ブヨ 痛い 歩けない。 ブヨに刺されたら?症状写真や対策、生息地まとめ。腫れが治らない虫刺され

ブヨの腫れが引くまでの期間は?よく効く対処法はこちらから

ブヨ 痛い 歩けない

脊柱管狭窄症の症状でお悩みの人の話を聞いていると 「先生、私は歩くと痛いのでまともに歩けないんですが、脊柱管狭窄症の人は無理やりでも歩いたりウォーキングなどはした方が良いんでしょうか?」 といった質問をよくいただきます。 このように、脊柱管狭窄症の症状は重症化するとまともに歩けないほどの症状を発生させる事も珍しくなく、無理してでも歩くべきなのか疑問に思っている人も多いと思います。 そこでこのページでは、歩けない、歩くと痛い脊柱管狭窄症の人は無理やりでもウォーキングすべきなのかどうかについて説明をさせていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 高齢者の場合は歩かないと寝たきりになるリスクがある まず、無理やりにでも歩くべきかどうかの説明の前に、みなさんがどういった事で悩んでいるかの整理をさせてもらいますね。 こういった脊柱管狭窄症の人で痛くても歩くべきか?ウォーキングするべき?と質問される理由で最も多いのは、歩かずにいるとどんどん筋力が低下していく不安だと思います。 事実として、日常生活の中で歩く時間が極端に低下した場合は筋力は著しく低下します。 高齢者の場合は特に顕著であり、そういった事がきっかけで寝たきりや認知症になる事も決して珍しい事ではありません。 そのため、お医者さんも含めて「無理してでも歩きなさい!そうしないと寝たきりになっちゃうよ!」とアドバイスされる事も多々あるでしょう。 このアドバイス自体は私も全くの同意見ではあります。 ただし、実際に無理やりでも歩くべきなのかどうかについては疑問があります。 疑問というより、実際には難しいでしょう。 まともに痛みの影響で歩けないので、本人も周りの家族も「歩きたくても歩けないだろう」というのが正直な本音だと思います。 そのため、歩けるのであれば歩いた方が良いのは分かっているけども、結局は無理やりにでも歩いた方が良いのかどうなのか迷っている人は非常に多いと思います。 こういった相談はメールも含めて私の所にも非常に多く寄せられていますので。 そこでここからは、寝たきりや筋力の低下のリスクを踏まえた上で、脊柱管狭窄症の人は無理やりでも歩くべきかどうかについて説明させていただきます。 あくまでも私の個人的な意見ですので一つの参考にして下さい。 脊柱管狭窄症の影響で歩けない場合は無理して歩いてはいけない 見出しで既に私の考え方を言っていますが、私は無理やりに歩くべきではないと考えています。 こういった説明をすると 「先生、でもそうするとどんどん筋力が落ちていってしまい、高齢者の場合は寝たきりや認知症になってしまうんじゃないでしょうか?」 といった質問をいただきます。 正直に言ってそのリスクは確かに存在します。 ただし、まともに歩けない人が無理やり歩いたって同じようなリスクは存在します。 ご存知の人も多いと思いますが、脊柱管狭窄症の原因は背骨や軟骨の変形によって神経を圧迫して発生します。 圧迫された神経の近くは炎症が常に発生しやすい状況になっています。 炎症は近くの神経を興奮させ、感覚を過敏にさせる特徴を持っています。 感覚が過敏になると、ちょっとした動作や短い距離を歩くだけでも痛みを感じやすくなってしまう訳です。 こういった感覚の過敏性が脊柱管狭窄症の最も厄介な特徴です。 普段の何気ない動作(立ち上がったり歩いたりなど)で痛みが発生している人が無理をして歩けばどうなるのか? 高い確率で更に症状が重症化してしまいます。 まともに歩けないという時点で重症例だと思いますが、そういった症状が更に重症化すればどうなるのか? 痛みの影響で起き上がる事すら不可能になってしまい、そのせいで高齢者なら寝たきりになってしまいます。 無理して動かないとどんどん筋肉が落ちていきそうという懸念は理解できますが、こういった状態で歩いても得をする事はまずありません。 安静にしていれば症状によっては改善する事はありますが、無理して歩いて症状が改善する事は考えにくい現象ですので、無理して歩いても安静にしてもどちらでも寝たきりなどのリスクがあるのであれば、まだ症状が改善する可能性の高い安静を選ぶべきなのでは?というのが私の意見です。 消極的な方法ではありますが、安静にする事が最も無難な方法なので是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 脊柱管狭窄症から発生している症状なのであれば、弱い刺激で行う治療が効果的 そもそも、こういった痛みの影響でまともに歩けないという状況の時点で大問題の為、出来れば家で安静にしたり無理やりウォーキングするよりも治療を行うべきでしょう。 ただし、もしあなたが現在感じている症状が脊柱管狭窄症が原因で発生しているのであれば、残念ながら一般的な整骨院などで行われているマッサージや治療では改善しにくい症状のはずです。 実は脊柱管狭窄症の症状は非常に治療が難しく、お悩みの人が非常に多い疾患でもあります。 脊柱管狭窄症のように、背骨の骨や軟骨の変形などが症状に大きく関わっている場合、その周辺には常に強い炎症が発生しています。 炎症は近くの神経を興奮させて、感覚を過敏にさせる特徴を持っています。 感覚が過敏になると、簡単に言えば少しの負担やちょっとした動作でも痛みを感じやすくなってしまうんです。 つまり、こういった症状の方にマッサージやバキボキするような、比較的強い刺激で行う治療を行うと、あまり効果がない所か逆効果になってしまう可能性があるんですね。 どこの治療院やマッサージに通っても改善しなかったという人は多いと思いますが、そのほとんどの治療が割と刺激量の多い治療である事が多いと思います。 (そちらの方が患者ウケは良いと思いますので) 逆に、優しく弱い刺激で行う治療であれば、治療行為が負担になりませんので改善する可能性があります。 脊柱管狭窄症のように、骨や軟骨の変形や神経の圧迫が痛みに大きく関わっていたとしても、その症状には筋肉の緊張状態や炎症の有無も痛みにはかなりの部分で関わっています。 強い刺激で行う治療では、強い炎症による過敏性が邪魔をして改善する可能性は低いと思いますが、弱い刺激で行う治療であれば、しっかり周辺の筋肉を動かし、血行を促進する事が出来れば炎症や筋緊張は軽減して症状が改善する事も珍しくありません。 弱い刺激の治療を行っている治療院は、あまり多くはないと思いますが、もしよろしければこのページで書かれている事を治療院選びの参考にして下さいね。 もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は一度私にお気軽にご相談して下さいね。 症状によっては限界もありますが、私は脊柱管狭窄症の治療をそれなりに得意にしていますので。 以上で「歩けない、歩くと痛い脊柱管狭窄症の人は無理やりでもウォーキングすべき?」のページの説明を終了させていただきますが、下記に脊柱管狭窄症に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 脊柱管狭窄症に関しての記事.

次の

子供がブヨに刺された!?どうすればいい?

ブヨ 痛い 歩けない

Q 今朝通勤で歩いている時に違和感があり、ほんの少し痛い程度だったのですが、帰宅時には踵がつけないくらいになってしまいました。 見た感じ腫れてはおらず、歩く時・押した時・軽くでも踵を床につけた時に痛みます。 骨なのか、筋?靭帯?なのかよくわからないのですが、痛い感じは筋のような気がしています。 今までもたまにこのような痛みがあったような気がするのですが、すぐに 1日以内には 治ったと思います。 ちなみにですが外反母趾です。 ですが特にひどいのが右足の方です。 パンプスを履いています。 どの靴も履いているうちにサイズが合わなくなってしまい、最終的にはブカブカになりながら履いてましたが、3週間位前からはヒールが全くないものを履きはじめました。 明日になったら治るかもしれないのですが、 病院に行く時間も取れなく不安なので、このような症状についてお解かりのかたいらっしゃいましたらお願い致します。 A ベストアンサー こんにちは。 1さんが言われる通り、「足底筋膜炎」「足底腱膜炎」の場合が多いと思います。 「骨の変形だね。 湿布をはって、消炎剤を服んでおいて」では、治まりません。 足に詳しいドクターを探すのは、一苦労ですし、どうしても医師の受診ができないのならば、簡単なテーピングで一時しのぎできます。 薬局で、5センチ巾の伸縮性のテーピング用テープ キネシオとかキネシオロジーなどの名前がついています。 を購入します。 足の大きさから3センチ引いた長さに切ります。 の足なら20? 剥離紙をはがしながら、まず踵を少し包むように貼り始め、最後を足趾の付け根で貼り終わります。 足の裏に一枚テープが貼ってあるようにです。 伸びるテープですが、強く引っ張らないではってください。 あくまでも「足底腱膜炎」の場合の一時しのぎです。 やはり、一度は整形外科の受診をおすすめします。 ケガ、病気は、休まなければよくなりません。 こんにちは。 1さんが言われる通り、「足底筋膜炎」「足底腱膜炎」の場合が多いと思います。 「骨の変形だね。 湿布をはって、消炎剤を服んでおいて」では、治まりません。 足に詳しいドクターを探すのは、一苦労ですし、どうしても医師の受診ができないのならば、簡単なテーピングで一時しのぎできます。 薬局で、5センチ巾の伸縮性... Q 20代後半の女性です。 1ヶ月くらい前から、普段より多くあるいたな~とおもう日はかかとが思いような、にぶい痛みを感じるようになりました。 普段の仕事はデスクワークなので、ほとんど歩きません。 大きいショッピングモールを歩き回ったり、30分以上歩いたりすると痛みを感じます。 と思い、靴底のあるものを履いていますがよくなりませんでした。 いまはお風呂で太もも~ふくらはぎ~足裏と軽く... A ベストアンサー 無論整形外科です。 そもそもこれらを、同じ土俵で比べる次元ではないです。 ・整体は公的資格の一切ない素人。 しかし病院ではないので、レントゲンや投薬は出来ない。 ・整形外科は医師です。 もちろん病院です。 レントゲンは法律により病院でしか取れません。 今回のケースは踵に骨 のトゲができているかもしれませんので、必ずレントゲンを撮っても らって下さい。 ~治療院について~ 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは 全て真っ赤な嘘です。 そもそも彼らは公的資格が一切ありません。 早い話、無資格の素人です。 誰でも明日からすぐに営業できます。 素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保 険屋からは相手にされません。 背骨と背骨の間に椎間板というクッ ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ れています。 一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば 驚異的なスピードで椎間板は劣化します。 長期的に見れば確実に悪 化します。 整骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼 ばれています。 肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている 方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい わゆるケガを治療する施設です。 shadan-nissei. html 腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 をするようなものです。 しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯 し、慢性腰痛を「腰のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康 保険を偽装請求し荒稼ぎしています。 不正は業界ぐるみで行われて おり、全国に約三万件と整骨院はあります。 政府管掌系の社会保険 から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ り、2007年度で約3000億円かかっています。 言うまでもなく、保険 料は我々の毎月のお給料から払われているものです。 しかしそのほ とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納 得です。 ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に して浮いたお金が3000億円です。 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは それぞれの施術者いる施設です。 ここも整骨の保険を悪用している 可能性があります。 鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、 同意書が必要です。 保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合 は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。 これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開 として保険請求するようなことです。 これが普通の病院なら大問題 です。 マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い 込まれるでしょう。 しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな らこれしかないでしょうね。 マッサージは肩凝りでは保険が使えま せんが、鍼であれば使えます。 しかし医師の診断が必要です。 痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。 自己流のマッサージやス トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる 恐れがあるので控えましょう。 レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく 必ず整形外科を受診してください。 長文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 無論整形外科です。 そもそもこれらを、同じ土俵で比べる次元ではないです。 ・整体は公的資格の一切ない素人。 しかし病院ではないので、レントゲンや投薬は出来ない。 ・整形外科は医師です。 もちろん病院です。 レントゲンは法律により病院でしか取れません。 今回のケースは踵に骨 のトゲができているかもしれませんので、必ずレントゲンを撮っても らって下さい。 ~治療院について~ 整体・カイロプラクティック・... Q 先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。 左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。 筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。 が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。 整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首を中心にレントゲンを撮ってもらうことにしました。 (まだ時間がなく2回目のレントゲンのために病院へいっていません。 ) 足をくじいた、とか捻挫で足がはれている、とかそういった見た目の症状も今のところみられず、どのように治療すればよいのか本当に困っています。 この痛みというのが、鋭い痛みが走るというよりは、歩き出してしばらくしたらどんどん痛みが増していくようなものです。 これは亜脱臼というものにあたるのでしょうか? どなたかアドバイスいただけますでしょうか? 宜しくお願いいたします。 先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。 左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。 筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。 が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。 整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首... A ベストアンサー 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。 したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。 できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソニン:1日3回の錠剤)などのしっかりとしたお薬が望まれます。 どうしてもそれらが手に入らなければ、アスピリン(バファリン)などでも効果は期待できます。 もちろん副作用がないという前提でですが、数日以上(5~7日)程度連続して服用することで炎症を和らげて、その結果として痛みをおさえてゆくことを目指すべきであると考えます。 「運がよいと・・」と書きましたのは「逆に運がわるいと何ヶ月もくるしめられる可能性があるかもしれません」という程度の意味で「一生、不自由な体になる」などの意味ではありません。 もしあれば細菌感染なども考えなくてはなりませんので念のためおたずねしました。 すこしでも早く痛みがとれると良いですね。 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。 したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。 できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソ... A ベストアンサー 松葉杖は「医療用装具」に当たります。 車椅子やコルセット、足の不自由な方の義足…おなじ範疇です。 ですから本来は医師の処方箋に従い「購入」し「健康保険」の規約に基づいて一部の負担金以外を支給される仕組みになります。 ですが、松葉杖は多くの人が一時利用ですから、病院では必要期間貸し出すことが多いんですね。 「健康保険の細則」では松葉杖の貸し出し料金に規定がありません。 その結果、無償でというところが多くなっています。 通院中や入院中は無償で貸し出すこと…これすらも健康保険では規定はされておらず、病院側の善意の結果です。 通院後も使う場合に自分で買うのは当たり前のことです。 病院もそんなにいい顔をしていたら潰れてしまいます(笑)。 しかし…レンタル料金を徴収するのが『違法』という根拠はわかりません。 健康保険では自費診療と保険診療の混合診療を認めてはいませんが、治療の進展に直接影響のない容器、装具などと先進医療の一部には除外規定があるからです。 またこれらの一時的装具を「診療の一部とするか否か」には色々な見解があり、統一されていません。 実際、皮膚科の塗り薬の容器など…同じ状況が見られます。 松葉杖1本といえども購入にはお金がかかるものですし、一般常識に鑑みれば本来レンタル料金を取る方が「正常な」感覚なんでしょう。 松葉杖は「医療用装具」に当たります。 車椅子やコルセット、足の不自由な方の義足…おなじ範疇です。 ですから本来は医師の処方箋に従い「購入」し「健康保険」の規約に基づいて一部の負担金以外を支給される仕組みになります。 ですが、松葉杖は多くの人が一時利用ですから、病院では必要期間貸し出すことが多いんですね。 「健康保険の細則」では松葉杖の貸し出し料金に規定がありません。 その結果、無償でというところが多くなっています。 通院中や入院中は無償で貸し出すこと…これすらも健康保険では規定... A ベストアンサー #NO1です >この炎症というのは、足を使っているときのみが痛いという症状なんですよね?? だいたいはそうだと思います。 体重が足首にかかり、腱に圧力がくわわり痛みが出てると思います。 あとはしゃがんだ時など、脱臼していたら腱が踝の前方にずれるので痛みが走ります。 internet-clinic. html 診察の時に脱臼があるばあいは、医師による再現ができるためわかると思います。 腱の炎症の場合は普通の捻挫と間違われる場合があるかもしれません。 しばらく長引く怪我かもしれませんね。 無理をすると再発する可能性もあるので、無理のないように頑張ってください。 参考まで・・・ #NO1です >この炎症というのは、足を使っているときのみが痛いという症状なんですよね?? だいたいはそうだと思います。 体重が足首にかかり、腱に圧力がくわわり痛みが出てると思います。 あとはしゃがんだ時など、脱臼していたら腱が踝の前方にずれるので痛みが走ります。 internet-clinic. html 診察の時に脱臼があるばあいは、医師による再現ができるためわかると思います。 腱の炎症の場合は普通の捻挫と間違われる場合があるかもしれません。 Q ぐねって足首の靭帯を損傷しました。 外科に行くとX線撮影の後、 とりあえず2週間とだけ言われて足を固定され、松葉杖が貸し出されました。 1週間後、再び行くと4日後(つまり11日目)に足の装具を作れる人が来るので作った方が良いと言われました。 で、言われるまま昨日、足の装具の型取りをしたのですが、 2週間目に足の装具が出来る段取りだと2週間で治る事はありえないという事になります。 ・いつぐらいに完治する見込みか? ・松葉杖を片方返せるのはいつぐらいか? ・松葉杖を両方返せるのはいつぐらいか? ・4万数千円(保険適用前)もする装具は本当に必要なのか? ・装具を利用する期間はどのぐらいなのか? ・完治の前にリハビリなどは必要になってくるのか? これらを質問してみましたが、今はハッキリ分からないの一点張りで何も説明してくれなかったのですが、そんなものなのでしょうか? 返答できないような医者は変えた方が良いのでしょうか? 足首の靭帯損傷って、どのぐらいで完治するのでしょうか? A ベストアンサー 20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。 近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。 そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。 怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。 そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。 松葉杖は、ギプスを外すまで借りていて、装具になってからは返したような気がします。 靭帯が切れてしまった方が、手術ですぐ治るのにと言われましたが、ちょっとだけでもついているので、温存療法で行くと言われました。 患部の安静は長期間必要ですが、ずっとギプスを当てている訳にはいかないので、装具は必要だと思います。 ただ、4万数千円する装具がどの程度のものなのかはわかりませんが、私のものは足首を覆う柔らかい素材の上に足の形に合わせたプラスチック板をかぶせて、マジックテープでとめるものでした。 それでも、装具になると仕事にも出られるようになりましたので、助かりました。 完治の前にリハビリなどは、当時はしませんでした。 ただ、何ヶ月も足首を装具で固めていたので、自分の足だけで立つのがとても怖く、自宅で徐々に外している時間を長くしてそっと歩くなどして、外す日には備えました。 以上、かなり以前のことなので今の治療とは違う部分もあるかと思いますが、経験談として参考にしていただければと思います。 20年ほど前ですが、足の甲の靭帯がほぼ断裂したことがあります。 近所の外科にかかって、捻挫だと言われ、テーピングと湿布で四日ほど仕事に出たのですが、良くならないので整形外科に受診しなおしたら、上記診断になりました。 そういう経過なので、怪我をしたての場合とは違うかもしれませんが、やはり二週間足首までのギプスをして、その後は足首までの装具をつけました。 怪我をした時期をはっきり覚えていないのですが、確か一月末だったと思います。 そして装具を外す許可が出たのは、4月1日でした。 Q 国産のオートマ車なんですけど、 今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。 表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。 普通に走行はできるのですが。 そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。 それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。 (現在は77000キロくらいです) 遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。 新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが もう今はぜんぜんで・・。 今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。 できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら すぐに行きたいと思うのですが。 私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 既に良い回答が出ていますね。 vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、 参考になればと思い、私の経験を記します。 私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。 テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。 エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。 音も気になっていました。 信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。 (回転数4500~5000rpmを越えてところでした。 ) 車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。 今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、 使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。 今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。 別の話ですが、 エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。 これは簡単に直ります。 既に良い回答が出ていますね。 vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、 参考になればと思い、私の経験を記します。 私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。 テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。 エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。 音も気になっていました。 信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間... Q 以前、こちらで咳が続くということを質問させてもらいました。 (咳以外に目立った症状なし) それでまた受診したんですが、レントゲンを撮るほどでもなく、聴診器を当てただけで胸の音はきれいなので大丈夫です、と言われました。 でも、それ以後も咳は止まらず、3、4日前から今度は右胸(右の乳房のすぐ下から右わきの下の辺り)が痛み始めました。 咳をするとズキッと痛むし、腕を上げ下げしたり、大きく深呼吸したりするだけでも痛みます。 ただの筋肉痛でしょうか?? 咳をしすぎたりすると、肺が傷ついて痛むことなどあるのでしょうか?胸の音はきれいでもレントゲンを撮るとなにか判ることもありますか?ちなみにタバコは吸いません。 何か分れば教えてください。 A ベストアンサー 肺の中には痛みの神経がないので肺がんのようなおおきなかたまりができても痛みません、ただ、肺の外側の膜、胸膜には多数の痛みを感じる神経があります。 胸に水が溜まったとき、肺がさけて空気がもれたときなどは、激しい痛みがおきますが、咳をしたときに痛むのであればちょっと違うようですね。 あまり激しい咳が続くと、肋骨、肋軟骨が不全骨折をおこすことがあります。 気管支喘息、咳喘息などでよくみられます。 これは、レントゲンで写るほどはでに折れることはめったにありません。 マイコプラズマ感染による気管支炎、気管支喘息とその親戚の咳喘息などでは長期間咳が続きますから、それに関して検査を(レントゲン検査、肺機能検査、採血による抗原検索)などを受けられると良いと思います。 呼吸器専門の内科でしたら、すぐ、レントゲンはとると思います。 Q 病院へ今すぐ行けない事情があるため、お聞きします。 3日前に、2メートルくらい高さから落ちてしまいました。 そのときにバランスを崩し、片足(左足)で着地したのですが、変なひねり方などはしませんでした。 足の全体で着地して、ジーンとした感じです。 ただ、そのときからかかとの一番下側に痛みが発生し、今も継続しています。 歩いたり、立ったりすると傷みます。 普通に歩くことはできませんが、多少引きずる形でなら歩くことができます。 また、かかとの内側辺と外側辺がほんの軽く腫れ、熱をもっているのがわかります。 ただ目に見える内出血や突起などはないように思えますし、足の指もすべていつも通り動きます。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 投稿から時間が経過していますので既に ご対応済みかとも思います. 自身が以前に ちょうど似たような現象での落下や症状を経験した事がありましたので書き込みました. 私の場合は足を負傷した当日に職場の方から整形外科へ連れて行ってもらいました. レントゲン撮影などで打撲だろうとの診断を受けて,湿布薬や痛み止めの服用薬を処方されたのみでした. (激しい痛みがあったため,画像の具体的な様子は覚えていません.) 1ヶ月ほどを経て,ようやく痛みが次第に和らいできたものの,ずっと違和感が残ったままでした. その間 運動を控えざるをえなかったことや 不信感もあり,負傷から数ヶ月を経て 他の整形外科を受診することにしました. レントゲン撮影などで異状が確認できず,結局は打撲の影響によるものとの見解でした. しかし,時間が経過しても なかなか違和感は消えませんでした. 再度受診した折のレントゲン撮影との比較にて,負傷した当時に ヒビが入っていた可能性があるのかもしれない と伝えられました. (傷めた骨が修復されている途上?とのような旨) 結果的には 未だに違和感が残ったままになり,長時間歩いたりすると 片方の かかとには痛みが出ることもある状況です. ご事情は お察しすることができませんが,今後への影響等も思慮しつつ 対応の方法をご検討されては いかがでしょうか. あいにく参考には ならないかと思いますが,経験談として書き出しておきます. 投稿から時間が経過していますので既に ご対応済みかとも思います. 自身が以前に ちょうど似たような現象での落下や症状を経験した事がありましたので書き込みました. 私の場合は足を負傷した当日に職場の方から整形外科へ連れて行ってもらいました. レントゲン撮影などで打撲だろうとの診断を受けて,湿布薬や痛み止めの服用薬を処方されたのみでした. (激しい痛みがあったため,画像の具体的な様子は覚えていません.) 1ヶ月ほどを経て,ようやく痛みが次第に和らいできたものの,ずっと違和感... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...

次の

歩けない、歩くと痛い脊柱管狭窄症の人は無理やりでもウォーキングすべき?

ブヨ 痛い 歩けない

多分都会のど真ん中、会社の近所にチョッと大きな公園があって、そこを通るときにちょっと草むらに入ってしまい・・・多分その時にブヨに刺された!左足ふくらはぎ5か所。 通ったのは午前中、夕方あたりから「かゆいなあ?」と思って無意識に掻いていました。 事務所常備の普通の虫刺され薬をぬって2~3日、事務所で仕事をしながらボリボリ、とにかくかゆい!家で家事をしながらボリボリ、寝ている時も無意識にボリボリ。 とにかくかゆい!ちっとも治らないんです。 なんと、初めから美脚ではないが、左足が腫れあがってパンパン。 パンツの左足だけが入らない!!階段の上り下りが痛い!たかが虫刺されで?と侮ってはいけなかった。 治らないどころか、だんだん悪化してすごすご病院に行く羽目になりました。 ブヨに刺されたら、まず、体の中から毒を取り出すのが一番の対処方法です。 体の中から毒素が出れば、その後の症状もかなり緩和されます。 でも、慣れない素人は、頭でわかっていてもどうやったかわからないことが多いです。 現場では、舞い上がってしまうことも多いです。 注射器のような形で毒を絞りだすのが楽に素早くできます。 緊急の場合は、爪を立てて絞り出す方法が一番ですが、それだと痛いし、雑菌が入ってしまう可能性もあります。 ドラッグストア、薬局、通販で手軽に買えます。 刺された跡に当てて、注射器で採血をする要領で傷口から毒素を出すことができます。 子どもが、キャンプや、川遊びをするときは必ず持っていると便利です。 アブもブヨもハエの仲間です。 写真で見るとそっくりです。 そして、アブは基本的に自然の多い川や田んぼなどに生息します。 アブの特徴として皮膚を刺して血を吸うのではなく、皮膚を切り裂いて流れ出てくる血を吸います。 ぶよと、アブは、そっくりですよね。 そして、アブも、時間が経つにつれ皮膚が腫れて強いかゆみを覚え、かゆみは2~3週間続くこともあるので、掻きむしらないことや手当、場合によっては病院に行くことが大事です。 ここまでは、アブとブヨは、そっくりです。 違うことは、ブヨは2~5㎜ですが、アブは、2㎝~3cmあります。 そしてアブは、7月ごろから出回るようになり、9月頃までしかいません。 ブヨと、アブの特徴はそっくりですが、アブの方が刺されてもあまり重傷にはならないようです。 モシャモシャ毛が生えているペットは、アブ、ハチ、ブヨなんかには、刺されないだろうと思いますが、アブやブヨは、毛の薄い耳の中や目の縁を狙って刺します。 アブやブヨなどの毒虫に刺されると、刺咬症と言って炎症を起こします。 原因となる害虫によって症状は異なりますが、人間と同じで、赤く腫れたり、かゆみや痛みをともなったりします。 ペットの場合は、痒がらないしそのうち治ることもありますが、放っておくと刺咬症によって刺された跡をしきりに気にするようになり、舐めたりかきむしったりするなどの行動をとるようになります。 脱毛してしまう事もあります。 危険な場合もあるので気をつけてあげてください。 人間が腫れて大変な時はペットも大変です。

次の