ルパン レベッカ ステージ。 ルパン三世 PART5

【最強の美女はどっち!?】レベッカと不二子のスペック比較【ルパン三世】

ルパン レベッカ ステージ

製作 [ ] から2年ぶりとなる本作は、ルパン三世の祖父が活躍した国・が主な舞台となっており 、PART4に関わった監督などが中核として引き続き起用されている。 また、PART4と同じくを(以下「テレコム」)が担当している。 なお、TVシリーズでは初となるが用いられている。 PART5の舞台がフランスとなった経緯は、PART4終了から期間がそれほど空いておらず、同作から地続き感のあるドラマを感じてもらうためであるほか、その最終話でイタリアから旅立ったルパンたちが現在もヨーロッパに滞在しており、アルセーヌ・ルパンの生まれた地であるフランスを拠点にしている流れを作りたかったためである。 さらに、主要スタッフの多くはPART4から引き継がれており、制作現場もテレコムであった経緯も絡んでいる。 そのため、PART5におけるルパンのジャケットの色はPART4と同様に青に設定されている。 キャラクターデザインはPART4から大きな変更はないが、現代を描くにあたってPART4における強弱のある線から、PART5では少しスッキリした線に変更された。 シリーズ構成・脚本にはが初起用され、設定考証は『Lupin the Thirdシリーズ』にて設定考証を務めた白土晴一が務める。 大河内の起用は、彼がトムス・エンタテインメント制作の映画『』に参加した際、PART5にて企画開発を務めている鈴木常泰がシリーズ構成として大河内を誘い入れたことによる。 大河内は最初、「今までの『ルパン』とは違う新生『ルパン』にする」という企画書を制作陣に提出した。 これに、長年『ルパン三世』に関わってきたスタッフたちは驚き、警戒する者もいたという。 そんな中、大河内の提案は監督の矢野雄一郎には前向きに受け入れられ、大河内は「現代の新しいルパン」を目指しながらも「これまでのシリーズを全肯定する」シナリオになるように取り組んだ。 今回、大河内が「現代のルパン」を作ることを企画の要としたのは、今までルパンを観たことがない若い層に観てもらえる作品にするため、舞台を21世紀の現代としてルパンたちがなどのを駆使して「お宝」を盗む、本作のキーキャラクターにも「天才少女」が登場するなど、「デジタル」や「」が物語の重要な要素となっている。 また、旧来のファンにも楽しんでもらうために「これまでのシリーズを全肯定する」シナリオを目指し、原作漫画や過去のアニメシリーズのキャラクターが登場するなど、さまざまな取り組みがなされている。 これらの取り組みは、最終的にスタッフたちから好評を得た。 クリエイティブプロデューサーの浄園祐は大河内のシナリオを称賛しており、「もっと早くに出会いたかった」「今作はルパンシリーズの分岐点になるという手ごたえを感じる」と評している。 これまでのシリーズは1話完結が基本だったが、本作は4本の中編と7本の1話完結型のエピソードで構成されており、中編では各話のラストで次回への引きが入る構成になっている。 中編エピソードの脚本は「EPISODE I」「EPISODE III」「EPISODE IV」を大河内、「EPISODE II」を、1話完結型エピソードの脚本は副監督の酒向大輔をはじめ、、、、、がそれぞれ務め、大河内も参加した。 1話完結型エピソードではそれぞれのルパン像が描かれている。 TVシリーズでは各シリーズごとにルパンのジャケットの色が変わっていたが、本作では過去のシリーズの歴史を全肯定する意味で基本となる「現代のルパン」はPART4と同じ青系統のものと設定しており、脚本に合わせて風の赤ジャケットや風のピンクジャケットなど、過去の作風のルパンが登場する。 また、キャラクターデザインや背景イメージも当時のスタッフが参加するなど、エピソードに合わせて異なる演出を盛り込んでいる。 音楽はこれまでのシリーズと同様が担当。 180曲以上の書き下ろし曲のほかに、「デンジャラス・ゾーン」や「マグナム・ダンス」、「恋はサンパウロ」などTV第2シリーズのBGMのアレンジ版やPART4のBGMも使用されている。 2018年6月には、シリーズレギュラーのエンゾ・ブロン役として俳優のが出演することが発表された。 上川はすでに本作の第1話に同役で出演していたが、その時点ではノンクレジットであった。 あらすじ [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物 [ ] レギュラー [ ] レギュラーキャラクターの衣装デザインは若干の変更はあるものの、基本的に前シリーズ『』を踏襲。 (声 - ) アルセーヌ・ルパンを祖父に持つ神出鬼没の大泥棒である主人公。 今作では今まで以上により謎に包まれた人物として扱われている。 他の4人との複雑ながらも特別な関係が描かれ、IQ300に恥じない頭脳を見せる。 本シリーズでは 青のジャケットを着用。 (声 - ) お馴染みのルパンの相棒で凄腕の早撃ちガンマン。 本作でも歯医者が嫌いな為、虫歯が悩みである。 今のデジタルについていけない部分があり、終盤では、ヒトログの情報量に苦戦する。 (声 - ) 斬鉄剣を愛用する居合い斬りの達人。 かつてはルパンとは敵対関係で今では仲間であるが終盤でヒトログによってルパンにとっての自分に苦悩し、そのことをエンゾに漬け込まれてしまう。 (声 - ) 自他共に認める自分の欲望に忠実な女盗賊。 今作ではルパン達を裏切る描写が少ないが回を追うごとにルパンとの複雑な関係が描かれ、そのことをルパンに問いかける。 (声 - ) ルパンの永遠のライバルである敏腕警部。 いつものようにルパン逮捕に燃えるがルパン・ゲームで命を狙われるルパンを助けたり、不二子にルパンとの関係を聞くなどルパン一味とは敵ながらも強い信頼関係を持ち、終盤ではいつかルパンを友として一緒に酒を飲みたいと語っている。 今作オリジナルレギュラー [ ] PART5より登場するメインキャラクターたちは原作者のモンキー・パンチが「これからも生き続け、長くルパンたちに関わってくるキャラクターを作りたい」という願いから制作されている。 メインキャラクター [ ] アミ・エナン 声 - EPISODE Iより登場。 EPISODE Iのキーキャラクター。 ある事情からルパンたちが潜入したメガ・サーバー施設で出会った少女。 デジタルスキルにおいては比類なき能力を持ち、「アンダーワールド」という名前のハッカーとしても知られる。 その一方、おしゃれや人付き合いなどは苦手。 ルパン一味や銭形との交流で感情豊かになり、性格も少しずつ明るくなっていく。 6歳の時にキッズポルノの業者に誘拐されたが、プログラミング能力が高かったため、ハッキングの仕事をやらされるようになった。 他人から呼ばれるファーストネームのイントネーションには拘りがあり、間違うと数回に一度は訂正する。 ルパンの事を気に掛けている模様でルパンの前で赤くなることがあるが、ルパンが不二子に好意を抱いていることも知っている。 EPISODE IIIではアヌシー学院に寄宿しており、銭形とはメールで近況のやり取りをしている。 アヌシー学院で寄宿・留学していたドルマと気が合い親友となる。 EPISODE IVではエンゾ・ブロンが父親であることを告白し、心のどこかで父との再会を願っていることも話した。 母親は日本人(未登場)であり、アミの名前の由来は「網(NET)」であることが判明し、その後は銭形によって保護された。 アルベール・ダンドレジー 声 - EPISODE IIより登場。 EPISODE IIのキーキャラクター。 フランス司法警察中央局局長。 階級は警視。 性格は冷静沈着、冷酷無比で声帯模写を得意とする。 また、。 ルパンとは旧知共に因縁の関係にあり 、ルパンの行状や素行などをよく熟知している。 ルパンと「ルパン三世」の継承者争いをした。 キービジュアル第1弾でもルパンと並び立つなど、本シリーズにおける重要なキーパーソンの一人。 EPISODE IIIでは「安全保障事務局長」として、フランスの現政権中枢に提言できる立場に昇進している模様。 八咫烏 五郎(やたがらす ごろう) 声 - EPISODE Iより登場。 に配属され、銭形の部下となった駆け出しの刑事。 銭形を心から慕っており、性格も「熱血・正義・直情径行」の三拍子が揃って相性も良い。 銭形からは「やた」という愛称で呼ばれている。 銭形を尊敬し、警察官としての能力を高く評価しているが故に、彼の刑事としてのキャリアがルパン専任捜査官に就任して以降止まったままであることを嘆いており、いつまでも捕まることのないルパンを激しく敵視するだけでなく、ルパン担当を銭形一人に押し付けたも同然であるICPOの上層部にも内心反感を抱いている。 EPISODE IVにて、ようやくルパンが逮捕されたと思っていたが、ICPOの上司は自分の手柄であるかのようにマスコミに表明し、マスコミもまたヒトログのおかげで逮捕できたと考え、銭形の努力は結局評価されないという現実に直面する。 その後も銭形と共にルパン一味を追うこととなった。 エンゾ・ブロン 声 - 第1話冒頭より登場(本格的な登場はEPISODE IIIから)。 EPISODE IVのキーキャラクター。 巨大IT企業「SHAKEHANZ」社の創設者。 パダール国王・ラジャル・ラハ・シンハの役も担っている。 EPISODE IVにて、自らが生み出した、AIの解析で膨大なデータからあらゆる人間に関する情報を割り出す革命的SNS「ヒトログ」を導入。 システムが完璧なものであることを証明すべく、世界最大のアウトローとされているルパンを標的に定め、世界中でルパンを憎む者達を間接的に扇動して追い込んでいき、遂には仲間の五ェ門や次元までも言葉巧みに誘導。 五ェ門がルパンを斬る形でルパンの逮捕に成功する。 これによってヒトログの情報の信頼性を絶対的なものにするが、脱走したルパン達にそれを逆手に取られてしまい、世界各国の機密情報をヒトログで公開しそれをヒトログがA判定してしまう。 その結果、世界中で暴動寸前の混乱が巻き起こり、今までとは逆に自らの会社が世界中の国家から敵視されることになる。 最終的にヒトログ・SHAKEHANZ社ともども破壊され、ルパンの秘密を知り、いつか再戦する事を告げるもアミを助け、アミの名の由来を嬉々として教えたり、かつての妻のことを話すなど、アミの父親としての人格を取り戻した。 その後、アミと共に銭形に保護された。 リン・ポー 声 - 第1話冒頭より登場(本格的な登場はEPISODE IIIから)。 巨大IT企業SHAKEHANZ社の共同経営者でエンゾのビジネスパートナー。 EPISODE IIIではパダール王国に駐在し、王国のIT化を推進させていた。 エンゾよりも常識的な感覚の持ち主で、不二子とは旧知の間柄か情報を提供している。 EPISODE IVではSHAKEHANZ社の破壊とともにアルベールのブレーンとして拘束され、表向きは死亡したことになっている。 その他のキャラクター [ ] 未亡人 声 - EPISODE Iより登場。 本名は不明。 ルパン達がアジトとして借りているアパートの持ち主で、その一階でガレットのうまいと言われているカフェを経営している。 役名は未亡人だが、ルパン達が部屋を借りて間もない第18話の時点では夫はまだ存命だった。 EPISODE IVにて、ヒトログの影響でルパンが彼女のアパートをアジトにしていた事実が明らかになり、情報に翻弄される市民達から自身もルパンの仲間ではないかと疑われるが、ルパンが彼女を人質にする形で逃走したことでその疑いを免れることになり、自身を助けるための芝居であったという真意に気付く。 その後は、銭形に引き渡されたようで、アパートのテレビでルパンが逮捕された報道を見ていた際は、その無事を祈っていた。 リュカ 声 - EPISODE IIより登場。 フランス司法警察局の捜査官でアルベールの部下。 EPISODE IIではルパンや治安総局の動きを監視していた。 ゲストキャラクター [ ] 第1話 - 第5話「EPISODE I」 [ ] ピーカブー 声 - 本名チャック・グレイ。 闇サイト「マルコポーロ」の幹部。 麻薬の売人で、ネットワークを駆使する知能犯だが、本性は駆け出しのチンピラそのもの。 ルパンとアミに対する報復に固執するあまり自ら墓穴を掘っていく。 チャップチップ 声 - 本名カナル・ロビンソン。 闇サイト「マルコポーロ」の幹部。 常にコープスペイントを施した、メタルロッカー風の男。 3人の中では最も小心で慎重。 ルパンゲームを考案した。 ムームー 声 - 本名ソニア・ブテラ。 闇サイト「マルコポーロ」の幹部。 内心ではピーカブーもチャップチップも見下しており、計画の破綻と同時に早々に撤退を決めていたが、その行動は既に五ェ門に把握されていた。 ネズミ一族 族長 声 - 原作(『』含む)に幾度となく登場するルパン一族とは因縁の組織の族長。 アニメシリーズには今回初登場。 ルパンゲームでは期待度ランキング1位を獲得する。 ルパンの行動を熟知し、暗殺者を工場へおびき寄せようというルパンの策略にははまらなかった。 最後はルパンと一騎打ちするも、ルパンらしい卑怯な手により倒される。 魔山神平 声 - 原作では、暗殺組織・魔山一家の一員で、五ェ門のライバル兼友人。 ユニオンママ 声 - 殺し屋組織ユニオンを率いる女性。 アニメシリーズは2回目の登場(前回の登場は『』第11話「ルビーは血の汗を流す」、詳しくはを参照)。 暗殺者たちが集まるバーで一際存在感を出す。 配下の一郎を使い、五エ門を襲う。 一郎 声 - 殺し屋組織ユニオンの一員。 釣り竿を武器として使う。 五エ門に対し、1本の釣竿では敵わないとみると、両手で2本の釣竿を使って攻撃した。 ラッキー 殺し屋組織ユニオンの一員。 ライダースーツを着た爆弾使い。 アニィ 声 - イモリ 声 - 槍使い。 アニメでは男、原作では男に見える女性。 キング 声 - 不乱剣博士 声 - 死者を操ることができる催眠術使い。 自らもすでに死んでいるが催眠術を自分にかけて生きながらえている。 金閣&銀閣 原作では暗殺団のボスとその弟。 シャードック 原作ではワトソンというコンピューターを使う探偵。 本作でもワトソンへの言及はあるが、それが何なのかは具体的には語られていない。 万屋十完 シャードックの相棒。 骨船長 船乗りの姿をした銛使い。 ミノ虫 蓑虫のように、常にボロ布をまとっている殺し屋。 おやっさん 小柄な殺し屋。 細工が施されたプラカードのようなものを担いでおり、ある物が内蔵されている。 赤奇血汐 原作では金大王の屋敷の警備隊長。 見えなくなる武器を使う。 黒マムシ 第6話「ルパン対天才金庫」 [ ] ヒラメキ(兄) 声 - 父から受け継いだ貧乏な下町工場を営む。 「脳力」を利用した金庫(「脳力」ゼロの者のみ開錠できる)を「兄弟」で発明する。 最終回でも弟と再登場しており、飲み屋でルパンを応援する際、ネズミ吉三と対峙するもエンディングで仲良くなっていた。 ヒラメキ(弟) 声 - 実質的な「脳力」金庫の発明者。 借金返済のため、自分の兄とは逆で高い知能を持つルパンの頭脳を逆手に取った開発した「脳力」金庫の需要を掘り起こすため、ルパンに金庫を開けさせるよう挑戦状を叩きつけ、一度はルパンに勝ったが兄の励ましをヒントに逆手に取られ、金庫を開けられてしまう。 その後、おさかな缶詰を発売し、評判を上げた。 最終回にも再登場している。 頭取 声 - 大東京銀行頭取。 兄弟の発明した金庫を梃に、マスコミを呼び込んでの金庫の安全性をアピールするプロモーションを開催する。 当初は兄弟を「先生」と呼び、アイスを提供するなどゴマをすったが取られはしなかったが金庫を開けられたことで手のひらを返した。 第7話 - 第10話「EPISODE II」 [ ] ガストン 声 - かつて裏世界で「偽造の神様」と言われた老人。 ルパンにとある絵画を盗み出して欲しいと依頼するが、1か月前に死亡していたことが判明する。 ギョーム 声 - 局長。 ガストンから盗みを依頼された絵画を、ルパンの手から奪い去ろうとする。 カミーユ・バルドー 声 - 元フランス司法警察局の捜査官。 一度見ただけで、すべてを一瞬で記憶できる「瞬間記憶術」の能力を擁する。 ガストンとは旧知の間柄。 ティッキー・ファスコ 声 - アルベールと生計を共にしている同性のパートナー。 ジョゼ 声 - ギョームと相通ずるヒゲ面の殺し屋。 左腕の射出可能な義手の掌から高圧電流を発する。 ギョームの命令で「カルネ・ノワール」(黒革の手帳)を奪い返し、ルパンとカミーユを葬り去ろうとする。 雇い主である治安総局を裏切り、カルヴェスと手を組み、テロを引き起こした。 ルブナン ジョゼ配下の仮面の殺し屋。 寡黙で言葉を発さない。 両手に銃を仕込んだを武器とする。 ルパンの持つ黒い手帳を狙う。 クロ 声 - ジョゼ配下の殺し屋。 筋骨隆々の女性。 膝、肘、かかとに鋭い刃を仕込んでいる。 五エ門と対決したときには、斬鉄剣を強靭な歯で受け止めた。 アラニエ 声 - ジョゼ配下の殺し屋の少年。 中性的な容姿で右目にガーゼ眼帯を付け、首や腕などに包帯を巻いている。 伸縮自在のワイヤーの先に金色の矢じりを付けた武器を操り、離れた場所から敵を攻撃する。 カルヴェス 声 - 右派の。 的言動のために選挙戦では遅れを取っていた。 第11話「パブロ・コレクションを走れ」 [ ] パブロ 「パブロ・コレクション」なる物を所有する南米某国の麻薬王。 晩年に失踪し、行方不明となっている。 残党頭 声 - パブロ・ファミリーの残党頭。 パブロが隠し、遺産として残した「パブロ・コレクション」を求めて、ルパンらを執拗に追い狙う。 ゴメス 声 - ボラジル海軍の司令官。 階級は少佐。 ボラジルとバラグアイの国境流域の警備隊を指揮している。 残党頭からルパンらを抹殺するよう依頼される。 残党隊長 声 - 小林操 パブロ・ファミリーの残党隊長。 ルパンらを抹殺するために、ゴベス司令官に援軍を依頼し、共闘をすることを提案する。 第12話「十三代目石川五ェ門散財ス」 [ ] クロエ・カザール 声 - ベルギーの大富豪・アンドレ・レニエの親友。 友情の証にルビーのルースが組み込まれたロケットペンダントを譲り受ける。 ルパンのターゲット。 ジャン 声 - 忍者姿のコスプレをした少年。 実家が民宿を経営している。 ママの言いつけで、事あるごとに五ェ門に暴利を要求する。 「クロエ」の事を気にかけている。 ブルーノ 声 - マスカット姿にコスプレしたシレナ・セキュリティの警備員で、ビストロ・カザールの警備担当。 クロエ・カザールについて何か把握している模様。 イネス・カザール 声 - 地元の食材しか使用しない「ビストロ・カザール」を営む美人オーナー。 最近引っ越ししてきたようだが、何か訳ありだと噂されている。 第13話 - 第16話「EPISODE III」 [ ] ドルマ 声 - EPISODE III のキーキャラクター。 パダール王国の王女。 王位継承の証である「血と涙の滴」(クォーツシェイプペンダント)の所有者。 アミのいるアヌシー学院に寄宿している。 弓矢の使い手。 ひょんなことからアミと心を通わせるようになる。 母国で起こったクーデターにより、同国の民衆同士が傷つけ合うことに心を痛めている。 マグガイヤ 声 - アヌシー学院の科学教師。 金髪にメガネ姿と飄々とした風貌だが、その正体はの「SAU」(Special Activity Unit)のエージェント。 パダール王国に対し任を負っている模様。 ドルマとの会話では、自身の本名はウーゴで、内戦の起きた小国出身であると明かしている。 テロの際、ドルマを拉致した。 大師教 声 - 原初パダール王国に傾倒する「伝統派」で、「王政回帰」の名のもとにクーデターを引き起し、CIAと共にパダール王国そのものを牛耳ろうと画策している。 「伝統派」とは名ばかりで、権力を欲するだけの俗物。 バーキン 声 - マグガイヤの上官。 大師教が画策するクーデターの支援を行う。 ラジャル・ラハ・シンハ 声 - 第45代・パダール王国国王。 ドルマの父親。 大司教とは逆の立場の「改革派」でエンゾの助言の元「SHAKEHANZ」社と共に、王国の近代化に心血を注いでいる。 第17話「探偵 ジム・バーネット三世の挨拶」 [ ] イザベル・モンバッサン伯爵夫人 声 - 3年前に夫(伯爵)を殺害した犯人を見極めるために、モンバッサン家に伝わるエメラルドリング(テーパーバゲット型)を報酬にルパンに犯人探しを依頼する。 ルパンとは旧知の間柄の模様でファーストネームで呼ばれる仲。 マリー 声 - イザベルのメイド係。 ルパン(ジム・バーネット)の助手の役割を担う。 フレデリック・オートレット 声 - 世界的に名を知られたであり、ジュエリーコレクター。 コレクションに加えたいため、伯爵にエメラルドリングを売却するように迫っていた。 容疑者の一人。 アラン・ディボア 声 - 伯爵の甥。 現在は投資家。 過去に父親が事業に失敗し、多額の借金返済のため伯爵に支援を依頼するが、断られ、その後一家は離散している。 容疑者の一人。 ピエール・シュミット 声 - 警備システム開発会社の元社長。 伯爵にを仕掛けられ、社長の座を追われる。 現在はパソコン修理業を営み、細々と生計を立てている。 容疑者の一人。 フィリップ・ド・モンバッサン伯爵 一代でフランスの警備システム会社を設立し、天才との名声をも欲しいままにし、政界への進出も噂されていたが、3年前にパリ郊外の公園をジョギング中に何者かに射殺される。 第19話「7. 62mmのミラージュ」 [ ] ミラージュ 声 - 超一流のスナイパー。 アフリカ某国の内戦で両親が殺され、難民キャンプに入り養育される。 その後、反政府ゲリラにキャンプを襲撃されたことを契機に、傭兵として従事する。 ジルベルスタインによると正体は「女」だという。 愛用銃は社製「」スナイパーライフル。 難病に犯されていたが、最終回では娘とともにルパンの活躍をパソコンで応援する姿が登場した。 ジルベルスタイン 声 - 不遜で初老の大富豪。 連続無差別狙撃事件の首謀者であり、「ミラージュ」の雇い主。 ルパンとは幾度となく死線を交わらせている因縁の間柄。 そのことを揶揄してかルパンのことを「坊や」と呼ぶ。 ミラージュの「娘」 声 - ミラージュの娘。 母が病に侵され、欧州での治療が必要なために大金を必要としている。 第20話「怪盗銭形」 [ ] ヴァコフ 声 - ロシアのとある田舎町で活動する泥棒。 事故で記憶を失った銭形を保護し、仲間として働かせる。 セリョーガ 声 - ヴァコフの相棒。 保護した銭形にモニエタ(ロシア語でお金、銭の意)という呼び名を付けた。 第21話 - 第24話「EPISODE IV」 [ ] ブリジット 声 - 『』に登場したニクスの三人の娘の一人。 本作ではPART4から少し成長した姿で登場している。 レベッカ・ロッセリーニ 声 - 『』でのヒロインキャラクター。 本作では、トロール船を用意してルパン達に協力した。 ダイアナ 声 - 1995年のTVスペシャル『』でのヒロインキャラクター。 かつての恩を返すため、ルパン達によって引き上げられた黄金の潜水艦でオルグ島にルパンたちを送った。 ネズミ吉三 声 - ネズミ一族の残党。 ルパンを応援するヒラメキ兄弟と殴り合いの喧嘩をするも、エンディングでは和解していた。 ジャック・キング 声 -。 ルパンによって石油会社との密約をヒトログ上に公開されてしまう。 その後SHAKEHANZ社を国家解体を目論むとしてテロ組織に認定し、軍に攻撃を命じた。 用語 [ ] 本項目では当シリーズに登場する各用語について説明する。 ルパン・ゲーム チャップチップが考案し、インターネットを使ってルパンを捕まえるために開催したもの。 これによりルパンは世界中の人々から追われるはめになるが、ゲームに参戦していた「・ファイター」の正体は不二子であった。 ハッピー・デス・デイ 前述のルパン・ゲームに次いでマルコポーロが新たに始めたゲーム。 ターゲットの死亡日を予想し、賭けを行う。 ブワンダ共和国 EPISODE Iの主な舞台となる国。 正確な位置は不明だが地理的状況からに位置すると思われる。 に加盟しておらず 、それを利用してルパン一味はこの国へと逃亡した。 カルネ・ノワール(黒革の手帳) 治安総局やアルベールらが狙っていたポケットサイズの手帳。 中にはフランスの司法・警察官僚の幹部がこれまで行ってきた不正や犯罪のすべてが記述されているという。 パダール王国 の王国。 SHAKEHANZ社と提携して国のIT化を推進する改革派とそれに反発する伝統派の反目が続いており、国の一部では決済やの導入が進んでいる。 の南アジア戦略の橋頭堡とされる。 SHAKEHANZ社 エンゾが創立した世界最大のIT企業。 本社はと呼ばれる南太平洋のオリグ島に置かれており、島内はビルや道路が整備されの様を呈している。 最終的には後述するヒトログの危険性から、アメリカ合衆国から国際テロ組織と認定され島ごとを受けてしまう。 ヒトログ SHAKEHANZ社が提供する革命的。 の解析で膨大なデータからあらゆる人間に関する情報を割り出す。 当初は世界各国で各種サービスに使用されていたが、ルパンが各国の機密情報を流したことで政治・経済的混乱を招いてしまい、ルパンの情報削除など交渉を行ったが決裂し、最終的に軍事制裁で破壊された。 スタッフ [ ]• 原作 -• 監督 - 矢野雄一郎• 副監督 - 酒向大輔• シリーズ構成 -• 設定考証 - 白土晴一• キャラクターデザイン - 横堀久雄• 美術監督 - 清水啓一朗• 美術デザイン - 山子泰弘、金森たみ子• 色彩設計 - 山本智子• 撮影監督 - 宮崎藍子、中小原明典• 編集 - 堀場みどり• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽制作 - 、• 企画プロデュース - 加藤州平• 企画開発 - 鈴木常泰• プロデューサー - 野崎康次、塩出正樹• アニメーションプロデューサー - 堀川優子• クリエイティブプロデューサー - 浄園祐• アニメーション制作 -• 制作 -• 製作・著作 - ルパン三世PART5製作委員会 主題曲 [ ] 本作では峰不二子役の沢城みゆきがエンディングテーマを歌唱する。 各話リスト [ ] 話数 エピソード サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日 ジャケットの色 第1話 EPISODE I 地下塔 ツインタワーの少女 矢野雄一郎 酒向大輔 小山田桂子 高田洋一 白井裕美子 2018年 4月4日 青 第2話 ルパン・ゲーム 矢野雄一郎 大賀まこと 鹿島功光(総) 渡辺裕二 齋藤直子 4月11日 第3話 殺し屋は荒野に集う 酒向大輔 山田卓 小山田桂子 高須美野子 野口寛明 4月18日 第4話 銭形の誇りと砂漠の埃 矢野雄一郎 大賀まこと 鹿島功光(総) 渡辺裕二 4月25日 第5話 悪党の覚悟 佐野隆史 小山田桂子 5月2日 第6話 ルパン対天才金庫 酒向大輔 山田卓 白井裕美子 高田洋一 5月9日 ピンク 第7話 EPISODE II その名はアルベール 富沢信雄 山田卓 小山田桂子 末永宏一 5月16日 青 第8話 黒い手帳は誰の手に 大賀まこと 鹿島功光(総) 北澤精吾 5月23日 第9話 "ルパン"を棄てた男 富沢信雄 富沢信雄 高田洋一 白井裕美子 5月30日 第10話 泥棒と泥棒 矢野雄一郎 土屋康郎 末永宏一 山川宏治 鈴木美咲 6月6日 第11話 パブロ・コレクションを走れ 大河内一楼 堂山卓見 中田博文 堂山卓見 中田博文 6月13日 赤 第12話 十三代目石川五ェ門散財ス 佐野隆史 土屋康郎 末永宏一 田口麻美(補佐) 6月20日 第13話 EPISODE III 弓と王女とテロリスト 大河内一楼 矢野雄一郎 小山田桂子 高須美野子 野口寛明 7月4日 青 第14話 王国の盗み方 佐野隆史 野口寛明 高須美野子 7月11日 第15話 ルパンと彼女の関係 矢野雄一郎 髙田洋一 高須美野子 7月18日 第16話 初恋の話をしよう 佐野隆史 末永宏一 高須美野子 髙田洋一 7月25日 第17話 探偵ジム・バーネット三世の挨拶 辻初樹 江副仁美 仁井宏隆 8月1日 緑 第18話 不二子の置きみやげ 佐野隆史 斉藤啓也 野口寛明 髙田洋一 8月8日 青 第19話 7. 62mmのミラージュ 宇都宮正記 山川宏治 野口寛明 8月15日 第20話 怪盗銭形 辻初樹 仁井宏隆 高須美野子 末永宏一 8月22日 赤 第21話 EPISODE IV 時代遅れの大泥棒 大河内一楼 矢野雄一郎 土屋康郎 高須美野子 末永宏一 8月29日 青 第22話 答えよ斬鉄剣 矢野雄一郎 小山田桂子 稲手遥香 田口麻美 酒向大輔 9月5日 第23話 その時、古くからの相棒が言った 土屋康郎 酒向大輔(総) 野口寛明 高田洋一 9月12日 第24話 ルパン三世は永遠に 矢野雄一郎 酒向大輔(総) 末永宏一 高須美野子 田口麻美 9月19日 補足事項 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2018年7月) 劇中には過去のTVシリーズや劇場作品のオマージュが散見されるが、これらは脚本にはなく、絵コンテを担当するスタッフによるお遊び的要素の一つであるという。 本項目では前述のオマージュやその他の補足点を述べる。 第1話「地下塔の少女」 冒頭にて、何者かがパソコンの画面でに登場したレベッカなどのキャラクターたちとルパンたちとの関係が描かれた関係図や、『』、『』、の第1話「ルパンは燃えているか…?! 」、の第143話「マイアミ銀行襲撃記念日」などの過去作品のシーン(構図が違うので流用ではなく新規作画)を閲覧していた。 また、ルパン一行は『カリオストロの城』に登場したスーパーチャージャー付きに乗っており、本編と同じくカーチェイスでは途中でエンジンフードを上げ、を追い抜くシーンが登場する。 第2話「ルパン・ゲーム」 アジト内にて、ルパン、次元、五ェ門がを食べるシーンがあり、TV第2シリーズの第145話「」の冒頭と同様のやり取り が描かれている。 第6話「ルパン対天才金庫」 冒頭にて、TV第2シリーズのオープニング4種類中のそれぞれ1シーン(静止画)が、ほぼ同じ構図かつ新規作画で描かれた。 ただし、描かれた4つのシーンはTV第2シリーズであるため、本来は赤ジャケットだがうち3つは緑、ピンク、青のジャケットにそれぞれ変更され、ルパン、次元、五ェ門、銭形もそれぞれ『』の衣装で登場し、アジトには他の三色のジャケットが掛けられていた。 不二子がルパンにを投げつける描写があるが、こちらも第2話同様「死の翼アルバトロス」における、飛行船「アルバトロス」内でのやり取りので他にも他のアニメのパロディネタがいくつかあった。 金庫へ向かう途中のシーンで、ルパンら一味は『カリオストロの城』の中の礼拝堂で登場するシーンと同じく、ルパンが頭に包帯を巻き、次元と五ェ門に担がれる描写が登場する。 この回ではのオマージュ要素が強く 、ヒラメキ兄弟のデザインや会話は『』のコントである「バカ兄弟」に準じているほか、ルパン役の栗田がやのモノマネを行うシーンもある。 なお、続く第7話「その名はアルベール」でも、ルパンがいかりやの持ちネタである「だめだこりゃ」とつぶやく場面がある。 第11話「パブロ・コレクションを走れ」 衣装デザインにTV第2シリーズのものが採用されている。 ストーリーは現代のルパンの回想というもので、一行は序盤と終盤にPART5の衣装で登場している。 またTV第2シリーズのBGMのひとつである「デンジャラス・ゾーン」が使用されている。 その後もいくつか赤のジャケットのルパンの話がある。 第17話「探偵ジム・バーネット三世の挨拶」 本編や副題のジム・バーネットとは、「ルパンシリーズ」の『』などでのアルセーヌ・ルパンの偽名の1つ。 この作品ではTV第1シリーズや『』での緑のジャケットのルパンの話になっている。 第18話「不二子の置きみやげ」 もしくは本作での日常として描かれ、メインキャラクターの作画と衣装は第4シリーズのものが使用されている。 第21話「時代遅れの大泥棒」 『PART4』に登場したニクスの娘、ブリジットがニュースのインタビュー映像に僅かながら再登場した。 また「ヒトログ」のコメント欄に一部、過去作に登場した登場人物によるコメントが載せられていた。 第22話「答えよ斬鉄剣」 過去作においてルパンと五ェ門が対決しているシーンが数カ所 と、TV第1シリーズ前期のキャラクターデザインに拠った五ェ門が、新規作画で描かれた。 また、先述の第21話同様「ヒトログ」のコメント欄にて、過去作に登場したゲストキャラクターが数人登場し、姿も描かれた。 第23話「その時、古くからの相棒が言った」 『カリオストロの城』に登場した城の建物や古代ローマの遺跡、地下の迷宮が描かれているほか、本話で放送された次回予告ではTV第1シリーズ次回予告の締め台詞である、「チャンネルは決まったぜ! 」の台詞が使われた。 第24話「ルパン三世は永遠に」 次元が車の屋根から身を乗り出して追っ手のヘリを撃墜した際には『カリオストロの城』冒頭のカーチェイスのシーンと同じポーズで「やったあ!」と叫んでいる。 原作では普段のルパンの顔もマスクで仲間や銭形すらも本当の素顔を知らないという設定があり、本作で初めてアニメのルパンも普段の顔もマスクである設定が使われ、それを見た不二子やその場にいたアミやエンゾはこれには驚いていた。 素顔は影で隠れて見えない形になっている。 放送局・配信元 [ ] 特記のない局は全て。 放送各日の該当枠前後の編成や各局の都合等により変更の場合あり。 1 2018年7月25日 第1話 - 第5話 VPXY-71614 VPBY-14713 Vol. 2 2018年8月22日 第6話 - 第10話 VPXY-71615 VPBY-14714 Vol. 3 2018年9月19日 第11話 - 第15話 VPXY-71616 VPBY-14715 Vol. 4 2018年10月24日 第16話 - 第20話 VPXY-71617 VPBY-14716 Vol. 5 2018年11月21日 第21話 - 第24話 VPXY-71618 VPBY-14717 第1巻の数量限定・プレミアム先着購入特典として、『ルパン三世』原作誕生50周年記念作品「」DVDと、付き50周年記念オリジナルハコスコが同梱されている。 サウンドトラック [ ] 発売日 タイトル 規格品番 2018年5月9日 ルパン三世 PART5 オリジナル・サウンドトラック「LUPIN THE THIRD PART V〜SI BON! SI BON! 」 VPCG-83526 ルパン三世 PART5 オリジナル・サウンドトラック「THE OTHER SIDE OF LUPIN THE THIRD PART V〜FRENCH」 VPCG-83527 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし、『TV第4シリーズ』での青のジャケットよりも若干明るくなっている(ネクタイも赤からピンクに変更)。 EDクレジットでは「マック」と表記。 EDクレジットでは「ミラージュ母」と表記。 EDクレジットでは「ミラージュ」と表記。 加盟していない理由はルパン曰く、国自体が巨大なだと銭形に説明しており、実際に軍の司令官がルパンゲームの配当金を目当てにルパンの殺害を命じるほどである。 ただし、「死の翼アルバトロス」においてはを食べており、五ェ門もこの時はビールだったが本作では日本酒に変更されている。 カリオストロの城では偽者であったが本作は傷だらけになった本人で当時いなかった不二子も乗っている• ルパン三世の初代声優であるは、ドリフターズに演技指導を行っていたことがある。 TVシリーズのパラレルワールドもしくはルパンのでっち上げであるはずのファーストコンタクトでの決闘も過去の出来事として描かれていた。 第1シリーズ第8話のMr. ゴールド、第17話の星影銀子、第2シリーズ第144話のナンジャ・モンジャ兄弟、第3シリーズ第1話のスターモーなど。 なお、次元だけはルパンが不二子の元へ向かう際、素顔を知っているかのような素振りを見せていた。 第20話から最終話は、2018年8月25日放送の放送の為、1週遅れとなった。 初回のみ土曜 2:29 - 2:59(金曜深夜)にて放送。 出典 [ ]• アニメイトタイムズ アニメイトラボ. 2018年1月16日. 2018年3月7日閲覧。 2018年9月30日閲覧。 アニメアニメ. 2018年5月8日. 2018年5月8日閲覧。 アニメ公式サイト. 2018年5月8日. 2018年5月8日閲覧。 アニメハック. 2018年6月13日. 2018年7月11日閲覧。 2018年9月30日閲覧。 第9話で彼もまたルパン三世候補であったことが明かされる。 また、ダンドレジーはアルセーヌ・ルパンI世の母親の姓であり、本作のダンドレジーもルパン一族の血縁者である。 、 2018年9月15日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイトラボ. 2018年2月20日. 2018年3月7日閲覧。 『ルパン三世 PART5』アニメ公式サイト. 2018年3月7日閲覧。 2018年3月13日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイトラボ. 2018年4月3日. 2018年4月3日閲覧。 2018年4月4日. 2018年4月12日閲覧。 外部リンク [ ]• - プレイリスト 水曜1:29 - 1:59(火曜深夜)枠 前番組 番組名 次番組.

次の

ルパン三世不二子 TYPEA+ 解析情報

ルパン レベッカ ステージ

本機は『CRルパン三世』シリーズの10作品目。 6で確変突入率60%、電サポが20or40or50or60or100回or次回までの確変ループタイプ。 通常時の大決戦BONUSから銭形バトルに勝利すれば確変or時短の電サポ100回or次回までのモード「GOLDEN TIME」に突入するが、負けた場合は50回転の時短「CHANCE TIME」に移行する。 今作のGOLDEN TIMEには新たに「無敵」を搭載。 無敵突入で確変濃厚となり次回大当りまで電サポが継続する。 一方、銭形歌舞伎チャレンジからRISING CHARGEを獲得すると「RISING ZONE」に突入。 RISING ZONEは電サポ20or40or60回のチャンスモードで確変ならZONE終了後にGOLDEN TIMEに昇格する可能性もある。 演出面では、30年ぶりのTVシリーズとなった「ルパン三世 PART4」を採用。 ストーリーリーチや味方が増えるほどチャンスとなるキャラリーチなど多彩な演出が展開する。 リーチ発展時に出現するタイプライタや勝利の女神が登場する不二子ブーストなど信頼度の高い注目演出もある。 《GOLDEN TIME》 確変なら電サポ次回まで、時短なら電サポ100回転の確変or時短モード。 「無敵」が告知されれば確変濃厚となる。 電チュー大当りの70%が16Rなので、このモード突入後は一気に出玉を増加させることも可能だ。 《RISING ZONE》 通常時の2R大当り後に突入する電サポ20or40or60回転の確変or時短モード。 確変の場合でも電サポは規定回数消化で終了し、その後は潜伏確変状態となる。 なお、潜伏確変中に2R確変を引いた場合は、規定回数消化後にGOLDEN TIMEに移行するため、潜伏確変がループすることはない。 《CHANCE TIME》 初当りの11R大当りからGOLDEN TIMEに突入しないと、時短50回のCHANCE TIMEに突入する。 このモードは確変の可能性がない。 《雷雲モード》 RISING ZONE終了後や、小当り当選後に突入する非電サポモード。 RISING ZONE終了後に突入した場合は潜伏確変の可能性があるのでヤメ時には注意が必要だ。 《GOLDEN BONUS》 通常時の7図柄揃いなどから突入する11R確変。 大当り終了後は確変が約束されたGOLDEN TIMEに突入。 《大決戦BONUS》 通常時の7以外の図柄揃いから突入する11R確変or通常。 ラウンド中には銭形バトルが発生し、勝利すれば確変が約束されたGOLDEN TIMEに突入。 敗北するとCHANCE TIMEに突入する。 《RISING CHARGE》 銭形歌舞伎チャレンジから当選する可能性がある2R確変or通常。 大当り終了後はRISING ZONEに突入。 《各種MAX BONUS》 電チュー大当り時の70%で突入する16R確変or通常。 MAX BONUSは複数存在し、無敵を冠するMAX BONUSなら16R確変濃厚だ。 大当り終了後は確変or時短のGOLDEN TIMEに突入(継続)する。 《BONUS》 電チュー大当り時の30%で突入する3R確変or通常。 大当り終了後は確変or時短のGOLDEN TIMEに突入(継続)する。 1% 竜巻 竜巻保留のまま SP発展なら 大当り濃厚 時限爆弾 緑保留以上へ 変化濃厚 青保留 10. 9% 緑 保留 23. 3% 赤 保留 82. 3% 宝剣付き 保留 お宝保留に 変化濃厚 お宝 保留 85. 7% 金同色 (中図柄が7) 大当り濃厚 THIRD前兆予告 札束・弱 4. 7% 札束・強 6. 4% 暖色炎・弱 29. 3% 暖色炎・強 46. 3% ごくろうフラッシュ 弱 20. 8% 強 85. 6% シグナル予告 Lv1&Lv2 10. 7% Lv3 25. 2% Lv4 40. 9% 強シグナル 69. 2% 連続図柄EF予告 青 3%未満 緑 11. 7% 赤 68. 3% 虹 大当り濃厚 役モノきっかけ予告 緑 12. 5% 赤 64. 7% 金 大当り濃厚 虹 大当り濃厚 セリフ予告 セリフ2段階・赤 37. 4% セリフ2段階・金 大当り濃厚 チャンスボタン予告 7テンパイ煽り 30. 4% (7テンパイ成功率) 一撃ボタン予告 76~100% (出現する予告で変化) タイプラ 大当り濃厚 一撃ボタン予告 気合予告 80. 5% セリフ予告 80. 1% タイプラ 大当り濃厚 ミニパトランプ予告 ミニパトランプ点灯 大当り濃厚 ゴールデンカットイン 原画カットン 大当り濃厚 ゴールデンカットイン 大当り濃厚 飛び出し予告 飛び出し煽り 11. 2% シルバー 16. 6% ドラムSU予告 SU1・デフォルト 5. 9% SU2・デフォルト 6. 4% SU3・デフォルト 66. 0% SU1・金 大当り濃厚 SU2・金 大当り濃厚 SU3・金 大当り濃厚 キャラ示唆ルーレット !!! 3. 4% SUPER 16. 3% EXCITING 21. 8% 次元 16. 5% 五ェ門 19. 3% ルパン 51. 1% 不二子 大当り濃厚 気合予告 次元 68. 2% 五ェ門 73. 3% ルパン 94. 5% 不二子 大当り濃厚 強テンパイ予告 文字なし 31. 5% 空前絶後 大当り濃厚 連続予告 擬似1変動 (SP発展時) 20. 0% 擬似2変動 64. 5% 擬似3変動 大当り濃厚 発展煽り予告 シルエット 出現せず 14. 8% 1回目 次元シルエット 9. 4% 1回目 五ェ門シルエット 11. 0% 1回目 ルパンシルエット 60. 8% 2回目 次元シルエット 27. 6% 2回目 五ェ門シルエット 35. 6% 2回目 ルパンシルエット 63. 6% 弾丸役モノ 上昇回転・赤 62. 8% 一味集結 大当り濃厚 いきなりキャラ決定予告 キャラ決定 次元 19. 9% キャラ決定 ルパン 56. 8% 信頼度 セリフ予告 赤枠 9. 6% 金 枠 31. 6% 虎 枠 95. 1% 虹 枠 大当り濃厚 役モノきっかけ予告 青 28. 9% 赤 16. 3% 金 54. 0% 虹 大当り濃厚 紫 大当り濃厚 ガラスステップアップ予告 金 38. 9% SU4強 24. 4% 看板予告 激熱アイコン 90. 6% 金タイガーアイコン 93. 5% 通信予告 セリフ金 40. 6% 金の延べ棒 山盛りアイコン 10. 0% お宝は頂くぜ アイコン 40. 2% 虎アイコン 78. 2% タイトル予告 赤 ルパン・次元 (Smoking) 14. 7% 赤 ルパン・銭形 (Good RIVALS) 14. 7% 赤 次元・五ェ門 (its so cool) 14. 6% 赤 次元・銭形 (HARD BOILED) 14. 7% 赤 五ェ門・銭形 (SAMURAI SOUL) 14. 6% 金 ルパン・次元・五ェ門 (SUPER HERO) 31. 5% 金 ルパン・銭形・不二子 (WONDERFUL) 31. 5% 虎 ルパン・次元・ 五ェ門・銭形 (FANTASTIC) 90. 2% 虹 ルパン・次元・ 五ェ門・銭形・不二子 (BLAVO) 大当り濃厚 分析予告 お宝は頂くぜ アイコン 35. 3% 激熱アイコン 82. 3% 虎アイコン 87. 0% 暗転予告 お宝は頂くぜ アイコン 37. 8% 激熱アイコン 96. 9% 虎アイコン 98. 9% ゴールデンカットイン予告 金カットイン 77. 4% 赤カットイン 大当り濃厚 五ェ門斬撃予告 出現 26. 2% クラッシュ予告 お宝は頂くぜ アイコン 54. 3% 激熱アイコン 87. 7% 虎アイコン 87. 7% 無機質SU予告 天下無敵の大泥棒 +金貨たくさん 36. 9% 激アツ + 金貨たくさん 大当り濃厚 銭形パトカー予告 ルパンザサード アイコン 12. 3% お宝は頂くぜ アイコン 58. 7% 激熱アイコン 90. 8% 金タイガーアイコン 93. 7% イントロ予告 ルパンザサード 55. 9% 激熱 91. 1% 図柄消灯予告 銭形歌舞伎 チャレンジ発展 21. 9% ルパンザチャンス 発展 22. 0% 一味集結予告 成功 53. 6% 開眼チャレンジ 成功合算 19. 0% ミニパトランプ予告 発生 大当り濃厚 信頼度 リーチ図柄 1図柄 3. 5% 2 図柄 3%未満 3 図柄 66. 7% 4 図柄 3%未満 5 図柄 6. 1% 6 図柄 3%未満 7 図柄 大当り濃厚 8 図柄 3%未満 9 図柄 3. 7% リーチボイス 不二子 「リーチ」 64. 2% ナレーション 「願望」 19. 7% ナレーション 「SUPER HERO」 大当り濃厚 SP発展役モノ可動 ロゴ片落ち 22. 3% ロゴ落下 32. 2% ボタン予告 ベンツ発進 3. 8% セリフ予告 4. 3% 擬似連アイコン 5. 3% 五ェ門開眼 チャレンジ 11. 8% ブラックホール 15. 5% ロゴ落下 17. 8% シルエット カットイン 20. 7% オープニング予告 41. 9% RE START 34. 6% RE START・SP発展 (頂きトリガー) 42. 3% RE START・ 擬似連 (頂きトリガー) 83. 3% 不二子アイコン・ SP発展 58. 5% ゴールデン カットイン 67. 0% レベッカリーチ 合算 3. 0% 緑・カモメ5羽 チャンス・小 赤・大ヘリコプター チャンス・中 金・特大気球 チャンス・大 王冠 50. 0% 銭形追撃リーチ 合算 3. 5% 桜アイコン通過 8.

次の

パチンコ新台【CRルパン三世〜LAST GOLD〜】を打った感想|16R当たりでも確変とは限らないので注意

ルパン レベッカ ステージ

規制の影響で前作くらいから初当たり確率が319分の1となり、今作では 確変突入率、継続率が60%と抑えられていますが、 16R大当たりの2400発と最近のMAX台と同じです。 2019年2月に予定されている次の規制で大当たり1回あたりの出玉が1500発までに規制されるため、LAST GOLDという名前には 最後の1撃2400発出玉という意味も込められているのでしょう。 8 確変突入率 60% 確変継続率 60% 時短回数 50回 大当たりの振り分けは表よりも以下の図の方が見易いでしょう。 ・電チューあたり へそ大当たりは2R or 11R当たり 大決戦ボーナスは11R、RISING CHARGEは2R当たりとなり、基本このどちらかで当たります。 7図柄当たりのGOLDEN BONUSは確変確定ですが、通常時の出現度は激レアなので無視します。 へそ当たりの7割は大決戦BONUSへ 図柄揃いが大決戦BONUSとなります。 この時点の確変期待度は 約65%です。 大決戦BONUSで銭形に勝てば確変確定です。 GOLODEN TIMEは100回転とありますが、 初当たりに関しては確変確定してますので、100回転超えても次の当たりまで電サポは継続します。 逆に銭形に負ければ通常濃厚で、 この場合は50回転の時短となります。 ルパンシリーズは時短からの復活(実は確変でしたという演出)は無いと思います。 手配書が赤だったり、稲妻が大きかったりでチャンスアップとなります。 残りの3割は銭形歌舞伎チャレンジからのRISING CHARGE へそ当たりの3割は2R当たりのRISING CHARGEとなりますが、これは銭形歌舞伎チャレンジを経由します。 図柄外れから銭形が登場して銭形歌舞伎チャレンジを経由するケースが大半です。 この時点の 確変期待度は50%です。 大当たり後は右打ちのRISING ZONEとなりますが、電サポ回数は20回から60回まであり、いつ終わるか分かりません。 またこのRIZING ZONE終了後の雷雲モードですが、初当たりが2R当たりだった場合、 左打ちに戻った後も潜伏確変の可能性がありますので、通常ステージに移行するまでは席を立たないように注意が必要です。 極・雷雲モードに移行すれば潜確濃厚です。 ただ、通常時に銭形歌舞伎チャレンジから直接雷雲モードにいった場合は小当たり、要は外れです。 スペックの記載とおりであれば、 へそからの潜伏確変は無いからです。 電チュー当たり 右打ち時の電チューあたりはとにかく16Rに期待です。 70%がMAXの16Rとなります。 16Rでも通常の可能性あり 16R当たりが70%ありますが、このうち確変は50%ですので、 残り20%は通常落ちの16Rということです。 16Rの約3回に1回は通常に転落ということです。 このスペックは評価が分かれるところですね。 天下無敵が出て 無敵突入すれば確変確定ですが、豪華絢爛ボーナスはどっちか分かりません。 ただ、確変全てが無敵に行くわけではないので、 体感的には豪華絢爛ボーナスでも50%は確変がありそうです。 昔のルパンだと確変中に銭形に捕まると終了、という演出でしたが、今作は 確変中であれば必ず図柄当たりをします。 ですので、下の昇格演出で16Rにならなければ3R当たりということです。 3Rの場合、3回に2回は通常ですので、正直最初の確変からの当たりが3Rだと心が折れそうになります。 打ち方、止め打ち 次に大当たり、確変中の打ち方、止め打ちについてです。 大当たり中は止め打ち推奨 大当たり中のラウンド間隔が長く、1Rあたり5球は下にこぼれていきます。 アタッカーは取りこぼしの無いところにありますので、ここはしっかり10球打ったら止め打ちすることをおすすめします。 確変、時短中はフリー打ち 確変、時短中は止め打ち不要です。 下のように、電チューにいかない場合は1球返しに入賞しますので、削りは全くといって良いほどありません。 実践結果と体感の演出期待度 前作のルパンは演出をちょっと派手にしすぎかなとという印象でほとんど打ってないですが、この台は昔のMAX時代のルパンの演出が戻ってきたような印象を受けました。 まだホールに入ったばかりなのでそれほど打ちこめてませんが、僕の実戦した感想と体感の演出信頼度等をお伝えしたいと思います。 あくまで体感レベルです。 ちなみに土日2日打って2日とも勝つという ヒキ弱な僕にとって奇跡的なことがおきました。 今日だけは少し自慢させてください。 1回は一撃で1万5千発でました。 やはり16Rループは瞬発力がありますね。 やっぱり緑カットインは厳しい どんなに前振りが良くても 最後のカットインが緑だとハイ残念、という感じです。 これは昔からですね〜。 でも群予告とか激アツ演出が絡むとそのかぎりではありません。 ルパンシリーズで群予告初めてみました。 この時も緑カットインでしたが、逆にプレミアじゃね?と思いました。 基本はCLIMAXリーチ待ち この台が当たるパターンで一番多いのが次元、五ェ門とキャラが揃っていくCLIMAXリーチじゃないかと思います。 このCLIMAXリーチですが 不二子が合流すると格段に信頼度が上がります。 当たり前ですね。。 不二子ブーストには行きませんでしたが、この時も緑カットインで当たったんですよね〜。 よく分からん。。 でもこれら以外で緑カットインで当たったことはありませんし、まわりを見ていても基本カットインは 最低赤以上が必要ですね。 金カットインは虎柄より上? 僕が最初に引いた当たりが、全然熱くない感じでなんとかクライマックスリーチに辿り着いたという感じだったんですが、最後のプッシュボタンで金カットインが出ました。 緑保留でこのリーチパターンは外れ濃厚ですが、最後に金カットイン! あまりに期待してなかったんで一瞬ケツ浮きました。 前作はあまり打ってないんですが、ルパンの最後のプッシュで金カットインって今まであったでしょうか。 虎柄が激アツなのは当たり前ですが、LAST GOLDということもあって、 金の期待値が全体的に押し上げられている気がするというのが僕の感想です。 赤タイマーは期待値高 タイマー演出はルパンシリーズを代表する高信頼度を誇る演出ですが、特に赤タイマーは別格な気がします。 時間をチャージしていますが、最大100秒まであります。 ハードボイルド連続演出に絡んだんですが、この演出かっこ良くて僕は好きです。 タイマー演出は出現頻度も比較的高いので、ここから タイプライター演出への発展が王道ですね。 僕も先日そのパターンで当たりました。 16R確変でも無敵突入するとは限らない 確変中の右打ちは70%が16Rで2400発獲得できます。 ただし上でも書いたとおり、 16R=確変継続ではありません。 50%が確変で、20%は通常転落となります。 70%で16Rがループするわけではありません。 あくまで確変継続率は60%です。 最近の台は16Rで当たれば次回確変もしくはST確定の台が多いですので勘違いしないようにしましょう。 確変中の演出は強いほど確変当たり、な気がする 「無敵」にならない場合は通常の可能性がありますが、豪華絢爛ボーナス後のGOLDEN TIME100回転だからといって必ずしも通常転落ということではありません。 ただ、これを 見分ける手段はありません。 僕自身の体感としては、熱めの当たり方は確変の可能性が高い気がしました。 例えばGOLDEN TIME中の擬似連、赤文字などのチャンスアップです。 演出の法則性もあるのでしょうが、やはり確変確定演出(7テンパイや不二子演出)に期待したいですね。 僕が引いた16Rは1回を除き 偶数当たりからの昇格です。 奇数当たりは選択率が低いのでしょう。 昇格演出でたまに鳥がいます。 トリガーだけに鳥ということですかね。 目立たんしもう少しチャンスアップ演出は真面目に考えて欲しいですね。 また、16R大当たり期待度の高いと言われているルパン演出から当たったとしても確変とは限りません。 僕は 2回ルパン当たりから通常転落して終わりました。 保留内16R確変は限界突破MAXボーナス ルパンで一番引きたいのがこの限界突破MAXボーナスでしょう。 いや〜、数年振りに見れました。 今日はいいお酒が飲めそうです。 逆に 保留連で限界突破しないと、、、通常転落濃厚ですね。 レベッカBONUSは出てきて欲しくない GOLDEN TIME中のリーチハズレ後にレベッカが出てきて復活大当たりすることがあります。 ただ、当たり前ですが、外れるリーチは演出が弱いものが多いです。 確変が確定している無敵であればこの当たり方は望ましくないように感じました。 あくまで体感レベルでの感想です。 4R当たりじゃ感謝できないよ。 3R通常の時はロゴ動かんくていいし 確変中の3R当たりは3回に2回は通常転落です。 ですがこの台は前作と違い必ず図柄当たりしますので、昇格演出に外れて3Rが確定します。 その割には3Rの場合もロゴが激しく動きます。 一瞬16Rかと思いました。 3Rの場合はシュンとするとか、 もっと控えめにしてくれ。 まとめ 今日はパチンコ新台CRルパン三世〜LAST GOLD〜を打ってみた感想や体感による演出期待度などをお伝えしました。 ルパンシリーズはなんといっても映像のかっこよさ、音楽がいいですよね。 リーチ後半から流れるテーマソングはテンション上がります。 ただ、 GOLDEN TIME中の確変か時短かが分からなさすぎるのは評価が分かれるところと思います。 GOLDEN TIME中は時短の可能性があるから当たって欲しいけど、確変だったら弱い当たり方はして欲しくない、もやもやした気分で打たなければなりません。 個人的には昔のチャンスとピンチがはっきりしている方が好みですね。 あと全般的にトリガー演出の出番が少ない、というか当たりが決まってから撃つ場面多くて、「これ何の意味あんの?」と思いました。 ルパンシリーズは僕は結構好きなのでMAXで無くなる次回作にも期待しています。

次の