スクルド アンド カンパニー。 会社概要|スクルドアンドカンパニー

スクルドアンドカンパニーの特徴や口コミ評判をチェック

スクルド アンド カンパニー

skuld-fc. そこでの開園・運営の確かな実績やノウハウを元に、保育園フランチャイズや開園コンサルティングを日本全国で展開しています。 スクルドアンドカンパニーが提案する経営戦略 スクルドアンドカンパニーが提案する保育園の特徴は「多彩で質の高い各種教育プログラムを導入」する事による、徹底した他保育園との差別化戦略にあるといえます。 専門講師による「モンテッソーリ教育」をはじめ、「幼児英会話」「リトミック」「幼児体育」など園児はもとより、保護者様からも支持を得られている秘訣です。 また、園児募集の成否は立上期の保育園経営に大きく影響を与えるため、開園前に集中的に園児獲得の方策を施すことで、開園直後から多くの園児を集める事が出来るため、短期間で資金回収をすることが可能となっています。 オーナーへの万全なサポート体制 スクルドアンドカンパニーでは、開園前の徹底した市場調査やオーナー研修をはじめ、保育士採用面接、保育士研修を含め、開園に必要な全てのサポートを、専任のコンサルタントがオーナーをサポートしています。 自治体による各種認可取得のノウハウあり 保育園には各自治体の基準を満たした施設運営者に、内装工事費や運営費を補助金で賄う認可保育所、小規模認可保育園等の制度があります。 小規模認可保育園に関して言えば、認可されれば、内装工事費の約75%、年間運営費については平均3,500万円から4,000万円前後の補助金を受けられます。 自社で40園以上の認可保育所・小規模認可保育園を運営するため、補助金申請するための「公募・プロポーザル」をクリアするノウハウ・実績も豊富です。 FC・コンサル詳細DATA 価格 FC加盟 認可外プラン(25坪~35坪を想定の場合) 合計 12,630,000円(税別) 内訳• 広告宣伝費:450,000円• HP製作費:180,000円• 内装工事費:6,200,000円• 物件取得費:1,100,000円• 備品・消耗品費:1,800,000円• FC加盟金:2,900,000円 収支例 月額70~80万程度(25坪~30坪・園児35名の場合) 実績 直営保育園の数• 認可保育園:12園• 小規模認可保育園:23園• その他自治体認定保育園・マンション内保育園:1園 運営代行• 企業内・病院内保育園:10園 オーナーの声• スクルドアンドカンパニーの代表取締役さんとお話ししたとき、事業のメリットだけでなくリスク・労力に関する部分もしっかり説明していただけました。 その内容に信頼性をおぼえ、FC契約をいたしました。 保育事業は全くの未経験でしたが、キメ細やかな内容の研修マニュアルやオーナー研修のおかげで、保育園経営に関するノウハウを習得することができました。 最初は不安もありましたが、スクルドさんのフランチャイズに加盟をさせて頂き、小規模認可保育園の認可を受ける事が出来ました。 保育園の経営は全くの未経験でしたので、認可を頂いた時は正直信じられませんでした。 おかけ様で経営もとても安定し、安心して保育園の経営に専念させて頂いております。 既に2園目の開園を目指して追加でフランチャイズ契約をさせて頂きました。 全くの未経験で認可外保育園からスクルドさんのフランチャイズに加盟させて頂きました。 担当して頂いたコンサルタントの方もとても親切で、現在8園のスクルドエンジェル保育園を運営させて頂いております。 そしてその全てが小規模認可保育園に認可させて頂きとても感謝しております。 とても頼りになる会社だと思います。 その他事業 事業所内保育園 スクルドアンドカンパニーでは、企業内保育所・病院内保育所の設置並びに受託運営事業も行っています。 対応エリアは日本全国で大手上場企業様から国立病院様の事業所内・病院内保育所も受託しています。 そういった母親の大きな悩みとなっているのが、子どもを預ける保育園がないという点です。 医師や看護師などのように仕事が遅くなる、深夜までかかるようになれば、当然保育園に預けることは難しくなります。 シングルマザーの方は保育園に入れる人もいますが、もしも保育園に入れなければ、仕事を退職せざるを得なくなります。 これは母親達にとって大きな問題であるとともに、有能な人材を失ってしまう企業側にとっても大きな問題です。 そういった問題を解決するために、事業所内保育園の設置を検討している病院や企業が多くなっています。 とはいうものの、保育園は全く別のジャンルですから、ノウハウもわからないことでしょう。 スクルドアンドカンパニーではそういった事業所内保育園の開園サポートをしてくれます。 事業所内保育園設置のメリット 事務所内保育園を設置することは、ワーキングマザーだけでなく企業側にも大きなメリットがあります。 子供がそばにいるので安心• 送り迎えの時間を取られない• 有能な女性医師・看護師、社員を手放すことがなくなる• 不足している女性医師・看護師の確保と定着• 子供を心配せず仕事に打ち込めるので仕事の能率がアップ• 受託受診料:525,000円 事業計画の立案、保育園のレイアウト・デザイン、保育士の確保・研修、各種助成金取得サポート、各種申請手続きのサポートなど• 保育備品料:約800,000円• 受託費用:月額1,250,000円 定員、施設規模、職員数によって受託費用は変わることがあります。 開設契約料:1,250,000円 事業計画の立案、保育園のレイアウト・デザイン、保育士の確保・研修、各種助成金取得サポート、各種申請手続きのサポートなど• 保育備品料:約800,000円 助成金を利用して最小限のコストで事業所内保育園を設置 事業所内保育園設立に関しては、助成金を出してくれる自治体もあります。 助成金の適用になれば最小限のコストで事業所内保育園を設置・運営出来ます。 これを知らずに事業所内保育園を設置してしまうと、構造や設備、定員などによって適用にならないケースもありますので自治体に確認が必要です。 スクルドアンドカンパニーではそういった 助成金に対しても知識・実績があるので安心して相談できます。 スクルドアンドカンパニーの会社情報 会社名 株式会社スクルドアンドカンパニー 所在地 【 本社 】 東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング新館9F 【東京オフィス】 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20F 【札幌オフィス】 北海道札幌市豊平区 月寒西5条10丁目2-62 【宇都宮オフィス】 栃木県宇都宮市東宿郷3丁目1番9号 あかねビル8F 【新潟オフィス】 新潟県新潟市中央区上大川前通 7番町1230-7 ストークビル鏡橋7階 【富山オフィス】 富山県富山市桜町1-7-17 ラ・トゥール9F 【名古屋支局】 愛知県名古屋市中川区 太平通4丁目8番 2F 【大阪オフィス】 大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービル9F 受付時間 9:00~18:00.

次の

株式会社スクルドアンドカンパニー(78275)の転職・求人情報|【エンジャパン】のエン転職

スクルド アンド カンパニー

保育園の経営によってどの程度の収入が得られるのか 保育園経営では、認可と無認可で補助金に違いがあります。 補助金が収入源となる認可保育園 保育園の主な収入は、保育料と補助金です。 国から許可を得て運営している認可保育園は子どもの年齢・受け入れ人数に応じて補助金を得ることができます。 自治体によって額は異なりますが、預かる子どもが幼いほど必要な保育サービスが多いため、補助金は認可外と比べて高額に。 そのため、比較的稼ぎやすい保育園だと言えます。 小規模認可保育園という選択も! 平成27年から始まった子育て支援制度により、現在では6~19名の園児を預かる保育園でも認可を受けられます。 預かり数が少なくとも「認可保育園」ということで補助金を受けられるため、無認可保育園よりも収入が多くなるケースが多々あります。 また小規模保育園のメリットと挙げられるのが、初期費用が少ないこと。 施設ごとに差はありますが、50~60名の認可保育園であれば初期費用は2億ほど必要に。 しかし少人数を預かる小規模認可保育園は、3,000万円ほどに留まります。 保育園のフランチャイズでは、小規模認可保育園の認証取得に関するノウハウを持っているところも少なくありません。 初期費用のコストや「認可保育園」であることにこだわりを持つ場合であれば、そういった認証取得に強いフランチャイズでオーナーを目指すのもおすすめです。 保育園経営で稼ぐのにおすすめなフランチャイズ3選 スクルドアンドカンパニー 全国に40園以上、認可保育園や小規模認可保育園を経営しているスクルドアンドカンパニー。 事業計画の立案から開園後の運営まで、継続的な保育園経営を何度も積み重ねて得たノウハウで、オーナーの保育園開園を徹底サポートしてくれます。 特に取得難易度の高い認可保育園の立ち上げについては、FC本部チームが申請書類の作成から行政とのやりとりの予行練習まで包括的に実行。 質の高い教育プログラムの採用や、忙しい保護者の負担を減らす取り組みの導入などで、他社との差別化を図っています。 効率的な保育士の採用と研修の実施、園児獲得の告知戦略など、独自のノウハウを駆使して保育園経営を短期間で成功に導いてくれます。 スクルドアンドカンパニーのコンサルタント詳細 開園後のサポート• 開園後のオーナー研修の実施で安定した保育園経営を担保• 専任のスーパーバイザーが保育園経営後に生ずる問題を強力にサポート ちびっこランド 全国規模で保育園のフランチャイズ事業を行っている、株式会社学栄。 独自に積み上げてきたブランド力で、教育産業におけるネットワークを次々に開拓しています。 保育園の開園数は、全国でトップクラスという実績を持ち、研修制度や園長会議などのサポートも充実。 開園前の園長研修では、経営学をはじめ、保育士の教育と雇用、保護者への対応の仕方、実技研修、保育研修まで、保育園経営に欠かせない園長の実務を習得できます。 園児や保育士募集については、テンプレートを使用した広告の作成で、スピーディーに企画を実施。 定期的な訪問サポートなどのアフターフォローも整っています。 ちびっこランドのコンサルタント詳細 開園後のサポート• 勉強会や研修で信頼関係を深めると共に、保育園経営全般について指導を実施• 保育士研修制度を導入しており、乳幼児教育について専門的な知識を習得できる ピノキオ幼児舎 東京を中心に、直営の認可保育園や保育施設の経営、フランチャイズ事業を展開する、株式会社ピノーコーポレーション。 待機児童の問題や、認可外保育園でのトラブルなど、保育園経営において多発する問題に対し、直営保育園の経営で得たノウハウを活かした支援を行っています。 安定して質の良い保育を提供するために、コンプライアンスを徹底し、経営の基盤づくりに注力。 保育園の建設における物件選定から、設計指導、業者紹介まで、初めての保育園経営を強力にバックアップしてくれます。 年に3回行われる施設長・園長会議では、子育て支援や園の地域交流などが行われています。 ピノキオ幼児舎のコンサルタント詳細 開園後のサポート• 各園に合わせた施設長・園長会議の実施で運営をサポート• 園で開催するイベントの実行ノウハウの提供 独自のカリキュラムで園児獲得を目指す認可外保育園 認可外に関しては自治体からの補助金が少なく、収入源は保育料だけになります。 そのため収入の要となるのが、保育料です。 認可保育園と比べて園児の受け入れ人数を融通できるぶん、園児を増やすために独自の工夫を凝らす保育園が多くあります。 人気のある無認可保育園の特徴は、他とは違うカリキュラムで園児たちの成長を後押ししていること。 なかには独自のカリキュラムが評価されて、数百人単位のキャンセル待ちが発生している無認可保育園もあります。 認可外保育園の難しさとは 認可に比べると保育料の負担が重い認可外の多くは、現状、認可に預けることができなかった家庭が、とにかく預けることができる場所という理由で預けている場合も多いです。 そのため、認可に入れたら認可にすぐ転園という方も多いので、いきなり園児が一気に転園というような最悪な事態が起こることもありえるのが認可外になります。 認可外で集客をあげるためには高い保育料を支払ってでもこの保育園に通わせたいという魅力ある特色がある必要があります。 しかし、その魅力を作るには経費もかかってくるので、なかなか個人で新規参入して集客をして、収益を上げる保育園を経営するのは難しいといわれているのです。 エリアごとの保育ニーズや最新情報をもとに安定経営を進めるには、保育園経営のプロからアドバイスを受けるのが最適でしょう。 フランチャイズの保育園であれば、開園だけでなく定期的に経営サポートも受けられます。 保育園経営のノウハウを活かすことで、認可外であっても、そのエリアになくてはならない保育園を作り上げることができるでしょう。 認可外で利益を上げるなら企業主導型保育園 個人での新規参入は集客が難しい保育園経営ですが、今後新規参入を考えるのであれば、企業主導型もおすすめです。 企業が社員の福利厚生として出資することで認可外と同程度の補助金を得ることができるので、認可外よりも経営しやすい傾向です。 そして、出資をしてくれている企業の社員のお子様が園児として入園するので集客の苦労も減ります。 1つの選択肢として企業主導型保育園というのも加えてみるのも良いのではないでしょうか?.

次の

開業コンサルティング|スクルドアンドカンパニー

スクルド アンド カンパニー

保育所経営とは 保育所経営は社会的に意義のある事業です。 近年、 女性の社会進出に伴い、全国的に待機児童が増えています。 待機児童とは、認可保育所の入園待ちの児童のことをいい、現在、社会問題となっています現象です。 その背景には、共働きの増加と核家族化の進行があります。 子どもを産み、育児と両立させるには、 保育所はもはや不可欠なものとなり、民間の保育所の必要性が年々高まってきています。 また、国や自治体の財政難は、保育所の民営化を意味し、今後、 有望な市場へと成長が予想されます。 現在のところ保育所の需給実態は質・量ともに保育ニーズを満たしているとはいえず、 これから 保育所経営を目指す方には、絶好のチャンスが到来したわけです。 この新制度の中でも特に保育園事業者や、これから保育事業に参入を検討されている方に最も注目されているのが市区町村による認可事業である「小規模保育」になります。 「小規模保育」が注目される理由は、やはりなんと言っても、「市区町村による給付金」を受けられることによる経営の安定化をはじめ、認可事業ならではの経営メリットが数多くあります。 特に・・・自治体にもよりますが、 平均年間3,500万前後の給付金が得られるのです。 施設整備に関する補助金• 施設開設までの家賃補助• 各金融機関による融資・資金調達のハードルが下がる• 認可園と同様、役所(保育課等)が園児募集窓口となるため園独自での園児募集(営業)の必要がない(園児が集まらない等の苦労が無い)• 保護者の利用料(保育料)負担が認可保育所とほぼ同じ水準であるため利用希望者が格段に増加する• 開園と同時に園の定員(19名)を満たすことも決して不可能ではない• 認可保育所や幼稚園等の連携施設からサポートを受けることが出来る• 自治体の認可事業であるための社会的信用度と経営の安定性 など、これまでの認証・認定システムと比較しても如何に経営的なメリットが多いかお分かりになるかと思います。 しかし、財源の殆どは税金を投入する市区町村の認可事業である以上、誰でも簡単に小規模認可園を開設出来るわけではありません。 そこには、自治体から選定されるための 「公募・プロポーザル」をクリアするノウハウが必要となります。 弊社では、直営での複数の認可保育園の運営はもとより、この 「小規模認可保育園」も2015年4月1日現在、既に日本全国で9施設の開園実績(FC園を含むと12園)がございます。 この実績をもとに、弊社では新たに「小規模保育事業」採択サポートを従来の認証・認定取得サポートとは別に、新サービスとして開始致します。 各自治体により、給付金の額や、公募・プロポーザル内容が異なりますので、当該サポートにご興味をお持ちの方はには、個別での戦略立案や、サポートをご提案させて頂きますので、直接お問い合わせを頂ければ幸いです。 申請をご希望の方の属性により、プロポーザルの戦略プランは全てその方独自のオーダーメイドとなりますので、サポート金額もその都度お見積りをさせて頂きます。 ぜひ、この大きなチャンスに、あなたも「小規模保育事業」にチャレンジされては如何でしょうか?.

次の