お疲れ様 です。 「お疲れ様でございます」は正しい敬語?社長・上司・取引先に使える?言い換え表現は?

「お疲れ様でした」の敬語・目上の人への使い方・例文|丁寧語

お疲れ様 です

どんな人がなぜ、「お疲れ様です」といわれることを嫌うのか 中学生や高校の時、部活の先輩に「お疲れ様です」と声をかけることは少なく「おはようございます」、「さようなら」の方が一般的です。 一方、大学に入ってからあるいはアルバイトを始めてからというもの、日常的に「お疲れ様」という機会が増したように思います。 また、 同僚の方とすれ違いざまに「お疲れ様」と何も考えなくてもその言葉が出てきます。 結論からいって、「お疲れ様」といわれるのが嫌いな人は 「まだ疲れていないのに、お疲れ様なんて言われると疲れた気分になる」 というのが一番多い意見です。 実際のところ、 「お疲れ様」には2つの意味があります。 1つは、言葉通り 相手のした仕事に対してほめたたえる・ねぎらいの意味を込めてのお疲れ様です。 1日中、労働した後に「今日は1日中お疲れさまでした」という事はよくあります。 こちらの意味では、言葉通りなので違和感を感じる人は少ないと思います 2つ目はの意味は、 「挨拶としてのお疲れ様」です。 論点となっているのはこの使い方ですね。 厄介なのは「挨拶としてのお疲れさま」は「 おはようございます」や「こんにちは」、「さようなら」の3つのどのシチュエーションにおいても使えるという点です。 不快に感じる場合として、「おはようございます」の意味で用いられる「お疲れ様です」は受け取り方が違う様な印象を受けます。 上記の理由のように、 これから仕事を始めるのにいきなり「お疲れ様」言われたら、まだ疲れてないのに、と思ってしまうのも無理ありません. 疲れていない時に言われると、癪に障る 挨拶程度に言わうのはNG 合理的な人は「お疲れ様」挨拶を嫌う傾向あり 合理的・理屈っぽい人ほど挨拶での「お疲れ様」を嫌う傾向が高いと考えます。 なぜなら、 言葉の細かい所まで気にしていたりシチュエーションに適した日本語を使っていないと気が済まない人が多いです。 自分の使う日本語以上に他人が使っている言葉を気にします。 合理的な人の特徴としては、 無駄が少なく能率的であったり、いつでも冷静で頭を使って生きている人があげられます。 そんな人は、言葉遣いを常日頃から意識して使っていたりします。 特に目上の先輩方に挨拶するときは、後輩の言葉遣いを気にしている人が多いので注意が必要です。 「お疲れ様」に代わる最適な言葉は? では、 「お疲れ様」に代わる最適な挨拶は何でしょうか? ズバリ、 朝は「おはようございます」が一番無難でしょう。 おはようといわれて気分を損ねる人はいないですし、「お疲れ様」のように様々な意味があるわけでもなく朝の挨拶として最適なものです。 また、お昼時にあった時に「お疲れ様です」といわれて不快に感じる人も多いようです。 確かに、まだ半日以上仕事がありますし1日の中盤でまだまだこれからな状態です。 結論は、 お昼にあっても「おはようございます」が無難です。 その日初めて会う人だったら時間に関係なく「おはようございます」が一番いいと考えます。 特に、 芸能界は時間に関係なく朝昼晩いつでも「おはようございます」というのが慣習となっています。 最近ではいつ出社してもOKな企業が増えてきましたが、そのような状況こそ 朝昼晩関係なく「おはようございます」というのが一番です。

次の

「お疲れ様でございます」は正しい敬語?社長・上司・取引先に使える?言い換え表現は?

お疲れ様 です

Topics• 「お疲れ様です」は目上の方には失礼?それとも正しい? 仕事が終わった時の挨拶や外回りから帰ってきた方に「お疲れ様です」と声をかける機会は毎日のようにありますよね。 「お疲れ様です」は相手の疲れをいたわり、労う言葉です。 れっきとした敬語であり、目上の方に使っても問題はありません。 ですが、それは社内に限った話であり、取引先などの外部の方には適しません。 また、昨今のビジネスマナーとして「お疲れ様です」はスタンダードになっていますが、目上の方にも使う歴史はさほど長くないようです。 また、「労う」という言葉は同等かそれ以下の者に向かって使う言葉であり、そのせいか人によっては「お疲れ様ですは目上の方には失礼にあたる」という考えもあるようです。 通常は社内での挨拶に使われる言葉ですので同僚、部下に対しては積極的に使っていきたい便利な言葉でありますが、上司に使う際はその人の反応をよく見て使い、取引先など外部の方には使わないでおきましょう。 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違いとは? 「お疲れ様です」によく似た言葉に「ご苦労様です」があります。 「ご苦労様」は目上の人が目下の人に対して使うねぎらいの言葉になります。 ご苦労様に使われている「労う」という言葉も同等かそれ以下の者に使うという意味を持っていることから、目上の方に使うのは失礼にあたるとされています。 ですが、実は「ご苦労様」にも「目上の方に使っても失礼ではなく、適した言葉だ」とする意見もあるのです。 結局どっちなの!?と言いたくなるところですね。 しかし、最近のビジネスマナーでは「ご苦労様ですは目上の方にはNG」とする意見のほうが多数であると言えますので、やはり、使わないほうが懸命です。 「ご苦労様」の使い分けとしては、同僚か部下に使う言葉と認識しておくと良いでしょう。 【スポンサードリンク】 敬語としてのお疲れ様ですの使い方 さて、使っていいのか悪いのかの線引きがややはっきりとしない「お疲れ様です」ですが、相手を敬う「敬語」として使うことを意識すれば非常に使い勝手の良い言葉です。 はっきりとしない部分があるからこそ、敬語として使ったつもりなのに不適切な使い方をしてしまい、相手に嫌な思いをさせてしまうのは避けたいところですね。 「労をねぎらう」に加え「自分に労力を割いてくれていることへの感謝」を意識すると「お疲れ様です」の使い方も適切になるのではないでしょうか。 では、目上の方に対してはどのように使えばよいかを見てみましょう。 目上の方や上司に対して 社内の目上の方や上司に対して使う場合は、基本的に「お疲れ様です」、「お疲れ様でした」を使うのが良いでしょう。 【例】• 「部長、お疲れ様です。 先日の報告書を提出いたします」• (すれ違う時)「お疲れ様です」• (上司が退社時)「お疲れ様でした。 明日もよろしくお願いいたします」 「お疲れ様です」は相手の疲れをいたわる言葉ですので、朝の仕事始めすぐに使うのは避けたほうがよいでしょう。 午前中なら「おはようございます」が無難と言えそうです。 もちろん口頭での挨拶以外にも電話やメールでのやり取りで同様に使える言葉です。 取引先などの社外に対して 取引先、社外の方に対しては通常は「お疲れ様です」は使いません。 挨拶として使う際は「お世話になっております」や「お世話になります」が一般的でしょう。 手紙やメールのやり取りでは「お世話になっております」が適しています。 【例】• (電話で)「いつもお世話になっております。 (メールで)「平素はお世話になっております」• (顔を合わせて)「お世話になります。 本日はよろしくお願いいたします」 社内では帰りの挨拶でも「お疲れ様です」を使うことができましたが、社外ではどうでしょう。 「お世話になっております」はあまりにも不自然ですね。 その際は「ありがとうございます」を使うようにするとよいでしょう。 「お疲れ様でございます」は変? 時折「お疲れ様でございます」という言い方を見聞きすることがあります。 すごく丁寧な印象ですが、違和感を覚える人もいるのではないでしょうか。 結論から言えば「お疲れ様でございます」は決して間違った言い方ではありません。 「お疲れ様」という名詞に副詞の「で」、丁寧語の「ございます」を付けた言葉ですので、不適切とされる二重敬語には当たりません。 ですが、やはり非常に堅くかしこまった印象を受ける言葉ですね。 「お疲れ様です」は社内で使う言葉ですので、その中でもさらにかしこまった相手、例えば社長や重役などに対して使うと認識しておくと良いでしょう。 『お疲れ様です』の言い換えは? 労をねぎらう言葉としての「お疲れ様です」の代わりにはどのような言葉があるでしょうか。 以下を見てみましょう。 【社内で使う場合】 部下に対して• よく頑張ったね• 助かったよ。 ありがとう• 大変だったね。 ご苦労様 上司に対して• ありがとうございます• お先に失礼いたします。 お疲れ様でした• (上司が帰社時)「お帰りなさいませ。 外回りありがとうございます」 【社外で使う場合】• 本日はありがとうございました• ~いただき感謝いたします• 大変お世話になっております• 感謝されて嬉しくない人はいませんよね。 「お疲れ様です」は目上の方や上司。 「ご苦労様」は同僚や部下。 社外には「お世話になっております」が基本的な使い方と覚えて、失礼のないように感謝の気持ちを示せば気持ちよくビジネスが進むことでしょう。

次の

「お疲れ様です」の敬語の使い方|相手別/社内・外別/最上級

お疲れ様 です

お客様は会社にとって大事な存在です。 そのお客様に対して「お疲れ様です」と言う場合、どのような言い方をすれば良いのでしょうか。 言い方によっては相手を傷つけたり、不快な気分にさせる場合があります。 お客様に「お疲れ様です」と言う場合は、お客様が出向いてくれたりした場合に使いますので、それに対して労いの言葉をかけるためです。 この労いの言葉を伝えるためには、「お疲れ様です」に、追加の言葉を加えることで、敬語として相手に伝わるようになります。 お客様に出向いてもらった際には、「今日はお暑い中お出かけ下さり、お疲れ様です」などの労いの言葉を付け加えることで、お客様に気持ちの良い対応をすることになります。 相手を労うことがお客様に対して敬語で対応することになります。 上司 上司は同じ職場で働く同僚であり、自分を評価や指導をしてくれる先輩でもあります。 その上司に対して「お疲れ様です」と言う場合、どのような言い方をすれば良いのでしょうか。 言い方によっては相手を不快な気分にさせる場合があります。 上司に「お疲れ様です」と言う場合は、仕事中であったり、退社時であったりします。 この場合の「お疲れ様です」は、上司の仕事をしていることに対して労いの言葉になります。 この言葉はそれだけで上司に対する敬語ですので、普通に使っても問題はありません。 上司に対して労いの言葉をかける場合は、「今日は朝からお疲れ様です」と、一言付け加えると敬語の精神が一段と活きることになります。 上司は自分にとってどのような対象なのかを忘れないようにしなければなりません。 Web電話帳を導入しませんか? 社内で「お疲れ様です」を使う場合は、同僚と上司の使い分けをしなければなりません。 同僚に使う「お疲れ様です」を上司に使ってしまった場合は、敬語が使われていない場合が多いので、上司に失礼がある場合があります。 同僚に対しての、「お疲れ様です」は言葉の付け加えがなくても良い場合がありますが、上司には気さくな部分ではなく、むしろ敬語を入れた言葉で対応しなければなりません。 上司や先輩などには、仕事に対する労いの言葉として、「お疲れ様です」を使うことが多いので、敬語的な文章を付け加えるようにしなければなりません。 敬語的な文章とは、「暑い中ですが」「忙しい中ですが」などの、相手が働く環境などで、「大変ですね」と労いの言葉を入れることになります。 社外 社外で、「お疲れ様です」と言う相手は、ほとんどが顧客か取引先となります。 そのため気さくな部分はなく、常に敬語を使わなければなりませんし、「お疲れ様です」と言う場合の態度なども重要になります。 顧客に対する、「お疲れ様です」は、来社された時などに使いますが、来てくださったことに対しての労いの言葉として、「お忙しい中、お疲れ様です」などと言わなければなりませんし、相手に良い印象を持ってもらえる態度でなければなりません。 取引先に対しても、常に敬語で話をしなければなりませんし、慎重な態度で向き合うようにしなければなりません。 自分の対応で会社の評判が落ちることを考えて、「お疲れ様です」より、「お世話になります」を使うようにしなければなりません。 「お疲れ様です」という言葉と、「ご苦労様です」という言葉を使う場合に、どのような使い分けをすれば良いのでしょうか。 会社内や会社外での使い方はどうなのでしょうか。 どのような意味を持つのでしょうか。 「お疲れ様です」は、相手の仕事などに対して疲れていることに対しての敬語的言葉です。 そのため上司から同僚、社外では顧客や取引先まで使うことができます。 つまり相手が仕事などで疲れていることに対しての労いの言葉になります。 「ご苦労様です」は、相手の仕事などに対して、苦労していることに対しての言葉ですので、敬語的言葉でないため、上司、顧客、取引先には使うことはできませんし、むしろ上司が部下に対して、「ご苦労様」と言葉をかける場合に使います。 「お疲れ様です」はそのままでも十分通用する言葉ですが、取引先や顧客に対しては、敬語的な言葉で対応する場合もあります。 そのため使い分けを十分にしないと相手先に失礼になる場合もあるので、注意しなければなりません。 「お疲れ様です」自体が敬語なので、最上級の敬語表現は、「お疲れ様でございます」となります。 しかし社内の同僚同士で使うのは、不自然ですので、社長などの重役に使うことになります。 「お疲れ様でございます」が最上級の敬語表現ですが、社外に対して使うのは不自然です。 取引先や顧客に対しては、「お世話になっております」がふさわしい言葉ですし、「感謝しております」などの言葉もふさわしいですので、社外ではそちらの言葉を使う方が良いです。 シーン別「お疲れ様です」の敬語 歓送迎会などの幹事をしている人に、「お疲れ様です」ということがありますが、敬語で表現することはあるのでしょうか。 「お疲れ様です」という言葉自体が敬語なので、特にていねいに言うこともないですが、幹事をしている人を労う意味での「お疲れ様です」は言うべきです。 「お疲れ様です」だけでは、少し言葉が足りませんので、言葉を付け加えると、相手への心証も良くなってきます。 「幹事をしてくださってありがとうございます。 お疲れ様です」とお礼の言葉を添えると良いです。 また別の言葉では、「幹事大変ですが頑張ってください。 お疲れ様です」のように、労いの言葉を入れることで、敬語並みに良い言葉になります。 敬語というと丁寧な言葉とおもいがちですが、相手をおもう言葉も立派な敬語です。 仕事 仕事をしている時にも、「お疲れ様です」という言葉をよく使います。 この言葉も同僚と上司は違うニュアンスで使わなければなりません。 同僚には普通どおりで良いですが、上司には一言付け加えがあると良いです。 上司には敬語で、「お疲れ様です」と言うと良いですが、「お疲れ様です」という言葉自体が敬語ですので、言う場合のトーンを考えると良いです。 同僚には少し楽な感じで言えば良いですし、上司には語尾を下げるように言えば、相手に不快な感じは与えません。 仕事中の、「お疲れ様です」は、仕事をしている社員全員に対して言う言葉ですので、言われた相手が、不快な感じを受けないようにしなければなりませんし、「お疲れ様です」自体が敬語なので、使い方を間違えると、言葉の価値が下がるので注意が必要です。 「お疲れ様です」の敬語の使い方 「お疲れ様です」は敬語としての言葉ですので、あいさつとしての使い方では、言葉を付け加えて使わなければなりませんし、言葉を選ばなければなりません。 朝のあいさつとしては、「おはようございます。 お疲れ様です」が一般的です。 朝は疲れていないのに、「お疲れ様です」は違和感がありますが、この場合は相手に対してねぎらいの言葉をかけることで敬語として使われることになります。 夕の挨拶としては、「今日も一日お疲れ様でした」が一般的です。 夕方は一日働いたりして疲れていることをねぎらうことで敬語的な表現となります。 敬語は相手を敬う言葉ですが、「お疲れ様です」が敬語として使われているので、そこへねぎらいの言葉を付け加えることで、敬語的な使い方になります。 メール 「お疲れ様です」はそれだけでも、敬語として扱われますが、メールで送る場合には言葉を付け加えることで、敬語として相手に対応する文章になります。 メールは文章ですので、内容は気をつけなければなりません。 メールで「お疲れ様です」を使う場合は、それだけではなく必ず一言付け加えることで、メールを読んだ相手が気持ち良い感情を持てるようになります。 「お仕事お疲れ様です」とメールの最初に付け加えることで、相手はメールの内容にも真摯な気持ちで対応できます。 メールは普段何気なく使っているので、間違った文章でも気づかない場合が多いです。 しかし敬語を含んだ場合は、文章一つ一つを考えながら作成しなければなりませんし、読んで感じの悪くない内容にならなければなりません。 「お疲れ様です」は敬語としての言葉ですので、使い方には注意をしなければならない場合があります。 付け加える言葉一つでも、聞いたり読んだりした印象が変わってきます。 「お疲れ様です」という言葉は、相手をねぎらう言葉ですので、それに付け加える言葉も、相手をねぎらったり、いたわったりする言葉を付け加えます。 「お仕事頑張ってください。 お疲れ様です」などの言葉は言われても、メールの文章になっても、相手の心に響く言葉です。 「お疲れ様です」を使う場合は、言う相手のことを考えながら言葉を考えるようにすれば、必ず相手の心に響いて気持ちも和みますので、そのため相手からも「お疲れ様です」と返事が返ってくるようになるようになります。

次の