ポケモンgo カイリュー。 【ポケモンGO】カイリュー対策!レイド攻略におすすめのポケモン

【ポケモンGO】カイリューのレベル別CPと個体値一覧

ポケモンgo カイリュー

ウインディ:かえんほうしゃ• ニョロボン:マッドショット• カイリキー:クロスチョップ• ゴローニャ:げんしのちから• ゲンガー:シャドークロー• ナッシー:ねんりき• カイロス:れんぞくぎり• ギャラドス:りゅうのいぶき、たつまき• カビゴン:のしかかり• カイリュー:りゅうのいぶき、ドラゴンクロー 今後もレガシー技の復活は徐々に進められていくようなので、今回復活しなかった技もそのうち復活しそうですね! 特に注目のポケモンは? 今回の技復活で特に注目のポケモンを紹介します。 シャドークローゲンガー 全通常技の中でトップクラスでゲージを溜めるスピードが早い「 マッドショット」は、ニョロボンが使用する「 グロウパンチ」と非常に相性が良く、主にである「 」「 」戦で非常に役立ちます。

次の

カイリュー

ポケモンgo カイリュー

カイリュー ドラゴンポケモン ぜんこくNo. 149 アローラNo. USUM 381 アローラNo. SM 283 高さ 2. 2m 重さ• 210. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Dragonite タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30で『ミニリュウ』から進化• 55で『ハクリュー』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• 釣り ミニリュウ呼出 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• ミニリュウ呼出 主な入手方法 SM• なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 交代しても効果は続く。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けず、相手は行動できない。 『ひこう』タイプのポケモンはダメージを受けない。 相手が体重200kg以上の場合は失敗する。 通常攻撃。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代しても効果は続く。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 USUM New! 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 [ミニリュウ:HGSSもしくはVC版クリスタルにて、イブキに勝利後、『りゅうのあな』中央の祠にいる長老の質問に正しく答え、『りゅうのあな』に入り直すと『しんそく』を覚えた『ミニリュウ』がもらえる。 質問は順番に、「てした」以外、「インチキ」以外、「よわいひと」以外、「ぼうりょく」以外、そして最後の質問は「どっちも」と答える。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の

【ポケモンGO】カイリューのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモンgo カイリュー

カイリューのおすすめ技考察!強い点や弱い点、使用感まとめ 目次• カイリューの性能・特徴 カイリューの種族値 種族値 順位 HP 182 33位/251匹 攻撃 263 3位/251匹 防御 201 41位/251匹 攻撃が未実装のミュウツーとフーディンに伝説を含めた251匹の中で3位。 フーディンはHPが極端に低い点や、優秀なドラゴン技を覚えることから現環境で最強のアタッカーポケモンです。 連戦を考えると回避は重要 カイリューが覚えるドラゴンタイプの技は「いまひとつ」になるのがフェアリー・はがねタイプの2つのみ。 フェアリー・はがねタイプにバトル向きのポケモンが少ないので、ジムに配置されやすいポケモンのほとんどに等倍以上で攻撃ができます。 それゆえ、連戦になることも多く1体で多くのポケモンと戦うことになることを考えると攻撃を回避することが重要になります。 通常技の比較 通常攻撃一覧 わざ名 タイプ 威力 DPS EPS りゅうのいぶき (現在入手不可) ドラゴン 6 15 8 ドラゴンテール ドラゴン 15 17 8. 2 はがねのつばさ はがね 11 13. 7 7. 5 りゅうのいぶき(現在入手不可) DPS(ダメージ効率)もEPS ゲージ増加量)もバランス良く高く、ドラゴンタイプで一致している上に回避のしやすさも1番。 ドラゴンテール 連打した時にDPSとEPSが最も高い技。 モーションがもっさりしているため、同じドラゴンタイプの「りゅうのいぶき」と比べると避けながら攻撃するプレイスタイルには向いていません。 タイプ一致で1発毎のダメージが大きいので防衛向きです。 連戦で使う機会が他のポケモンより多く、被ダメをなるべく最小限にしたいカイリューとはあまりマッチしていない技です。 りゅうのいぶきとは違ったプレイスタイルで戦う必要があります。 はがねのつばさ EPSが一番低く、タイプ一致でないためDPSも一番下です。 現在入手できるドラゴンテールと比較すると、回避しやすい点が優れています。 以前よりだいぶ使いやすくなり、「りゅうのいぶき」と使い勝手が似た感じになりましたが、カイリューとタイプ一致でない点やゲージ技と一致しない点、DPS・EPSを見ても「りゅうのいぶき」の下位互換と言えます。 ゲージ技の比較 ゲージ攻撃一覧 わざ名 タイプ 威力 DPS ゲージ はかいこうせん ノーマル 150 31. 2 げきりん ドラゴン 110 28 ぼうふう ひこう 110 37. 1 はかいこうせん 威力は高いものの、タイプ一致ではなく、硬直が長いため技単体で見てもカイリューの技としては1番合っていません。 またオーバーキルにもなりやすく、無駄になるダメージも出やすいです。 硬直時間は「りゅうのはどう」とさほど変わらないため、りゅうのはどうの上位互換と言える技です。 技単体で見ると威力が優秀な反面、被ダメが増えやすい技です。 ぼうふう ゲージ1つで威力110と低めな分、技の発動が速く回避しやすい点が優秀です。 カイリューとタイプ一致なので補正が入り、DPSが高いです。 現在覚えるゲージ技で一番被ダメを抑えやすいです。 技構成について ドラゴンテール・はかいこうせん 火力はあるけど全体的にモーションが遅く、被ダメが多くなりがち。 技同士のタイプも一致していないので、育成はあまりおすすめしません。 ドラゴンテール・げきりん 現在カイリューが覚える技で、カイリューとタイプ一致で2つの技同士のタイプも一致した構成です。 カイリューが以前覚えた技構成も含めて、回避無しの連打プレイでは最強。 ハピナス1体のジムやなど、特定の1体を速攻で落としたい場合に使えます。 「りゅうのいぶき・ドラゴンクロー」のような回避プレイには向きません。 威力が高く、防衛配置にもおすすめな構成です。 ドラゴンテール・ぼうふう 2つの技のタイプは違えど、どちらもカイリューとタイプ一致なのでカイリューの持ち技としては当たり。 ドラゴンテールはもっさりしていますが、ぼうふうは1ゲージで発動モーションが短く、DPSが高いのでかなり優秀です。 特に、かくとう・むし・くさポケモン相手には一番の当たりと言えます。 はがねのつばさ・はかいこうせん 唯一どちらの技もカイリューのタイプ一致ではない構成。 以前より使いやすくなったものの、カイリューの全技構成で1番のハズレです。 はがねのつばさ・げきりん タイプ一致ではないですが、被ダメを抑えつつげきりんを使うことができます。 使い勝手は「りゅうのいぶき・りゅうのはどう」と似た感じになりますが、ドラゴンタイプで一致した息吹・波動の方が優秀です。 はがねのつばさ・ぼうふう 現在覚える技で相手の攻撃を最も回避しやすい構成です。 ひこう技で攻撃したい場合には使えるかもしれませんが、「はがねのつばさ」がタイプ一致してない上に、ぼうふうともタイプが違うので技構成としては微妙です。 技マシン追加後の厳選は!? 新たに追加された技構成• りゅうのいぶき・げきりん• りゅうのいぶき・ぼうふう• ドラゴンテール・ドラゴンクロー• ドラゴンテール・りゅうのはどう 新たに入手可能になった技構成は4つです。 どれもタイプ一致で強力な技構成ですが、注目なのは「りゅうのいぶき・げきりん」と「ドラゴンテール・ドラゴンクロー」です。 「ドラゴンテール・げきりん」よりも回避性能が増していて、被ダメを抑えやすくなっています。 「はがねのつばさ・ドラゴンクロー」を入手していれば、わざマシンノーマルで確定でテール・クローは作れます。 「げきりん」と「りゅうのはどう」を比べると発動時間があまり変わらず、げきりんの方が威力・DPSが高いので、上記の4つの中で「ドラゴンテール・りゅうのはどう」だけは作らなくても良いでしょう。 そのため、タイプ一致ではない「はがねのつばさ」でも弱点を突いていった方が、ダメージを与えやすくなります。 しかし、はがねのつばさで弱点を突けるタイプはいわ・こおり・フェアリータイプの3つで、 全てカイリューが苦手とするタイプ です。 これらの相性が悪いタイプには他のポケモンでの攻略が望ましいため、技自体は使いやすいですが「はがねのつばさ」はわざマシンで変更してしまって問題ないでしょう。 反対にジムに配置する要員としては、こおりタイプのラプラスやいわタイプのバンギラスの弱点を突けるのでおすすめです。 まとめ!編集部おすすめ技ランキング 編集部おすすめ技ランキング 順位 技構成 おすすめ理由 1 りゅうのいぶき げきりん 回避しやすく、コンボDPSも高い(全構成2位) ジムでもレイドでもおすすめ! 2 ドラゴンテール げきりん コンボDPSが最も高いので、回避無し連打最強 3 りゅうのいぶき ドラゴンクロー 全構成で最も回避しやすい 4 りゅうのいぶき (ドラゴンテール) ぼうふう レイドカイリキー用 ドラゴンタイプの技はフェアリー・はがねタイプ以外等倍で戦うことができるので、ドラゴンタイプで一致したカイリューの汎用性は高いです。 その中でもDPS1位のてるりんにDPSで劣る分回避しやすい「りゅうのいぶき・げきりん」が最もおすすめです。 りゅうのいぶき・げきりんを使うと、てるりんはかなり使い勝手が悪く感じました! レイドバトルでは火力で押し切るスタイルが有効なので、できれば両方入手しておくのがおすすめです。 あくまで個人的な使用感ですが、• りゅうのいぶき・げきりん(ドラゴン技で攻撃用)• 第三世代• 伝説のポケモン• おすすめ攻略情報• レイドバトル攻略• ジムバトル攻略• ランキング• データベース• 各世代別ポケモン図鑑• タイプ別ポケモン一覧• タイプ別わざ一覧• 初心者向け攻略情報• 掲示板•

次の