結婚 生活費 平均。 世帯別!1カ月の生活費の平均はいくら? 理想の割合も紹介

新婚夫婦の生活費は?今からできる節約・貯蓄のコツ|ゼクシィ保険ショップ

結婚 生活費 平均

夫婦にはどんな生活費がかかる? 1人暮らしを経験したことがある人ならなんとなくわかると思いますが、夫婦生活を送る上でどんな費用がかかるのか、一つひとつ確認していきましょう。 必要不可欠なお金• 光熱費• 水道代• 携帯代• 日用品代• 各種保険料 住んでいる地域によっては必要になるお金• 駐車場代• 車のローン 豊かな生活のために必要なお金• 趣味にかかるお金 必要な生活費はいくらくらい? が『1ヶ月あたりの生活費』を調査しました 首都圏・東海・関西の352の夫婦に対して。 0万円 世間の夫婦はだいたい25万円くらいあれば生活できるんですね。 思ったよりも少ないなと感じましたが、みなさんはどうでしたか?お金を使い過ぎていましたか? 夫婦の生活費のやりくりの仕方は9パターン 夫婦の生活費のやりくりの仕方は全部で9パターンあります。 世間の夫婦がどのような形でやりくりをしているのか見ていきましょう。 9%、無回答1. 6% 【参考:】 表だけではわかりにくい部分があると思います。 下記の画像をご覧ください。 妻が生活費を管理している夫婦が50%を超えました。 あなたの家庭ではどうでしょうか? 実際に夫婦の生活費を算出してみた 最後に、夫婦の生活費が実際どのくらいになりそうか、計算してみました。 首都圏の場合 まず、東京23区に住んでいる人の生活費を計算してみます。 23区内でも住んでいる地域によって家賃は大きく変わりますが、今回は区内で一番人口の多い世田谷区で計算します。 項目 金額 家賃 13. 0万円 2LDK 光熱費 2. 0万円 水道代 0. 5万円 携帯代 2. 0万円 食費 5. 0万円 日用品代 0. 5万円 各種保険料 1. 0万円 合計 24. 0万円 家賃については【】を参考にしながら設定しました。 光熱費は世帯によって金額が大きく変わりますが、車を所有しないのであれば、おおむね25万円以内に抑えることができるでしょう。 地方の場合 次に、地方で暮らす場合の生活費を計算します。 地方で暮らす場合、家賃が安くなるかわりに、車が必要になります。 家賃や駐車場代は、都道府県の人口ランキングでちょうど真ん中にある熊本県の、県庁所在地である熊本市を参考にしました。 車を持った場合の生活費は以下の通りです。 項目 金額 家賃 6. 0万円 2LDK 光熱費 2. 0万円 水道代 0. 5万円 携帯代 2. 0万円 食費 5. 0万円 日用品代 0. 5万円 各種保険料 2. 0万円 車代 駐車場・ガソリン・税金・保険代など 3. 5万円 合計 21. 5万円 車のローンや家賃の金額にもよりますが、こちらも25万円以内におさめることが可能そうです。 まとめ 記事の内容をまとめます。 新婚夫婦の生活費の参考や、すでに結婚している人の生活費の見直しになりましたでしょうか。 もちろん、これは無駄を省いた最低限の生活です。 趣味にお金を使ったり、貯金をしたりするとなればもっとお金がかかります。 自身の生活に当てはめ直して、月々いくらくらいかかりそうか、計算してみてはいかがでしょうか。 他にも夫婦生活に悩みがあってもやもやしている• もし、悩みを抱えてもやもやした気持ちで日常生活を送っている場合は、一度弁護士にネット上で質問を投稿してみましょう。 法律の専門家である弁護士があなたの悩みに最適な解決法をアドバイスしてくれます。 離婚問題を弁護士依頼すると、事務所にもよりますが 50~100万円ほどの弁護士費用がかかります。 いざ弁護士が必要になったとき、弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。 そんなときに役立つのがです。 離婚したいけれども相手が応じず離婚できない• 養育費を払ってもらえなくなった• 不倫相手に慰謝料を請求したい 弁護士費用保険メルシーでは、このようなことが起き、 弁護士へ解決を依頼したときの費用(着手金・報酬金)が補償されます。 離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題、相続トラブル等でも利用することができます。 保険料は月額2,500円。 追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。 より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

次の

結婚後、夫婦の平均生活費はいくら?15万〜20万円が2位、1位は…

結婚 生活費 平均

「二人以上の世帯」の生活費平均額 項目 平均額(1カ月) 住居 24478円 食料 81340円 水道光熱費 25678円 家具・家事用品 11147円 被服及び履物 10417円 保険医療 14515円 交通・通信 42456円 教育 20313円 交際費 12646円 社会保険料 51565円 出典: 世帯区分は「二人以上の世帯のうち勤労者世帯(2000年~)」、地域区分は「大都市」で抽出。 2020年2月のデータ参考。 住居費の持ち家率は71. 一人暮らしと二人以上の世帯の生活費平均額で最も異なるのが、 食料、水道光熱費・教育費です。 特に水道光熱費は世帯人数が増えると比例して高くなるため、結婚や出産などライフステージが変化した段階で見直すのもおすすめ。 なお住居費は、持ち家の人などが含まれているため、安価な平均額となっています。 賃貸の場合、エリアや環境、設備等の条件によって家賃の平均額が大きく異なるため、気になる方はをチェックしてみてくださいね。 月の世帯収入は自身の個人事業主としての収入も含めて380,000円、夫のボーナスは平均250,000円が年2回とのこと。 マイホームがオール電化のため、ガス代はかかっていません。 食費と日用品費は、日々使うお金としてまとめて管理しています。 インターネットの通信費をもっと安くできないか検討中とのこと。 項目 金額 住居費(住宅ローン) 58000円 電気代 16000円 水道代 1800円 通信費1(スマホ2台分) 5000円 通信費2(インターネット回線) 6000円 食費・日用品費 40000円 外食費 10000円 ガソリン代 3000円 生命保険 24000円 自動車ローン 21000円 夫のお小遣い 40000円 予備費 10000円 貯金 145200円 家計管理の第一歩は支出の把握から! 新婚時代はフルタイムで共働きだったので、夫婦ともに自由にお金を使っていて、「家計管理」という言葉すら知らずに生活していました。 子どもが生まれて夫の収入だけで暮らすようになっても、その時の習慣がなかなか抜けず……。 夫が転職する前はボーナスなしで手取り月収16万円だったので、生活費で足りない分は貯金を切り崩していました。 さすがに貯金も底がつきそうになって危機を感じ、月の生活費の内訳を出し、無駄な支出を見つけられるようにしました。 まず着手したのが固定費で、ウォーターサーバーを解約したり、スマホの料金プランを変更したりしましたね。 その上で、食費やガソリン代といった変動費の項目ごとの月々の予算を決定。 変動費の項目分の袋を用意し、それぞれの予算を分けて入れ、管理するようにしました。 予算内に収めることを意識するようになって、毎月貯金を切り崩していた生活から脱出できました。 家計管理を始めたい人は、生活費にいくらかかっているか、収入以上の支出が発生していないかチェックしてみてくださいね。 家計管理はストレスをためないようにするのも大事 いろいろな家計管理を試してきましたが、続けられているのは「袋分け」だけです。 少し前まで家計簿もつけていましたが、収支を都度記入する必要があったり、使途不明金で数字が合わなくなったりと大変。 袋分けで最初に予算を決めてその金額内でやりくりしていれば、家計簿をつける必要はないと思い、やめました。 袋分けは、残額が目で見えるようになるため、節約意識も高まりますし、記録する手間もなくなります。 袋分けの際には、ギリギリの予算設定をすると過度なやりくりが必要となってストレスの原因になるため、少し余裕のある金額にするのもポイント。 使わずに余ったお金は翌月に繰り越さずに貯金箱へ。 残す楽しみがあると、手持ちのお金を考えて使う良いクセがつきますよ。 夫のお小遣いについては、毎月いくらのお金があれば不自由なく過ごせるか、しっかり話し合いました。 家計は私が管理していますが、お金を動かす権限は夫婦平等にあるので、必要な時は気持ちよく出すようにしています。 ボーナスや誕生日などには上乗せして現金支給しているので大きな負担にはなっていないと思います。 予算だけでなく心に余裕を持たせる家計管理術は参考にしたいところですね。 生活費を削減したいなら電気・ガス会社の切り替えがお手軽! 「生活費を少しでも削減したい……」という方は、光熱費の見直しがおすすめ。 光熱費の見直しと聞くと、エアコンの温度設定をしたり、シャワーの使用時間を減らしたりといったテクを思い浮かべる方が多いと思いますが、おすすめは電力・ガス会社の切り替えです。 電気とガスをそれぞれ手続きするのが面倒なら、電気・ガスがセットになっているプランを選ぶのも一案。 エネチェンジでは、おすすめの電気・ガスのセットプランを厳選してご紹介。 どれくらい安くなるか目安もすぐわかるので、気軽にチェックしてみてくださいね。 電気とガス、それぞれ単体のプラン比較はとで診断できます。 理想的な生活費の割合 理想的な生活費の割合• 支出項目をすべてリストアップし、自分にとって理想の割合を計算しておくと、やりくりする目安が明確になり、健全な家計を保ちやすくなりますよ。 パートナーのお小遣いの平均額は…… 二人以上の世帯の場合、毎月自由に使えるお金を制限する「お小遣い制」を取り入れている家庭も多いはず。 新生銀行が行った調査「2019年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員の月のお小遣いは36,747円、女性会社員は33,269円という結果が出ています。 出典: ただし、この金額はあくまでも平均なので参考程度にとどめておきましょう。 平均額程度におさめたい人必見!生活費の節約術 先に紹介した平均額や割合と比べて、あなたの毎月かけている生活費はいかがでしたか?「想像していたよりも平均額よりも高かった」「固定費の割合が高すぎる」と思っている人は、諦めずに節約に挑戦しましょう。 生活費の節約方法にもいろいろありますが、まずは次の3つを試すのが効果的ですよ。 生活費の節約術1)すべての固定費を見直す 支出項目は、住居費・水道光熱費・通信費といった「固定費」、食費・交際費などの「変動費」に大きく分けられ、前者の方が節約効果が高いと言われています。 というのも、変動費と違い固定費は、毎月支払うことが確定している項目だから、一度節約できれば翌月も、またその翌月も同じ金額を削減できるメリットがあるためです。 例えば、スマホの料金プランを変えて月々5,000円から4,000円に節約できたら、1カ月で1,000円、1年でなんと12,000円も通信費を削減できる計算に! 住居費は家賃交渉や住宅ローンの乗り換えなどハードルが少々高いため、光熱費、通信費、保険料、車の維持費、教育費から見直しましょう。 特に手軽なのは光熱費の節約。 スマホの料金プランを変更するように、電力会社・ガス会社を切り替えるだけで節約ができますよ。 エネチェンジでは、あなたにおすすめの電力会社・ガス会社の料金プランを比較でき、節約額もすぐ確認できます。 会員登録なども不要で、郵便番号や世帯人数を入力するだけだから、ぜひ気軽に診断してみてくださいね。 家計簿のつけ方について詳しく知りたい人は、こちらをチェック! 生活費の節約術3)お金の悪い使い方を改善する 家計簿をつけて不要な出費を見つけるだけでなく、自分のお金の悪い使い方について振り返るのも効果的。 「コンビニに行くと、つい必要のないお菓子まで買っている」「ウィンドウショッピングのつもりで出かけても、いつも洋服や雑貨などを買ってしまっている」など無駄遣いの形跡がないか家計簿でチェックしてみてください。 さらに、見つけた反省点を少しずつ改善していくのが重要。 例えば、コンビニに行く回数を減らす、目的がない時はデパートに行かない、といった具体案に落とし込めると効果がありますよ。 小さなことに感じるかもしれませんが、こうした日々の積み重ねがジワジワと家計改善につながっていくでしょう。

次の

【結婚♥生活】生活費やお金っていくらくらいかかるの?

結婚 生活費 平均

直前になって困らないように、新婚生活に必要な資金は前もって準備しておきましょう。 保険代の初期費用も忘れないで 結婚をきっかけに、保険に加入することを検討するカップルも多いのではないでしょうか。 また独身時代に加入していた保険を、結婚を機に見直すこともあるでしょう。 保険代の金額は加入内容によって異なるので一概には言えませんが、平均年収の共働き家庭では 月額1〜3万円の保険に加入していることが一般的です。 将来のことを見据えて、保険についても夫婦で話し合っておきましょう。 新婚さん必見!夫婦の1ヶ月の生活費は20〜25万円 ブライダル総研がおこなったアンケート調査によると、夫婦の1ヶ月の生活費は 20万~25万円と回答したカップルが全体の37%を占めていました。 食費 3万~4万円 光熱費・通信費 3万~3万5千円 被服・美容代 1~2万円 交際費、趣味・レジャー費 1~2万円 保険料 2万~2万5千円 少しでも貯金に回したいと思う人は、外食を減らしたり飲み会などの交際費を抑えることで節約可能です。 引っ越し資金を節約する3つのコツ 新婚生活を始めるのをきっかけに新居に引っ越すカップルは多いと思います。 新しく家具や家電を買い揃えることを考えると、引っ越しで使うお金は少しでも節約したいですよね。 引っ越し資金を節約する3つのコツをまとめましたので、新居に引っ越す前にぜひ参考にしてください。 荷造り・荷解き作業はなるべく自分でおこなう• 引っ越し料金の高い日や繁忙期を避ける• 複数の会社に見積り依頼する 荷造り・荷解き作業はなるべく自分でおこなう 荷造り・荷解き作業は非常に手間がかかるため、引っ越し会社に頼んだほうが手間はかかりませんが、自分でおこなうことで引っ越し料金を節約できます。 また引っ越し会社が提供してくれるダンボールや梱包資材も、引越し料金に含まれています。 ダンボールは、スーパーや量販店で無料で手に入れることができ、割れ物などを包む緩衝材は、新聞紙や古い衣類やタオルで代用可能です。 梱包に必要な資材は自分で調達するのも節約のポイントです。 引っ越し料金の高い日や繁忙期を避ける 引っ越し料金は時期によって値段が異なります。 たとえば3月~4月半ばまでは、新入学、就職、転勤などで引っ越す人が多いため、料金が高くなる傾向にあります。 この時期の引っ越し会社は、多くの引っ越しに対応するために作業員を追加するなどコストをかけているので、必然的に料金が高くなってしまうのです。 新婚カップルが新居に引っ越す際は、 3月~4月半ばを避けたほうがいいでしょう。 複数の会社に見積り依頼する 今はパソコン・スマホから簡単に引っ越しの見積もりができるので、あらかじめ複数の引っ越し会社に見積もりを出してもらいましょう。 料金やサービス内容の比較・検討が簡単にでき、条件に合った引っ越し会社を見つけることができます。 鏡・姿見• 傘立て• 玄関マット• スリッパ• スリッパラック• コート掛け• 鍵収納• 靴べら 玄関はドアを開けたときにすぐ目に入る場所なので、必要なものは早めに準備する必要があります。 鏡や姿見は出かける前に身だしなみをチェックする際に便利ですが、もし玄関に置くスペースがない場合は、寝室に置くことをおすすめします。 スリッパは来客用に多めに準備しておき、合わせてスリッパラックを買うことも忘れないようにしてください。 コート掛けはあると便利なアイテムですが、玄関が狭い場合は無理に置かないほうが見栄えがいいでしょう。 一人暮らしの経験があればリストの初期費用より抑えられる 新居での新婚生活を始める際、結婚式や新婚旅行と時期が重なることが多いので、何かとお金が必要になります。 上記で新婚生活に必要な総額は100万円だと説明しましたが、結婚前に一人暮らしをしていた場合は、家具や家電をそのまま使用できるので、かなりの費用節約になります。 新婚生活でかかる費用を少しでも抑えたいと思っているなら、買い換えるべきものと、そのまま使用できるものを事前にリストアップしておくといいでしょう。 洗濯機や冷蔵庫はすぐに買い換えなくても大丈夫 洗濯機や冷蔵庫は、一人暮らしのときに使っていたものがあれば、すぐに買い換えずに結婚後も使用して問題ありません。 一人暮らしの人は洗濯する回数が少ないので、ある程度年数が経っていても良い状態を保っているからです。 冷蔵庫は決して安い買い物ではありませんが、質の良いものは使用年数が長く、長期的な目で見れば他の家電よりお得感はあります。 洗濯機の寿命は8年程度、冷蔵庫の寿命は15年と言われているので、その時期がきたら買い換えればいいのではないでしょうか。 元々持っていた洗濯機や冷蔵庫に不便を感じなければ引き続き使用し、買い換えるときは高額でも質の良い商品を選ぶようにしましょう。 新婚生活の前に断捨離!不要なものは思い切って処分しよう 新婚生活を始める前に、 不要なものはあらかじめ処分することも重要です。 独身時代に使っていた一人掛けソファやシングルベッドは、思い切って処分しましょう。 また多すぎる衣服・バッグ・靴に加え、趣味のコレクションなども断捨離の対象になります。 思い入れが強くて処分したくないという場合もあるかもしれませんが、これから二人の新婚生活が始まるのですから、気持ちを新たにする意味でも断捨離は必要です。 家電量販店が開催するセール時に購入する• 他の家電量販店の金額を出して値引き交渉する• オークションで型落ちのものを選ぶ 家電量販店が開催するセール時に購入する ほとんどの家電量販店では、年に2回の決算セールをおこなっているので、その時期を狙って買いに行くことをおすすめします。 セールの時期はお店によって多少違いますが、 2月〜3月、8月〜9月におこなわれることが一般的です。 購入するときのポイントとしては、セールが始まる前に欲しい商品の目星をつけておき、セールが始まったらなるべく早く購入するほうがいいでしょう。 他の家電量販店の金額を出して値引き交渉する 家電量販店で欲しい商品を見つけたら、値引き交渉をすると定価より安くしてもらえる場合があります。 その時点で購入してもいいのですが、他の家電量販店の見積もりの金額を提示すると、提示された店側はさらに安い金額で売ってくれる可能性があります。 商品によっては、値引き交渉を想定して高めの金額設定がされていることがあるので、値引き交渉をしないと損をしてしまうかもしれません。 値引き交渉で賢く安く家電を買い揃えましょう。 オークションで型落ちのものを選ぶ 新婚生活で必要な家具や家電は、オークションを利用して購入するのもひとつの手段です。 型落ちの新古品やメーカー生産が終了した商品が、定価より安く出ていることがあるので、欲しい商品があったら迷わずすぐに落札しましょう。 注意点を挙げるなら、新古品やメーカー生産終了の商品は、保証期間が短い・過ぎている可能性があります。 落札する前に保証期間の確認は必ずおこないましょう。 新婚生活に必要な費用を分担する3つのおすすめ方法 新婚生活に必要な費用は平均100万円だと説明しましたが、その金額を夫婦でどのように分担するべきなのか迷ってしまいますよね。 好きで夫婦になった二人とはいえ、お金に関する考え方が同じとは限りません。 お金のことでギクシャクしないためにも、費用を分担するおすすめの方法を紹介します。 二人の収入の割合で分担額を決める• 後で揉めてしまわないように折半する• 共通の口座から支払う 二人の収入の割合で分担額を決める 共働き夫婦なら、それぞれの収入額で費用の分担額を決めてみてはどうでしょうか。 一昔前までは、男性のほうが多く負担するという考えが定着していましたが、それは女性が家庭に入って専業主婦になるのが当たり前だった頃の話です。 二人とも働いて収入があるなら、収入の割合で分担額を決めればどちらも無理なく支払えるので揉める心配がありません。 夫婦の収入についてお互いオープンにする必要がありますが、新婚生活を始めるときに話し合うのが一番良いタイミングではないでしょうか。 後で揉めてしまわないように折半する 夫婦の収入額・貯金額に関わらず、 費用は完全に折半する方法もあります。 収入が高くても貯金がない場合や、その逆のパターンもあるので、二人の収入の割合で決めるのが必ずしも正解とは言えません。 またどちらか一方の親から援助金をもらえた場合など、収入や貯金だけでは平等に分担額を決められないこともあります。 費用分担の割合を決めかねているなら、分かりやすく折半にすればトラブルにならずに済むでしょう。 共通の口座から支払う 二人の共通の口座を持っておけば、必要な出費はその口座から支払えるので分担額で揉めることはありません。 新婚生活を始める費用を計画的に貯めることができますので、結婚費用や新生活でかかる費用について積極的に話し合い、1ヶ月でいくら貯金するか決めておくことが重要です。 結婚後のお金の管理にも繋がりますので、結婚前に貯金用の共通口座を作っておくことをおすすめします。 結婚後は夫婦の財布(お金の管理)をまとめたほうが経済的 新婚生活を始めたら、 夫婦の財布を一つにまとめたほうが家計を管理しやすくなります。 今は二人だけの生活ですが、将来子どもが増えればマイホームを購入することも考えられますし、教育費も必要です。 そういった将来の支出に備えて貯金をする際、お金の管理は妻または夫がまとめて管理すると、家計の収支を把握した上で無駄なく貯金することができます。 もし臨時出費が多くなってしまうことがあっても、夫婦のどちらかが収支を把握していれば軌道修正しやすいはずです。 なお、お金を管理するのは「妻」というイメージを持っている人が多いかと思いますが、夫婦どちらが管理しても構いません。

次の