ゆうパック コンビニ。 ゆうパックはコンビニからも発送できる!取り扱い店や出し方・受取・割引なども紹介

ゆうパックはコンビニで発送できる?箱や伝票はある?料金は?

ゆうパック コンビニ

ゆうパックをコンビニ受け取りに変更する方法をご紹介します。 ゆうパックを自宅や職場受け取りにしたものの、都合が悪くなって「やっぱりコンビに受け取りに変更したい!」ってことがありますよね。 注文したものが家族にバレないようにゆうパックを自宅や職場以外の場所で受け取りたいという人もいるでしょう。 ゆうパックをコンビニ受け取りに変更することで受け取る方の心理的・体力的負担が軽減されることがありますよね。 ゆうパックと提携しているコンビニは以下の3つ。 『送り主』に追跡番号を伝えて コンビニ受け取りに変更してもらいます。 受け取り側の自分では変更できないので注意してください。 コンビニ受け取りに変更した場合は運転免許証や保険証などの身分証明証を持って受け取るようにしましょう。 というわけで、すでに発送されたゆうパックをコンビニ受け取りに変更する方法をご紹介していきます。 ぜひ最後まで読んで理解してくださいね! かあさん、そんな顔しないで。 個人の荷物はコンビニには変更できないんだ。 個人から個人へ送ったものをコンビニ受け取りに変更することはできません。 例えばあなた向けにお母さんが送ってくれたものはこちらの都合が悪いからといってコンビニ受け取りに変更できないんですね。 あくまでもネット通販(ECサイト・オンラインショッピングともいわれます)で買ったような品物だけです。 個人といえば個人間でやりとりしたオークションの商品なども同じです。 なので 個人から送られて来るものは コンビニ受け取りにできないので注意が必要です。 お母さんが送ってくれる荷物はコンビニ受け取りでは持って帰るのが重そうですが、軽いオークション取引のものなど今後は個人間の荷物もコンビニ受け取りに変更できるようになるとうれしいですよね。 期待して待ちましょう。 これでコンビニ受け取りに変更できるぞ 個人以外から送られてくる荷物であればゆうパックコンビニ受け取りに変更ができます。 ネット通販(ECサイト・オンラインショッピングなどともいわれます)などの通販で購入した商品のみに適用されるので気をつけてください。 はじめに ゆうびんIDの登録をしなければならないので数分かかります。 時間に余裕をもってコンビニ受け取りに変更するようにしましょう。 コンビニによって多少システムが違いますが一度やればゆうびんIDも手に入りますし、あとあとスムーズにできます。 めんどくさがらずにぜひトライしてみてください。 【ゆうパックをコンビニ受け取りに変更するページ】 あちこち行きすぎるのもね・・・ ゆうパックをコンビニ受け取りに変更した後、気が変わってやっぱり元の自宅に届けてほしいという希望は出せません。 一回受け取り先を変更した後にもう一回できないのは前にご紹介したのコンビニAからコンビニBに変更できないのと 同じ原理です。 「一度受け取り先を変更したらそれでおしまいにしてくれよ!」ということですね。 2度目を許してしまったら3度目も4度目も・・・となってしまうかも。 あまりに何回も変更されたらゆうパックをどこに配達したらいいか わからなくなってしまいますよね。 荷物が痛む可能性もありますし、追跡もむずかしくなってしまいます。 ということで、ゆうパックをコンビニ受け取りに変更したらそれが1回にカウントされます。 一度コンビニ受け取りに変更したら何がなんでもコンビニで受け取るしかありません。 ということでゆうパックに限らずなにごともよく考えてから変更することにすれば間違いなさそうですね! 【ゆうパックをコンビニ受け取りに変更するページは】 あなたに届いたゆうパックをしっかりと受け取れますように。

次の

ゆうパックはコンビニで発送できる?箱や伝票はある?料金は?

ゆうパック コンビニ

コンビニで郵便利用:ファミマでレターパック販売拡大(ゆうパック・切手葉書・年賀はがき) コンビニで郵便利用:ファミマでレターパック販売拡大(ゆうパック・切手葉書・年賀はがき)• コンビニエンスストア(以下、コンビニ)での郵便利用を紹介します。 街のコンビニは利用者のニーズを的確に把握しサービスを拡大し、店舗網を拡大しています。 郵便サービスにもニーズが多いためコンビニで提供されています。 ここではコンビニで行われている郵便サービスについて紹介します。 店舗さんによってはスマートレターの追加取扱もあります。 店内ポストはなく店員も預かりはしないため 差し出しは店外ポスト又は路上や他のローソン店内ポストをご利用いただきます。 店内ポストに入らないサイズは店員が預かりはしないためご注意願います。 領収証(画像は2013年当時:ローソン) スマートレターも販売開始 店内ポストは3. 店内ポストはないですが、店舗入口(外側)や敷地内にポストが設置されていることが多いため オーナーによっては売れ筋だとわかっているレターパック等の商品も置いています。 電子マネーnanaco(クレカチャージ経由可能)での切手や葉書・レターパックの購入も可能です。 郵便局が遠かったり集荷依頼したり集荷を待ったり出来ない人が 24時間出せて便利です。 小さい郵便局が休みの土日祝日や年末年始はコンビニの利用が多くなります。 コンビニの場合、運賃の支払いは現金の又はコンビニで利用できるクレジットカード等の支払い手段になります。 切手を貼った場合は、多くのコンビニでは取り扱いが出来ません 便利な点 ・荷物のサイズで運賃が決まる(25kgまでなら運賃は同じ) ・他社にはない発着地が同じ都道府県なら安い県内運賃の設定がある ・持ち込み割引で120円引きになる ・前回と同じ宛先に1年以内に元払いで送ると60円引きになる ・同時に同じ場所に送ると1個あたり60円引きになる ・他社より翌日午後配達になるエリアが広い ・都道府県内のうち同一エリアなら午前の集荷時間までに出せば当日夕方以降の配達になる地域がある 伝票はコンビニ店頭にあります「C」と書かれた元払い伝票、または赤紫色の着払伝票をご利用ください 元払い(荷物を送りたい人が発送時に運賃を支払う)用の「C」伝票 着払い(荷物を受け取る人が配達時に配達員に運賃を支払う)用の「着払」伝票 梱包方法について ゆうパックは様々な荷物を1つの輸送台車に載せて運びますのである程度の梱包が必要です。 信書ではない書類などは厚みのあるしっかりした封筒に入れていただくと良いです。 壊れる可能性のある物品は箱に緩衝材と共に入れ、外圧や衝撃を内部に及ぼさないような梱包にします。 しかしながら 郵便物の引き受けはコンビニと郵便局との契約には入っていませんのでできません。 明確に出来ないことは 「郵便物の計量をコンビニ店員が行う」「店内ポスト・店外ポストに入らない郵便物をコンビニ店員が預かる」 「切手・はがき類交換やコンビニ留置郵便物等の交付など」も契約していない内容ですので無理となります。 普通の郵便物や厚みのないレターパックは店内ポスト・店外ポストに入るのならそのまま入れられます。 入らない場合は郵便局に出すか、取り集め担当者が来る時間まで待ち依頼することも可能です。 コンビニ店内ポストは、ゆうパックの集荷に合わせて回収が行われている場合が多いです。 街の郵便ポスト集荷担当者と違う場合は、集荷時間はゆうパックの輸送に合わせて行われています。 その場合、街の郵便ポストに入れる場合より半日から1日配達までの時間がかかる場合があります。 お急ぎの場合は、コンビニポストではなく郵便局窓口に出すか街のポストに締切時間までに入れてください。 昔から郵便局以外の店舗で切手類の販売が行われていましたが コンビニもほぼもれなく販売契約が結ばれています。 切手や葉書の他、収入印紙やレターパックも販売しています。 ただし、コンビニが販売している種類については、コンビニ本部指導によりコンビニ側で異なります。 店内ポストのあるコンビニはレターパックの販売をしている可能性は店内ポストのないコンビニより高くなり、 店外ポストのあるセブンイレブン店舗は店外ポストのないセブンイレブンよりレターパックを置いている可能性は高いと思います。 ローソンでは、レターパック・スマートレターの販売が多くの店舗で行われています。 2016年8月より、ファミリーマートでのレターパックの販売が拡大され多くの店舗で販売の追加取り扱いが開始されました。 レターパックと切手を買う コンビニで82円切手を買う コンビニで販売している切手やはがき類は、コンビニ側の仕入れ担当が決めて仕入れています。 特殊切手やシール切手なども販売しているコンビニもありますが、レターパックほど多くはないです。 売れ筋となる62円や82円や葉書など基本的によく売れる種類しかないコンビニ店舗もあります。 レターパックなど需要のある郵便商品もコンビニに置いてあれば売れる商品とはなりますが 置いてない店舗もまだまだあります。 どこのコンビニでも切手やはがき同様に販売することは可能ですので 置いて欲しい場合は切手類の仕入れ権限のあるコンビニの勤務員に一度要望してみてください。 コンビニで切手・はがき・レターパックを買う場合は、基本的には店頭には置いてはおらず 店員側のエリアにあります。 コンビニの店員に声を掛けて希望の種類を伝えてください。 有価証券同等に換金性の高い商品のため盗難されやすいための対策です。 種類も予約の段階では自由ですが、予約なしに11月以降購入しようとすると 無地かインクジェット中心の品揃えになっているものと思います。 ローソンでは10月には年賀はがきの予約が全種類可能です。 ローソンで年賀はがきを購入すると袋に入れていただけます。 11月以降は年賀はがき販売告知がされていますので見本をレジに持っていきます。 年賀はがきの時期には、裏面にたくさん書くのが面倒だと思われる方には重宝する 大きなイラストが印刷された「お手軽年賀」も販売しています。 この「お手軽年賀」は 郵便局からの委託販売ではないので、現金以外での支払いも可能となっています。 関連サイト [PR] 0242298.

次の

ヤフオク!が日本郵便と連携した配送サービス「ゆうパック(おてがる版)」「ゆうパケット(おてがる版)」

ゆうパック コンビニ

コンビニで郵便利用:ファミマでレターパック販売拡大(ゆうパック・切手葉書・年賀はがき) コンビニで郵便利用:ファミマでレターパック販売拡大(ゆうパック・切手葉書・年賀はがき)• コンビニエンスストア(以下、コンビニ)での郵便利用を紹介します。 街のコンビニは利用者のニーズを的確に把握しサービスを拡大し、店舗網を拡大しています。 郵便サービスにもニーズが多いためコンビニで提供されています。 ここではコンビニで行われている郵便サービスについて紹介します。 店舗さんによってはスマートレターの追加取扱もあります。 店内ポストはなく店員も預かりはしないため 差し出しは店外ポスト又は路上や他のローソン店内ポストをご利用いただきます。 店内ポストに入らないサイズは店員が預かりはしないためご注意願います。 領収証(画像は2013年当時:ローソン) スマートレターも販売開始 店内ポストは3. 店内ポストはないですが、店舗入口(外側)や敷地内にポストが設置されていることが多いため オーナーによっては売れ筋だとわかっているレターパック等の商品も置いています。 電子マネーnanaco(クレカチャージ経由可能)での切手や葉書・レターパックの購入も可能です。 郵便局が遠かったり集荷依頼したり集荷を待ったり出来ない人が 24時間出せて便利です。 小さい郵便局が休みの土日祝日や年末年始はコンビニの利用が多くなります。 コンビニの場合、運賃の支払いは現金の又はコンビニで利用できるクレジットカード等の支払い手段になります。 切手を貼った場合は、多くのコンビニでは取り扱いが出来ません 便利な点 ・荷物のサイズで運賃が決まる(25kgまでなら運賃は同じ) ・他社にはない発着地が同じ都道府県なら安い県内運賃の設定がある ・持ち込み割引で120円引きになる ・前回と同じ宛先に1年以内に元払いで送ると60円引きになる ・同時に同じ場所に送ると1個あたり60円引きになる ・他社より翌日午後配達になるエリアが広い ・都道府県内のうち同一エリアなら午前の集荷時間までに出せば当日夕方以降の配達になる地域がある 伝票はコンビニ店頭にあります「C」と書かれた元払い伝票、または赤紫色の着払伝票をご利用ください 元払い(荷物を送りたい人が発送時に運賃を支払う)用の「C」伝票 着払い(荷物を受け取る人が配達時に配達員に運賃を支払う)用の「着払」伝票 梱包方法について ゆうパックは様々な荷物を1つの輸送台車に載せて運びますのである程度の梱包が必要です。 信書ではない書類などは厚みのあるしっかりした封筒に入れていただくと良いです。 壊れる可能性のある物品は箱に緩衝材と共に入れ、外圧や衝撃を内部に及ぼさないような梱包にします。 しかしながら 郵便物の引き受けはコンビニと郵便局との契約には入っていませんのでできません。 明確に出来ないことは 「郵便物の計量をコンビニ店員が行う」「店内ポスト・店外ポストに入らない郵便物をコンビニ店員が預かる」 「切手・はがき類交換やコンビニ留置郵便物等の交付など」も契約していない内容ですので無理となります。 普通の郵便物や厚みのないレターパックは店内ポスト・店外ポストに入るのならそのまま入れられます。 入らない場合は郵便局に出すか、取り集め担当者が来る時間まで待ち依頼することも可能です。 コンビニ店内ポストは、ゆうパックの集荷に合わせて回収が行われている場合が多いです。 街の郵便ポスト集荷担当者と違う場合は、集荷時間はゆうパックの輸送に合わせて行われています。 その場合、街の郵便ポストに入れる場合より半日から1日配達までの時間がかかる場合があります。 お急ぎの場合は、コンビニポストではなく郵便局窓口に出すか街のポストに締切時間までに入れてください。 昔から郵便局以外の店舗で切手類の販売が行われていましたが コンビニもほぼもれなく販売契約が結ばれています。 切手や葉書の他、収入印紙やレターパックも販売しています。 ただし、コンビニが販売している種類については、コンビニ本部指導によりコンビニ側で異なります。 店内ポストのあるコンビニはレターパックの販売をしている可能性は店内ポストのないコンビニより高くなり、 店外ポストのあるセブンイレブン店舗は店外ポストのないセブンイレブンよりレターパックを置いている可能性は高いと思います。 ローソンでは、レターパック・スマートレターの販売が多くの店舗で行われています。 2016年8月より、ファミリーマートでのレターパックの販売が拡大され多くの店舗で販売の追加取り扱いが開始されました。 レターパックと切手を買う コンビニで82円切手を買う コンビニで販売している切手やはがき類は、コンビニ側の仕入れ担当が決めて仕入れています。 特殊切手やシール切手なども販売しているコンビニもありますが、レターパックほど多くはないです。 売れ筋となる62円や82円や葉書など基本的によく売れる種類しかないコンビニ店舗もあります。 レターパックなど需要のある郵便商品もコンビニに置いてあれば売れる商品とはなりますが 置いてない店舗もまだまだあります。 どこのコンビニでも切手やはがき同様に販売することは可能ですので 置いて欲しい場合は切手類の仕入れ権限のあるコンビニの勤務員に一度要望してみてください。 コンビニで切手・はがき・レターパックを買う場合は、基本的には店頭には置いてはおらず 店員側のエリアにあります。 コンビニの店員に声を掛けて希望の種類を伝えてください。 有価証券同等に換金性の高い商品のため盗難されやすいための対策です。 種類も予約の段階では自由ですが、予約なしに11月以降購入しようとすると 無地かインクジェット中心の品揃えになっているものと思います。 ローソンでは10月には年賀はがきの予約が全種類可能です。 ローソンで年賀はがきを購入すると袋に入れていただけます。 11月以降は年賀はがき販売告知がされていますので見本をレジに持っていきます。 年賀はがきの時期には、裏面にたくさん書くのが面倒だと思われる方には重宝する 大きなイラストが印刷された「お手軽年賀」も販売しています。 この「お手軽年賀」は 郵便局からの委託販売ではないので、現金以外での支払いも可能となっています。 関連サイト [PR] 0242298.

次の