パラ リーガル 資格。 パラリーガルになるには?向いている人やキャリアアップ・仕事内容について紹介!

パラリーガルが解説する、「パラリーガルとは?」事務職との違いや年収を紹介!

パラ リーガル 資格

パラリーガルになるために必要な資格や経験など 将来パラリーガルとして働きたい場合、どのような資格や経験が必要なのでしょう。 本気でパラリーガルを目指すのであれば、早めに資格の勉強を進めておくなど、準備をすすめておきたいですよね。 ここでは、パラリーガルになるために必要な資格や経験、また、パラリーガルの仕事内容などについてご紹介します。 特定の資格はあるのか 医師や看護師、幼稚園教諭といったような、パラリーガルになるために取得しておかなければならない資格はありません。 求人の採用条件として資格取得が基準に設けられている場合はありますが、基本的にはパラリーガルは学歴や資格がなくてもなることが可能です。 未経験でもパラリーガルになれる? パラリーガルというと大学では法学部で学び、法律の知識をある程度もっておかなければならないのではないかと思われがちです。 しかし、結論からも仕上げますと、未経験でもパラリーガルになることは可能です。 まったく法律の知識がなくても、弁護士秘書として業務をこなし、そこから法律関係の知識や経験を積み、パラリーガルになる人も多くいます。 関連相談• パラリーガルの仕事内容や活躍の場をチェック パラリーガルの主な仕事内容や、実際に働く職場について詳しくお話をしていきましょう。 パラリーガルの仕事内容 弁護士の指示を受け、法律に関した事務処理を行うことが、パラリーガルの仕事です。 このような仕事は「リーガルアシスタント」と呼ばれています。 主な仕事内容としては、契約書や訴状のドラフト作成、判例の検索、契約書の翻訳など、法律事務がメインです。 また、勤務先によっては、来客の応対や、秘書業務などを任される場合もあります。 パラリーガルの主な勤務先 これまでにもお話している通り、パラリーガルの仕事というのは弁護士などの法律家のアシスタントをすることがメインとなりますので、主な勤務先は法律系の事務所が多いです。 弁護士事務所はもちろんのこと、行政書士事務所、司法書士事務所、社会保険労務士事務所などが挙げられます。 また近年では、一般企業の法務部、そして行政機関や政府機関での法律に関する部署、銀行といった勤務先で働くパラリーガルも増えています。 関連相談• パラリーガルの魅力や向いている人の特徴 では、パラリーガルの魅力とは、どのようなものなのでしょうか。 また、どのような人がパラリーガルに向いているといえるのでしょうか。 パラリーガルに向いている人の特徴をまとめました。 パラリーガルの魅力 パラリーガルの魅力は大きく2つあります。 まず、社会的意義のある仕事に就くことができるという点です。 法律事務所を訪れる人は、何かしらのトラブルを抱えて困っている人ですので、そのような人の人権を守り、社会正義の実現を目指すことに携わることができるという点は、非常に魅力的でしょう。 そして、クライアントから感謝の気持ちを伝えられた際には、大きなやりがいを感じられる瞬間となります。 2つめは、パラリーガルの仕事は、法律事務がメインです。 この法律事務という業務には細かなルールが数多くあります。 裁判所への手続きや書面など、ミスが許されず、クライアントの人生を大きく左右させてしまうような手続きも含まれます。 ですが、その中で経験を積んで専門的な知識を得ていくことで、確実にキャリアを積むことができるという点は、パラリーガルの魅力でしょう。 難しい書類を作成できるほど経験が豊富になれば、転職もしやすいです。 パラリーガルに向いている人 パラリーガルという仕事そのものが弁護士をサポートする仕事なので、リーダーになりたいという人よりも、リーダーをサポートする役が合っていると感じている人は、パラリーガルに向いているといえます。 また、クライアントは問題を抱えている人ですので、そのような気持ちに寄り添うことができる人や、コミュニケーション能力が高い人も、パラリーガルに向いているといえます。 さらに、法律に関する専門性の高い業務でも、積極的に勉強をして知識を高めようとする向上心の高い人も、パラリーガルの素質があるでしょう。 関連相談• 【必見】パラリーガルの採用に有利な資格・通信講座一覧 パラリーガルになるためには資格は必ずしも必要ではありません。 ところが近年、パラリーガルになりたいと考える人が増えてきているため、採用条件として資格を取得していることを掲げているところがあります。 では、採用に有利な資格とはどういった資格なのでしょうか。 通信講座についても併せてご紹介します。 日弁連主催の認定試験 日弁連主催の認定試験は、職務経験者を対象としている資格になりますが、職務経験さえあれば受験することができます。 もしも職務経験がない場合は、ビジネス実務法務検定試験や、ビジネスコンプライアンス検定などを取得しておくと、日弁連主催の認定試験と同じようにアピールポイントとなるでしょう。 JLAAの講座 JLAAは資格試験ではなく、講座を受講するかたちです。 初級、中級、上級の3つのレベルがあり、自分のレベルに応じて受講することができます。 パラリーガルとしての業務に就くための知識などを身に着けることができるので、実際にパラリーガルとして働く際に非常に役立つ内容になっています。

次の

パラリーガルになるには? 資格・キャリアパス・向いている人の特徴を解説

パラ リーガル 資格

パラリーガルとして仕事をする上では、特にありません。 国家資格には、法律に関連する資格がいくつかあります。 どれも、試験内容に法律が絡んでくることから、勉強して合格することで一定の知識を得ることができます。 その知識を、パラリーガル業務に活かすことは可能です。 ただ、資格をパラリーガルとして活用することはできません。 なぜなら、活用するということは登録してその資格を名乗ることになるからです。 例えば、行政書士であれば行政書士会に登録して行政書士として仕事をすることになります。 その時点で、パラリーガルではなく行政書士になるのです。 したがって、資格そのものをパラリーガルとして活かすということはありません。 しかし、パラリーガルとしての経験をその資格の仕事に活かすことはできます。 パラリーガルの仕事が、そのままその資格の仕事だったりするからです。 以下、パラリーガルの仕事がその資格の仕事に活かせるのかという視点で、それぞれの資格との関連性をご説明します。 宅地建物取引士は、不動産取引に関する専門家です。 法律資格の登竜門と呼ばれていますね。 不動産会社などで、重要事項を説明できるのは宅地建物取引士だけです。 また、不動産会社は従業員の5人に1人の割合で宅地建物取引士の資格を持っている者を置かなければなりません。 不動産会社で働くのであれば必須の資格と言っていいでしょう。 パラリーガルの仕事においては、知識として役立ちます。 試験科目には、少ないですが民法も入っていますし、宅建業法についても知っていれば役に立つこともあるかと思います。 ただ、パラリーガルの仕事との関連はほぼないです。 法律資格の入口の試験として、受験してみるのがいいですね。 資格を活かしたいのであれば、不動産会社に就職するのが間違いありません。 行政書士は、書類作成の専門家です。 特に、許認可申請を専門としてします。 書類作成の対象が非常に広いため、特定の分野に特化していることがほとんどです。 例えば、建設業の許認可や車庫証明などです。 最近では、相続分野などを手掛ける行政書士も増えてきました。 試験内容も、憲法、行政法、民法、商法と範囲が広いです。 パラリーガルの仕事とも関連します。 例えば、相続人の調査はパラリーガルの仕事の一つですが、行政書士の仕事でもあります。 将来、行政書士として相続分野を取り扱いたいのであれば、パラリーガルとしての経験が役に立つでしょう。 また、法律事務所によっては行政書士として雇用したり、グループ会社に行政書士法人があったりします。 希望すれば、行政書士として働くことも可能かもしれません。 労働事件などは、関りがあります。 社会保険労務士は、労働や社会保険などに関する専門家です。 個別労働紛争の代理人になることもできます。 労働事件を扱っている法律事務所は多いので、パラリーガルの仕事にも関連することが多いです。 不当解雇や残業代請求など、社会保険労務士の知識を活用する機会があります。 パラリーガルとして、労働事件を多く処理していれば、社会保険労務士として独立する際にも役に立つでしょう。 また、行政書士と同様に法律事務所内で社会保険労務士として雇用されたり、グループ会社に社会保険労務士法人があったりします。 社会保険労務士は、バックオフィス業務でも役に立ちます。 人事労務などですね。 社会保険労務士の資格を活用したいのであれば、バックオフィスとして働いたほうが可能性が広がるかもしれません。 140万という範囲が決まっていますが、可能です。 司法書士は、登記や供託に関する専門家です。 また、一定の要件を満たせば簡裁訴訟代理権を得ることができるので、140万円までの事件であれば弁護士のような代理人になることも可能です。 超難関資格の一つですね。 登記業務は、パラリーガルの仕事としてはほとんど発生しません。 供託は、パラリーガルの仕事としてしばしば発生する業務なので、司法書士になった際にも役に立つでしょう。 また、債務整理は司法書士も行うことが可能なので、パラリーガルとして債務整理業務を経験していれば、大いに活かすことができます。 ただし、140万円までという制約はあります。 自己破産や個人再生は、司法書士も書類作成代理人として関わることが可能です。 行政書士や社会保険労務士と同様、法律事務所内で雇用されたり、グループ会社に司法書士法人があったりします。 行政書士や社会保険労務士よりも、確率的には高いです。 なぜなら、登記業務があるからです。 相続事件などでは、かなりの確率で相続登記が発生します。 登記業務ができる司法書士がいれば、ワンストップサービスを提供することができるのです。 同じ理由で、税理士法人をグループ会社に置いているケースも多いですね。 相続事件では、相続税も避けては通れない問題ですから。 司法書士に合格したのであれば、司法書士として働いたほうがいいでしょう。 まとめ 上記以外にも、税理士や弁理士といった資格もありますが、パラリーガルの仕事とはかけ離れているため割愛しました。 パラリーガルとしてずっと働きたいのであれば、必ずしも資格を取る必要はありません。 ステップアップの目安として、資格を取るくらいの気持ちでいいと思います。 逆に、資格を取って独立したいという明確な考えがあるのであれば、パラリーガルにならずに最初からその資格で業務を行っている事務所に入ったほうがいいです。 パラリーガルになっても、取りたい資格に関連する業務を行えるとは限らないからです。 よく、独立しても稼げないという話がありますが、それは弁護士であっても変わりません。 独立して仕事をするということは、自分で仕事を取ってこなければなりません。 経営に関する知識も必要です。 パラリーガルの仕事を一生の仕事にするのか、資格を取って独立するのか、全く別の道にはなりますが、資格を取っておけば選択肢が広がります。 取っておいても無駄にはならないので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

パラリーガルの仕事内容

パラ リーガル 資格

パラリーガルになるために必要な資格や経験など 将来パラリーガルとして働きたい場合、どのような資格や経験が必要なのでしょう。 本気でパラリーガルを目指すのであれば、早めに資格の勉強を進めておくなど、準備をすすめておきたいですよね。 ここでは、パラリーガルになるために必要な資格や経験、また、パラリーガルの仕事内容などについてご紹介します。 特定の資格はあるのか 医師や看護師、幼稚園教諭といったような、パラリーガルになるために取得しておかなければならない資格はありません。 求人の採用条件として資格取得が基準に設けられている場合はありますが、基本的にはパラリーガルは学歴や資格がなくてもなることが可能です。 未経験でもパラリーガルになれる? パラリーガルというと大学では法学部で学び、法律の知識をある程度もっておかなければならないのではないかと思われがちです。 しかし、結論からも仕上げますと、未経験でもパラリーガルになることは可能です。 まったく法律の知識がなくても、弁護士秘書として業務をこなし、そこから法律関係の知識や経験を積み、パラリーガルになる人も多くいます。 関連相談• パラリーガルの仕事内容や活躍の場をチェック パラリーガルの主な仕事内容や、実際に働く職場について詳しくお話をしていきましょう。 パラリーガルの仕事内容 弁護士の指示を受け、法律に関した事務処理を行うことが、パラリーガルの仕事です。 このような仕事は「リーガルアシスタント」と呼ばれています。 主な仕事内容としては、契約書や訴状のドラフト作成、判例の検索、契約書の翻訳など、法律事務がメインです。 また、勤務先によっては、来客の応対や、秘書業務などを任される場合もあります。 パラリーガルの主な勤務先 これまでにもお話している通り、パラリーガルの仕事というのは弁護士などの法律家のアシスタントをすることがメインとなりますので、主な勤務先は法律系の事務所が多いです。 弁護士事務所はもちろんのこと、行政書士事務所、司法書士事務所、社会保険労務士事務所などが挙げられます。 また近年では、一般企業の法務部、そして行政機関や政府機関での法律に関する部署、銀行といった勤務先で働くパラリーガルも増えています。 関連相談• パラリーガルの魅力や向いている人の特徴 では、パラリーガルの魅力とは、どのようなものなのでしょうか。 また、どのような人がパラリーガルに向いているといえるのでしょうか。 パラリーガルに向いている人の特徴をまとめました。 パラリーガルの魅力 パラリーガルの魅力は大きく2つあります。 まず、社会的意義のある仕事に就くことができるという点です。 法律事務所を訪れる人は、何かしらのトラブルを抱えて困っている人ですので、そのような人の人権を守り、社会正義の実現を目指すことに携わることができるという点は、非常に魅力的でしょう。 そして、クライアントから感謝の気持ちを伝えられた際には、大きなやりがいを感じられる瞬間となります。 2つめは、パラリーガルの仕事は、法律事務がメインです。 この法律事務という業務には細かなルールが数多くあります。 裁判所への手続きや書面など、ミスが許されず、クライアントの人生を大きく左右させてしまうような手続きも含まれます。 ですが、その中で経験を積んで専門的な知識を得ていくことで、確実にキャリアを積むことができるという点は、パラリーガルの魅力でしょう。 難しい書類を作成できるほど経験が豊富になれば、転職もしやすいです。 パラリーガルに向いている人 パラリーガルという仕事そのものが弁護士をサポートする仕事なので、リーダーになりたいという人よりも、リーダーをサポートする役が合っていると感じている人は、パラリーガルに向いているといえます。 また、クライアントは問題を抱えている人ですので、そのような気持ちに寄り添うことができる人や、コミュニケーション能力が高い人も、パラリーガルに向いているといえます。 さらに、法律に関する専門性の高い業務でも、積極的に勉強をして知識を高めようとする向上心の高い人も、パラリーガルの素質があるでしょう。 関連相談• 【必見】パラリーガルの採用に有利な資格・通信講座一覧 パラリーガルになるためには資格は必ずしも必要ではありません。 ところが近年、パラリーガルになりたいと考える人が増えてきているため、採用条件として資格を取得していることを掲げているところがあります。 では、採用に有利な資格とはどういった資格なのでしょうか。 通信講座についても併せてご紹介します。 日弁連主催の認定試験 日弁連主催の認定試験は、職務経験者を対象としている資格になりますが、職務経験さえあれば受験することができます。 もしも職務経験がない場合は、ビジネス実務法務検定試験や、ビジネスコンプライアンス検定などを取得しておくと、日弁連主催の認定試験と同じようにアピールポイントとなるでしょう。 JLAAの講座 JLAAは資格試験ではなく、講座を受講するかたちです。 初級、中級、上級の3つのレベルがあり、自分のレベルに応じて受講することができます。 パラリーガルとしての業務に就くための知識などを身に着けることができるので、実際にパラリーガルとして働く際に非常に役立つ内容になっています。

次の