インチュニブ。 ADHD(注意欠陥多動性障害)にも最適!最新の治療薬インチュニブってどんな薬?

インチュニブ錠1mg

インチュニブ

Contents• コンサータ、ストラテラ、インチュニブの違い コンサータ ストラテラ インチュニブ 主成分 メチルフェニデート アトモキセチン グアンファシン 中枢神経作用 刺激 非刺激 非刺激 主な作用 前頭葉、線条体、側坐核での再取り込み阻害により主に ドーパミンとノルアドレナリン増加 前頭葉での再取り込み阻害により主に ノルアドレナリンとドーパミン増加 前頭葉での アドレナリン受容体シグナル増強 副作用 食欲減退、不眠、頭痛、チック、動悸、口渇など 頭痛、食欲減退、傾眠、悪心、口渇、便秘など 傾眠、頭痛、高度低血圧、失神、不眠、倦怠感など 効果が感じられるまで 服用後すぐ 1週間以内に効果が現れる 1〜2週間、 安定するのは6〜8週間後 1週間 効果持続時間 10〜12時間 24時間 24時間 コンサータ 主に、前頭葉、線条体、側坐核での神経伝達物質再取り込み阻害により、主にドーパミンとノルアドレナリンを増加させます。 中枢神経を刺激し、 主にドーパミンの増加を促すため覚醒して注意力・思考力が高まる人が多いけど、人によってドーパミン亢進があまり効果がなかったり、ノルアドレナリンの効果の方が高く感じる人など様々。 コンサータは前葉体以外にも依存と関係があるとされる側坐核で作用することから依存のリスクが存在するとされています。 ストラテラ こちらは主に前頭葉での神経伝達物質の再取り込み阻害により主にノルアドレナリンとドーパミンを増加させます。 主にノルアドレナリンの作用である集中や記憶力向上などが起こる人が多いようですが、こちらについても人それぞれの症状があるようです。 インチュニブ 主に前頭葉でのアドレナリン受容体シグナル増強により交感神経の活動を抑制したり、チャンネルが閉じることにより神経伝達物質が流出するのを防ぎます。 主に交感神経の働きを抑制し、 神経の緊張や多動、衝動性などを抑えられる人が多いようですが、こちらも効果は人それぞれ。 世界が変わったという人の意見 ADHDの治療薬『ストラテラやコンサータ』の服用で、普通(定型発達者が見ている、感じている)の世界(に近い…w)を体感することができるって、やっぱり凄いですよね。 ストラテラはマルチタスク用、コンサータはシングル集中用らしい。 明らかに物忘れがへりました。 120飲んでれば当たり前か。 定型はこんなに楽だったんだと感動しますた。 【個人的な印象】 コンサータ:やる気アップ!シャキッとする!もやっとがクリアになって目がさめる! イメージ的には栄養ドリンク。 ぱっと冴えるけど、切れた時の反動あり ストラテラ:散らかってわちゃわちゃした感じが落ち着く。 静かになる。 イメージ的にはお茶。 — 勝次郎 精神科医 TomiKatsujiro 副作用については、こんな意見が多めな感じ。 また、 中年で診断が下りた事もあり、起床・片付け・不注意などは自分なりの工夫でなんとかやれており、一番困っていたのが頭の中の多動と無力感だったため、なかなか効果を感じられませんでした。 ASD併発があるのも関係あるかもしれません。 コンサータは1ヶ月続けて効果を感じた日は数日。 今日はなんだかタスクが捗るような気がするなぁ、という感じでした。 あとは心臓がバクバクして睡眠不足が続きとてもしんどかったです。 ストラテラは2ヶ月弱続けて効果を感じた日は2日ほど。 今日はなんだか静かに感じるような気がしないでもない、ちょっと集中できてるかも?という感じ。 あとはも〜ひたすら辛かった!夜は眠れず昼はひたすら眠い、ぼーっとする、汗がドバドバ出てすぐ風邪を引いちゃう、口が臭い。 という感じでした。 詳しい記事はこちらでどうぞ「」 みなさまによきADHDライフが訪れるのを願ってやみません。 少しづつ頑張っていきましょう!. Twitterを参考にさせていただいた皆様、ありがとうございました。 ブログへの掲載が不可という方はお知らせください、削除いたします。

次の

インチュニブ服用体験談、始めます。

インチュニブ

みなさま初めまして。 ブログ管理者の「私」です。 このサイトを訪れていただいたのは検索サイトからでしょうか? そしてそのワードの一つは「 インチュニブ」ではないかと思います。 私自身、タイトルにもあります通り、現在インチュニブを服用しています。 医師からこれを勧められた際、私も速攻でスマホで検索しました。 「一体どんな薬なのだろう?」 「服用している人の実態はどんな感じなのだろう?」 「効果を感じている人はいるのだろうか?」 「 逆に副作用を感じている人は?」 でも情報があまりないんですね。 医薬品メーカーの情報発信はありますが、服用の体験談はあまりありませんでした。 それもそのはず、インチュニブは日本で認可されたのが2017年。 それも小児だけです。 成人にも認可されたのは2019年6月からです。 だから情報がないのは当たり前です。 ADHDの薬 (後日投稿しますが、私自身はADHDではないと診断されています。 ただそれっぽい症状に苦しんでいるのは確かです)には、コンサータやストラテラが知られています。 こちらも日本での歴史はまだまだ浅いですが、それでもインチュニブよりは長く使用されているため、服用をリポートしたブログが何本かあります。 でもインチュニブはまだ全然ない。 ないなら自分で発信してしまえ 笑 このブログはそんな思いで立ち上げました。 私自身がどのようにしてインチュニブにたどり着いたか? そこに行くまでに何があったか? 服用の(ほぼ)リアルタイムな効果感はどんなものか? このブログでは、そんなことを書かせていただこうと思っています。 併せて、そんな私が日本の会社員生活や学校生活をどう考えているのかなども書いていく予定です。 そうした体験を発信することで、同じような悩みを持っている人と思いを共有できたらいいな、と考えています。 息長くお付き合いいただければ幸いです。 当ブログは、あくまで服用した感想などを私個人の意見で発信するものです。 あくまで素人が等身大で感じたことであることをご承知の上、お読みください。 医学的な点に触れることはあるかと思いますが、慎重に、誤解がないように記述していきたいと思います。 次回は、私がインチュニブに出会った日のことを書きたいと思っています。 次回投稿まで、少々お待ち下さい。

次の

グアンファシン:インチュニブ

インチュニブ

目次(Contents)• インチュニブとは? インチュニブは2017年5月から日本で販売が開始された、比較的新しい薬です。 主に「グアンファシン塩酸塩」という物質が主成分となります。 この薬の主成分であるグアンファシン塩酸塩が、脳内の神経伝達物質の働きを 促すことにより、ADHDの症状である不注意や多動性・衝動性を改善させることが出来ます。 また、インチュニブは従来処方されていたADHDの治療薬とは異なる作用であるため、 今までのADHD治療薬では十分な効果が得られなかったという方にも効く可能性があります。 さらにインチュニブはコンサータと異なり、中枢神経刺激薬ではない為、 依存性がなく、耐性も乱用のリスクも低い薬とも認識されています。 ですが、当然、副作用が全く無い訳ではないため、薬を服用する前には、 アレルギー症状の有無、妊婦又は妊娠している可能性のある方、 房室ブロック(第二度、第三度)のある方については、絶対に服用しないてください。 また、事前に必ず医師にも上記に該当する旨を伝えるようにしてください。 インチュニブのよる症状改善の仕組みについて ちょっと専門的な話になりますので、 この手の話が苦手な方はこの項目は飛ばしていただいても問題ありません。 上図を例に説明します。 一般的な方の脳神経細胞 いわゆるシナプス は、 シナプス 前 からシナプス 後 に向けてノルアドレナリン 右側の紫の小玉 の 受け渡しを行い、神経伝達を行います。 そこで、インチュニブを服用します。 結果として、脳内の情報伝達量が増加し、 ADHDの症状である不注意や多動性・衝動性を改善させることが出来ます。 スポンサーリンク インチュニブの服用について インチュニブはコンサータやストラテラと異なり、子ども専用の薬です。 医師の診断結果に従い、適切な量が処方されるため、そちらに従い服用してください。 服用は1日1回とされており、服用タイミングも医師の指示に従ってください。 また、以下がインチュニブとの併用に注意すべき薬などの一例なります。 服用する際は十分に把握した上で服用するようにしてください。 ・バルプロ酸 ・中枢神経抑制剤 ・インチュニブの血中濃度を通常よりも上げる可能性のある薬 (イトラコナゾール、リトナビル、クラリスロマイシン など) ・インチュニブの血中濃度を通常よりも下げる可能性のある薬 (リファンピシン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン など) ・血圧を低下又は脈拍数を減少させる作用のある薬 ・アルコール インチュニブの効果の持続時間は24時間で、効果が出始める期間は、 服用し始めて1~2週間で効果が出始めます。 インチュニブの副作用 副作用の症状一覧とその発症確率は以下となります。 子どもの副作用発症率:74. 8% 症状 発症確率 傾眠 57. 5% 血圧低下 15. 4% 頭痛 12. 2% 出典:インチュニブ|独立行政法人医薬品医療機器総合機構 先に挙げた通り、依存性はありませんが、インチュニブもコンサータと同じように、 服用すればほぼ高い確率で副作用が出るという認識でいた方が良いです。 また、上記の表にはありませんが、極稀に重大な副作用もありますので、 その点はよく注意しておきましょう。 万が一、その兆候が見られたら、服用をすぐに中止して医師や薬剤師に相談しましょう。 このような症状があらわれた場合には減量,休薬又は投与を中止するなどの 適切な処置を行うこと。 房室ブロック(0. まとめ 今回はインチュニブについてまとめました。 これで一通り、ADHDの治療薬について見ましたが、 いずれも、「情報伝達を円滑にする」という観点で薬を服用していることがよくわかります。 つまり、治療薬=単純な鎮静剤という訳ではないということが理解できたと思います。 繰り返しになりますが、薬だけではなく、 心理社会的療法(ソーシャルスキルトレーニング)と並行して実践し、 相乗効果を狙っていくことで、ADHDでも十分なコミュニケーションが 取れるようになりますんで、焦らずに、じっくりと腰を据えて、 お子さんたちと向き合っていきましょう。 繰り返しになりますが、インチュニブをはじめ、薬を服用することについて 不安や心配に思うことは、遠慮せずに医師に相談するようにしてください。

次の