コロナ 副業。 コロナ不安で急増…8つのオススメ副業と落とし穴

新型コロナの影響で、副業を行う人が増加!? 今すぐ始める方法は?

コロナ 副業

コロナウイルスの影響は今後さらに拡大する恐れあり コロナウイルスの影響は今後更に拡大することが予測されます。 世界中で日々増え続ける感染者と死亡者ですが、これから感染の拡大を抑えるため 各都市でのロックダウンや外出自粛が更に強化されていくと考えられます。 そうなると経済活動が止まり職を失う人や会社から給料が支払われない・減給などがされる恐れもあります。 もちろん国が保証してくれれば問題無いですが、国も多くの人を平等に救うことは出来ません。 日本でもマスク2枚を各世帯に配布など、ギャクのような政策しかとられていません。 遠回しに 「完全外出禁止をすると経済活動が止まり、止まってしまうと私たち国は国民の生活を保証できないため、一応外出自粛だけどマスクあげるから外出する時はマスクだけはちゃんとして。 」 と言われているようです。 こうやってみると分かるように国は私たちを完全に守ってはくれませんし、会社も中小企業であれば社員を守ることは難しいでしょう。 なので、 収入の柱を何本か持つことは非常に重要なのです。 私も実際に今回の件があって副業をして少しだけでも収入に余裕が出来て良かったと思いました。 やはり、どうしても本業はコロナウイルスの影響を受けてますからね… 収入の柱を複数本持つことが重要 副業をしてそれだけで飯を食っていく、いわゆる フリーランスと言われる人たちがいますが 正直フリーランス一本で生きていくのも中々難しいと思います。 コロナウイルスの影響はフリーランスにも及んでおり、収入の柱がそれだけだとそれがこけると給料が ゼロになってしまいます。 なので雇われ(サラリーマン)で1本、副業で2本など収入源を複数所持していれば一つがゼロになっても別収入で生きていくことができます。 サラリーマン1本や副業(フリーランス)1本で生きていくのは危ない綱渡りをしているようなものです。 副業で稼ぐなんて無理じゃね…って思っている方へ 「副業で稼げる人なんて才能がある人だけでしょ…」 って思う方もいるでしょが、正直副業で稼ぐのに才能なんて必要なく努力しかありません。 私も始めた頃はそう思っていた時もありましたが やり続けて、 トライ&エラーを繰り返せば稼げるようにはなります。 本当に始めた頃は 「絶対に無理やん…」 ってなってましたからね笑 ブログも始めて数ヶ月は1日10PV程しか無いですし、Youtubeも最初の半年はチャンネル登録者数が100人もいなかったです。 しかし、初めて1年~1年半経つとブログは月間で 7万PVになりましたし、 4000人以上の方にYoutubeもチャンネル登録者をして頂けるようになりました。 本当に何も知識の無い人が1年以上コツコツやり続ければ徐々に成果が出るということが分かりました。 何か特別な事をしたという事も無く、全てネットからの情報のみでやってきました。 別にドヤれるものでは無いですが、始めた頃は今の数字がえげつなく高く見えたものですが到達すれば高く感じないのが不思議に思えます。 最後に副業のススメと注意する点をご紹介していきます。 スポンサーリンク オススメの副業と注意しなければならない事 副業を始めるとなると何か大事のように感じる方もいられると思いますが、そんなことはありません。 飲食業やアパレルなど資金が必要なことをするのであれば話は別ですが、 副業は資金が無くても出来ます。 ブログやYoutubeはマジでおススメ 最初に始めるならブログとYoutubeが本当におススメです。 ブログなら初期費用は ドメインや サーバー代のみで大丈夫なので、 初期投資は数千円で済みます。 (PCが無ければPCを買う必要もあります。 スマホでも出来ますが圧倒的にPCでの作業をおススメします。 ) Youtubeは更に簡単で極論スマホ一台あれば撮影・編集・アップロードが可能です。 自分の得意なことや知っている知識(どんなことでもオッケー)を発信するだけで、それを必要としている人は必ずいます。 興味のある人がファンになってどんどんその輪が広がっていきます。 人が集まる場所にはお金も集まってきますので、必然的に収益が発生します。 Youtubeやブログであれば広告収入がその1つです。 誰でも簡単にその日から情報発信始められるのがブログとYoutubeです。 私も両方やってますが初期費用が一番かからないで出来るのがこの2つです。 SNSを通して物を販売 商品を作るのが少し難易度が高いですが、自分で作ったハンドメイド商品やサービスをSNSを通して販売するもの比較的気軽に出来ます。 サイトを作ったりなどをすれば尚良いですが、時間とコストがかかるので最初はSNSでの販売がオススメです。 Twitterやインスタは集客ツールとしてはかなり活用できるので、 自分で販売できる製品を持っているのであれば 物売りもおススメの副業です。 私がオススメする本業と並行してコストがかからず、気軽に出来る副業がこの2つになります。 しかも継続していれば時間はかかるかもしれませんが、成果が出る可能性が高いです。 続いて副業を始める時の注意点について。 生活水準を上げない 副業である程度稼いだからといって生活水準を上げてしまうのはリスクがあります。 例えば本業で20万円、副業で10万円の収入がある場合に 月に30万円レベルの生活水準を基準にしてしまうと稼いだお金を全て使い切ってしまいます。 一度生活水準を上げてしまうと元には戻すことが難しくなるため、本業で20万円、副業で10万円の収入がある場合は 本業の20万円を生活費にして、残りの10万円を自己投資または貯金などに回せるのが理想です。 これは知り合いの同じネットビジネスをしている先輩に教えて頂きました。 やはり稼げば稼ぐだけ生活水準を上げてしまい落ち込んだ時に水準を戻せなくなり借金を作ってしまう人も少なくないそうです。 マルチビジネスや詐欺ビジネスには注意 コロナウイルスで失業してお金が無い人をターゲットにマルチへの勧誘や詐欺ビジネスが増えています。 例えば、 「こんな世の中だからこそ自分で稼ぐ力をつけなければなりません。 FXや株投資は誰でも簡単に始めることができ、私の生徒さんも毎月これだけ自動収入を得ています。 これであなたも自由な生活を…」 みたいなことを平気で言っている人がいますが、こういったビジネスの勧誘には絶対に騙されないで下さい。 「誰でも簡単に・短期間で・自動収入」 この3つのワードは人を騙す、魔力を持っています。 そんな簡単なビジネスは世の中に存在しませんし、勧誘してくる人は詐欺商材を売ってお金を得ていますので実際にその勧誘してきたビジネスで稼いでいる訳ではありません。 しかし、お金が無い人は目先のお金に目がくらみ正常な判断が出来なくなる場合もあるので美味しい話に食いついてしまう場合も多いのです。 結局、美味しい話なんて殆ど存在せず地道にコツコツ努力していくのが意外と一番近道です。 実際に私も昔FXを軽くかじって全然マイナスで終わったことがあります笑 もちろんFXや株も真剣に勉強してやれば稼げるものではあるので、それ自体が悪い訳ではないのですが「誰でも簡単に・短期間で・自動収入」を餌に勧誘してくる人にはこの時期特に注意して下さい。 まとめ コロナウィルスは世界各国で猛威を振るい、感染者も日々増え続けています。 感染しない為にも外出自粛をして、感染拡大を防ぐことは現在最も最優先です。 この外出自粛をして家にいる時でも始めれる副業はあります。 「副業をするんだ!」 と重く考えなくても、まずはSNSを通じて自分の持っている情報を発信してみることでも良いと思います。 情報発信はどんな場所からでも出来ます。 小さなことからコツコツと始めることは本当に重要ですので、明日からとは言わず今日から何か初めてみてはどうでしょうか!.

次の

コロナ不安で急増…8つのオススメ副業と落とし穴

コロナ 副業

こちらもCHECK 稼げるネット内職ランキングBEST10まとめ 「内職は稼げない!」という考えはもう古い! 今では手作業でコツコツやる内職以外にもたくさんのネット内職が存在します。 ネット副業を50種類以上やってきた筆者が、「稼げるネット内職」をランキングにしてみました! 1位 月10万超えも狙えちゃう「ポイントサイト」 私も 月に400万円以上稼いでいる、定番のネット副業である「ポイントサイト」。 ちなみにポイントサイトとは、サービスに登録したり、広告を見ることで集めたポイントを現金や電子マネーに交換できるお小遣いサイトのことです。 無料で登録でき、スマホ1つあればすぐに始められるので、誰でも簡単にお小遣い稼ぎができます。 ポイントサイトの主なコンテンツは以下の通りです。 ・広告利用 ・アプリダウンロード ・ショッピング ・アンケート ・友達紹介制度 ・ミニゲーム ・広告クリック 広告利用とは、「無料会員登録」や「クレジットカードの新規発行」、「FXの口座開設」や「資料請求」など、サービスに登録したり、利用することでポイントをもらえるコンテンツです。 では、 Amazonや楽天市場の利用でもポイントがもらえるので、ネットショップのポイントと合わせれば、 ポイントの二重取りができちゃいます! さすがにブログやSNSと連携しないと月10万円以上は厳しいですが、毎日コツコツ積み重ねていけば、初心者でも1ヶ月1万円以上を稼ぐこともできます。 ポイントサイトに慣れてくると、 ポイントサイト専用の紹介ブログを書いて収益を得ている人も多いですね。 ちなみに一番のおすすめは国内最大級ので、他のおすすめサイトは以下でもまとめているので、気になる人はぜひ! 2位 クラウドソーシングで仕事がしやすい「ブログライター」 ブログライターとは、 ブログ記事を書いて報酬をもらう仕事を指します。 PCとネット環境さえあればできるので、内職には持ってこいですよー! などのクラウドソーシングでも大量に仕事が募集されていて、私も 1文字1. 5円で数人のライターさんにお願いしています。 ちなみにクラウドソーシングサイトとは、インターネット上のやりとりのみで仕事をするサイトのことです。 仕事の流れはこんな感じ。 1)募集されているライティング案件に応募 2)採用されたらブログ記事を執筆 3)クライアントからOKが出たら報酬がもらえる ブログのジャンルは、美容・ファッション・金融・転職・節約など幅広く募集されているので、自分が書けそうな案件は見つかりやすいと思います。 文字単価で支払われることが多く、 初心者は高くても1文字0. 5円〜1円ほどの金額です。 ブログライターのスキルが上がってくると、 1文字2円以上の高単価案件も受注することができるので、徐々に稼ぎやすくなる感じですね。 3位 誰でもコツコツ稼げる「データ入力」 データ入力とは、数値やデータをPCに入力していく作業のことです。 こちらもでよく募集されていて、 内職カテゴリの中でもけっこう人気ですね。 報酬は、固定報酬制の場合は 1件10~50円が相場で、時間報酬制の場合は 時給1000円~1300円の相場で募集されています。 作業が単純な分、納期遅れやタイプミスは許されないですね。 タイピングスピードがまぁまぁ早く、集中力がある人にはおすすめですよー! 4位 難しいけどデカく稼げる「ブログアフィリエイト」 ネット内職と言っていいのかわかりませんが、 自分でブログを立ち上げて広告収益を得る方法もあります。 ちなみに私もアフィリエイト収益が月に300万円以上あります。 アフィリエイトとは、自分のブログに商品やサービスの広告を掲載し、そこから購入された場合に報酬が発生するシステムのことです。 よくスマホの下に出てくるバナーもアフィリエイトのひとつですね。 他人にバナーをタップしてもらうのは難しそうですが、ブログの訪問者数が増えればかなり安定して稼ぐことができます。 アクセスは Googleなどの検索エンジンで自分のブログが上位に表示されるかどうかが重要です。 具体的にはSEO(検索エンジン最適化)という知識が必要なのですが、私のブログでもたくさん紹介しているので、気になる方はぜひ。 ただ単にアフィリエイト商品を宣伝するだけではなく、検索されやすいワードを盛り込んでいるか、サイトのレイアウトが見えやすいかなど、チェックすべき点は無限にあります。 ブログのシステムさえ整えば、 ほったらかしても収益が発生するところがアフィリエイトの強みですね。 気になる人は日本最大のアフィリエイトサービスであるに登録してみましょう。 A8に大量にある広告から、 どんな広告に誘導すれば稼ぎやすいか、どのジャンルのブログなら書き続けられるかを考えてみるとイメージがつきやすいですよー! 5位 スマホで簡単にできる「アンケートモニター」 アンケートモニターは、企業から届いたアンケートに答えて、現金や電子マネーを稼ぐことができるサービスです。 基本は4択形式の簡単な内容が多いですが、中には商品やサービスを実際に試す 「モニター形式のアンケート」もあります。 報酬はアンケートの内容によって様々で、 1件につき1円~500円程度です。 単価は決して高くないので、いかに効率よくアンケートをこなすかが収入につながってきますね。 中には 1件5000円以上の高単価アンケートもあるので、いくつかアンケートサイトに登録しておくと、高単価アンケートを受けられる確率が上がります。 日本最大級のを始め、大手サービスをいくつか使っておけば案件に困ることはないと思いますよー! 6位 女性は割と稼ぎやすい「メールレディ」 男性とメールのやりとりをするメールレディは、「危険」「怪しい」というイメージを抱きがちですが、実際はそんなことはありません。 大手のメールレディサイトに登録すれば安心ですし、報酬も間違いなくきちんと受け取れます。 メールだけで月3万円以上稼ぐ人も多いので、身バレが怖い人でも続けやすいと思いますよー! たくさん稼ぐコツは、とにかくリピーターを増やすこと! ちなみにメールレディは、 メールを送受信するごとに1通約20~60円稼ぐことができます。 毎回新規の男性とやりとりするのは疲れますし、なかなか長続きしません。 リピーター客を増やして相手が喜ぶやりとりを続けられれば、安定した収入を得ることができます。 アダルト耐性が弱い人は、を始めとした ノンアダルト専用のメールレディサイトを使うのがおすすめですよー! 7位 趣味で稼げるかも?「ハンドメイドサイト」 小物やアクセサリーなど、手作りするのが得意な人は、ハンドメイド専用サイトで商売を始めるのもおすすめです。 などのハンドメイトサイトは、登録すれば プロアマ関係なく自分が作った作品を売ることができます。 材料費はもちろん実費になるので、自分が損をしない売値に設定しなくてはいけません。 ハンドメイドの中では、 ネックレスやピアスが人気なので、アクセサリーを中心に売っていくのが基本ですね。 自分のファンが増えて売り上げがアップすれば、ミンネよりも手数料の安いなどを使って、 自分だけのネットショップを作るのもアリですね。 コストを抑えつつお客さんのニーズに合った商品を作ることができれば、月10万以上稼ぐことも可能ですよー! 8位 当たるとめちゃくちゃ嬉しい「ネット懸賞サイト」 懸賞情報を集めたネット懸賞サイトは、内職というより 景品を当てて、転売して稼ぐという感じですね。 昔は1枚ずつハガキに書いて応募する方法が一般的でしたが、 ネット懸賞サイトは個人情報を自動入力できるので、応募がめんどくさくないのがメリットですね。 中でも1000名以上に当たる大量当選は、かなりの確率で当たりやすいので要チェック! 大量当選は、化粧品や日用品のサンプルや、コンビニのコーヒー1杯無料券など様々なジャンルの景品が用意されています。 もちろん無料で登録・応募できるので、運試しだと思ってやってみても良いでしょう! ただし、中には個人情報を悪用するサイトもあるので、などの国内大手のみを使った方がいいですよー! 9位 内職の定番「シール貼り」 シール貼りとは、商品のラベルシールやハガキの宛名シール、バーコードシールなど ひたすらシールを貼っていく業務のこと。 倉庫まで行って作業をするケースもありますが、在宅でシール貼りをおこなうこともできます。 在宅なら、周りに気を遣うことがなく自分のペースで作業を進められるので、女性を中心に人気の内職となっています。 単価は、 シール1枚につき0. 1円~0. 3円程度といわれており、どんなにハイペースでシールを貼り続けても時給1,000円も届きません。 ただ、倉庫にある資材を自分で取りに行き、完成したら届けに行く必要があります。 効率よく稼げるわけではありませんが、在宅で気楽に作業したい人にはいいかも? 10位 ネットで簡単に応募できる「治験」 ネット内職とは少し違いますが、実は 「家にいながら治験ができる案件」もあります! 例えば、健康食品やサプリのような飲食系のモニターは、在宅でも参加することができます。 在宅モニターの報酬の相場は約1~10万円と幅広く、副作用などデメリットが多いほど跳ね上がるのが特徴です。 ただし、何回か通院する必要があり、在宅で業務を完結させることはできません。 決して安全な仕事ではありませんが高報酬で手間もかからないので、健康に自信がある人にはおすすめです。 治験サイトの中ではなどが有名なので、大手を使っておいた方がいいですよー!.

次の

コロナ禍で、副業の時代がようやくやってくるぞ/猪口 真(INSIGHT NOW!)各社がリモートワークの推進を進めているが…|dメニューニュース(NTTドコモ)

コロナ 副業

関連記事• 日本能率協会は新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるビジネスパーソンの仕事に対する意識変化の調査報告書を公開した。 今回初めて在宅勤務制度を経験した人の8割がコロナ後も制度継続を望む。 さくらインターネットと静岡県長泉町、テクノプロ・ホールディングス、デジタルツインズ、ブロードバンドタワーは2020年4月28日、「スーパーテレワーク・コンソーシアム」の設立に向けて基本合意したと発表した。 組織体はインターネット協会に置き、2020年度中の設立を目指す。 ビズリーチが「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、働き方やキャリア観、転職活動への影響」に関する調査結果を発表した。 「キャリア観が変化した」と56%が回答し、そのうち92%が「企業に依存せず自律的なキャリア形成が必要」と考えていた。 VUCAの時代を迎える中、製造業のエンジニアという職業は安泰なのだろうか。 2008年のリーマンショックも現在の新型コロナショックと同様に厳しい状況にあったが、そのときエンジニアの強みになっていたのは「コンサルティング力」だった。 NVIDIAは、利用が急増するテレワークを題材としたオンラインセミナー「急務 BCP(事業継続)対策! パンデミックでの緊急出社制限で露呈 すべての業務を継続できるテレワークを実現するには!」を開催し、同社の仮想GPU(vGPU)ソリューションの有効性について説いた。 ITエンジニアのキャリア支援サイト「Forkwell」が「ITエンジニアのリモートワーク事情」についてのアンケート調査結果を発表した。 所属する企業のリモート制度に「満足」と回答した人は50. 9%で、「満足していない」は43. 3%だった。 関連リンク•

次の