フレンチ ブルドッグ あげます。 フレンチブルドッグにオススメの餌5選!量・回数・餌代は?

フレンチブルドッグ犬がご飯を食べない3つの理由!食欲を取り戻す方法を徹底解説!|いぬなび

フレンチ ブルドッグ あげます

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 ただし、悪質なブリーダーには注意してください。 基本的に悪質ブリーダーはお金儲けを目的としているため、流行によって繁殖する犬種を変える傾向にあります。 ブリーダーを見極める際は、その点をよくチェックしましょう。 良いブリーダーを見分けるポイントとしては、施設が清潔なことはもちろんのこと、子犬や母犬の健康状態を丁寧に説明してくれるブリーダーを選ぶことが何よりも1番です。 そのほか、本記事ではフレンチブルドッグをお迎えする前に知っておいてほしい情報をご紹介します。 他犬種と値段に差がある?フレンチブルドッグが高い理由 子犬の価格は、血統や子犬自身の持つポテンシャルによって大きく変動します。 しかし、フレンチブルドッグの子犬はどの個体も同じくらい高い値段が付けられています。 中には100万円近い値段で取引される子も。 どうして他の犬種に比べると子犬の平均価格が高いのでしょうか。 その理由は2つあります。 しかし、フレンチブルドッグの場合は頭部が大きすぎて自然に生まれてくることが難しいのです。 そのため、ほとんどのフレンチブルドッグが帝王切開で出産します。 ただ、帝王切開は自然分娩とは違ってリスクを伴いますし、なにより出産費用が発生します。 それゆえ、子犬の価格も高くなってしまうのです。 しかし、フレンチブルドッグの場合は2~4頭ほどが平均です。 他の犬種と比べてみると、かなり少ないことが分かります。 それに加えて、母犬が授乳を放棄してしまうことが多いため、ブリーダーが付きっきりでミルクを与えることも珍しくありません。 そのため、出産する数が少なく、なおかつ出産や産後の飼育に手間がかかることから、子犬の価格が高くなっているのです。 フレンチブルドッグに秘められた魅力と飼いやすさ 「ブサかわ」と呼ばれ、世界中で愛されているフレンチブルドッグ。 どうしてこんなにも多くの人々から愛されているのか、その理由は「性格」にありました。 また、飼育しやすいことも人気の秘密。 ここではフレンチブルドッグの性格と、飼いやすさについてご紹介します。 魅力に溢れるフレンチブルドッグの性格 フレンチブルドッグは見た目から怖そうというイメージを抱かれがちですが、実際はとても 甘えん坊で愛らしい性格をしています。 とにかく飼い主や家族が大好きで、とても人懐っこいです。 テレビを見ていると膝の上にチョコンと乗ってきたり、昼寝していると添い寝してきたり…なんてことは日常茶飯事です。 また、フレンチブルドッグは 表情豊かです。 あまりの豊さに、「ワンちゃんというよりも人間だ」と表現する人もいるほどです。 嬉しいときは口を大きく開けて笑ったような表情をしたり、悲しいときは下を向いて落ち込んだ表情をしてみたり、コロコロと変わる表情もフレンチブルドッグの大きな魅力です。 好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなワンちゃんでもあります。 走り回ったり、ボール遊びをしたり、意外とハードな運動にもついてきてくれますよ。 フレンチブルドッグをお迎えしたら、たくさん遊んであげましょう。 フレンチブルドッグは初心者向きの犬種 フレンチブルドッグは遊ぶことが大好きですが、運動量自体は少なめで大丈夫です。 むしろ、長く運動させてしまうと体に負担をかけてしまいます。 そのため、散歩は1日1~2回、各15分前後が理想です。 また、フレンチブルドッグの被毛は短いため、お手入れが簡単です。 定期的なブラッシングやシャンプーは必要ですが、こまめなトリミングは不要ですので、初心者でも扱い易い犬種だといえます。 さらに、明るくて人懐っこい性格はペットとして最適です。 飼い主や家族と関係を作りやすいため、初心者でも問題なく飼育できるでしょう。 それに加えて無駄吠えが少ないため、集合住宅やマンションでも気兼ねなく飼うことができます。 フレンチブルドッグはアレルギーに要注意! フレンチブルドッグは遺伝的に皮膚が弱く、疾患が出やすい傾向にあります。 他の犬種の場合、皮膚疾患にかかる割合が20%前後であるのに対し、フレンチブルドッグは50%ほどです。 つまり、2頭に1頭は皮膚疾患を抱えている計算になります。 そのため、フレンチブルドッグを飼っている人の多くは「皮膚アレルギー」に頭を悩ませているのです。 皮膚アレルギーの主な原因として挙げられるのは、ダニ・ハウスダスト・カビ・ノミ・食べ物です。 もしダニやハウスダストが原因となっているのであれば、身の回りを清潔に保ち、ダニやハウスダストなどの繁殖を防ぐことが重要です。 ノミの場合は、プラスでノミの駆除と定期的な駆虫薬の投与が必要となります。 食べ物によるアレルギーの場合は、原因となる食物の摂取を控えることが望ましいでしょう。 もし一度でも皮膚アレルギーになってしまうと、長期的な通院と治療が強いられますので、注意しましょう。 とはいえ、アレルギーの原因となるもの全てを避けて生活することはなかなか難しいのが現状です。 そのため、日頃から皮膚の状態をチェックして赤い発疹などの異常があれば動物病院へ連れていきましょう。 治療が早ければ早いほど、ワンちゃんにかかる負担は小さくなります。 また、普段から洋服を着せて対策するのもおすすめです。 洋服を着せることで、アレルギーの原因となりうるノミやダニから皮膚を守ることができます。 しかしフレンチブルドッグの独特な体型に合う洋服は、ペットショップであまり取り扱っていないようです。 そのため、フレンチブルドッグ専用の洋服を販売するネットショップをおすすめします。 まとめ フレンチブルドッグは、たくさんの魅力に溢れている犬種です。 想像以上に甘えん坊でペットとしては最適ですし、無駄吠えもしないのでマンションでも気兼ねなく飼育できます。 ただ、ワンちゃんを飼育するのは楽しいことばかりでなく、大変な部分もあります。 だからこそ、フレンチブルドッグの良い面も悪い面も事前に知っておき、全てを受け入れてあげましょう。 そして、ブリーダーからお迎えした後は愛情を存分に注ぎながら育ててくださいね。

次の

フレンチブルドッグの食事|フレンチブルドッグ情報サイト フレブルパーク

フレンチ ブルドッグ あげます

選び方 フレンチブルドッグのおもちゃ選びでは、年齢や遊び方、素材を気にして選ぶ方が多く愛犬によりあうものが人気となっています。 では、あなたが飼っているフレンチブルドッグにはどのようなおもちゃが合うのでしょうか?ここでは選び方について詳しくご紹介していきます。 是非参考にしてみてください。 年齢に応じた選び方 フレンチブルドッグの年齢に応じたおもちゃの選び方はとても重要になってきます。 老犬や子犬など歯の弱い犬に硬いおもちゃを与えると歯が欠けたり折れたりしてしまいます。 成犬には硬さがしっかりとしているものを選び、老犬や子犬にはある程度の硬さのものを選びましょう。 また、成犬や子犬は活発なので走り回ったりかじったりできるおもちゃが人気ですが、老犬には音が出たり軽くじゃれて遊べるくらいのおもちゃが人気です。 遊び方に合わせた選び方 おもちゃの遊び方には、お留守番時など常時おいておける壊れないおもちゃや、人間と一緒に遊べるおもちゃがあります。 特に壊れないおもちゃは、遊び好きのフレンチブルドッグが好きな時に遊べるのでとても人気のおもちゃです。 壊れないおもちゃと人間と遊べるおもちゃをどちらも持っていると、愛犬も喜びますよ。 素材を気にした選び方 噛んだり舐めたりするものだから、素材感を気にして購入するという方法も、人気がでてきています。 人気のおもちゃは噛んでも壊れないデンタル系、噛み続けられるプラスチックポリマー製です。 ラテックスなどのゴム製のものよりも耐久性があり、フレンチブルドッグの一人遊びにもってこいな素材です。 布製やぬいぐるみの素材も国産のものしか使用しないこだわりのものがあります。 老犬や子犬にはこのような柔らかい国産のおもちゃが安心です。

次の

フードは何をあげていますか?

フレンチ ブルドッグ あげます

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 ただし、悪質なブリーダーには注意してください。 基本的に悪質ブリーダーはお金儲けを目的としているため、流行によって繁殖する犬種を変える傾向にあります。 ブリーダーを見極める際は、その点をよくチェックしましょう。 良いブリーダーを見分けるポイントとしては、施設が清潔なことはもちろんのこと、子犬や母犬の健康状態を丁寧に説明してくれるブリーダーを選ぶことが何よりも1番です。 そのほか、本記事ではフレンチブルドッグをお迎えする前に知っておいてほしい情報をご紹介します。 他犬種と値段に差がある?フレンチブルドッグが高い理由 子犬の価格は、血統や子犬自身の持つポテンシャルによって大きく変動します。 しかし、フレンチブルドッグの子犬はどの個体も同じくらい高い値段が付けられています。 中には100万円近い値段で取引される子も。 どうして他の犬種に比べると子犬の平均価格が高いのでしょうか。 その理由は2つあります。 しかし、フレンチブルドッグの場合は頭部が大きすぎて自然に生まれてくることが難しいのです。 そのため、ほとんどのフレンチブルドッグが帝王切開で出産します。 ただ、帝王切開は自然分娩とは違ってリスクを伴いますし、なにより出産費用が発生します。 それゆえ、子犬の価格も高くなってしまうのです。 しかし、フレンチブルドッグの場合は2~4頭ほどが平均です。 他の犬種と比べてみると、かなり少ないことが分かります。 それに加えて、母犬が授乳を放棄してしまうことが多いため、ブリーダーが付きっきりでミルクを与えることも珍しくありません。 そのため、出産する数が少なく、なおかつ出産や産後の飼育に手間がかかることから、子犬の価格が高くなっているのです。 フレンチブルドッグに秘められた魅力と飼いやすさ 「ブサかわ」と呼ばれ、世界中で愛されているフレンチブルドッグ。 どうしてこんなにも多くの人々から愛されているのか、その理由は「性格」にありました。 また、飼育しやすいことも人気の秘密。 ここではフレンチブルドッグの性格と、飼いやすさについてご紹介します。 魅力に溢れるフレンチブルドッグの性格 フレンチブルドッグは見た目から怖そうというイメージを抱かれがちですが、実際はとても 甘えん坊で愛らしい性格をしています。 とにかく飼い主や家族が大好きで、とても人懐っこいです。 テレビを見ていると膝の上にチョコンと乗ってきたり、昼寝していると添い寝してきたり…なんてことは日常茶飯事です。 また、フレンチブルドッグは 表情豊かです。 あまりの豊さに、「ワンちゃんというよりも人間だ」と表現する人もいるほどです。 嬉しいときは口を大きく開けて笑ったような表情をしたり、悲しいときは下を向いて落ち込んだ表情をしてみたり、コロコロと変わる表情もフレンチブルドッグの大きな魅力です。 好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなワンちゃんでもあります。 走り回ったり、ボール遊びをしたり、意外とハードな運動にもついてきてくれますよ。 フレンチブルドッグをお迎えしたら、たくさん遊んであげましょう。 フレンチブルドッグは初心者向きの犬種 フレンチブルドッグは遊ぶことが大好きですが、運動量自体は少なめで大丈夫です。 むしろ、長く運動させてしまうと体に負担をかけてしまいます。 そのため、散歩は1日1~2回、各15分前後が理想です。 また、フレンチブルドッグの被毛は短いため、お手入れが簡単です。 定期的なブラッシングやシャンプーは必要ですが、こまめなトリミングは不要ですので、初心者でも扱い易い犬種だといえます。 さらに、明るくて人懐っこい性格はペットとして最適です。 飼い主や家族と関係を作りやすいため、初心者でも問題なく飼育できるでしょう。 それに加えて無駄吠えが少ないため、集合住宅やマンションでも気兼ねなく飼うことができます。 フレンチブルドッグはアレルギーに要注意! フレンチブルドッグは遺伝的に皮膚が弱く、疾患が出やすい傾向にあります。 他の犬種の場合、皮膚疾患にかかる割合が20%前後であるのに対し、フレンチブルドッグは50%ほどです。 つまり、2頭に1頭は皮膚疾患を抱えている計算になります。 そのため、フレンチブルドッグを飼っている人の多くは「皮膚アレルギー」に頭を悩ませているのです。 皮膚アレルギーの主な原因として挙げられるのは、ダニ・ハウスダスト・カビ・ノミ・食べ物です。 もしダニやハウスダストが原因となっているのであれば、身の回りを清潔に保ち、ダニやハウスダストなどの繁殖を防ぐことが重要です。 ノミの場合は、プラスでノミの駆除と定期的な駆虫薬の投与が必要となります。 食べ物によるアレルギーの場合は、原因となる食物の摂取を控えることが望ましいでしょう。 もし一度でも皮膚アレルギーになってしまうと、長期的な通院と治療が強いられますので、注意しましょう。 とはいえ、アレルギーの原因となるもの全てを避けて生活することはなかなか難しいのが現状です。 そのため、日頃から皮膚の状態をチェックして赤い発疹などの異常があれば動物病院へ連れていきましょう。 治療が早ければ早いほど、ワンちゃんにかかる負担は小さくなります。 また、普段から洋服を着せて対策するのもおすすめです。 洋服を着せることで、アレルギーの原因となりうるノミやダニから皮膚を守ることができます。 しかしフレンチブルドッグの独特な体型に合う洋服は、ペットショップであまり取り扱っていないようです。 そのため、フレンチブルドッグ専用の洋服を販売するネットショップをおすすめします。 まとめ フレンチブルドッグは、たくさんの魅力に溢れている犬種です。 想像以上に甘えん坊でペットとしては最適ですし、無駄吠えもしないのでマンションでも気兼ねなく飼育できます。 ただ、ワンちゃんを飼育するのは楽しいことばかりでなく、大変な部分もあります。 だからこそ、フレンチブルドッグの良い面も悪い面も事前に知っておき、全てを受け入れてあげましょう。 そして、ブリーダーからお迎えした後は愛情を存分に注ぎながら育ててくださいね。

次の