オール スパイス 使い方。 オールスパイスの効能と特徴。使い方や代用品など

オールスパイスの選び方や使うコツも紹介!スイーツにも使える!

オール スパイス 使い方

【目次】 ・ ・ ・ オールインワン化粧品の基本とは? オールインワン化粧品は、全て同じような成分が入っているとは限りません。 商品によって、保湿力などは大きく異なるので、選ぶ際には、どのような特徴やメリットがあるのかを確認しておきましょう。 特徴やメリットをつかむ オールインワン化粧品は、化粧水や乳液、美容液やパックなどの機能を一つにまとめているのが特徴のスキンケアアイテムです。 スキンケアは、一般的に化粧水をつけてから乳液やクリームのように数種類のアイテムを使うことが多いですが、オールインワン化粧品ならこれらを一度にまとめられ、スキンケア時間の短縮につながるでしょう。 正しい使い方を学んで美肌に 面倒なスキンケアを一度で済ませられるオールインワン化粧品ですが、実際に使っている人に聞いてみると「保湿力が足りない」、逆に「ベタつきを感じる」や「満足できる使用感ではない」という声も。 そのようなときは、正しい使い方を覚えておくと満足できる使用感を感じられ、さらに手軽にスキンケアができます。 どうしても保湿力が足らないと感じる場合は、導入液を最初に使うと浸透しやすくなります。 また、オールインワン化粧品をただ塗るのではなく、顔の内側から外へ向かってマッサージするようになじませ、仕上げにハンドプレスを行うのもおすすめです。 オールインワン化粧品の上手な選び方 上記のように、オールインワン化粧品にはさまざまな種類があります。 自分に合ったオールインワン化粧品を選ぶためのポイントを見ていきましょう。 配合成分を確認しよう オールインワン化粧品は、商品によって配合成分が異なります。 美白効果が期待されるビタミンCや、保湿力を高めると言われているセラミドやヒアルロン酸、アンチエイジング対策ならコエンザイムQ10など、目的によって配合成分を確認しておくと良いでしょう。 たとえ同じメーカーで出しているオールインワン化粧品でも、保湿を目指すか美白を目指すかによって、成分は違ってきます。 購入前には何を期待したいかによって成分をチェックしてみましょう。 生活リズムに合った商品を オールインワン化粧品は、基本的にどんなタイミングでも使用できるものですが、中にはUVカットが含まれた「朝用」や眠っている間に美容成分が浸透しやすい「夜用」と分かれているタイプもあります。 朝用は、ベタつきにくくすぐにメイクをしやすい、化粧下地成分が入っているものもありますので、朝が忙しい人にぴったりです。 生活リズムに合わせて、朝・夜と別のオールインワン化粧品を使い分けてみましょう。 おすすめのオールインワン化粧品を紹介 一つだけでスキンケアを完了させ、しっかり保湿してくれる高機能な人気のオールインワン化粧品として、以下の3種類を紹介します。 美肌に良い成分を配合 アサヒグループ食品「素肌しずく ゲルSa」 敏感肌や乾燥肌の人の肌にも合いやすく、スキンケアと同時に美白ケアとエイジングケアもしたい人におすすめなのが、アサヒグループ食品の「素肌しずく ゲルSa」です。 肌になじませるとヒアルロン酸水に変化するジェル状のテクスチャで、角質深くまで浸透し、パックに含まれている「セシリン」で肌の保湿もしてくれます。 商品名:アサヒグループ食品 素肌しずく ゲルSa 200g プチプラで継続しやすい イミュ「ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル」 保湿成分として天然ハトムギエキスを配合した、ベタつかないのにぐんぐん浸透するみずみずしいジェルタイプのオールインワン化粧品です。 油分に頼ることなく肌の表面のうるおいをキープできるので、メイク前に使用してもよれたり崩れたりする原因になりにくいのが特徴です。 無香料・無着色の低刺激性なので、敏感肌の人でも使いやすいジェルです。 リーズナブルな価格なので、長く使いやすいのも魅力ではないでしょうか。 商品名:イミュ ナチュリエ ハトムギ保湿ジェル 180g 軽い使い心地のテクスチャー ウテナ「シンプルバランス うるおいジェル」 化粧水とクリーム、美容液が一つになったウテナの「シンプルバランス うるおいジェル」は、保湿成分の「セラミドAQ」と美容成分がスピーディーに肌に馴染む「時短処方」のオールインワン化粧品です。 使い心地は軽くベタつかないのに保湿力が高く、使った後もうるおいを長くキープしてくれます。 こちらも無香料・無着色の弱酸性で、無添加にこだわった肌に優しいタイプです。 com 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

何にでも使える万能スパイス!オールスパイスのカロリーや栄養とは

オール スパイス 使い方

スパイスとは 〜 調味料、ハーブ(香草)との違い 主に植物の種子、実、根等を乾燥させたもので、調理をする際に加える事で刺激的な香りや、辛み、色みを付けたりするものの総称です。 混同されがちなものとして「 調味料」や「 ハーブ(香草)」があります。 これらを明確に線引きをするのは難しいのですがスパイスとは別のものとして覚えておくと、 スパイスの特性や使い方が掴みやすくなるので簡単に説明しておきます。 調味料 調理をする際に「味を付けるもの」の総称で、砂糖、塩、酢、醤油、味噌等が該当します。 スパイスは主に加熱によって香りを引き出しますが、ハーブは加熱せずに千切ったり、揉んだりする事でも香りを立たせる事ができます。 代表的なハーブ:パクチー、ミント、パセリ、ローズマリー、セージ、タイム 2. スパイスの形状 〜 ホールとパウダーの違い スパイスは大きく分けて2種類の形状( ホール、パウダー)に分類され、さらに複合スパイスと呼ばれるミックススパイスや、ペーストといったものがあります。 上段がホール、下段がパウダー ホール 種子や実等の形状のまま乾燥させたものです。 加熱をしたり砕いたりする事で香りを引き出して使用しますがそのままの状態であれば香りが飛び辛いので長期保存にも向いています。 ある程度加熱をしても香りが残るので 調理の序盤からじっくり火を入れて使う事が多いです。 パウダー ホールをすり潰して粉状にしたものです。 ホールに比べて扱いやすいですが香りが飛びやすいので長期保存には向きません。 また加熱をし過ぎると香りが飛んでしまうので 調理の中盤や仕上げに使う事が多いです。 ミックススパイス 読んで字のごとく複数のスパイスを組み合わせたものです。 スパイスの組み合わせはそれこそ無数にありますがガラムマサラ、五香粉、パンチフォロン等の組み合わせパターンがある程度決まっていて名前がついているものや、タンドリーミックスのようにメーカーによって入っているスパイスが全く異なるものがあります。 ペースト ミックススパイスとの違いはスパイスだけはなく塩や油などが混ざっていている場合がある点で、食材を炒める際に使ったり、水分を加えて薄めて使ったりというようにペースト単体で調味料を加えなくても利用できるものが多いです。 最初はどれを揃えればいいの? 一番手軽なのはミックススパイスですが、全てが同じ香りになってしまうので 出来れば何種類か単品のスパイスを揃えるのがお勧めです。 ホールを自分ですり潰す事でパウダーを作る事もできますが道具が必要だったり、ホールは品種によっては過食できない部分が含まれたりするので初心者はパウダースパイスから揃えていった方がいいかもしれません(香りの立ち方が違うので本当は両方揃えて欲しいところですが…) 3. スパイスの役割 〜 香りづけ、辛みづけ、色みづけ スパイスは大きく分けて3つの役割( 香りづけ、辛みづけ、色みづけ)があります。 香りづけ スパイス料理の代表ともいえるカレーって食欲を促進させるなんともエスニックな香りがしますよね?それこそがスパイスの香りづけの効果によるものなのです。 香りづけはスパイスの役割の中でも最も重要でスパイスの種類によって香りは異なるので用途に合わせて使い分ける事が大事です。 代表的なスパイス:ターメリック、パプリカ、サフラン その他役割 上記であげたのがスパイスの3大効果ですが、他にもコリアンダーによる トロみづけ、消化促進や整腸作用に代表される 健康に良いとされる効果、肉や魚等の 臭みを消す効果等があります。 スパイスの使い方と注意点 香りの引き出し方 ここまで、「 香りを引き出すには加熱が必要」と伝えてきましたが、その方法やタイミングにより得られる効果が異なります。 加熱の仕方が適切でないと、ホールであれば充分な香りが引き出せなかったり、パウダーであれば土臭さや苦み・粉っぽさが残ったりしてしまいます。 以下、下準備~仕上げまで、スパイスの使い方とタイミングを纏めてみました。 代表的なものにニンニク、ショウガがあります。 またマリネは食材の臭みを消す、香りをつけるだけでなく、調味料を足して味をつけたり、柔らかくして味をしみ込ませやすくしたりする効果もあります。 また使う油はサラダ油で問題ありません。 パウダーはホールに比べて香りも強いですが焦げやすいので、調理始めではなくこのタイミングで使います。 この時パウダーを使うのであれば少しの時間でいいので加熱を行った方がよいです。 注意点:用量は適正範囲内で スパイスは種類によって適正な使用量があります。 具体例を挙げると、 ナツメグのように過剰摂取すると中毒症状が出るものや、チリ等の刺激性の高いもの、またターメリックも量が多いと土臭さが残ってしまったりします。 逆にある程度量を増やしてもそこまで風味を壊さないスパイスもあり、コリアンダーやカルダモン、マスタード等は割と量を入れられるスパイスだと思います。 メーカーやお店で調合されるスパイスは、プロがそれぞれのスパイスの特徴を掴んだ上で何度も足し算引き算をして生み出しているため調和が取れていますが、ここを勘違いして初心者がむやみにスパイスの種類を増やすのはお勧めしません。 次回にご期待ください。 ) 5. これだけ覚えておけば困らないスパイス 使用頻度が高くこれだけ覚えておけばスパイス使いには困らないといえる基本のスパイスを紹介します。 特に前4つの、「 クミン・コリアンダー・ターメリック・チリ」はスパイスを語るうえでは外せない必需品ともいえます。 左上(時計でいう50分の位置)から時計回りでクミン〜シナモンです。 クミン インドではジーラと呼ばれ、このスパイスだけでいわゆるカレーのような香りを加える事が可能です。 ホールの形状のままでも加熱すれば食べられるので様々な使い方ができます。 コリアンダー パクチーの種子の部分で爽やかでほんのり甘い香りがします。 ある程度量を入れても問題がないので他のスパイス類の調和役として重宝します。 ターメリック 主に色みづけに使われますが色素成分は油溶性なので油と併せて加熱する事でより良い色がでます。 また 加熱をしないと粉っぽさや土臭さが残るので必ず加熱を行ってください。 チリ 主に辛みづけに使われます。 激辛で有名なハバネロやジョロキア、生の状態で使われるピッキーヌやグリーンチリ等、沢山の品種(100種以上ともいわれる)があり辛みの強さは品種によりまちまちです。 カルダモン 柑橘系の爽やかな香りが特徴で「スパイスの女王」と呼ばれています。 ホールの外皮は食べられず中の種子の方が香り高いです。 一般的にカルダモンというとグリーンカルダモンの事を指しますが、5倍くらいの大きさのビッグカルダモンという品種もあります。 クローブ 抽出される香りはバニラのような甘さがあるが、つぼみ部分は食べると舌先が痺れるような感覚があります。 臭み消しの効果も高いので下ごしらえで使われる事が多く、虫除けの効果(特にゴキブリに対して)があるとも言われています。 シナモン 甘い香りが特徴で、スリランカ産の「セイロン」、その他の地域産の「カシア」は別種で香りが異なります。 お菓子等の甘い料理には「セイロン」、カレー等のスパイシーな料理には「カシア」を使うのがいいと思います。 スパイスのお得な購入と保管方法 スパイスの購入先 最近はスーパーの調味料売り場でもさまざまな種類を見かける事が増えてきましたが、量が少ない割に値段が高いのが玉に傷。。 ポッケの社屋がある新宿周辺だと新大久保の「イスラム横丁」に沢山の店舗があります。 スパイスの保管方法 スパイスは太陽光や湿度に弱いので、密閉容器に入れて日の当たらない暗所で保管するのがお勧めです。 100円ショップにいけばガラス製のおしゃれな容器があるのでそれを使うのもいいですが、私は保管スペースの問題と出張調理などの持ち運びの利便性からタッパーに入れて保管しています。 簡単かつスパイスを感じられるレシピ スパイスの話だけでもお腹いっぱいかもしれませんが、ここで簡単につくれるレシピを2つほど紹介します。 また調理時間も短いのでサッと追加できる一品として覚えておくと重宝します。 またご飯にかけて食べるというよりはお酒に合う一品という感じなので、パパド(インドの豆せんべい)にディップして食べるのもお勧めです。 まとめ できるだけライトに記事を書こうと思いましたが、振り返ってみると結構面倒な印象を与えてしまいそうな文章になっている気がします(笑) 変に難しく構えずに、最初はミックススパイスでも基本の4スパイスでもいいので、 普段の料理にちょっと加えてみてください。 その後で使う種類を少しずつ増やしたり、加熱の具合を変えてみたりと色々と試していくのがいいでしょう。 そうこうしているうちに、気付くと普段の料理にスパイスを使えるようになり、またスパイスの魅力にハマっているのではないでしょうか。 この記事を読むことでスパイスに興味を持ってもらい、日常の料理に取り入れてもらえたら幸いです!•

次の

スパイスの基本を知って料理に活用しよう!

オール スパイス 使い方

オールスパイスって? オールスパイスは、元々ヨーロッパの探検家から世界に広められたものですが、どのようなもので、具体的にどんな使い方があるかご存知でしょうか。 オールスパイスとは オールスパイスとは、フトモモ科の植物で、ナツメグ、シナモン、クローブをミックスした香りを持っています。 5~8mm程度の黒っぽい球状の形をしており、そのまま使用されることもあれば、粉末状にして使用されることもあります。 また、別名で三香子(さんこうし)、百味こしょう、ジャマイカンペッパー、ピメントなどとも呼ばれています。 原産国は、ジャマイカやメキシコなどの中南米で、中世にイタリア人探検家のクリストファー・コロンブスによってヨーロッパに持ち帰られたことから広まったとされており、今日まで多くの国々の料理に使用されています。 オールスパイスの使い方 オールスパイスは、肉料理と相性抜群です。 その他にも、スープやビーフシチュー、マリネやピクルスなどの西洋料理にたくさん使われています。 さらには、ケーキやクッキーなどの焼き菓子にも使用されることがあります。 ちなみに、オールスパイスは香辛料として使用される他にも、昔の中南米の現地民は防腐剤として遺体と一緒に墓に埋葬していたそうです。 オールスパイスの効能 オールスパイスは、その豊かで深い香りによって精神的にリラックスできたり、リフレッシュしたりすることができます。 その香り成分のオイゲノールには、機能的にも私たちの体に働きかけてくれる効果があります。 オイゲノールには抗酸化作用があるので、がんや動脈硬化などの原因とも言われている活性酸素の発生を抑制したり、糖尿病を予防したりする効能もあると言われています。 また、オールスパイスにはビタミンB2やカリウム、カルシウムなど栄養素が豊富に含まれており、疲労回復効果や細胞の新陳代謝など、私たちの健康向上のための様々な効能があると言われています。 オールスパイスの代用 オールスパイスには、ナツメグ、シナモン、クローブをミックスした香りが含まれていることは前述しましたが、それぞれの香りを使った料理に代用することができます。 うっかり買い忘れたというときでも、オールスパイスさえあれば、料理の幅をカバーすることができます。 またオールスパイスがない場合の代用品もご紹介します。 オールスパイスしかない場合の代用 オールスパイスは、シナモンの代わりにお菓子やお茶に入れたり、ナツメグの代わりにハンバーグの肉だねの中身に入れたりすることができます。 香り成分のオイゲノールが、シナモンやナツメグ、クローブにもあるので、それらを使う料理やお菓子、飲み物に入れても美味しくなるということです。 オールスパイスがない場合の代用 オールスパイスを特に肉料理に使う場合はナツメグで代用できます。 オールスパイスを使用する目的は、下味等言われていますが基本は肉の臭みをとることです。 しかし 実際のところ現在日本国内で流通しているお肉はそこまで臭みはないので、スパイスは正直必要ない気もします。 実際にオールスパイスを使ったハンバーグ、ナツメグを使ったハンバーグ、スパイスを入れずに作ったハンバーグを作って家族に食べさせてみましたが味の違いに気付く人はいませんでした。 オールスパイスを使ったメニュー オールスパイスは、ハンバーグやソーセージなどの肉料理やトマトを使った料理に下味として使われることが多く、洋風のメニューには欠かせない香辛料です。 さらに、デザートや飲み物にも香りづけに使えます。 思っていたより、使い途があると感じる方もいらっしゃるのでは!? フライドチキン オールスパイスは鶏肉とも相性抜群です。 鶏手羽に塩コショウ、はちみつ、ホワイトペッパーなどと一緒にオールスパイスを加えたものを30分〜1時間置いておき、後は卵液に浸し、小麦粉とパン粉でをつけて揚げるだけです。 唐揚げの下味に フライドチキンと同様に、適当な大きさにカットした鶏肉に塩コショウ、しょう油などと一緒にオールスパイスを入れて下味をつけます。 これでいつもの唐揚げがさらに香ばしく美味しくなること間違いなしです。 カレーやビーフシチューなどの煮込み料理に オールスパイスには肉料理に使えるナツメグやクローブが含まれていることから、カレーやビーフシチューなど肉を使った煮込み料理にもぴったりです。 それらの臭みを消してくれるだけでなく、素材の味を引き立て、全体の味を引き締めてくれるので、ぜひ入れてみましょう。 マリネやサラダに 意外な使い方かもしれませんが、サラダや魚介などのマリネなど、火を使わず生で食べるものにもオールスパイスが使えます。 サラダにはドレッシングに入れて、マリネには漬け込む際のマリネ液に入れてみましょう。 香りが増して美味しくなりますよ。 焼き菓子に オールスパイスは、アプリコットやレーズンなどの果物類と一緒に焼くケーキやクッキー、ドーナツなどの焼き菓子とも相性が良いです。 オールスパイスを加えることで、風味が増し、ただ甘いだけのお菓子ではなく、大人の味に仕上げることができます。 コーヒーに コーヒーにチョコレートシロップ、フォームドミルクを加えた後、最後にお好みの量のオールスパイスを加えます。 これでカフェで味わうちょっと甘めのコーヒーが、お家でも飲めます。 メインディッシュからデザートまで使い方は色々! オールスパイスは、香りを活かせる料理には何でも使えます。 肉料理には、肉の臭みを消すことにも使えますし、香りや味に深みを加えることで、いつもの料理をワンランク上の料理にすることができるでしょう。 お菓子や飲み物も、独特の香りがプラスされることで、より大人の味に仕上げることができます。

次の