ニューペック。 new pec(ニューペック) ─ 小型船航海用の電子海図

FUSO (フソー) FE

ニューペック

一般財団法人 日本水路協会のあるビル。 同協会ではいろいろな海図情報が入手できる。 (東京・羽田空港) 小型船などの搭載されているGPSプロッタに使用する海岸線データは航海用電子参考図と呼ばれるものである。 これはGPSプロッタ機器メーカーが独自の海図ソフトを製作し、航海用電子参考図としてユーザーへ提供している。 そのような中、2012年3月の国際ボートショーにおいて、新しい航海用電子参考図「new pec(ニューペック)」が表示可能なGPSプロッタ魚探が発表された。 「new pec」とは、一般財団法人 日本水路協会が開発した航海用電子参考図のことである。 これは従来、パソコン画面に表示して活用されていものだが、古野電気ではnew pecが使える小型GPSプロッタ魚探を開発している。 はてさて、このnew pecとはいったいどのような電子参考図なのか、またnew pecが提供する海岸線情報とはどのようなもなのだろうか。 先日、new pec生みの親である日本水路協会(東京・羽田空港)を訪問したのでその概要を紹介しよう。 「これがnew pecです」とパソコン画面で説明する日本水路協会の内城刊行部長。 パソコンに表示した「ニューペック」画像。 滑らかに描かれた海岸線、リアルな海底地形状況等が表示されている。 「ニューペックは、国土地理院の陸地データと海上保安庁の海底地形データを重畳させて・・・」と説明する内城刊行部長。 最近、フィッシングボート仲間で話題になっているのが「new pec」である。 new pecには、海岸線データと海底情報が満載されているとのことであり、ボートフィッシングを楽しむアングラーにとっては活用メリットが大きそうだ。 日本水路協会 刊行部長・内城勝利氏の説明によると、ニューペックは2008年ごろから商品開発がスタート。 そして、2009年7月からプレジャーボート向けの航海用電子参考図として発売が開始されているという。 表示にはパソコンを使うが、今日では多くのユーザーがnew pecを活用しているとのことだ new pecは、基本的には詳細な海岸線データに加えて、ち密な海底地形データの重畳表示が可能である。 大縮尺海図が刊行されていない海域の海岸線データには、国土地理院の2万5千分の1の陸地データが使われている。 このため日本全国の海岸線が連続して詳細にリアルに描かれている。 一方、等深線データには海上保安庁が所有する海底地形データが使われている。 このためnew pecの等深線はち密で細かくトレースされている。 海域や表示縮尺によっては等深線が2、5、10、20、200メートル毎に描かれており、画面の表示拡大によっては海底のくぼみ具合や瀬、漁場の隆起状況等々がよくわかる。 明石海峡付近では1メートル単位での等深線も見られた。 同協会・刊行部長は、「new pecはすばらしく充実した内容に仕上がっています」と強調。 特に、「海底地形データの活用で、今までにない詳細な等深線がトレースできている。 フィッシングボートにとっては瀬や駆け上がりなど、ポイント探しに大きなメリットになりますね」と熱く語った。 日本水路協会から発売されているnew pecデータ収録DVD。 パソコン用。 ディスクトップパソコンモニターでは画面が大きいので見やすい。 国土地理院の陸上データと海上保安庁の海底地形データを重畳させて作成されたnew pec。 実際の画像データとはどのようなものなのか、同協会でnew pecの生データを見せてもらった。 表示モニターはディスクトップパソコン用の大きな画面だったせいだろうか、実に滑らかな海岸線描写と幾条ものリアルで細かい等深線が描かれているのには驚愕した。 モニター画面に表示された海域は瀬戸内海の広島に近いところであり、大崎上島と大崎下島付近が現れている。 そして、島と島の間には、細くて密度の高い等深線が幾条にも表示されている。 このような海域を航行中の場合、new pec画像から自船直下、前方、後方、左右舷方向まで、海底の起伏状況が手にとるようにわかる。 また、釣行時には、どの駆け上がり、どの瀬がポイントになるのか、スピーディで的確な判断ができるなど活用メリットは大きい。 日本水路協会では、これらのnew pec製品(DVD)を販売している。 日本全国の海岸線データが入った航海用電子参考図は81,900円、オプションの日本全国海底地形データは58,800円である。 ほかに海域別版もある。 フルノGPSプロッタ魚探用new pecカード。 小さなカード1枚に日本中の海岸線と海底地形データが入っている。 指示部本体の右下部分から差し込む。 新しい航海用電子参考図「new pec」は、標準でフルノの小型GPSプロッタ魚探に搭載されている。 対象機は2012年夏に発売された5. 7型「GP-1670F」と、7型ワイド「GP-1870F」の2機種である。 これらの製品には、日本全国の海岸線データと日本全国沿岸の海底地形データが入ったnew pecデータがSDカードで搭載されている。 日本中のどの海域を航行してもいつも詳細な海岸線情報の表示が可能である。 製品価格は、new pec標準付属で5. 7型「GP-1670F」が220,500円、7型ワイド「GP-1870F」が285,600円である(どちらも税込、送受波器別売)。 高価なnew pecデータ込みの価格とすればこれは十分納得できる。

次の

ついに、『ニューペックスマート/Android版』を提供開始!|株式会社マップル・オンのプレスリリース

ニューペック

棟掃気ガラリ『Newテッペン/NewテッペンWideType ワイドタイプ 』 製品紹介/特徴 小屋裏には熱気が溜まります。 熱気で夏はクーラーのききが悪くなり、冬は雪が融け結露の原因である氷になってしまいます。 Newテッペンは圧倒的な掃気量で熱気を排出し温度を外気に近づけます。 また、常に木材は乾燥状態になるのでカビ・ダニの発生を抑えられます。 NEWテッペンは雨・雪の吹き込みを3つのブロック層で防ぐので、雨風の強い西日本で有効です。 Newテッペンは流体工学(坂本弘志・工学博士)の検証のもと開発• 雨の進入限界と風の温度差による掃気量を明示• 他社の対追随を許さない2~10倍の掃気量• 圧倒的な掃気量で小屋裏のむしぶろを解決• 雨も雪も入りません• 小屋裏が外気に近づくことで2階が涼しくなります• クーラーの効きが良くなります• 雪が溶けず氷になりません• 小屋裏の結露がなくなります• 躯体は常時乾燥し100年の耐久性が視野に入ります• 片幅150mmの幅広ワイドタイプも別途用意。 急勾配屋根にも楽々取付けられます.

次の

航海用電子参考図 (new pec)

ニューペック

New! 法定備品に認可 2019年2月、「new pec smart」は、沿岸小型船舶に備える海図の代替設備として、日本小型船舶検査機構(JCI)が定める要件を満たしており、スマホアプリで初めて法定備品として認可されました。 New! AIS表示機能を搭載 大型船舶で搭載が義務化されているAIS(自動船舶識別装置)より配信されるAIS情報の表記機能(現在地より最大半径10マイル)を搭載しました。 これにより、内航船の乗組員やパイロットなど、専門職の方々にもご利用いただけます。 New! 全国1,100図以上のSガイドを搭載 国土交通省により、沿岸を航行する小型船舶が備えるべき海図の代りとして指定を受けている「プレジャーボート・小型船用港湾案内 Sガイド 」。 そのSガイドを全国1,100図以上を搭載し、小型船舶を完全サポートします。 航海記録を見る 記録した航海記録はマップ上に表示可能。 航海中に撮影した画像も自動的に詳細ページに表示されるので、航海のアルバムとしてお楽しみください。 安心のバックアップ機能 マイポイント・航海計画・航海記録のユーザーデータは、メールでPCに保存したり、Googleドライブ・Dropboxなどのストレージサービスにバックアップする事ができます。 機種変更時には、バックアップデータからリストア(復元)する事で、カンタンにデータ引継ぎが可能です。 情報を共有して楽しむ マイポイント・航海計画・航海記録は、メールやAirDropなどで情報共有が可能です。 事前に航海計画を共有する事で、より安心・安全にクルージングが出来たり、爆釣ポイントを釣り仲間で共有する事が出来ます。

次の