2020 年 ドラマ 視聴 率。 朝ドラ「エール」視聴率一覧表&グラフ推移【最高最低平均視聴率データ】

2020冬ドラマ一覧と視聴率一覧

2020 年 ドラマ 視聴 率

朝ドラ「エール」 基本情報 今作からドラマ本編は月~金の 週5回放送に変更になりました。 (土曜はダイジェスト版を放送予定) 原作はないオリジナル作品。 脚本は序盤が林宏司。 その後の脚本担当は、清水友佳子、嶋田うれ葉。 主演は窪田正孝。 102作目のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)です。 月~金曜 8:00~8:15(NHK総合)• 月~金曜 7:30~7:45(BSプレミアム、BS4K) 再放送• 月~金曜 12:45〜13:00(NHK総合)• 月~金曜 23:00~23:15(BSプレミアム、BS4K) 再放送1週間分• 土曜 9:45~11:00(BSプレミアム、BS4K) ダイジェスト• 土曜 8:00~8:15(NHK総合)• 土曜 7:30~7:45(BSプレミアム、BS4K)• 土曜 12:45〜13:00(NHK総合)• 日曜 11:00~11:15(NHK総合)• 日曜 8:45~9:00(BS4K) キャスト 窪田正孝、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、風間杜夫、山崎育三郎、中村蒼、森山直太朗、菅原大吉、清水伸、田中偉登、相島一之、松尾諭、堀内敬子、望月歩、堀田真由、二階堂ふみ、光石研、薬師丸ひろ子、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、吉原光夫、平田満、古川雄大、古田新太、野田洋次郎、加弥乃、野間口徹、仲里依紗、三浦貴大、井上希美、柿澤勇人、小南満佑子、ほか 主題歌 GReeeeN「星影のエール」 あらすじ 日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、 急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、 のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一が誕生する。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、 周りには取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 引用:ドラマ公式サイト 「エール」とは 「エール」は「応援」の意で、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」との思いを込めて企画され、福島出身の主人公を模索する中で福島の偉人であり多くの応援歌を作った作曲家の古関裕而に着目した。 2 19. 1 19. 3 19. 5 18. 5 17. 9 19. 1 20. 1 20. 1 19. 1 20. 1 16. 9 19. 5 19. 5 19. 5 19. 2 19. 7 16. 9 19. 6 20. 6 20. 3 20. 7 20. 4 16. 5 20. 3 20. 6 19. 8 21. 1 21. 2 15. 5 20. 9 20. 1 19. 7 21. 5 21. 0 16. 4 20. 6 21. 3 21. 6 21. 2 21. 3 16. 9 21. 4 22. 1 22. 0 21. 7 21. 8 17. 0 21. 0 21. 1 21. 0 21. 3 21. 3 16. 0 21. 9 20. 9 21. 8 20. 6 21. 0 16. 4 21. 0 21. 0 20. 7 20. 7 21. 6 16. 9 21. 6 20. 6 19. 6 20. 6 20. 0 14. 6 20. 1 20. 1 20. 5 21. 2 20. 視聴率はリアルタイム(関東地区) 平均視聴率は単純平均です。 志村けんの俳優としての魅力とは 窪田正孝の演技力評価は? 歴代朝ドラの視聴率一覧はこちら。

次の

2020年冬・ドラマ視聴率ランキングTOP10

2020 年 ドラマ 視聴 率

19件 2020年ドラマ視聴率ランキング 順位 作品名 平均視聴率 最高視聴率 1位 15. 3 % 19. 1 % 2位 14. 7 % 15. 9 % 3位 13. 3 % 19. 6 % 4位 11. 6 % 15. 4 % 5位 11. 3 % 13. 0 % 6位 10. 6 % 11. 0 % 7位 9. 9 % 10. 7 % 8位 9. 9 % 12. 0 % 9位 9. 5 % 10. 6 % 10位 8. 9 % 11. 3 % 11位 8. 1 % 9. 5 % 12位 7. 4 % 8. 9 % 13位 7. 0 % 8. 4 % 14位 6. 9 % 8. 9 % 15位 6. 7 % 8. 1 % 16位 4. 7 % 5. 3 % 17位 3. 9 % 4. 2 % 18位 3. 7 % 4. 5 % 19位 2. 9 % 3. 壮絶な職場で日々スクープを狙う女記者・真壁ケイトは、自信家ながらも母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで、仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。 そんなある日…シングルマザーとしてケイトを育て上げた母が急死。 母が最期の言葉で告げたのは、今まで一度も話したことのなかったケイトの父の名前だった。 それは誰もが知るあのハリウッドスターの名前! 出生の謎と父の秘密に迫る時、人生最大の「知らなくていいコト」にぶち当たる! 軽妙なタッチでリアルな世界観を描く大石静のオリジナル脚本を、着実にキャリアを積んできた人気女優・吉高由里子が新境地で臨む、お仕事系ヒューマンドラマ! 独占 ビッグコミック増刊号で現在も連載中の「病室で念仏を唱えないでください」(小学館ビッグコミックス・既刊5巻)を原作とした本作は、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(まつもと・しょうえん)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマだ。 松本は、幼少期に目の前でおぼれている幼馴染を救えなかったことから仏門に入り、さらに大切な人の死を前にして命を救いたいという思いから医者を志した。 病院では救命救急医として医療に従事しながら、霊安室での枕経や、終末期の患者の心のケアといった僧侶としての仕事も兼任しているため、法衣のまま救急センターに運びこまれた患者の処置にあたることもあり、時に患者に「自分が亡くなってしまったのでは?」と勘違いさせるなど騒動を起こしてしまうことも。 また、何かにつけて念仏を唱えたり説法をしたりすることで、患者だけではなく同僚からも煙たがられてしまうが、本人は医師としても、僧侶としても明るく真面目に取り組んでいる。 その一方で、美人に気をとられるなどの煩悩たっぷりな一面もあり、周囲の仲間からあきれられることもある。 このドラマでは、救命救急センター内での他の医師とのチームプレーはもちろんのこと、患者を救うため専門分野を持つ医師と手を組む必要があり、その専門医たちとの激しいやりとりも描かれる。 「医師」として命をどう救うのか、「僧」として死をどう看取るのか。 さらに、患者の家族までをも支えようとする松本が、悩みを抱えながらも医師として、僧として、人として成長していく姿を通じ、「生きる」とは、「死ぬ」とは何なのかを、もう一度考えるきっかけを与えるドラマになっている。 腫瘍内科の英訳がメディカル・オンコロジーであることから、本人の名前とかけて院内では「オンコロ先生」と呼ばれている心は、誰に対しても等身大で接する、柔らかで心優しい女性。 家庭では学生時代に知り合った男性・匠(中村俊介)と結婚し、一人息子をもうけ、順風満帆な毎日を送っていた心だが、3カ月前に匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいる。 職場では気丈に振る舞っているが、自身はいまだに現実を受け止め切れていない。 そんな時、関東医科大学付属病院から横浜みなと総合病院に移籍してきた有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)と出会う。 腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして太陽のように明るい性格で心の支えになってくれる同僚として、この年齢になってできた大切な友人となった彼女との出会いは、心にとって公私ともに突然差し始めた一筋の光のように感じさせるものだった。 『アライブ がん専門医のカルテ』は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の心と外科医の薫という最高のタッグを組む2人を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬最も温かい、感動のメディカル・ヒューマンドラマとなる。 観察力が優れている彼女は、現場100回、ならぬ現場ゼロ回で、さまざまな謎を解決するミステリーハンター。 謎解きの舞台となるのは、なんと意外、ランチタイムに行われる合コン! ゆいかは、合コン相手から持ち込まれる「気になる謎」をイケメンそっちのけ! でも美味しいランチはしっかり食べながらデザートが出るまでに「すべての構図が、見えました」と、見事、解決へと導いてしまう! そして、ゆいかと合コンに行くのは、肉食系女子だが、意外とピュアで男運がない女子、恋愛ハンターこと阿久津麗子。 3年前、交通事故で妻に先立たれた山下吾郎(小澤征悦)。 愛する妻・多恵子(本上まなみ)を失った悲しみは大きく、仕事もやめ部屋に引きこもり続けていた。 娘のトモ(福本)はそんな吾郎を心配しつつ、自分が頑張らなければと家事を担当。 祖父のタロスケ(麿赤兒)や吾郎の従弟のトカレフ(塚本高史)とともに笑顔を絶やさず日々を過ごしていた。 「私は多恵子です」 信じられない吾郎とトモ。 だが、タロスケが叫ぶ。

次の

2020年春ドラマ 視聴率一覧表【2020年4月~】視聴率ランキング&グラフ推移

2020 年 ドラマ 視聴 率

2 10. 2 7. 1 7. 9 6. 6 7. 3 6. 1 6. 1 6. 9 6. 9 6. 2 8. 0 8. 6 8. 4 7. 3 6. 7 6. 4 6. 3 5. 0 5. 0 5. 7 5. 9 4. 2 3. 5 2. 5 2. 6 1. 8 1. 7 1. 5 1. 4 1. 6 20. 6 20. 6 11. 5 11. 4 11. 0 9. 0 8. 3 7. 2 7. 4 6. 2 5. 2 5. 8 5. 6 5. 9 7. 3 4. 1 4. 1 2. 1 2. 3 2. 3 1. 1 1. 0 2. 6 1. 4 7. 7 5. 5 1. 6 0. 8 0. 7 6. 2 5. 1 5. 3 3. 6 3. 8 2. 8 3. 2 2. 9 2. 8 2. 2 9. 0 8. 3 7. 1 7. 1 7. 0 7. 9 7. 8 8. 8 7. 7 6.

次の