ホールトマト レシピ。 ホールorカット?トマト缶はどっちがおいしいの?|有賀 薫|note

鶏むね肉のトマト煮込み 作り方・レシピ

ホールトマト レシピ

パスタやトマト味の煮込み料理に欠かせない、トマトの水煮缶のお話です。 トマトには、 生食に向くトマトと 加熱しておいしいトマトがあります。 トマト缶は、 「加熱しておいしいトマト」を使いやすいよう水煮したものです。 缶を開けたままでも食べられますが、通常はトマトソースや煮込みに使われます。 もともと日本では生食でトマトが定着した経緯があるため、トマトはいまだにサラダなど生で食べることが圧倒的です。 加熱用のトマトはあまり出回らない上、夏以外の季節にお目にかかることは、まずありません。 そんな日本でも、季節を問わず手軽に完熟の加熱用トマトを使うことができるトマト缶はとても便利です。 しかも安いものなら1缶100円前後と安価ですから、家に常備しておきたい缶詰のひとつですよね。 ホールとカットは、味が違うの? さて、このトマト水煮缶、売場に行くと 「ホール」と 「カット」があります。 ふだんはどちらをお使いですか? 今週のcakesの連載『スープ・レッスン』では、をご紹介しています。 トマトの水煮缶を使っています。 トマトがまるごと入った ホールトマト、ダイスカットされた カットトマト、このふたつは単なる形状の差だけかと思ったら、そうではないようなんです。 缶を見ると、描かれたトマトの絵が、ホールとカットで違うのがわかるでしょうか。 ホールトマトはちょっと細長いトマト、 カットトマトは丸いトマトですよね。 必ずしもすべてのトマト缶がそうであるとは言い切れませんが、多くのトマト缶ではホールとカットで使われるトマトの種類が違います。 ホールトマトでは細長い サンマルツァーノ種、あるいはその改良種が使われています。 イタリアを代表する品種で、加熱することによって美味しくなるトマトです。 味が濃く、煮崩れやすく、トマトソースなどにするにはもってこいです。 一方、カットトマトには 丸い形のトマトが使われます。 こちらのトマトも改良種で、加熱に向いたトマトであることには変わりありません。 ただし、こちらはより果肉がしっかりしていて煮くずれしにくいのが特長です。 そのことによって、カットしたトマトを水煮しても、ソースのようにどろどろになってしまわず、果肉がちゃんと残るようにしてあるわけです。 今回、トマト缶を販売している会社数社に使用品種を問い合わせてみたところ、多くはいま説明したような違いとなりました。 (なかには、同じトマトですというメーカーもありました) ちょっと食べ比べてみましょうか。 デルモンテの「完熟ホールトマト」と「完熟カットトマト」。 デルモンテのホールトマトは「ローマ種(サンマルツァーノの改良種)」、カットトマトは「ラウンド種」とのことです。 缶を開けてみると、赤さはあまり変わりません。 カットには細長いトマトが丸のまま、カットは細かくダイス状に刻んだトマトが入っています。 食べてみましょう。 ホールの方がわずかに濃い、という気もしますが、はっきり違う!というまでの差はありません。 甘さ、酸味も同程度です。 他のメーカーのものも、いくつか食べてみました。 こちらは、首都圏ではおなじみのカルディで購入。 ホールは結構しっかりした甘み。 トマトの中に種が入っていて、その種を食べると強い酸味を感じます。 カットは、デルモンテのものよりも角が崩れている感じがします。 味自体はホールよりややさっぱりしていましたが、種がないので酸味はあまり感じません。 他にも何メーカーか比べてみました。 その結果、 「トマト自体はホールの方がやや甘く濃い。 しかし種が多めに入る分、酸味も強い。 カットはあっさりした味わいだが、種のが取り除かれているため酸味もおだやかである」 という印象を持ちました。 (種は、カットでも多少は残っています) トマトは別の品種でも、漬けてあるジュースは同じものを使っている、というメーカーもあるそうです。 そうなると味は近づいてきます。 ホールとカットで、トマトスープの作り比べ! さて、トマトそのものより、 実際に使い比べるとどうなるかの方が多くの方にとって気になるところかと思います。 そこで、ホールトマトとカットトマトで同じレシピを作り比べてみました。 使ったのはデルモンテのトマトです。 作るのはブロッコリーとトマトのスープ。 ブロッコリー、塩、オイルなど他の素材は全く同じです。 火加減も揃えて、仲良く鍋で煮はじめます。 30分ほど煮込むと、ホールはかなり溶け込んでいるようです カットトマトは十分に煮込まれても、果肉の「角」がまだ残っている状態です。 どちらもおいしそうにできました! 食べてみると、生で食べたときと同様、味自体にそれほど大きな違いはないようです。 しいていえば、ホールのほうが甘み、酸味、香りともにわずかに強さがあるという印象でしょうか。 カットの方が、あっさりしています。 ただ、カットトマトでもトマトのコクや甘みは十分に感じられます。 ホールトマトが煮崩れやすいという話でしたが、30分程度の煮込みでは、全く形がないというほどではありませんので、潰したトマトと切ったトマトの食感の差が一番の違いかなと思います。 結論として、家庭でこの程度の量を使うにはどちらも遜色なく、スープについては同じように使ってもらってよいというのが、私の考えです。 量や煮込み時間の規模が違うレストランでは、また違う結果になるかもしれませんね。 カットトマトは形がそのまま残りやすいので、なめらかなトマトソースやトマトの形がなくなるぐらいまでじっくり煮込むスープやシチューなどには、ホールトマトがおすすめです。 また、これはあるお店で教わったのですが、 両方をブレンドする、というのもいいそうです。 2つ買っても二百円とちょっと。 ふたつの缶を開けて味くらべした後、ブレンドを楽しんでみてはどうでしょうか。 「切るのが面倒だし手も汚したくない」という方は、カットトマトを使うことをおすすめします。 * さて、いろいろ比べてみましたが、ホールとカットでどちらがおいしいということはなく、単なるタイプ違いという結論になりました。 これを選べ!という歯切れの良い正解がなくて、ごめんなさい。 以上、スープラボからのレポートでした。 cakes連載、もあわせてどうぞ!.

次の

トマトピューレ、ホールトマト(水煮)の作り方

ホールトマト レシピ

トマト缶詰ホール缶の簡単人気豚肉レシピ!美容夏バテにも効果的 豚肉の主な栄養素や効果として 「ビタミンB1」 体内の糖質をエネルギーに 変換してくれる代謝の特性を持ち これが不足してしまうと エネルギー不足となって 倦怠感や疲れやすさを感じる 状態になってしまいます。 疲労回復に睡眠不足を 解消してくれる効果が期待されることから 夏バテの季節にはよく 豚肉を食べると良いとされていますよね。 加えて皮膚の新陳代謝を促して 潤いを与えてくれる効果 肌荒れ防止の効果があるので 美容にも効果的です。 「コラーゲン」 豚肉の脂肪部分には コラーゲンが豊富に含まれており 豚肉をたくさん食べる習慣の多い 沖縄地方ですと年の割に若い人が 多いですよね。 それも豚肉のコラーゲンが 関わっているのでは?とされています。 ちなみに豚肉の脂身部分 そのままコラーゲンとして 吸収されるわけではなく 体内で一度アミノ酸に分解され コラーゲンとして再合成されるためには 他のタンパク質をバランスよく 摂取していることが大切とされています。 まあ食べ過ぎると結局 太る原因にもなるのでそのあたりは 注意ですね。 「ビタミンE」 主に 「若返りのビタミン」と いう別称ももつビタミンE。 アーモンドとかに多く 含まれている栄養素です。 強力な抗酸化作用を持つので 体内の脂質の酸化を抑え 血管の健康を保ち 血流を良くするので 動脈硬化などの予防に 肌荒れの予防に改善 美容などに効果が期待できます。 豚肉のロース、玉ねぎの みじん切りなどを軽く炒め そこにトマト缶に水を加えてひと煮立ち。 あとはグリーンピースに塩コショウなどを加え ハーブなども入れて味を整えていけば完成。 レシピ的にはなかなかシンプルですよね。 前もって豚肉をお酒やはちみつなどにつけて 柔らかくしておくとより美味しくなるでしょう お肉を柔らかくする内容については こちらのサイトにも詳しく書いてあったので 紹介しておきますね。 材料も4つしか使わず結構手軽に作れます。 彩りを考えるならピーマンにパプリカなども 一緒に煮込んでいくと 栄養バランスよりよくなるかなーと思います。 ミルフィーユと書くと なんとなく難しそうなイメージがしますけど 特にそんなこともなく簡単に仕上がります。 しかし見た目なんとなく豪華っぽく見えるので パーティとかおもてなしの 料理などにいいかなと思います。 保存料不使用で油も少ないタイプなので 健康や美容などに優しいハヤシライスに なっています。 油っぽさがないので サッパリ食べることができるので 市販のルーを使うのは便利だけど 栄養成分ちょっと気になる・・という場合 ちょっとチャレンジしてみるのもいいかもです。 焼く時あまりいじらずに出てきた油を 逐一キッチンペーパーで吸い取っていくと よりヘルシーな豚肉に仕上がります。 夏のそうめんって結構あまりがちですからね。 こうしたいつもとはちょっと違う レシピを作ってみるのもいいでしょう。 更には玉ねぎ、キャベツ、しめじ、えのき ウィンナーに肉団子など色々詰め込んだ トマト鍋のレシピになります。 残ったスープは ご飯にピザ用のチーズなどを入れて温めて 溶き卵も入れればオムライス風のおじやに。 寒い冬の日にぴったりなレシピですね~。 暑い夏の日にも熱さを吹き飛ばすにはいいかも? 今回のまとめ はい、そんなわけで今回は トマトの缶詰、ホール缶と豚肉とを使った 料理レシピについてまとめていきました。 やっぱり基本煮込み系の料理が 多かった印象でしたけど トマトにくじゃがとか ハヤシライスなどのレシピもあったりで やっぱりトマト缶って すごい応用が効く食材なんだな~と改めて 実感しました。 「Sponsored link」 カテゴリー•

次の

トマト缶詰ホール缶の簡単人気豚肉レシピ!美容夏バテにも効果的

ホールトマト レシピ

作り方• 鶏むね肉は大きめの一口大に切っておきます。 玉ねぎは薄切りにしておきます。 にんじんは皮を剥き、薄い半月切りにしておきます。 ほうれん草は根元を切り落とし、一口大に切っておきます。 ニンニクはみじん切りにしておきます。 鶏むね肉に片栗粉をまぶします。 フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れ中火にかけます。 香りが立ったら玉ねぎ、にんじんを加えて炒めます。 油がまわったら鶏むね肉を加えて炒めます。 パセリを散らし、器に盛り付け完成です。

次の