転職 通信。 「電気通信主任技術者」資格を生かせる仕事の転職・求人情報

通信業界への転職がもたらす求職者への影響

転職 通信

中小の営業を受けてみれば? 意外と受かるかもよ。 基礎マナーやワードエクセルの知識なんかは、ハロワで無料も専門教えてくれたりする。 通関士・社労士・宅建・行政書士の資格をどれか取れば、とりあえず関連の仕事にはつける。 合格率は10-30%だけど、記念受験者や単なる資格マニアの人もいるから、ガチならアリかもね。 テストなんで勉強得意な人とそうじゃない人がいるからなんとも言えないけど。 例えばタクシー運転手やウーバーイーツしながらこう言う資格を目指すのもあり。 テレビ見てたら銀行員辞めてホストなって、成功した人とかいたね。 自分は何が好きか?自分の何をどう活かすのか?世の中で何が求められてるのか? そう言うの調べて、感じ取れればそれでうまくいくと思うよ。 あとは賭けるだけだね、100%うまくいくやり方なんて存在しないから。 どちらにせよもし基礎知識がないなら、今からビジネス書とかの本は意識して読みなよ。 軽いのでもいいから。 趣味にした方がいい。 パーソナルトレーナーでの職歴があるならそれを生かせばいいです。 その場合は、学歴はあまり関係ないですね。 例えばジムとかスポーツ系ですね。 あとは学歴不問の仕事に一旦つく 例えば、一部の不動産営業、保険営業、飲食とかならきついので(やめる人多い)、だから名前書けば受かるでしょ。 そこで2、3年努力して結果を出せば営業とかで良い転職はできたりする。 根性は必須なので、そこで自信あるなら、あえて飛び込むのはあり。 きついけどね。 リクルート系も契約社員とかでよく募集してる。 契約だとお互いに気楽に始められるし、そこで結果を出しての転職狙いする。 今のキャリアでは職種替えして、いきなりホームラン打つのは厳しいと思うよ。 だからその辺狙うのなら1、2年は修行と思って働くのがいいかも。 それと、 一般企業と言っても広いので、 何を大事にするか? 何が得意か? どうしたいか(長く勤めたいのか、独立も考えてるのかなど)など、ある程度絞って準備して受けていくべきかなあ。 あと地元で探すなら意外とコネ使える。 これ本当に。 大学編入・大学院など受けて体育の先生を目指すとか、心理カウンセラーになるのも可能かな。 これは前職と重なる部分もあるかもだし、3年とか働いてたら「短大卒業程度社会人」扱いになるかも。 めっちゃ勉強苦手とかじゃなきゃ、まともな社会人は割と受かると思うよ。 エアコンの補修点検やエレベーターの保守点検は人がぜんぜん足りてない上に女性はまずやらないので、 よく知らないけど未経験でも採用するし、給料もいいと聞いた。 多分都市部の話だけど。 あと自動車工場ね。 30万とかくれるよ。 「(大卒がやる)カッコいい仕事したい」とかは思わない方がいい。 それは大学にいかなかった時点で諦めるところだろ。 それにあなたが思ってるほど良いものでもない。

次の

転職通信

転職 通信

就職情報会社の学情は13日、転職サイトのアンケートで、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、人口密度の低い地方へ転職を希望する人が3割超に増えたと発表した。 同社は「感染防止の観点から転職のための移動は推奨しない。 求職者が遠隔で企業選考を受けられるようにしたい」としている。 調査は4月24日~5月1日、20代専門の転職サイトにアクセスした人を対象に実施。 361人が回答した。 Uターン、Iターンや地方での転職を希望すると答えた人は全体の36. 2月の同サイト新規登録者のうち現住所と別地域に転職を希望した人に比べると、14. 3ポイント増えたという。 感染拡大を受けた意識の変化では、地方への転職を「より希望」「どちらかというと希望」とした人の合計は36. 理由として「『3密』を避けたい」とする人がいた一方「感染させてしまうリスクを考えると転居を伴う転職は避けたい」との声もあった。

次の

【IT】情報・通信業界の企業ランキング【転職・就職に役立つ】

転職 通信

中途採用の求人が増える時期 これから転職を考えている方のなかには、転職活動の開始時期や活動方法で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 まずは、中途採用の活動が活発になる時期をみていきましょう 1. 一般的に3〜4月・9〜10月 中途採用の求人数が増える時期は、3〜4月・9〜10月頃が一般的です。 3月を決算期とする企業が多く、4月に上半期、10月に下半期がスタートします。 そのため、新しい期に合わせた入社を見越した採用活動が行われています。 また、10月は組織編成や人事異動など大きな動きのある会社も多く、それに伴って中途採用の活動も活発になってきます。 求人が増える理由 3月に中途採用の求人が多い理由は、4月からの新しい組織体制に備えて、中途採用を終わらせておこうと考える企業が増えるためです。 4月は新卒採用した新入社員の入社式や研修などがあり、さらに4月以降は、来年度の新卒採用の準備も始まります。 年度末である3月は、年間の採用計画の調整を行うため、追い込みで求人をかけるケースもあり、採用が活発化しやすくなります。 中途採用が活発になる時期として、ボーナス後のパターンもあります。 夏季・冬季のボーナスを受け取ったあとに転職しようと考える人も多いので、欠員を補充するために企業の求人数も増加します。 求人数が増えてくるため前から転職活動の準備を行うことで、幅広い業界や職種へ応募できるチャンスが増え、希望する求人が見つかる可能性が高まります。 転職時期を決めるポイント 転職活動を始めるのに今の仕事をしながら始めるのか、退職してから転職活動に専念したほうが良いのか迷っている方も多いでしょう。 在籍中と退職後では、転職活動の順序がまったく異なります。 それぞれのメリット、デメリットを見ておきましょう <退職前に転職活動を行う場合> 会社にいながら転職活動を行う最大のメリットは、経済的な安心感が得られることです! 在籍している間にスキルを磨き続けることもできますし、転職活動をしてみて自分に合った会社が見つからなければ、転職せずにそのまま残ることもできます。 しかし、 仕事を続けていると、転職活動のために確保できる時間が限られてしまいますのでしっかりと計画を立てることが大切です。 <退職後に転職活動を行う場合> 退職後に転職活動を行うメリットは、在籍中と比べて時間をたくさん使えることです。 平日の時間も利用できる為、企業研究や面接対策などもじっくりと行うことができます。 しかし、 退職後に仕事が決まらない焦りが生じると妥協して仕事を選んでしまうことになりかねないため、計画的に落ち着いてできるよう転職活動のスケジュールを立てましょう。 転職サイトと転職エージェントの違い 次に転職サイトと転職エージェントの言葉をよく聞きますがこれらの違いを理解しておく必要があります。 違いを理解し自分自身にあった方で転職活動を進めましょう! 1. 専任アドバイザーの有無 転職エージェントでは専任アドバイザーがつき転職希望者の希望をヒアリングした上で、求人を紹介したり面接日程の調整や内定後の条件交渉を全て代行することが一般的です。 また、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を行い、転職活動をサポートしていくのが特徴です。 一方で、 転職求人サイトは企業の求人情報をサイト上に掲載して、求職者が検索できるようにするサービスです。 求職者は自分自身で求人を探し、自分自身で求人に応募することになりますので自分一人で活動を進めていくことになります。 求人の種類 転職エージェントは、非公開求人を多く扱う傾向にあります。 ピンポイントで求める人材を採用したい企業においては、応募数が多くなると企業側の負担が増えるため、あえて非公開とする企業側の狙いが背景にあります。 一方で、 転職求人サイトは幅広い求人を網羅的に掲載しているのが特徴です。 どちらかが優れているわけではないですが、転職を考えている方にとって転職エージェントを利用することで年収アップや転職成功の確率があがってきます! 優良企業から好条件のオファーをもらう3つのポイント 情報を集めるだけでなく情報を開示することで自分を売る 1. 人事担当者の目に触れる優良サービスに登録をする 即戦力採用のためのサービスとして企業側の認知度が高く、累計9,000社以上が導入してるビズリーチに会員登録することで転職成功率のアップを狙えます。 非公開求人には秘匿性が高くハイクラスなポジションも多く掲載されています。 職務経歴を詳細に伝える ヘッドハンターや採用担当者は、長くても数分程度しか職務経歴書を見ません。 そのため、全ての経験を細かく記載するのではなく、 今後のキャリアにとって関連性が高く、重要となる経歴にボリュームをおくように記載しましょう。 経験したプロジェクトや自身の役割を具体的に伝える 企業は「実際にどのような成果を上げられる人材なのか」を常に見ています。

次の