光 トポ グラフィー。 銀座メンタルクリニック

光トポグラフィ―検査(NIRS)

光 トポ グラフィー

スポンサーリンク 今回は、光トポグラフィーのうつ病検査にかかる費用に対し、思うことなどをまとめてみました。 まずは、国民健康保険が効くかどうかについてです。 保険適用されているのですね。 どのような内容ですか? 「光トポグラフィー」として言語優位半球の同定と、てんかん焦点計測です。 保険点数として670点が付きます。 この先進医療は保険点数が付くのですか? 先進医療では保険点数は付かないです。 先進医療に係る部分の費用は、全額を受診者が自己負担することになります。 上記2点は、光トポグラフィーを製造販売している、日立メディコのホームページからの引用です。 このように、うつ病診断では、今のところ自由診療扱いで全額自己負担となるそうです。 続いて、具体的な検査費用についてです。 うつ病の検査で光トポグラフィーを利用する際に支払う費用について、いくつかの病院ホームページを調べてみたところ、りんかい月島クリニックのホームページにあります、以下の1文が参考になるかと思います。 保険外の自己負担金額が概ね14000円から18000円前後、ここに保険診療の自己負担が加算されるため、合計金額は2万円を超えることも珍しくありません。 (引用:) このように、金額は高いところだと、2万円近い診断料を取っている病院もあるようです。 はっきり言いまして、光トポグラフィー検査の精度を考えれば、この額を支払うのはあまりに高いなと思います。 (私が精度に対して不安に思っている部分は、以前投稿した記事をお読みいただけると幸いです。 ) 公的保険で自己負担が3割で済むようになり、5000円程度の支払いで受けられるようになれば、受けてみても良いという気もしますが、もし「うつ病検査にも国民健康保険が適用されます」となれば、私は「他に優先すべき病気があるのでは?」と疑問に思ってしまいます。 話が逸れるようですが、私は6年前にレーシック(角膜屈折矯正手術)を受けました。 手術を行った眼科のホームページを先ほど覗いたところ、私が受けた当時は両目で14万円だったと思うのですが、現在では8万円で受けられるそうです。 手術できる医院が増え、手術数も増えるに従い、価格も下げていったようです。 (レーシック専門クリニックではなく、地元の信頼できる眼科で手術しました。 専門クリニックでも、当時と比べると価格がかなり下がっている印象を受けます。 ) 光トポグラフィーを使った診察は、平成25年6月1日時点で、全国に23病院あるようです。 上記の厚生労働省のホームページで、情報が確認できます。 先進医療に指定されていないレーシックと比べるのは不適切かもしれませんが、レーシックの例のように、利用できる施設が増え、1病院あたりの受診数が減れば、自然と価格も安くなっていくかもしれません。 前述のとおり、光トポグラフィーのうつ病検査は、今のところ自由診療扱いですので。 ちなみに、私が以前光トポグラフィーの使い方を学んだとき、メーカーの方が装置の金額関係に少し触れられていました。 光トポグラフィーは、装置自体が非常に高額ですし、メンテナンス料金も掛かってきます。 私的には、光ファイバー(プローブ)の価格に驚きました。 1本パキンと折れてしまっただけで、かなりの費用が必要になります。 ですが高額といっても、MRIなどに比べればかなり安価ですし、やはり検査料金は安くなって欲しいなと思います。 光トポグラフィーは、MRIなどに比べて手軽で費用も安く、導入しやすいのがウリのはずですからね。 どうしても受けてみたい方は、かかりつけの医師に相談されてみてください。 その際、医師から光トポグラフィーに対して否定的に言われるかもしれませんが、それは本音だと思います。 このように言われたとしても、「この医師は、他の病院に行かれるのが嫌なんだな」とは考えないほうが良いと思います。

次の

うつ病を客観的に診断するための足がかり光トポグラフィー検査の実力

光 トポ グラフィー

その時の脳血流量変化を測定し、脳機能を波形で表示します。 波形は、健常者、うつ病、躁うつ病、統合失調症で異なるパターン(6~8割の精度)を示すため、それを参考に診断や治療の補助として役立てます。 ただし、計測不良や非典型パターンなどで判定が困難となる場合もあります。 そのため、頭部外傷、神経症、発達障がい、不安障がい等によるうつ状態の方は、検査の対象になりません。 Q&A Q 誰でも検査を受けられますか? A うつ病として治療を行っている患者で治療抵抗性であること。 また、うつ病と双極性障害または統合失調症との鑑別が必要な患者(器質的疾患に起因するうつ症状の者を除く)に限られます。 つまり、脳器質的疾患(頭部外傷、脳腫瘍、脳梗塞、アルツハイマー病など)に該当せず、しかも治療中のうつ症状が改善しない場合で、そううつ病や統合失調症との鑑別が必要な場合に検査を実施することができます。 Q 検査を受けたいのですが、どうすればよいでしょうか? A まずは当院の精神科外来で診察を受けていただきます。 その結果、検査の対象疾患(上記参照)と 判断されれば、検査を実施することができます。 Q 診療情報提供書(紹介状)を持っていませんが、検査を受けられますか? A かかりつけ医療機関のある方は、原則として診療情報提供書(紹介状)を持参してください。 Q 病院受診の際、必要なものはありますか? A 当院は保険診療で光トポグラフィー検査を実施しています。 必ず保険証を持参してください。 Q 年齢制限はありますか? A 成人の方が対象です。 年齢の上限はありませんが、検査を理解し注意事項を守れる方であれば大丈夫です。 Q 検査時間はどれくらいですか? A 検査自体は30分程度で終わります。 Q 光トポグラフィー検査で病気が治りますか? A うつ症状の鑑別診断補助を目的とした検査なので、検査によって病気が治ることはありません。 検査をすることで、はっきりした病名がわかりますか? A この検査は精神疾患の有無や診断名を証明するものではありません。 しかしこれまでの検討では、 約6割から8割の精度で臨床診断(うつ病、躁うつ病、統合失調症)を示唆する結果が出ています。 Q 副作用や危険性はありますか? A 特記すべき副作用や危険性はありません。 安全性については広く認められています。 Q 検査を受けるにあたり、気を付けることはありますか? A 検査の前日には十分に睡眠をとってください。 もし検査中に眠気があると、正確な結果が出ない可能性もあります。 Q 検査当日に用意するものはありますか? A 診察券、保険証などを持参してください。 Q 検査当日の注意点はありますか? A 服装については、普段どおりでかまいません。 ただし、頭に検査装置を装着するため、 整髪料や化粧は控えめにしてください。 また、カツラや入れ歯などについては、検査結果に影響が出る 可能性があるため、検査時には外していただきます。

次の

うつ病を客観的に診断するための足がかり光トポグラフィー検査の実力

光 トポ グラフィー

光トポグラフィー検査を実施している医療機関を都道府県別に掲載しています。 リンク先がない場合は2015年3月現在実施医療機関が確認できない都道府県です。 北海道・東北• 関東・甲信• 長野 北陸• 福井 東海• 三重 近畿• 和歌山 中国• 高知 九州・沖縄• 鹿児島• 光トポグラフィー検査は2014年4月より保険診療の対象になりました。 ただし対象となるのは所定の施設基準を定めた医療機関のみです。 そのため医療機関によっては自費での検査となります。 医療機関によって検査の予約方法や受入のルールが異なります。 各医療機関のホームページをご覧いただくか直接お問い合わせください。 保険診療をする医療機関と全額自費負担となる医療機関の違いは? 光トポグラフィー検査は 保険診療で検査を行っている医療機関と自費で検査を行っている医療機関があります。 保険診療では自己負担は例えば3割になりますが、自費の場合は全額自己負担となります。 このような違いがあるのは 光トポグラフィー検査を保険診療で行うためには医療機関がクリアしなければいけない基準がいくつかあるためで検査が出来る機器だけが導入されていても保険診療が出来る施設として認められないためです。 大まかにいえば光トポグラフィー検査が先進医療だった頃から認定を受けている規模の大きな医療機関では保険診療となりますが、規模が小さなクリニックなどの場合は自費での検査となっているようです。 保険診療で受けられる医療機関によっては予約が取りにくかったり検査を実施する曜日が限られている状況も考慮して、このサイトでは保険診療を行っていないクリニックも検査を実施している医療機関に掲載しています。 薬事承認を受けた機器を使い適切な知識をもった臨床検査技師や医師の元で検査が実施されるのであれば保険診療の施設か基準を満たしているかどうかは結果に違いはないと思います。 ただし保険診療を行っている医療機関では光トポグラフィー検査に加えてMRIやCTスキャンなどの検査も含まれていたり短期の検査入院で詳細な検査を受けられる場合あるので、主治医とも相談して目的に合わせて選択してください。 光トポグラフィー検査に過度の期待は禁物 インターネット上のウェブサイトや一部のメディアでは光トポグラフィー検査を受ければうつ病を治せたり、うつ病や双極性障害・統合失調症の診断が「正確」に出来ると書いてあることがありますが誤解です。 光トポグラフィーはあくまでも検査でありうつ病を治したり症状を改善させるものではありません。 また検査で正確な診断ができるわけでもありません。 抑うつ症状は治療方針が異なる精神疾患で共通して現れることがあるので、 検査の結果は診断の客観性を高めたり主治医が別の病気の可能性を検討する判断材料になる可能性があります。 何より2009年の先進医療としての承認から5年を経て保険の適応となったということはうつ病の治療を進めるにあたって有益だと判断されたと考えていいと思います。 6%・双極性障害もしくは統合失調症の85. 5%を正確に鑑別できたそうです。 もし診断と検査結果が異なる場合には別の病気の可能性も検討されます(結果をどう治療に反映させるかは主治医の判断です)。 それでも検査を受ける意味があるのでしょうか?患者の性格や治療状況によっては検査自体に意味が見いだせることもありそです。 精神疾患は病気の性質上治療が長期に渡ることがほとんどです。 ときには「本当に私はうつ病なのだろうか?」「このまま薬を飲み続けて大丈夫なのだろうか?」と疑問や不安に思うこともあるかもしれません。 精神疾患を客観的な診断の指標(バイオマーカー)がないこともそう感じさせる理由でしょう。 そんなときにあくまでも 診断の「補助」であっても目に見える結果を得られる光トポグラフィー検査は患者さんによっては治療に前向きに取り組むきっかけにもなることもありえます。 また(残念なことですが)病気に懐疑的な人が身近にいる場合は説明がしやすくなるかもしれません。 どんな人が検査を受けられるのか? 光トポグラフィー検査の保険診療の対象について厚生労働省より下記のような基準が示されています。 (一部抜粋) 抑うつ症状を有している場合であって、下記の(イ)から(ハ)を全て満たす患者に実施し、当該保険医療機関内に配置されている精神保健指定医が鑑別診断の補助に使用した場合に、1回に限り算定できる。 また、下記の(イ)から(ハ)を全て満たしており、かつ、症状の変化等により、再度鑑別が必要である場合であって、前回の当該検査から1年以上経過している場合は、1回に限り算定できる。 イ 当該保険医療機関内に配置されている神経内科医又は脳神経外科医により器質的疾患が除外されていること。 ロ うつ病として治療を行っている患者であって、治療抵抗性であること、統合失調症・双極性障害が疑われる症状を呈すること等により、うつ病と統合失調症又は双極性障害との鑑別が必要な患者であること。 簡単にいえば、• 現在うつ病のうつ状態で治療中で期待した服薬の効果がない• 脳血管障害、アルツハイマー病、脳腫瘍、外傷による影響(器質的疾患)ではない に当てはまる人が保険診療での検査対象となります。 先進医療だったときには双極性障害(躁うつ病)・統合失調症でもうつ症状があった人が検査の対象だっと思いますが、保険診療ではうつ病を治療中の方だけが対象になるようです。 なお自費で検査を受けられる医療機関の場合は保険診療の基準とは異なることがあります。 各医療機関のホームページからご確認ください。 光トポグラフィー検査に関心があり保険診療の対象になるかどうかを知りたい人は主治医にご相談ください。 光トポグラフィー検査を受けた体験談.

次の