高校野球 練習試合 2020。 仙台育英、自粛明け初の練習試合で青森山田を圧倒

高校野球2019年練習試合情報6

高校野球 練習試合 2020

今夏の「2020年甲子園高校野球交流試合」(8月10日開幕、甲子園)に出場する仙台育英(宮城)が、新型コロナウイルス感染拡大による自粛明け初の練習試合を行い、青森山田を8-0と圧倒した。 昨秋青森王者のドラフト候補150キロ右腕・小牟田龍宝投手(3年=東北題字に写真)を初回から攻略。 センバツと選手権は中止となったが、日本一に挑んできた強さは健在だ。 鶴岡東(山形)も初対外試合で山形学院に19-4と快勝発進した。 また、東北地区高野連は各県代替大会の優勝校に出場権が与えられる「東北大会」(8月9日開幕、宮城・石巻市民球場)開催を発表した。 初回1死から連打で先制。 「4番遊撃」入江大樹内野手(3年)が小牟田とのドラフト候補対決で、内野ゴロを転がす最低限の役割で2点目を挙げた。 投手陣も最速143キロ左腕・向坂優太郎(3年)が7回から登板し、3回を2安打無四球無失点。 「今日は球数を少なく抑えることがテーマ。 ストライク先行で投げられたことが良かった。 相手を感じながら投げられるので、試合はやっぱり良いですね」。 3投手での完封リレーに充実感を得ていた。 チームはセンバツ、選手権の中止により、5月下旬までは活動を自粛した。 各自が実家で過ごし、オンラインなどを使ってミーティングを重ね、今後に何をすべきかを議論してきた。 向坂は「憧れの舞台だったので残念ですが、自分自身は下級生に何を伝えられるかなども考えながら行動出来た」と心の強さも増した。 先発の尾形史人(3年)、粕谷瑛斗(3年)はセンバツメンバー外だった選手だが、宮城県の代替大会(7月11日開幕)に向けて大きなアピールとなった。 打撃陣も背番号15を付ける予定だった佐々木涼外野手(3年)が初打席で左中間適時二塁打を放つなど2安打1打点で「県でも甲子園でも、子どもたちに憧れられるような全力プレーを見せたい」と意欲。 石川汰一内野手(3年)、平松秀児内野手(3年)ら主力ではなかった選手も打点を挙げるなど、層の厚さも増している。 須江航監督(37)は県大会は3年生で、甲子園交流試合はセンバツメンバーを勝ち取った20人で臨む意向だ。 3年生40人を中心とした好発進に「高みを目指して試行錯誤しているので、良いステップだと思う」と笑顔。 本来はセンバツ、選手権、国体の全国3冠を目標に掲げていたが、宮城、東北、甲子園の3大会制覇を集大成にする。 【鎌田直秀】.

次の

横浜高校野球部

高校野球 練習試合 2020

マウンドに集まった専修大附、ちょっと距離を取って 波多江君が何とか2点をキープして逃げ切るかと思われたが、9回には四球の田中君を一塁に置いて2番安藤君が右翼ポールぎりぎりに柵越えの2ランを放ち土壇場で同点。 試合としては、がぜん盛り上がった。 ここで、は5人目として岩上君が登板して四球は出したが牽制で刺すなどして何とか抑えた。 そしてその裏、一死から6番宮内君が四球で出ると、豊田浩之監督は代走に高畠君を起用。 高畠君はすかさず二塁盗塁を決めると、続く富永君は思い切りよくスイングして右翼頭上を破るサヨナラ打となった。 作戦もズバリ的中で、劇的といえば劇的なラストとなった。 久しぶりの試合。 その初戦をスコア的には何とかいい形で勝てた豊田監督は、「打ったり、投げたりということは、まあ、個々でやってもいたのでこんなもんでしょう。 打線は、振れている選手から起用していきました。 ただ、連係だとか、走塁の判断だとか、そういった細かい野球のスタイルは、実戦で失敗しながら覚えていかなくてはいけないのですが、その実践がなにもありませんでしたから、まさにこれからの短期間で何とか形を作っていくためには、やりながら覚えていくしかない」と分析していた。 そんなこともあって、できるだけ機会を多く与えていこうということで、2試合とも多くの選手を起用していた。 2試合目は、が序盤に二塁打を集中させて得点を重ねていった。 2番弓指君は何と3本の二塁打で5打数3安打と好調ぶりを示していた。 「投手には、不安がある」という岩渕監督の不安通り、投手陣はなかなか抑え切れなかった。 この日は朝方に少し雨も降って、せっかくの初戦が雨で流れてしまっては気の毒だと思っていたが、それ程降らなくてよかった。 のグラウンドは入り口では、体温確認と消毒なども怠りなく準備して、感染拡大防止にも配慮していた。 久々の試合ということで、試合段取りもややもたついたりもするところもあったりして、どちらも3時間近い試合になってしまったが、この日は暑さはそれほどでもなく熱中症の心配はさほどなかった。 選手たちも、野球ができる喜びを全身で感じていたであろう。 そして、何より無事に試合をこなせたことはまずはよかったと言っていいのではないだろうか。 (取材=).

次の

横浜高校野球部

高校野球 練習試合 2020

八戸学院光星(青森)が今年初の対外試合で昨秋県ベスト4の八戸工大一を10-0と圧倒した。 昨秋はバッテリーを含む主力の負傷離脱もあって、屈辱の初戦コールド負け。 腰の疲労骨折から復帰した「4番右翼」大橋匠吾外野手(3年)が特大の左越え3ランを放てば、右手薬指骨折だったエース右腕・森木光汰朗(3年)も8奪三振で2安打完封と、本来の力強さを示して再発進した。 試合に飢えた心と体を、約8カ月ぶりの試合用ユニホームを着てグラウンドで披露。 2-0で迎えた4回に森下和貴外野手(3年)の高校初本塁打を号砲に、5回には大橋も特大3ランを放ってムードも最高潮となった。 昨秋は応援団長を務めた大橋は、高校通算13号に「ライナーだったけれど芯で捉えたので打った瞬間にいったと思った。 近いけどバスに乗って初遠征出来てうれしい。 10点取れたので最高のスタートが切れました」。 森下も「紅白戦だと対戦が知っている顔ばかり。 相手がいると楽しいですね」と笑顔を見せた。 昨秋の県大会前には、同春センバツにベンチ入りした主将の中沢英明捕手(3年)らケガ人が続出した。 東奥義塾との初戦で3-10のコールド負け。 例年以上に厳しい冬練習を課し、成果を試す直前に新型コロナウイルスが青森も襲った。 甲子園中止決定の20日は寮の大浴場に3年生21人全員で入り、裸で号泣しあって懸命に気持ちを整理した。 エース森木も最速を130キロ台後半から、ひと冬越して143キロまで成長した。 6回1死まで無安打と好投。 「気迫で投げ込む外角直球を磨いてきた。 練習試合を迎えられたことに感謝したいし、しっかり守ってくれたバックにも感謝です」。 青森県高野連は代替開催に向けて、前向きに検討を重ねている。 秋の分まで、青森で一番長く仲間とのプレーを満喫してみせる。 【鎌田直秀】.

次の