快気祝い 渡す時 言葉。 快気祝いのプレゼントおすすめ22選。退院や回復時の感謝をこめた贈り物

快気祝い お返しの時期は?大安に渡すのがマナー?

快気祝い 渡す時 言葉

そもそも、お返しというのは、お祝いに対する内祝い 等以外ですと、「どうぞ、お気遣いなく、今後、この ようなことはなさらぬように」という意味合いを持つ 行いなのだそうです。 地方によっては、何かを貰ったときには、必ずお返し をすることが習慣となっている所もあるようですが、 本来は頂いたモノに対する「お返し」は少々、失礼 な行いであるという考え方もあるようですね。 お返しという行為そのものを止めてしまうことは できませんか? 頂き物をした相手に感謝の気持ちを伝えるならば 次に会った時に食べ物でしたら、美味しかった旨を 伝え、感謝の念を伝えるだけで良いと思います。 何か機会があった時に改めて、何か品をお渡しする という意識を持てば、お返し云々で悩む必要はなく なると思います。 ユーザーID:• 区別しています 何かを戴いてそれに対するお返しを差し上げるとき(誕生日プレゼントの遣り取りや内祝い等習慣的なお返しは除きます)、相手との関係によってこちらが発する言葉は使い分けています。 片や、相手からの頂き物をやめたい場合は「お返し」を明言して(発送する場合は送り状で)等価の品を即行贈ります。 まあ、このように政策的に距離感をアピールして形式的なお返しをするのは義妹に対してだけですが…。 なぜなら、物理的なつながりを更新するためとしか思えないような意味不明な品物を不定期的にに贈ってきて迷惑しているからです。 具体的には、メーカー品の缶ビールやカレールー、頂き物のお裾分け(?)など。 年末ごろ、上司にお歳暮を贈ったところのトピがありましたが、そのようにストレートに伝えられませんが私が義妹からの贈答品に対して抱く気持ちはその上司の方のようなものかもしれません。 ユーザーID:• デリカシーに欠ける感じかな? 経験はないのですが 多分)、もしはっきり言われたら、トピ主さんと同じく「へっ??」と思うでしょうね。 ちょっとデリカシーがない感じ。 なぜか考えてみました。 「お返しです」と面と向かって言われると「借りを返すという目的じゃなきゃ、あなたにはプレゼントする気はないのよ」と言われてるも同然だからかな。 その辺をオブラートに包んでおけば「ああ、これを見て私に似合いそうと思ってくれたのかな」とか「美味しそうだから、食べさせようと思ってくれたのかな」とか、純粋な好意のように受け取れるじゃないですか。 (錯覚でも笑) いつもそこまで考えてたわけじゃないけど、私は「お返しです」とはっきり言うことはないです。 「お好きそうな物を見つけたので」とか「いただきもので」とか言いますね。 相手に「ええー、悪いわー」とか言われたとき、「いえいえ、こちらこそ美味しいものをちょうだいしたし」くらいのことを言ったりはするし、これは言われても気になりません。 ユーザーID:• 頂いたものに対応した贈り物ですよということを念押しているのかもしれません。 いやみに聞こえるかもしれませんが、普段から押し付けがましい性格でしょうか? 贈答メモがあるぐらいですから、誰に何を贈り頂いたということが わからなくなってしまう人もきっと世の中にはいっぱいいて、 それからいろんなおすそ分けだとか小さいプレゼントなどが多くなる人や相手は お礼の分なのかどういうつもりなのか、貰ったほうもわかりづらくなると思います。 それで、相手にとって考えたり確認しなくてもよくなるように書いただけなのかもしれません。 もしかして、いろんなお付き合いの中で、お返しもしてこない、なんて 贈ったことを忘れられて嫌な経験もあったかもしれませんよね。 確かにお返しって、気持ちより帳尻合わせますみたいな感じがしますね。 私もお礼とか、この間は〜(理由がわかるような前置き)これよかったら〜といった 送り状にしています。 ユーザーID:• 言い方の問題もあるけど・・・ 基本的に「お返し」だということはわかるようにします。 特に間が空いたときは。 熨斗をつけるようなものだとあえて口に出さないでもいいですけどね。 快気祝いとか。 お土産の場合は難しいところですね。 あえて「お返し」といえば「くれてなかったら買ってこなくて済んだのに」という本音が透けて見えるようでちょっと。 そういう意図だったら、もう少しうまくオブラートに包んでしまったほうがよいでしょう。 あとは性格上ちゃんと返したいと思う人だと、相手にもそれを示したい部分はあるのかもしれませんね。 言われても何も思わないでしょうし、思ったとしても不快にまではならないでしょう。 別に構わないけど者によっては止めた方がいい場合もある、といったところかと。 ユーザーID:.

次の

お返しする時「お返しです」と言う?

快気祝い 渡す時 言葉

「快気祝いを渡すなら時期はいつ? お祝いだから大安にわたすものなの・・・?」 快気祝いは、病気や怪我が治ったら お見舞いしてくださった方に 元気になった報告とお見舞いのお礼をかねてお返しをします。 でも、お渡ししようと思うと• 渡す時期はいつ?• お祝いだから大安に渡す? なんて、よくわからないことばかりで困ってしまいますよね。 早くて10日• 遅くて1ヶ月程度 とされています。 お見舞いのお返しなんだから 「 1ヶ月なんて遅すぎる! なるべく早く渡さないと。 」 そんな風に考えてしまう人もいるかもしれません。 確かに、普通のお返しなら早めがいいんですが、 快気祝いは少し違うんです。 じつは快気祝いは、 「遅ければ遅いほどよい」 といった意見もあるんですよ。 なぜそう言われるのか、 詳しく見てみますね。 まず、あなたの体の状態はどんな感じでしょうか? というのも、 入院していた理由によって違いはありますが、 人によっては退院後に調子が悪くなり 再入院といったケースもあります・・・・ 快気祝いをお渡しすると その病気やケガは一区切りがついた と考えられます。 つまり、完治したとされるんです。 もし、その後再入院になってしまうと、 それは前の入院とは別ものとして考えられます。 となると、相手の方は、 改めてお見舞いをすることになっちゃうんですね。 でも快気祝いをお渡ししていないと、 以前頂いたお見舞いが有効なので 相手の方へ負担をかけなくてすむ というわけなんですよ。 こういった理由から、 自分の状態に不安があるときは、 遅めにお返しするほうが安心です。 ただし骨折などの怪我の場合は 完治してから再入院することはありませんね。 こんなときは、 退院後に早めにお返しするほうがいいと思います。 この他に、 退院後に仕事に復帰するときは、 復帰のタイミングに合わせてお返しするのがベストです。 仕事に復帰するときでも、 自分の体調に不安があるときは、 お祝いだから大安に渡すのがマナー? お祝いなんだから、 「大安にお返しないと失礼?」 ついつい、そう考えてしまいますね。 快気祝いは、 よほど遠方の方以外は、 直接お伺いして渡すのがマナーとされています。 でも、ここで考えて欲しいことがあるんです。 いくらあなたが、 大安を選んで快気祝いをお渡ししよう と思っても、相手の方の都合はどうでしょうか? 年齢にもよりますが お勤めされている方も多いですよね。 あるいは 退院後すぐに仕事に復帰するなら、 日取りによっては快気祝いを渡すのに、 また仕事を休むことになりませんか? 入院して職場に迷惑をかけていることもあるでしょう。 なのに 「お休みを下さい」 なんて言い出しにくいですよね。 なので個人的には、 良い日にお渡しできるよう気配りは必要ですが、 こだわって時期を外してしまうほうが失礼だと思っています。 とはいえ、 私も最初の頃はよくわからなくて、 ギフトショップの方に相談したことがあります。 なにしろ贈り物のプロですから  ̄ー ̄ bグッ! するとこんなことを言われたんです。 「良い日を選ぶ気持ちは大切ですが、 先方の都合もあるのでこだわらない人が多くなっています。 でも、年配の方や地域によっては、 大安に届けるのが当然 といった考え方があるのも事実です。 風習に合わせてお返しするのが一番失礼がありません。 「自分の地域の風習が良くわからない」 そんなときは私の時のように、 ギフトショップやデパートの贈答品売り場に 問い合わせしてみてください。 地元の風習を教えてくれますよ  ̄ー ̄ bグッ! まとめ 快気祝いの時期についてお伝えしました。 まとめると.

次の

快気祝いとの違いは?退院祝いの金額・タイミングの基本マナー

快気祝い 渡す時 言葉

結婚のお祝いを貰った相手に内祝いを贈る場合は、まずは頂いた品のお礼を伝えるようにしましょう。 「この度は、お祝いを頂きありがとうございます」など、お祝いを頂いたことに対する感謝をしっかりと伝えてください。 目上の人や上司などに内祝いを渡す際は、もう少し礼儀正しい言葉を選んでも良いかもしれません。 「この度は、私どもの結婚に際し、お心遣い頂きましてありがとうございます」など、少し堅苦しい言い方にはなりますが、目上の人には失礼のないお礼の伝え方となります。 そして、内祝いの品を手渡すときには、ただ手渡すのではなく、「こちら、心ばかりですが内祝いの品でございます」など、必ず一言を添えて渡してください。 目上の人や上司に渡す際は、「心ばかりではございますが、内祝いの品をお持ちいたしましたのでご笑納ください」という言い方をしても良いでしょう。 決して貰ったお返しにお持ちしましたと言うのだけは避けてください。 本来、内祝いとはお世話になった人や身の回り人に、喜ばしい事があったことを分かち合うために品を贈るという意味があります。 昔とは違い、今はお祝いを貰った相手にだけ贈るというスタイルが一般的です。 しかし、それでも、お祝いを頂いたお返しに贈るということを直接相手に伝えるのは、とても失礼にあたります。 結婚の内祝いを渡すときは、相手を気遣いながら言葉を選んでください。 体調を崩しやすい時期などに贈る場合は、相手の体を気遣う言葉を添えて渡すのも良いでしょう。 内祝いを渡す季節によって、色々な言葉の添え方があります。 たとえば、「日増しに寒さが厳しくなってきましたので、風邪など引かれませんようお体に気を付けてお過ごしくださいね」なら寒い季節に添えたい言葉です。 春の季節なら、「新年度を迎える時期でお忙しい毎日をお過ごしのことと存じますが、どうぞよろしくお願いいたします」という言葉もあります。 結婚の内祝いを渡すのが6月、ジューンブライドなら、「梅雨が長引いております。 梅雨冷えの日もございますので、体調には気を付けてお過ごしください」と、言葉を添えても良いでしょう。 目上の人や上司などには、礼儀正しい言葉遣いをする必要があります。 しかし、親族や知人、友達へ結婚の内祝いを渡すときは形式にはとらわれず、相手を気遣う言葉さえ添えられれば、渡す人の人柄が十分に伝わるものです。 義母や義父などに結婚の内祝いを渡すときは、気軽に遊びに来てもらえるよう、新居へ訪れてもらいたい旨を伝えておくのも一つの手ででしょう。 新築の内祝いを渡すときに添える言葉 結婚をして新居に引っ越すことになった際、身内や知人などからお祝いを頂くことがあります。 もし、新築の内祝いを渡すことになったときは、ぜひ一言、感謝の言葉を添えて渡しましょう。 「先日は新築のお祝いを頂き、誠にありがとうございました」と、シンプルに感謝の気持ちを添えるのも一つの方法です。 ただし、目の上の人や上司へ内祝いを渡すときは、礼儀を欠いてしまうと、相手への印象が悪くなってしまうかもしれません。 「この度は、拙宅に際しご丁寧にお祝いを頂きまして、誠にありがとうございました」のように、礼儀正しい言葉で感謝を伝えると失礼にあたらないでしょう。 そして、感謝の気持ちを伝えた後は、実際に頂いた物を新居で活用していることと、その感想を伝えてください。 新築のお祝いを贈ってくれた相手は、新居で使えそうな物を考えて贈ってくれることが多いのです。 そのため、使った感想や食べた感想がないと、お祝いを贈ったのは迷惑だったのかもしれない、と勘違いをさせてしまう原因にも繋がりかねません。 このとき、一点だけ気を付けて欲しいのは、頂いた品を活用していないのに活用したと偽ってしまうことです。 相手を傷つけないために言ったつもりでも、話しているうちに活用していないことが分かれば、逆に相手を傷つけてしまいます。 新築のお祝いを贈ってくれた相手は、付き合いを大切に思っているからこそ、贈ってくれています。 そして、そのお返しをするということは、これからも相手と付き合っていくという意思があるということ。 それならば、相手との付き合いを大切にするためにも、新築の内祝いを渡す前に、頂いた品は一度活用しましょう。 ただし、使った感想を伝えるときは、新居について謙遜して答えようとするあまり、自慢と取られるような言い方にならないよう気をつけてください。 たとえば、お皿を頂いたことに感謝を伝えるのであれば、お料理が美味しそうに見えるや、テーブルの雰囲気に合うなどの伝え方で十分に感謝が伝わります。 しかし、お皿が素敵なのにテーブルが合わない、豪華なお皿に合わないキッチンで恥ずかしいなどと言ってしまうと、謙遜し過ぎて相手を不快にさせてしまう恐れも。 お皿のデザインが気にくわないことに対する皮肉屋と取られたり、新居に対する自慢に取られたりしてしまう可能性があるのです。 新築の内祝いを渡すときは、謙遜し過ぎないようにし、「内祝いのしるしに心ばかりの品をお贈りいたします」など一言添えるのを忘れないようにしましょう。 出産した後は忙しく、なかなか内祝いを渡す余裕はないものですが、今後の付き合いを大切にするためにも、渡し忘れのないようにしましょう。 育児でそれどころではないかもしれませんが、第三者を通して渡すのだけは避けてください。 相手も何かと忙しいところ、時間を割いてお祝いを贈ってくれています。 第三者からお返しを渡すと、相手に失礼なだけではなく、今後の付き合いは遠慮したいと思われても仕方ありません。 お祝いを贈ってくれた相手には、お祝いを頂いたことに対する感謝と、気を遣って頂いたことに対するお礼を伝えます。 「この度は、お祝いの品を頂き、ありがとうございました」と、きちんと言葉にましょう。 目上の人や上司には、「この度は、過分なお祝いを頂戴しましてありがとうございました」と、伝えた方がより敬意を込めた言い方となります。 また、子供のために頂いたお祝いなので、相手には子供の名前と性別も伝えるようにします。 相手から子供について色々と聞かれた場合は、聞かれた範囲で答えましょう。 聞かれてもいないのにアレコレ話すと、相手の状況によっては不快に感じてしまうことも。 病気や不妊で子供が欲しいと考えているのにできない人、子供を亡くしてしまった人など、表に表すことがないだけで、さまざまな事情を抱えている人がいます。 子供ができた嬉しさから、相手への配慮を欠いてしまわぬように気を付けたいところです。 そして、出産の内祝いを渡す際は、感謝や子供についてだけでなく、「今後とも、家族ともどもよろしくお願い致します」と伝えます。 家族が増え、今後迷惑をかけるかもしれないことを予め詫びておくのです。 特に、親族や会社の人、近所に住む人にはこれから子供のことで迷惑をかけるかもしれません。 今後迷惑をかけてしまったときに、一言あるのとないのとでは、相手の受け取り方が全く異なるのです。 出産の内祝いを渡して相手へ感謝を伝えるのも大切ですが、1人で頑張り過ぎて体調を壊してしまっては元も子もありません。 体調の悪いときは、出産の内祝いを用意してもらうなど、配偶者にも協力してもらいましょう。 内祝いを渡すときに使うとタブーとなる言葉は? 内祝いは、基本的には実際に会って自分の手で渡します。 人づてに渡してもらう行為は、相手に大変失礼になるので避けましょう。 また、渡すまでは紙袋に入れ、渡してない間に包装紙が破れたり汚れたりするのを防ぎます。 いざ実際に会って内祝いを渡すときには、タブーとなる言葉がいくつかあります。 誤って使ってしまうと、礼儀を知らないと思われるだけでなく、相手に失礼となるため、話す言葉は気をつけて選びたいところです。 まず、結婚の内祝いを渡すときに添える言葉で先述した通り、お祝いを頂いたことに対してお返しというのは止めましょう。 親しい間柄の人であれば、気にせずに言葉を受け取ってくれるかもしれませんが、一般的には失礼にあたります。 また、祝いごとのため、忌み言葉を添えるのも良くないとされています。 焼ける・流れる・倒れる・切れるなど、離婚や流産、新居に何かがあると連想させる言葉は使わないようにしましょう。 忌み言葉の他には、重ね言葉も良くないといわれています。 いよいよ・再び・次々などの言葉も、縁起が悪いので避けてお礼を伝えます。 お祝いをくれた相手は、このようなマナーを調べた上で贈ってくれていることが多いので、使ってしまうとマナーを知らないと思われてしまうかもしれません。 もしくは、タブーとなる言葉を使ったことで、相手が気を遣うことになる可能性もあります。 内祝いを直接手渡せるのであれば、直接渡せることに越したことはありませんが、なかには郵送することもあるでしょう。 そんなときは、内祝いにメッセージをつけて郵送することになりますが、メッセージを書くときは句読点をつけない方が良いとされているので気を付けてください。 目上の人や上司に内祝いを郵送するときは、マナーを知らない人だと思われないためにも、句読点は使用しない方が無難でしょう。 しかし、親族や知人、友人に内祝いを郵送するときはこの限りではありません。 定型文よりも親しみやすいメッセージの方が、心を込めて書いていると伝わることもあります。 自分の母や父、兄弟などに内祝いを渡すときに、かしこまった文章でメッセージを書いてしまうと、義務で贈っているような印象になることも。 そのため、内祝いを渡す相手によって、伝える言葉やメッセージに書く言葉は変えた方が良いでしょう。 内祝いを渡すときは、渡す相手に配慮して、お祝いを頂いたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。 お祝いごとだからと、嬉しさのあまり発した言葉でも、相手は傷つく可能性が十分にあります。 たとえ、苦労して結婚、出産、あるいは新居に移るとしても、相手はその事情を知りません。 また、その逆のケースも考えられ、相手が苦労している状況を、自分が知らないだけかも知れないのです。 もしかしたら、相手は複雑な心境を持ちながらも、お祝いしてくれているかもしれません。 内祝いを渡すときは、そのことを念頭において、感謝の気持ちを伝えてみてください。 感謝の気持ちを伝えるときは、相手を配慮する気持ちを忘れてはいけません。 相手の生活スタイルや状況を考えながらお礼をいうのはもちろんのこと、謙遜し過ぎにも注意したいところです。 不要な謙遜の一つとして、内祝いの品を渡すときに「つまらないものですが」という言葉を伝えることがあげられます。 そもそも、相手につまらないものを渡すのは失礼にあたります。 それに、つまらないものといって渡されるよりも、「ささやかな品ですが」と言って渡す方が、相手も快く受け取ることができるのです。 また、「ほんの感謝の気持ちですのでお受け取りください」と、このように感謝の気持ちだから受け取って欲しいと直接言うのも良いでしょう。 ただし、食べ物を贈るときは、少し言い方を変えた方が良いでしょう。 食べ物を贈る際は、「お口に合えば良いのですが」と言葉を添えた方が、相手に食べ物であるとすぐに分かるため親切なのです。 内祝いを渡しても、相手がすぐに開封してくれるとは限りません。 予定がある人は、数日後に開封することも考えられます。 贈る季節によっては、常温保存のものでも、暑さで悪くなってしまう可能性があるのです。 すぐに開封してもらうためにも、食べ物だと分かる言葉を添えて伝えましょう。 このように、内祝いを渡すときは、お祝いをくれた人の厚意を大切にするためにも、相手に配慮して感謝を伝えてください。 ずっと、付き合う可能性のある人たちですから、決して気を遣うことを忘れないようにしたいものです。 内祝いを渡すときには相手の気持ちを汲んだ言葉をかけよう.

次の