健診 求人。 健診機関の医療事務求人・転職・募集

非公開求人【健診/ID:1195231】日勤(午前のみ)/健診・ドックの求人【Dr.アルなび】医師向けスポット求人情報

健診 求人

勤務地 保有資格• 正看護師• 保健師• 助産師• 准看護師 勤務形態• 日勤(常勤)• 3交代(常勤)• 2交代(常勤)• 夜勤専従• 非常勤• 夜勤あり(常勤) 募集部署• 一般病棟• 緩和ケア病棟• 手術室• 回復期リハビリテーション病棟• 救急外来• 訪問看護• デイサービス• 訪問診療• 産業保健師• 内視鏡 施設形態• 1次救急指定病院• 2次救急指定病院• 3次救急指定病院• リハビリ病院• 健診センター• 保育園• コールセンター• 療養病院• 精神病院• 介護施設• 救急指定なし一般病院• 一般企業• 医院・クリニック•

次の

東京都で人間ドック・健診のバイト、非常勤求人情報

健診 求人

健診・人間ドックは、通常の診療科と違い、健康な人が自分自身の健康をチェックし、生活習慣病を未然に防ぐ目的で行われるものである。 病気を予防し病院のお世話にならないで健康に過ごせる人を増やす事を目的に(健康保険財政の健全化といった側面もあるが・・・)企業や市町村などが費用を負担して、従業員や住民に健康診断を毎年定期的に受診させる事が一般的に行われている。 糖尿病などの生活習慣病やその予備軍の減少を目的に特定健診・特定保健指導が導入されたのが平成20年4月であるが、乳がん検診のピンクリボン活動や子宮頸がんの啓蒙など女性特有の検診もあり、予防医療や健康意識の高まりから健康診断やがん検診、人間ドックを主体的に受診する人も増加している。 健診・人間ドック関連の医師転職悩み相談の事例 子供の育児で病院での常勤勤務が難しくなった。 巡回健診の仕事にチャレンジしたいが未経験の為、何から始めれば良いのか分からない。 相談に乗って欲しい。 ハードな勤務で体調がすぐれない。 少しゆっくりと勤務ができる健診施設や人間ドックの仕事を紹介して欲しい。 家庭との両立の為、残業や当直はできない。 健診施設の仕事は定時で終わるところが多いと聞いたが? 忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。 今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。 当直はOKだが毎週はちょっと・・・。 本当は当直の無い職場が良いのだが。 訪問診療クリニックで在宅医療をしているがオンコール対応で精神的に疲れてしまった。 オンコールの無い職場を紹介して欲しい。 育児が一段落したので復職したい。 少しゆったりと勤務できる健診施設で働きたい。 家族の事情で出身地へUターン転職をしなければならない。 医局のしがらみに疲れた。 医局派遣の今の病院では自分のやりたい事ができない。 子育ての為、非常勤で週1~2日程度、健診のバイトを中心に勤務したい。 こういった悩みや希望に対して、 常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、健診や人間ドックでの仕事を希望する医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。 医療機関が求める健診・人間ドックの医師に対してのニーズと健診・人間ドックの医師転職市場 健診・人間ドッグの医師求人は増加している。 毎年春の健診シーズン前には、一般病院やクリニックの他、企業健診や学校健診を請け負う予防医療センターや健診専門に展開している医療法人などの健診専門施設から医師の求人案件が寄せられる。 時期的には4月に向けての募集が最も活発で、スポットであれば閑散期で案件が少なくなる月もあるにはあるが年中どこかで健診・人間ドックの医師求人ニーズは発生している。 健診・人間ドックの医師の年収・給与・バイトの相場 ご承知の通り、同じ病院で科目によって給与が違うというケースは殆ど無いが、健診・人間ドックが主体の施設や病院の健診センターでは、急性期の施設と比較すると年俸はやや低めのところが多いかもしれない。 健診・人間ドックの医師求人案件を少し見てみよう。 一例として北関東の市中病院の健診センターでの常勤医師募集案件。 健診専属の業務で読影スキルが求められる。 マンモ認定施設で女性医師比率が高い。 週4日勤務で当直も無し。 年俸は900万円~1,600万円程度。 次に、大阪府の健診・人間ドックのクリニックでの常勤医師求人案件。 常勤医師は3名在籍しているが増員の為の募集。 消化器内視鏡検査や婦人科検診の可能な医師を求めており、年俸は10年目標準で1,200万円程度となっている。 託児所も完備しており子育て中の医師も働きやすい環境を整備している。 勤務時間の相談(非常勤も含め)にも柔軟に応じてくれる。 健診・人間ドックの実際の業務内容 健診・人間ドック専門クリニック 同僚となる医師がいるか、いる場合はその専門科目 求められる業務内容 勤務体系の柔軟性 健診や人間ドック専門クリニックは複数施設を展開している医療法人から単独のクリニックまで規模の大小を含め様々である。 医師が複数在籍している施設では、他の医師の専門科目や得意領域との兼ね合いで任される担当業務が決まってくる。 市中病院の健診・人間ドック 病院の中にある健診・人間ドック部門や健診センターでの業務。 健診の判定、健診結果の説明、異常があれば病院内で他の診療科へ紹介が可能。 施設によっては、健診業務だけで充分な業務ボリュームが無い場合や閑散期などに他の業務(例えば外来など)を担当しなければならない場合もあり。 当直は無い事が一般的。 上部・下部内視鏡(経鼻内視鏡は更に歓迎)スキルやCT、MRI、マンモグラフィー読影スキル等を活かせる検査では、スキルに見合った給与や勤務条件の交渉も可能なケースもあり。 巡回健診 医師が企業や学校に赴き集団健診を行う業務。 スキル面はそれほど問われる事はない。 時間がだいたい決まっている為、メリハリのきいた勤務が可能。 現地集合、現地解散の勤務となる場合もあり。 健診・人間ドックに向いているタイプや将来性 健診・人間ドックの業務は、自身の経験・専門スキルを予防医療の分野で活かしたい医師や、家庭との両立や育児等の事情で勤務可能な時間が限られている医師、比較的ゆったりした勤務を希望する医師に人気の職場となっており、女性医師からの人気が高く、また、求人側や健診受診者(乳がん検診や子宮がん検診など)からも特に女性医師に対するニーズが高い。 健診・人間ドックの受診者は基本的に健康な人が対象となる為、他の診療科であるような患者の容態急変などのリスクは殆ど無く、精神的、体力的にも負担が小さい事もメリットとなっており、子育てが一段落した女性医師の復職先としても人気が高い。 女性医師を確保する為に、働きやすい環境を整備する健診・人間ドックの施設も増えており 乳がんや子宮がん等、女性特有のがんに対する専門スキルを持つ女性医師にとっては最適な職場のひとつと言えるかもしれない。 健診・人間ドックの医師に向いているタイプや健診・人間ドックの将来性 健診・人間ドックの分野でどういった働き方を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。 健診・人間ドック分野で転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。 1日の健診受診者数 健診受診者について 業務内容 必要なスキル 電子カルテの有無 上部・下部内視鏡のメーカーや台数 読影のチェック体制 健診オペレーション 巡回健診の有無 巡回健診の訪問先、企業、学校等 巡回健診の場合の通勤方法(直行直帰の可否) 医師数(常勤、非常勤)や専門分野、保有資格、スキルetc. 経営母体(病院の健診センターor健診専門施設) 健診・人間ドックの求人に関するよくある質問.

次の

非公開求人【健診/ID:1195231】日勤(午前のみ)/健診・ドックの求人【Dr.アルなび】医師向けスポット求人情報

健診 求人

健診・人間ドックは、通常の診療科と違い、健康な人が自分自身の健康をチェックし、生活習慣病を未然に防ぐ目的で行われるものである。 病気を予防し病院のお世話にならないで健康に過ごせる人を増やす事を目的に(健康保険財政の健全化といった側面もあるが・・・)企業や市町村などが費用を負担して、従業員や住民に健康診断を毎年定期的に受診させる事が一般的に行われている。 糖尿病などの生活習慣病やその予備軍の減少を目的に特定健診・特定保健指導が導入されたのが平成20年4月であるが、乳がん検診のピンクリボン活動や子宮頸がんの啓蒙など女性特有の検診もあり、予防医療や健康意識の高まりから健康診断やがん検診、人間ドックを主体的に受診する人も増加している。 健診・人間ドック関連の医師転職悩み相談の事例 子供の育児で病院での常勤勤務が難しくなった。 巡回健診の仕事にチャレンジしたいが未経験の為、何から始めれば良いのか分からない。 相談に乗って欲しい。 ハードな勤務で体調がすぐれない。 少しゆっくりと勤務ができる健診施設や人間ドックの仕事を紹介して欲しい。 家庭との両立の為、残業や当直はできない。 健診施設の仕事は定時で終わるところが多いと聞いたが? 忙しすぎて休みが取れないので医局を辞めてもう少しゆったり勤務できるところを探したい。 今の病院では居残りが毎日あり、家族との時間が持てない。 当直はOKだが毎週はちょっと・・・。 本当は当直の無い職場が良いのだが。 訪問診療クリニックで在宅医療をしているがオンコール対応で精神的に疲れてしまった。 オンコールの無い職場を紹介して欲しい。 育児が一段落したので復職したい。 少しゆったりと勤務できる健診施設で働きたい。 家族の事情で出身地へUターン転職をしなければならない。 医局のしがらみに疲れた。 医局派遣の今の病院では自分のやりたい事ができない。 子育ての為、非常勤で週1~2日程度、健診のバイトを中心に勤務したい。 こういった悩みや希望に対して、 常勤での転職の検討も含め、子育てや家族の転勤に伴って常勤をやめて非常勤アルバイトを探している医師、また、常勤に加えバイトでの収入アップとスキルの向上を望む医師など様々であるが、健診や人間ドックでの仕事を希望する医師ひとりひとりの悩みに寄り添いたい。 医療機関が求める健診・人間ドックの医師に対してのニーズと健診・人間ドックの医師転職市場 健診・人間ドッグの医師求人は増加している。 毎年春の健診シーズン前には、一般病院やクリニックの他、企業健診や学校健診を請け負う予防医療センターや健診専門に展開している医療法人などの健診専門施設から医師の求人案件が寄せられる。 時期的には4月に向けての募集が最も活発で、スポットであれば閑散期で案件が少なくなる月もあるにはあるが年中どこかで健診・人間ドックの医師求人ニーズは発生している。 健診・人間ドックの医師の年収・給与・バイトの相場 ご承知の通り、同じ病院で科目によって給与が違うというケースは殆ど無いが、健診・人間ドックが主体の施設や病院の健診センターでは、急性期の施設と比較すると年俸はやや低めのところが多いかもしれない。 健診・人間ドックの医師求人案件を少し見てみよう。 一例として北関東の市中病院の健診センターでの常勤医師募集案件。 健診専属の業務で読影スキルが求められる。 マンモ認定施設で女性医師比率が高い。 週4日勤務で当直も無し。 年俸は900万円~1,600万円程度。 次に、大阪府の健診・人間ドックのクリニックでの常勤医師求人案件。 常勤医師は3名在籍しているが増員の為の募集。 消化器内視鏡検査や婦人科検診の可能な医師を求めており、年俸は10年目標準で1,200万円程度となっている。 託児所も完備しており子育て中の医師も働きやすい環境を整備している。 勤務時間の相談(非常勤も含め)にも柔軟に応じてくれる。 健診・人間ドックの実際の業務内容 健診・人間ドック専門クリニック 同僚となる医師がいるか、いる場合はその専門科目 求められる業務内容 勤務体系の柔軟性 健診や人間ドック専門クリニックは複数施設を展開している医療法人から単独のクリニックまで規模の大小を含め様々である。 医師が複数在籍している施設では、他の医師の専門科目や得意領域との兼ね合いで任される担当業務が決まってくる。 市中病院の健診・人間ドック 病院の中にある健診・人間ドック部門や健診センターでの業務。 健診の判定、健診結果の説明、異常があれば病院内で他の診療科へ紹介が可能。 施設によっては、健診業務だけで充分な業務ボリュームが無い場合や閑散期などに他の業務(例えば外来など)を担当しなければならない場合もあり。 当直は無い事が一般的。 上部・下部内視鏡(経鼻内視鏡は更に歓迎)スキルやCT、MRI、マンモグラフィー読影スキル等を活かせる検査では、スキルに見合った給与や勤務条件の交渉も可能なケースもあり。 巡回健診 医師が企業や学校に赴き集団健診を行う業務。 スキル面はそれほど問われる事はない。 時間がだいたい決まっている為、メリハリのきいた勤務が可能。 現地集合、現地解散の勤務となる場合もあり。 健診・人間ドックに向いているタイプや将来性 健診・人間ドックの業務は、自身の経験・専門スキルを予防医療の分野で活かしたい医師や、家庭との両立や育児等の事情で勤務可能な時間が限られている医師、比較的ゆったりした勤務を希望する医師に人気の職場となっており、女性医師からの人気が高く、また、求人側や健診受診者(乳がん検診や子宮がん検診など)からも特に女性医師に対するニーズが高い。 健診・人間ドックの受診者は基本的に健康な人が対象となる為、他の診療科であるような患者の容態急変などのリスクは殆ど無く、精神的、体力的にも負担が小さい事もメリットとなっており、子育てが一段落した女性医師の復職先としても人気が高い。 女性医師を確保する為に、働きやすい環境を整備する健診・人間ドックの施設も増えており 乳がんや子宮がん等、女性特有のがんに対する専門スキルを持つ女性医師にとっては最適な職場のひとつと言えるかもしれない。 健診・人間ドックの医師に向いているタイプや健診・人間ドックの将来性 健診・人間ドックの分野でどういった働き方を希望しているのか、キャリア観や進みたい方向性に悩んでいる医師に対しては様々な可能性を提示して一緒に寄り添いサポートしていきたい。 健診・人間ドック分野で転職先候補の医療機関を見る際には下記項目も合わせてチェックされたし。 1日の健診受診者数 健診受診者について 業務内容 必要なスキル 電子カルテの有無 上部・下部内視鏡のメーカーや台数 読影のチェック体制 健診オペレーション 巡回健診の有無 巡回健診の訪問先、企業、学校等 巡回健診の場合の通勤方法(直行直帰の可否) 医師数(常勤、非常勤)や専門分野、保有資格、スキルetc. 経営母体(病院の健診センターor健診専門施設) 健診・人間ドックの求人に関するよくある質問.

次の