寝る と 胸 が 苦しい。 夜に心臓がドキドキ!痛い、苦しい、違和感はなに?

息が苦しい:医師が気にする危ない症状|症状辞典

寝る と 胸 が 苦しい

01 急に心臓が「ドキン」、「バクバク」として,一瞬であったが胸騒ぎを感じた。 (それが時間をおいて、何回も繰り返した。 以下同じ) 02 自分の手首の脈が一つ飛んだ。 または脈が一回抜けたように感じた。 03 胸の中で「ウッ」とつまずいたような、転んだような感じがした。 04 突然,胸が「クッ」と詰まるように感じた。 05 急に一瞬,心臓が動きを一回休み(または心臓が空回りしているように感じた),同時に胸が圧迫されるような感じがした。 06 胸が一瞬だけ,締めつけられるように痛かった。 少し息苦しかったかも。 の可能性 07 突然,胸が2、3秒ドキドキして不安を感じた。 すぐに治まった。 止まった後は全くなんともない。 の可能性 または の可能性 08 突然,胸がドキドキしてきたと思ったら、しばらく続き嫌な気分だった。 09 突然,胸がドキドキし始めて,顔色が悪くなり,ふらふらして立っているのがつらい。 その場にしゃがみ込んだ。 10 突然ドキドキが起こり、それが続く時には不思議と尿意をもよおし,何度もトイレに行き,その都度たくさんの尿が出た。 何かの弾みにそのドキドキが治まり楽になった。 しかし治った後もしばらくは体調が悪かった。 の可能性 11 急に心臓がドキドキし始め,胸が締めつけられるように苦しくなった。 めまいもして息苦しく,死ぬのではないかと感じた。 時間がたつと症状は軽くなっていった。 ドキドキは突然ピタリとやむこともあれば,そのうち気にならなくなることもあった。 治った後は何となく変だが、ほぼ普通に戻った。 なっている時間は数分から長い時は数時間も続く。 夜中に起こることが多いような気がする。 12 突然、胸がドキドキして息苦しくハーハーしてきたと思ったら、意識を失ってしまった。 意識がなかったのは1分以内だと思うが目が覚めた時には体はぐったり疲れていた。 の可能性 少ないが の可能性 13 突然スーッと気が遠くなったが意識は失わなかった。 一瞬だけで、いったい何だったんだろうと思う。 14 突然(胸に変な感じがして)、体が引き込まれる感じで短時間だが意識を失った。 しかし、それだけで体調は元気で何ともない。 そういえば最近動くと疲れやすくなったし、息切れもするようになったかも知れない。 15 突然(胸の圧迫感などがあり)、「あれ、何か変だな」と思った直後に目の前が暗くなり気を失ってしまった。 目が覚めた時、体はひどく不調だった。 の可能性 少ないがの可能性 非常に稀だがの可能性 16 眠って深夜から明け方近くにかけて突然胸が痛く圧迫されて苦しくなり目が覚めた。 この時には不思議に奥歯がうずいた。 数分から30分くらいで治る。 その後にまた眠れるが,眠っている時に多い様な気がする。 疲れたり、ストレスがあったり、酒を多く飲んだ夜中に多いかもしれない。 17 急に走ったりした時,坂道を上る時,階段を昇る時、運動をしている時など,体に負担をかけた時に、胸が圧迫されるような,押されるようになることがある。 立ち止まって1分~5分もすると消えてしまう。 寒い季節に多いように思うが、そうでない時にも起きる。 18 緊張したり,不安があったり、イライラしたり,怒ったり,興奮したりすると,胸が焼けるような,締めつけられるような,落ち着かないような,上手く表現できないがかなり気分の悪い嫌な体調となる。 しばらくすると消えてしまう。 19 高速道路の運転中や性行為の最中に限って、胸がドキドキしたり息苦しくなることがある。 軽い胸の圧迫感もある。 しばらくで完全に治る。 の可能性 または の可能性 20 胃の辺りから変な感じが起こって、だんだんに上の方に変な感じが移動していく。 胸からさらに首に及び、首を締め付けられるようになる。 さらに上にあがって、顎や耳にまで痛みや締め付け感が及ぶこともある。 その時、同時に左腕が奇妙にだるいような痛いようになってくる。 21 床から起きて洗面するとき、胸が締めつけられるような,心臓をギューとわしづかみされるような圧迫感がおこる。 しばらく静かにしていると数分以内で治る。 22 自宅で、突然何とも言えない嫌な感じに襲われた。 胸がというわけでなく、全身がだるいような苦しいような何とも表現できない感じで、いてもたってもいられない、身の置き所がないようなと言う表現に一番近い感じになる。 しばらくしたら治ってしまうが、とても嫌な体験でもうなって欲しくない。 特別な条件や誘因はないが、夜中の睡眠中に起こることが多いように思う。 23 300mぐらい歩くと,胸が変な感じの不快感に襲われる。 同時に下顎から喉(ノド)にかけて詰まるような,絞めつけられるような変な感じと奥歯が疼く感じもある。 違和感は胸から耳までの範囲にある。 休むと治ってしまう。 24 食事の後に,みぞおちあたりに軽い吐き気を伴った胸やけのような違和感がでるが数分で消えてしまう。 胃の調子が悪いのではないかと胃の検査をしたが,軽い胃炎があると言われた。 胃薬を飲んだが良くならない。 25 ある日,突然,胸が強く圧迫されるように感じた。 何か重いものをズシリと胸の上に載せられたようでもあった。 こんな症状は生まれて始めてだった。 顔や額だけでなく全身にびっしょりと汗をかいた。 少し吐き気を催したけれど,吐かなかった。 顔色が悪いと言われた。 胸がドキドキするのを強く感じた。 息が苦しいのと体のだるさで横になって休んでいたが30分経ってもなかなか良くならなかった。 苦しくて,身動きもできず,汗をびっしょりかきながら,じっとしていた。 一番苦しかった時は,これで自分は死ぬのかと思った。 その日は自宅に帰った。 翌日にはだいぶ楽になってきたが,まだまだ本調子ではなかった。 食欲もなかった。 しかし軽い日常的なことは何とか頑張ってこなした。 四,五日してやっと回復してきたように思えた。 今でも以前と比べれば体の調子は十分ではなく,あのとき以来体力はかなり落ちたと感じる。 の可能性 26 以前から血圧がかなり高いといわれていたが治療はしなかった。 道路を歩いている時に突然激しい痛みが胸から背中にかけて現われた。 棒で思いきり殴られたような激痛で,その場にしゃがみ込んでじっとしていた。 汗がドッとでた。 背中の痛みがおこった瞬間が一番強かったが,時間が経つにつれて痛みは少し弱まった。 気のせいか背中の痛みは下の方に移動していったように思う。 27 4,5日前に風邪をひいて熱がでた。 のどの痛みと軽い咳はあるが,タンはなかった。 昨日の夜から胸が痛くなった。 深く息を吸うと痛みは強くなり,座って前にかがむと楽になる。 咳をするたびに痛む。 前かがみになって小さく息を吸っていると痛みが一番楽になる。 今日になってもまだ痛く,だんだん痛みが強くなっている。 呼吸も少し苦しい。 の可能性 <よくあるシーン> 28 いつもの坂道や階段を上るとき疲れやすくなった。 ドキドキしたり息切れするわけではないが,これまでの速さで上ることが出来なくなった。 29 電車に間に合わなくなりそうで急いで走ったり,いつもの階段を普通の速さで昇る時に,以前よりも心臓のドキドキが激しく,またハァハァと強く息が切れるようになった。 運動不足や年のせいではないかと思うが,同年の人と較べても最近自分だけが体力的に急に衰えたように思う。 の可能性 または の可能性 30 毎日の布団のあげおろし,拭き掃除,荷物運び,買い物の帰り道などで動悸と息切れがする。 できればしたくないので、家事はいい加減になるし、ついつい横になってブラブラすることが多くなった。 前はこんなことがなかったので,最近は体力が落ちて疲れているのかなと思う。 31 一年前まで平気でやってきた力仕事や作業が最近は負担になってきた。 夕方から夜には両足のすねに靴下のゴムの痕がはっきり付くようになった。 32 体がだるく,すぐ疲れる。 速く歩けない。 階段や坂道ではドキドキして息が切れ,途中で休まないと登り切れなくなった。 風邪をひいているわけでもないのに,よく咳やタンがでる。 両足がはれぼったく,首の青筋も腫れているように見える。 33 ここ二週間ほど熱はないがずっと咳がつづいている。 声もかすれて白い痰も時々でる。 すぐに疲れるし,食欲もあまり無い。 夜中に息苦しくなって目が覚めることが時々あるが,起きあがって背中を何かに寄り掛かっていると楽になる。 風邪ではないのでおかしいと思うが,長く続く。 34 最近は食欲がなく、軽い吐き気と右の肋骨の下の脇腹に鈍い痛みがあった。 靴下を脱ぐ時にかなりの足のむくみがある。 体重はここしばらくで相当に増えた。 ある日の夜中に息苦しくなって目が覚めた。 上半身起きあがって布団の上で前かがみになると楽になった。 窓を開け放って空気をいっぱいに吸い込みたいような気分だった。 息苦しくてなかなか眠れず,布団に前かがみのままウトウトしながら朝まで過ごした。 35 最近は何をしてもだるくて仕方がない。 仕事で休めず無理をしているが,こんなことを続けていたら死んでしまうかもと思う。 咳がでる。 息をすると胸の中でヒューッと音を立てるのが聞こえる。 夜は仰向けになって大の字に寝ることが出来ず,左を下にして横になって寝るか,起きあがってなければ苦しい。 顔色が悪い、元気がない、病院に行った方がいいといわれる。 の可能性 36 一週間前から熱がでて,のどが痛く,咳もあり少し風邪ぎみだったが,大した程ではなかった。 今朝からは,これまでに無く呼吸がひどく苦しくなってきた。 咳も強くなり,痰もでるようになった。 食欲は低下してきているし,動くと心臓がドキドキしてすぐに疲れる。 風邪がこじれているのかと思う。 37 以前から心臓が悪いといわれていたが,何も症状がないので長い間放っておいた。 一ヶ月以上前だが,虫歯がひどくて歯科で治療してから(または、ひどくなった虫歯を直さずに放置してかなりたった),熱がでてなかなか治らない。 咳はでないし,お腹も痛いところはない。 しかし何となく体が重く,食欲はなく,体調が悪い。 近くの病院で風邪薬をもらって飲んだが,ちっともよくならない。 の可能性.

次の

うつ伏せで寝ると胸が潰れるってホント!?寝ながら美乳を叶える方法とは

寝る と 胸 が 苦しい

息の苦しさで注意が必要な場合とは、じっとしているのに息苦しい、時間が経っても苦しさが取れないなどが挙げられます。 息が苦しいし、痰や咳が出ていて熱も高い• じっとしていても息が苦しく、歩くのも面倒• 我慢できないほどではないけど、なんだか息が苦しくて疲れやすい こういった場面で考えられる病気や受診のポイントとはどのようなことでしょうか。 何らかの病気による息苦しさ 階段を駆け上がったなど、運動による息苦しさではない場合、その原因は何らかの病気の症状である可能性があります。 息苦しさを引き起こす代表的な病気には、以下のようなものが挙げられます。 急に起こる息苦しさ 急に起こる息苦しさは、早めの受診や治療が必要なことが多いため注意が必要です。 肺炎・気管支炎 ・はその名の通り、肺もしくは気管支に炎症が起こる病気です。 症状としては発熱や全身のだるさ、関節の痛み、咳や痰、胸の痛みなどが多くみられます。 気胸 とは、肺に小さな穴が開くことなどで肺が膨らみにくくなり呼吸が苦しくなる病気です。 息苦しさを強く感じることが多いほか、咳などの症状も多いといわれています。 比較的若い痩せ型で高身長の男性によく起こるほか、タバコを吸っている方に起こりやすい病気です。 もし心当たりがあれば早期の治療が必要なので、早めに病院の受診を検討しましょう。 アナフィラキシーショック とは、特定の成分に対して体の抗体が異常に反応してしまうことで、さまざまな症状が出る症状の一種です。 そのため、虫に刺された、初めての食材を食べた、元々さまざまなものにを持っている方などが突然息苦しさを感じた場合には可能性のひとつとして考えられます。 息苦しさのほかに嘔吐や顔が赤く腫れるなどが代表的な症状で、このような症状があった場合には迅速な治療が必要となります。 気管支喘息発作 は慢性的な気道の炎症が起こる病気ですが、これがほこりやペット、疲労やストレスなどが引き金となって炎症が急激に悪化し発作が起こると息苦しさを強く感じることがあります。 元々を持っている方にこのような症状が現れた場合は早めの受診を検討しましょう。 パニック発作・過換気症候群 パニック発作・とは、ストレスや緊張・不安などによって必要以上に呼吸を繰り返してしまう病気です。 症状による苦しさから強い恐怖を感じ、パニック状態になってしまうこともあります。 狭心症・心筋梗塞 ・とは、心臓を動かすために必要な酸素や栄養を送っている血管の一部が狭くなったり、詰まってしまう病気です。 突然締め付けられるような胸の痛みや冷や汗が代表的な症状で、場合によっては肩や背中が痛むように感じる場合もあります。 もしこのような症状がある場合にはすぐに病院の受診を検討しましょう。 急性心不全 などにより急に心臓の機能が低下し、肺がむくむことにより息が苦しくなります。 また、元々といわれていた方が風邪などきっかけに急に悪化する場合もあります。 息が苦しくなるほか、胸の痛み、ショック症状などを伴うことがあります。 の人や入院中ベッドで寝たきりになっている人、高齢の人にみられる病気です。 長く続く息苦しさ 急な息苦しさを引き起こす病気のほかに、長く続く息苦しさを引き起こす病気もあります。 貧血 とは、血液が何らかの原因で酸素を運びにくくなってしまっていることで全身の酸素が不足してしまう病気です。 が改善しない限り酸素が不足している状態が続くため、息苦しさを感じやすい状態が続くと考えられます。 またそのほかにも、酸素不足による疲れやすさや立ちくらみ、動悸といった症状も現れます。 特に心臓の大切な役割である血液を全身に送るというポンプ機能が低下してしまうため、全身が酸素不足の状態となって息苦しさを感じるほか、咳や痰、体のむくみや脈拍が速くなるといった症状も起こります。 慢性閉塞性肺疾患 とは、肺の機能そのものが低下し肺が膨らみにくくなり空気の通り道が狭くなる病気です。 タバコを長年吸っている人に多い病気で、息苦しさのほかにも咳、痰などさまざまな呼吸にまつわる症状を引き起こします。 受診の目安とポイント 急に息苦しさを感じる場合は、比較的早期の受診が必要なものが多いと考えられます。 受診する際にはいつから息苦しさが出ているのか、症状が出たきっかけは何か、また息苦しさのほかに症状はあるかなどを医師へ伝えることが大切です。 なかには、放置する期間が長ければ長いほど症状はより深刻になっていく病気もあります。 そのため、たとえ息苦しさの程度が軽いとしても症状が長く続く場合には、原因を調べるために医療機関への受診を検討しましょう。 また、以前ならできていた運動が息苦しさのためできなくなっている場合にも、早めの受診を検討しましょう。 また、長期にわたって息苦しさが続いている際に考えられる病気は多岐にわたります。 原因を調べるためにまずは近くの内科への受診を検討しましょう。 受診する際にはいつから息苦しさがあり、ほかに症状があるか、またどういった場面で症状が強く出るかなどを伝えるとスムーズです。

次の

胸が圧迫されて苦しい時!胸の真ん中が苦しい場合は?

寝る と 胸 が 苦しい

胸が苦しい、という症状は命の危険がある病気ではないかなどの不安を感じやすい症状であるといえるでしょう。 階段を上るなどの動作で苦しさがひどくなる。 以前なら楽に駆け上がっていたのに…• 眠ろうとすると苦しくて横になっていられない• 旅行で長時間乗り物に乗っていた後、立ち上がると急に息苦しくなった。 こういった場合、原因として考えられることにはどのようなものがあるのでしょうか。 胸が苦しい場合に考えられる病気 胸が苦しい、息苦しいという病状は、心臓や肺のさまざまな問題によって起こることがあります。 ここではそのうち緊急性が高いものや代表的なものを中心に取り上げます。 苦しさに加え、冷や汗が出るような痛みや意識が遠のく感じがある場合は、速やかに救急病院を受診してください。 心臓や血管の病気 胸の苦しさの原因となる、心臓や血管の病気には主に以下のようなものがあります。 狭心症・心筋梗塞・大動脈解離 心臓の筋肉に栄養や酸素を送る血管が狭くなるのが、血管が詰まってしまうととなります。 やでは強い胸の痛みがある場合が多いですが、痛みが軽い場合や息苦しさのみ感じる場合もあります。 痛みの部位も左胸ではなく、左肩やみぞおち、首や歯が痛いと感じる場合もあります。 また、人間の体の中でもっとも太く大事な血管である大動脈の壁は3層構造になっているのですが、層の間で裂けてしまうのが大動脈解離です。 突然の背中や胸の激痛として感じる場合がほとんどです。 上記の病気はどれも急を要する病気ですので、胸の苦しさに加えて強い胸の痛みがあるような場合には早急に医療機関を受診しましょう。

次の