないのか気になりませんか? とある筋から聞いたところ(関係者) ホワイト餃子の前社長さんの時に自由にやりたいからと辞めた方が始めたお店なので 形は同じだけど味は違うというものでした。 だからグループではないとのこと。 上のはまた聞きだったので修行中に辞めた感じに聞こえましたが ちゃんと関係者の方に聞いたところ以前はホワイト餃子グループだったが 自由にやりたいと抜けたらしいです。 私は丸満餃子食べたことはないのですが、 マヨネーズなどの調味料があったりラーメンがあったり全然違う感じでしたね。 テレビでインタビューされてたお客さんも言っていたし、 レビューにも書かれていたのですがシナモンの味がするらしいので THE・餃子って感じではないのかも知れません。 追記:この記事を書いたあと、もう少し調べてみたら 昔のホワイト餃子の皮にはシナモンと八角が使われていたそうなので 丸満餃子では昔のホワイト餃子が味わえるかも知れません。 ただ、このシナモンや八角がダメって人も多かったみたいで ホワイト餃子では抜いたのかも知れませんね。 その辺も聞けたら今度聞いてみようと思います。 昔から冷凍のホワイト餃子食べてるのですが 入っていたかなぁ…ってくらい曖昧です。 更に追記:シナモンについても聞きました。 確かに以前はホワイト餃子も香辛料を入れてたんですが、 香辛料が悪い状態でしか入って来なくなったので使わなくなったそうです。 通販があるので気になる方は食べ比べてみるのもありかなと。 色々条件がありますが通販でも買えます。 本店の冷凍しか食べたこと無いのですが、 本店のは小さい容器にラー油も入ってますよ。 丸満餃子の送料無料のお試しセットです。 それでは本当に短いですがこれで。 水餃子とワンタンも入っていたのですが焼き餃子だけを。 ちょっと焦げ付いてますがズボラなのでその辺は気にしない(笑) 最初の蒸し焼きしている時はホワイト餃子と匂いがソックリでしたが 途中からシナモンの香りが混ざり独特な匂いに変化しました。 食べてもシナモンが強いのでシナモンが得意でない方には向いてないと思います。 私はシナモンが好きなので全然平気でしたが餃子とはなんかちょっと違う気がします。 大きくて食べごたえがあり、これはこれで美味しかったです。 1つ困ったことは換気扇を回し続けても 匂いがずっと残っているので家族にシナモンダメな人がいると 苦情が来るかも知れません… スポンサードリンク ホワイト餃子にも行ってきました 長年、冷凍の餃子を自宅で焼いてましたが遂にお店に行ってきました。 こちらがフライパンで焼いたものです。 当たり前だけど自宅で焼くよりもキレイな焼き色ですよね。 食べるとサクッもちっとしていて 1口目はいい意味でお餅っぽいって思いました。 どんどん食べられてしまいますが熱いので火傷しました… こちらは大きくて1度にたくさん焼ける フライヤー(?)のようなもので焼いたものです。 フライパンよりも皮がパリパリに仕上がっていて これまた美味しかったです。 どちらがいいかは好みによって分かれると思います。 たくさん頼めば両方味わえるので大人数で行くといいかも。 また行きたいなと思いました。

次の

いらっしゃいませ。茶しんのホームページへようこそ。

ホワイト 餃子

もくじ• ホワイト餃子とは何? ホワイト餃子とは千葉県野田市に本店を構える餃子店。 1日に8万戸も売れるという超人気の餃子です。 普通の餃子は鉄板で多くとも50個程焼くのが通常だと思いますが、このホワイト餃子は人気すぎて一度に300個も鉄板に並べて焼くのです。 このホワイト餃子見た目が白いのかと思いきや普通にこんがり焼けて全く白くありません。 あまり見慣れない形なので知らない人はお稲荷さん!? と思ってしまうかもしれません。 ではホワイト餃子の名前の由来はなんでしょう? 創業者・水谷信一が満州(現在の中国東北部)で白(パイ)という中国人から餃子作りを教わり、戦後日本へ引き揚げ餃子店を開く際、始めは「パイ餃子」にしようと思ったが、色気がないので英語にして「ホワイト餃子」にした。 スポンサーリンク 一般的な餃子と違う? 一般的な餃子は薄い皮で具を包みますがホワイト餃子は分厚い皮で包んでいきます。 焼き方も独特でフライパンに並べたホワイト餃子にたっぷりのお湯をかけて茹で焼きにしていきます。 お湯がなくなった頃合いを見てホワイト餃子が隠れるほどの油を入れ揚げ焼きにします。 このような焼き方をすることによりホワイト餃子の外側はカリカリ、中はふっくらの食感に仕上がります。 関西で食べるには? ホワイト餃子を食べたい! そう思い関西圏で探してみると滋賀県に1店舗ありました。 店名:長浜茶真 住所:滋賀県長浜市元浜町5-3 TEL:0749-62ー0414 FAX:0749-65ー5321 定休日:火曜日 メニュー:生餃子20個 650円 焼き餃子1人前(10個)480円 ホワイト餃子を通販で買いたい ホワイト餃子店のホームページ 一部の店舗を除き、各ホワイト餃子の店舗では通信販売を行っています。 上記のホームページから最寄りの店舗にお電話またはFAXで注文ができます。 FAXの用紙はこちら スポンサーリンク 野田本店では製造が間に合わないため、通信販売を利用するには ・本店から車で2時間以上かかる遠方であること ・注文は100個単位から という条件があります。 生餃子が20個650円なので100個だと3250円。 ここに容器代と送料、代引き手数料が上乗せされるので結構な額になってしまします。 これは野田本店の条件なので他の店舗は条件が違うかもしれませんので注文するときに確認してみてください。 ホワイト餃子まとめ いかかでしたか?ホワイト餃子 分厚い皮に包まれた餃子を一度お湯で茹でるように焼きそこへ餃子がしずんでしまうほどの油をそそぎ皮をカリカリにきつね色になるまで揚げ焼きする。 考えただけでも美味しそうです。 関西圏には1店舗しかありませんが、通信販売も行っているのでお住まいの近くの店舗にお電話かFAXで注文できます。 ぜひホワイト餃子を食べてみてください。 スポンサーリンク.

次の