対策必須ポケモン。 【ポケモンGO】レシラム対策ポケモン一覧。高火力のドラゴンタイプで対策するのがオススメ!

【ポケモン剣盾】対戦環境で対策必須な強ポケモン一覧/対戦考察【ポケモンソードシールド】

対策必須ポケモン

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド の対戦環境における対策必須な強ポケモンについて掲載しています。 どのポケモンが強く、よく遭遇するのか、どのように対策すれば良いのかという事について詳しく解説していますのでお役立てください。 対戦お役立ち関連記事 目次• ミミッキュやギャラドスなど多くの物理アタッカーに対して後出しでき、積み技やとんぼ返りで有利に動くことができます。 物理技主体のポケモンでも、アーマーガア意識でだいもんじを採用することもあります。 物理の積み合戦は相手有利になることが多いので気をつけましょう。 素早さもかなり高く、優秀なタイプに物理環境に適した高い防御力が合わさり、見た目からは想像もつかないポテンシャルを持ったポケモンとなっています。 対策 弱点がほのおタイプのみのポケモンですが、そのほのおタイプの技は4倍弱点となっています。 ほのおタイプの技をアイアントよりも先に出せるエースバーンやドラパルトが主な候補です。 また、アイアントが出てきた場合はほぼダイマックスしてくると考えて良いので、相手のダイマックスを読んでダイウォールなどで時間を稼ぐのも良いでしょう。 全体的な能力の高さととくせいも相まって耐久もそこそこで、アタッカー以外の運用も可能です。 対策 受けポケモンとしてはサニーゴやドヒドイデが候補となります。 際立って攻撃が高いわけでは無いためタイプ受けから有利をとりましょう。 85(エラがみの威力) x 2(エラがみの効果) x 1. 5(がんじょうあご) x 1. 5(タイプ一致)でわざ威力「382」(雨だとさらに1. 5倍で570)というとんでも火力が特徴的なポケモンです。 ちょすいやよびみず等の水無効の特性持ちで受けるのも効果的です。 最速ドラパルトは、スカーフ最速ウオノラゴンよりも早いので安心して攻撃できます。 高い攻撃力からフェアリー技やふいうちをするだけでも強いですが、とくせい「いたずらごころ」による先制みがわりや、でんじは、壁貼り、耐久潰しのちょうはつなどの行動も強いです。 耐久寄りのステ振りでビルドアップする型も存在します。 対策 耐久力は高い方ではないので、やりたいことをされる前に殴って倒し切ってしまいましょう。 壁貼り型に対しては、わざと時間を稼ぐのも有効な手段です。 オーロンゲの育成論と対策を詳しく解説 オニゴーリ 基本情報 タイプ こおり とくせい むらっけ 主力技 ・まもる ・みがわり ・フリーズドライ ・ぜったいれいど とくせい「むらっけ」で能力アップ とくせい「むらっけ」は、毎ターン終了時にランダムで能力が2段階上がり、別の能力が1段階下がるという特性です。 対策 対策方法は、連続攻撃や状態異常、ちょうはつ、相手のまもるのタイミングでダイマックス技などが挙げられます。 みがわりを貫通できるハイパーボイス持ちのニンフィアも有力な対策候補です。 とにかくターン数を稼がれれば稼がれるほど不利になっていくので、早めに対処したいです。 オニゴーリの育成論と対策を詳しく解説 オノノクス 基本情報 タイプ ドラゴン とくせい かたやぶり 主力技 ・りゅうのまい ・じしん ・ドラゴンクロー ・げきりん ・ばかぢから ・アイアンテール オノノクス は かたやぶりだ! 相手の特性を無視して攻撃出来るかたやぶりの特性を持ち、非常に高い攻撃力が魅力のポケモンです。 「ばけのかわ」や「ふゆう」を無視出来るので、ミミッキュやロトムといった流行りのポケモンに対して強気に出れます。 対策 攻撃力は高いものの、耐久面が脆いです。 サザンドラなど素早さで勝っているポケモンや、襷持ちで対応するのが良いでしょう。 主にアタッカーとして採用される場合が多く、積み技の「のろい」は自身のステータスと相まってかなりの高相性技です。 対策 唯一の弱点タイプ「かくとう」が非常に重要です。 元々高い特殊耐久に加えて、物理防御に努力値を割いている型が多いため、弱点を突けなければどんな技でも対処に時間がかかってしまいます。 素早さが非常に低く先制技もないのでその点で有利をとっていきたいところです。 ダイマックスとの相性もよく、今まで採用し辛かったひこうわざもダイジェットで素早さを上げながら使用できるようになって非常に強力。 対戦環境にギャラドスより早いでんきタイプのポケモンがほぼいないこともあり、採用率が非常に高い。 火力も高い部類ではなく じしんかじょうや龍の舞で上がる事はありますが 、ナットレイやアーマーガアなどの物理受けでも十分に対応できます。 ギャラドスの育成論と対策を詳しく解説 ゴリランダー 基本情報 タイプ くさ とくせい しんりょく 主力技 ・ドラムアタック ・はたきおとす ・じしん ・ばかぢから ・とんぼがえり 専用技ドラムアタックで素早さダウン ゴリランダーの特徴はなんといっても相手の素早さを下げる専用技ドラムアタックでしょう。 ゴリランダー自体の素早さもそこそこあるので、素早さを一段階下げれば最速ドラパルトにも素早さで勝つことができます。 対策 覚える技の範囲は広く無いので、アーマーガアやナットレイ、ギャラドス、ウインディなどで対応することができます。 素早さも早めで、今作採用率の高いミミッキュ・ウインディ・ヒヒダルマ・ドリュウズに上から殴ることができるのも強みです。 対策 フェアリータイプにはめっぽう弱いので、ミミッキュやニンフィアなどで対応するのが良いでしょう。 こだわりスカーフの採用例が多いので十分警戒しましょう。 サザンドラの育成論と対策を詳しく解説 サニーゴ 基本情報 タイプ ゴースト とくせい のろわれボディ 主力技 ・ちからをすいとる ・ねっとう ・おにび ・ナイトヘッド ・ステルスロック 非常に硬い物理受けポケモン ソードシールドで新たな進化先が出たことで、しんかのきせきを持たせることができるようになり耐久値が非常に高くなりました。 並みのアタッカーでは「ちからをすいとる」をされるだけで何もできずに倒れていきます。 対策 ちからをすいとるは攻撃技でないので、みがわりやちょうはつが有効打となります。 サザンドラやギルガルドなどの特殊アタッカーが主な対面候補となります。 現環境で人気のドラパルトとミミッキュ、ギャラドスなどに対して有効打となるポケモンです。 対策 タイプは優秀ですが、とくぼうが低いため等倍のとくしゅわざでも体力を大きく削ることができます。 がんせきふうじで素早さを下げてくる可能性もあるので注意して行動を選択しましょう。 対策 トゲキッスは耐久に優れているため、2倍じゃくてん技では落としきることができずに、逆に「じゃくてんほけん」を発動させてしまう可能性があります。 ダイマックスをしてくる可能性も高いので、あえて弱点をつかずに削ったあとに弱点をついて倒しきるのが理想です。 倒しきれないで交代されるとHPが回復して戻ってくる厄介なとくせい「さいせいりょく」を持っています。 対策 くろいきりの採用も珍しく無いので、安易に積み技を積むのはおすすめできません。 ロトムやドリュウズなどの有利対面からしっかり弱点をついて落としていきたいです。 なんといっても型の多さが非常に厄介で、高い素早さから様々な行動を上から押し付けてきます。 対策 物理型か特殊型か、もちものはスカーフかタスキかじゃくてんほけんか…まずは相手のドラパルトの役割をしっかり把握しなければドラパルトだけで試合を壊されてしまいます。 その上で、フェアリータイプ(ミミッキュ・オーロンゲ)や鋼タイプのポケモン(アーマーガア・ナットレイ)を出してしっかり流れを自分のものにしましょう。 かたやぶりの場合は登場時にわかるので、その場合はミミッキュやロトムを出すのはご法度です。 きあいのたすきの採用率も高いため十分警戒しておきましょう。 初心者が考えたパーティでだれもナットレイを倒せないなんてこともしばしば。 対策 ほのおが4倍弱点なのでしっかりそこをついていきましょう。 ほのおタイプのポケモンを採用してない場合は、サブウエポンでほのおわざを持っているポケモンを1体以上採用しておくのがオススメです。 火力の目安としては、ドラパルトの性格無補正だいもんじダイバーンで確定1発となります。 ナットレイの育成論と対策を詳しく解説 ニンフィア 基本情報 タイプ フェアリー とくせい フェアリースキン 主力技 ・ハイパーボイス ・マジカルフレイム ・シャドーボール ・あくび ・めいそう 特殊フェアリーアタッカー 隠れ特性のフェアリースキンによって放たれる高火力のフェアリー技が強力です。 耐久値も高く特殊受けとしての一面もあります。 今作でマジカルフレイムを習得したことにより、はがねタイプへの有効打が増えました。 対策 物理耐久は高く無いため物理技をぶつけるのが良いでしょう。 ハイパーボイスはみがわりを貫通するため注意しましょう。 ニンフィアの育成論と対策を詳しく解説 ヌオー 基本情報 タイプ みず じめん とくせい てんねん 主力技 ・ねっとう ・じしん ・どくどく ・じこさいせい ・まもる 積みアタッカーを止める物理受け 特性てんねんによって相手のステータス変化を無視するのが強力なポケモンです。 つるぎのまいやりゅうのまいをうまく積めたとしても関係なく交代を余儀なくされてしまいます。 タイプ相性も優秀で、草タイプ以外の弱点はありません。 対策 4倍弱点の草タイプの技が第一の対策です。 もし草タイプの技がなければ、物理耐久型が多いため特殊攻撃で攻めると良いでしょう。 受けポケモン共通対策のちょうはつやこだわりトリックも効果覿面です。 連続技が主体のため、きあいのタスキやミミッキュも難なく突破してくるので対策を怠ると一気にもっていかれます。 対策 持ち物はほとんどの場合きあいのタスキなので、「弱点攻撃+先制技」「攻撃+砂嵐」などで対応しましょう。 ダイマックスで体力を増やせば耐えることも多いので、先制技がない場合はダイマックスで対応しましょう。 HPは低いですが、物理防御は非常に高いため要注意です。 じゃくてんほけんを持っていることが多く、下手に弱点で殴ると攻撃が2段階あがってしまい大変な事になってしまいます。 等倍で殴り合うにしても、相手はダイマックスわざで攻撃も防御も上げながら殴ってくるので手のつけられない要塞が誕生してしまいます。 対策 耐久が高いので複数回殴って倒すのがベターです。 タスキドリュウズやミミッキュなどの行動保証があるポケモンで上から攻撃をしましょう。 バンギラスがダイマックス状態だと4倍弱点の格闘技でも落とせないことがほとんどなので、気をつけてください。 これによりただでさえ高い攻撃力がさらに1. 5倍されてきます。 もちものはこだわりスカーフを持っていることが多いです。 対策 攻撃力は恐ろしいですが、やってくることは単純です。 まもるを採用している場合一度まもると相手の技を見ることができてサイクルで優位に立てるでしょう。 こだわりハチマキかこだわりスカーフかの判別をできるとぐっと対応しやすくなります。 ヒヒダルマの育成論と対策を詳しく解説 ポットデス 基本情報 タイプ ゴースト とくせい くだけるよろい 主力技 ・シャドーボール ・アシストパワー ・ギガドレイン ・ふいうち ・からをやぶる ・バトンタッチ 特殊型のからやぶりアタッカー からをやぶるといえばパルシェンが有名ですが、このポットデスもからをやぶるの代名詞となったポケモンです。 パルシェンと違うのは、特殊型であることとバトンタッチを習得できるということです。 連続技を持っていないので突破力こそパルシェンに劣りますが、トリッキーなわざを習得するため面白いプレイングもできるでしょう。 対策 もちものは高確率できあいのたすきなので、「抜群+先制技」「ダイロック+砂嵐」で倒すのが主な手段となるでしょう。 また、とくぼうは高いですがぼうぎょは低いので物理で攻めた方が良いでしょう。 突破力は高くないので、パルシェンより受けは成立しやすいですがバトンタッチをされると厄介な展開になるのでそちらもケアしておきたいです。 ミミッキュ対策をしていなければかならずミミッキュ無双をされることになるので対策は必須になっています。 対策 特性「かたやぶり」を持ったドリュウズやオノノクス、連続技でばけのかわを潰せるパルシェン、強力な物理受けであるアーマーガア・ナットレイなどが主な対策ポケモンとなっています。 トリックルームを使用するミミッキュもいるため頭の片隅においておきましょう。 持ち物を1ターン目にやけど状態になる「かえんだま」にする事で、元々高めな特防と合わせて、物理と特殊の両方をケア出来る優秀な受けポケモンとなってくれます。 対策 じこさいせいを持っているため中途半端な攻撃は不利となります。 ミロカロスを半分以上削ることができる電気技か草技は必ず1つは準備しておきたいです。 ミロカロスの育成論と対策を詳しく解説 メタモン 基本情報 タイプ ノーマル とくせい かわりもの 主力技 なし へんしんして上から殴る メタモンのやることは単純で、相手の姿になりこだわりスカーフで上から殴るというものです。 上昇した能力もそのままコピーするので、積み技をしていた場合非常に厄介です。 ゴーストタイプ・ドラゴンタイプは自身のわざが自身に対して効果抜群となるので、そういったタイプが多い場合は要注意です。 対策 主な持ち物はこだわりスカーフです。 ですので、相手に先手を取られるものと思って対応しましょう。 HPのみメタモンの元の数値のままなので、HPが高いポケモンの場合は殴り勝てる可能性もあります。 素早さが上がるダイジェットもタイプ一致で使えるので、状況に応じて火力を高めるか素早さを高めるかを切り替えていけます。 ソーラービームのおかげで苦手な水タイプもしっかりケア出来る点も優秀です。 対策 サンパワーが発動していなければ火力はそこまで高くありません。 場に出すだけで天候を変えるポケモンや、他の天候操作タイプのダイ技を重ねてしまうのが良いでしょう。 はらだいこ型も存在しているのでそちらのケアもしておきましょう。 攻守ともにバランスが良く、さまざまな役割をもてることもあり人気のポケモンです。 現環境に多い砂パに対して有効なポケモンでもあります。 対策 型が多いためその判別が必須です。 ドラゴンタイプ・くさタイプに対して有効打がないので対面に出すことができれば有利に動くことができるでしょう。 じめん技はとくせい「ふゆう」によって無効化されるため注意です。 じめんタイプが居なければボルトチェンジでサイクルを回されてしまうので、じめんタイプが大きな抑止力となります。 とくにフェアリータイプに対して有利に動ける点、はがねタイプに特に強い点が大きな特徴です。 対策 型が多いためその判別が必須です。 ヌオーやトリトドン・ドラパルト・サザンドラ・ドサイドンなどがメインの一致技を両方半減するポケモンとして挙げられます。 じめん技はとくせい「ふゆう」によって無効化されるため注意です。 じめんタイプが居なければボルトチェンジでサイクルを回されてしまうので、じめんタイプが大きな抑止力となります。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【GOバトルリーグ】対策すべきポケモンを暴露!ハイパーリーグ(シーズン2)の環境を予想します

対策必須ポケモン

サンムーンが発売されてから、実況動画やポケモンショーダウン等で見かけるポケモンを書き連ねました。 メガシンカ、新ポケモン、それ以外に分けています。 それぞれの中で上から順番に強いと思うポケモンを並べています。 僕が強いと思う順番を判断したのですが、実質的な差はないと思います。 途中から非常に雑にまとめてあるので、そこはご了承ください。 環境考察というより単体考察 メガシンカポケモンボーマンダ 恩返し、捨て身タックル 、地震、竜の舞、羽休め、身代わり、 火炎放射、大文字 超強い。 飛行技と地面技の両方を半減以下にできるポケモンが殆どいない。 削ったフェアリーにも上からぶん殴って勝てる。 マンムーやポリゴン2と組み合わせると相性が良い。 後投げだとポリゴン2、ヤドラン、炎技がなければテッカグヤやエアームド 対面だとマンムー、パルシェン、襷ガブリアス、カプ・コケコ、クワガノン等 ガルーラ 猫だまし、地震、不意打ち、 恩返し、捨て身タックル 、噛み砕く、 火炎放射、大文字 、冷凍ビーム、ブレイククロー やっぱり強い。 二回攻撃は弱体化されても脅威である。 ショーダウンしているとドヒドイデ相手に一発で毒技の毒を食らって守る自己再生連打されたけど、地震連打してたら押し切って草生えた。 後投げだとゴツメ持ちバルジーナ、ブラッキー、炎技がなければテッカグヤやエアームド 対面だとフェローチェ、ルカリオ、メタグロス、キテルグマ、フェローチェ等 ゲンガー シャドーボール、祟り目 、ヘドロ爆弾、道連れ、挑発、滅びの歌、トリックルーム、気合玉、催眠術、マジカルシャイン 某実況動画見てたらトリル道連れが強いと言っていたので押していきたい。 やっぱり影踏みで交換できなくするのは強み。 Z技持ちや襷持ちも一定数いると思う。 後投げだとポリゴン2、バルジーナ、ブラッキー 対面だとサザンドラ、ガブリアス、マンムー、弱点保険ギルガルド、先制技持ちのポケモン ハッサム 剣の舞、バレットパンチ、羽休め、とんぼ返り 不利対面や交換読みとんぼ返り等、初手から出しても戦える。 終盤に積んでバレパン連打でフィニッシャーにもなれる。 有利不利ははっきりしているポケモンだと思う。 炎技、炎タイプ、電気タイプ、鬼火 ギャラドス 滝登り、地震、氷の牙、竜の舞、噛み砕く 技範囲が広く、メガシンカ後の型破りはやっぱり魅力。 Z技持ちとかも一定数いるかと。 ゴツメいない? ショーダウンしてるとメガギャラドスはミミッキュに滅法強かった。 後投げなら物理受けポリゴン2、エアームドで流す等 対面なら頑丈ジバコイル、カプ・コケコ、クワガノン、マリルリ、アシレーヌ等 ヤドラン 熱湯、冷凍ビーム、瞑想、怠ける、鉄壁 高速回復技があり、シェルアーマーで急所を突かれないというのはやはり強い。 Z技がかなり向かい風。 個人的にはフェアリーに弱い気がする。 ゲンガー、カプ・コケコ、一致抜群技、Z技? ルカリオ 剣の舞、神速、インファイト、地震、バレットパンチ、悪だくみ、真空波、ラスターカノン 大体が物理だと思う。 正直そこまで強くないかなーと。 実況動画見てると一定数見かけるので一応書いた。 地震持ちの大概のポケモン、炎技、格闘技、ゴーストタイプ 7世代のポケモンテッカグヤ 鋼飛行 宿り木の種、身代わり、ヘビーボンバー、ギガドレイン、守る、エアスラッシュ、ラスターカノン、 大文字、火炎放射 新ポケモン屈指の受け性能だと思う。 ゴツメ持ちか残飯持ち? 初見殺しの要素が強く、かなりハメ性能が高いと思う。 宿り木無効の草タイプにもエアスラや火炎放射が飛んでくるという始末。 羽休めは覚えない。 ジバコイルやカプ・コケコ等の電気タイプ、炎タイプ フェローチェ 虫格闘 飛び膝蹴り、とんぼ返り、毒づき、冷凍ビーム、きゅうけつ、とびかかる、虫のさざめき 上からガルガブゲンを倒せる脅威のポケモン。 何が強いかって、素早さ種族値151に攻撃特攻種族値137なところ。 甘えた受け出しもとんぼ返りで逃げられる。 ミミッキュ、ギルガルド、雨パで上から殴る、襷持ちで対面で倒す カプ・コケコ 電気フェアリー 10万ボルト、マジカルシャイン、ボルトチェンジ、自然の怒り、めざめるパワー炎、草結び、電磁波、リフレクター、光の壁、雨ごい、とんぼ返り 特性エレキフィールドで電気技の威力が上がり、眠り状態にもならない。 補助技も打てる優秀なポケモン。 不利対面でもS130からのボルチェンが有効。 アローラガラガラ、襷フェローチェ。 ミミッキュ ゴーストフェアリー 剣の舞、影討ち、じゃれつく、シャドークロー、道連れ 特性化けの皮が強すぎる。 補助技は貫通するっぽい 化けの皮がダメージを食らっている間に剣の舞をして殴るのがよく見られる型。 持ち物は命の珠、ゴーストZがメイン?襷もあると思う。 ジバコイル、ギルガルド、メガギャラドス。 メテノ 岩飛行 殻を破る、アクロバット、地震、 岩雪崩、ストーンエッジ 、大爆発 HPが半分以下になると殻を脱ぎ捨ててフォルムチェンジして種族値が変わるという特性。 殻を被っているときは状態異常にならない。 大体の型が殻を破る白いハーブだと思う。 ウルガパルみたいな5世代であった戦い方がメインになる。 テッカグヤ、ジバコイル、襷持ちの電気やフェアリータイプ。 受け性能のある水ポケモン。 マッシブーン 虫格闘 羽休め、きゅうけつ、地震、とびかかる、冷凍パンチ、雷パンチ、アームハンマー、ビルドアップ、毒毒 個人的には今後活躍させたいポケモン。 かなりの高耐久。 ゴツメを持たせてビルドアップを積んで要塞にしたい。 僕のオススメはビルドアップ羽休め地震とびかかる ゴツメ。 ボーマンダ。 カプシリーズ。 テッカグヤ。 飛行や特殊炎やフェアリー。 電気タイプとしては霊獣ボルトロスに並び、虫タイプとしてはウルガモスをも超える火力を持つ。 反面、素早さが非常に低いが、鈍足を逆手にとって後攻とんぼがえりやボルトチェンジで負荷をかけつつ有利対面を作れるなど、けしてマイナス面ばかりではない。 電磁波を撒いたり自ら高速移動することによって130族を超えることも可能。 他にも、エアスラッシュやラスターカノンといったデンチュラが持たないサブウェポンや、命中こそ期待できないが電磁砲やハサミギロチンまで備えている。 種族値以上に器用なポケモンだが、あれもこれもやらせようとすると中途半端になりがちなので、しっかりとした役割を持たせてあげたい。 めんどくさくなったのでWikiよりコピペ 耐久に振ればボーマンダに強いというのが魅力的。 炎技、岩技。 ウツロイド 毒岩 パワージェム、 ヘドロウェーブ、ヘドロバクダン 、10万ボルト、ステルスロック、 サイコショック、サイコキネシス 、マジカルシャイン、草結び、光の壁、リフレクター 先発でステロを巻くなら襷推奨。 物理耐久なさすぎるのがネック。 初期の動画では見たけれど、今後数を減らすと思う。 ギルガルドなどの鋼タイプ、地震持ちのポケモン。 【追記】アローラガラガラ 炎ゴースト フレアドライブ、シャドーボーン、 地震、ホネブーメラン 、 ストーンエッジ、岩雪崩、岩石封じ 、かわらわり 特性避雷針で電気技を無効化でき、電気タイプに多いめざ氷などの他の技も半減できる。 環境に多いギルガルドやテッカグヤなどの鋼タイプにめっぽう強い。 専用アイテムの太い骨で攻撃が2倍になり、A252振り性格補正をかけると実質的な種族値は212となる。 上から一致抜群技を打てば大体落ちる。 【追記】アローラベトベトン 毒悪 叩き落とす、 ダストシュート、毒づき 、影討ち、 火炎放射、大文字 、身代わり、小さくなる、クリアスモッグ S1で叩き落とすを覚える数少ないポケモン。 特殊耐久が高く、カプ系やポリゴン2に後出しができる。 弱点が地面のみだが、ボーマンダやギャラドス等多くのトップメタポケモンに地震を打たれる。 後続には物理受けポケモンが欲しい。 ボーマンダ、ギャラドス、ガブリアス等地震持ちのポケモン。 カプ・テテフ エスパーフェアリー ムーンフォース、 サイコショック、サイコキネシス 、シャドーボール、気合玉、10万ボルト、自然の怒り、リフレクター、光の壁 Sがちょっと早いサーナイトの感覚でオッケーかと。 【追記】メガサナの方が早かった。 正直そこまで強いとは思わないです ギルガルドやルカリオやジバコイルなどの鋼タイプ。 【追記】デンジュモク 電気 催眠術、蛍火、10万ボルト、めざパ氷、めざパ地面、マジカルシャイン、草結び、エナジーボール Z催眠術でSを上げて、蛍火によりCを3段階上昇させる。 控えめでもS一段階上昇で130族を抜ける。 そこそこCに振れば上昇がなくてもめざ氷で無振りガブリアスを確定1発なのは脅威。 催眠術は当たればラッキーぐらいで打つべき。 スカーフもあり。 アローラガラガラ、ラムのみやカゴのみ持ち、寝言持ち。 グソクムシャ 水虫 であいがしら、アクアブレイク、アクアジェット、きゅうけつ、岩雪崩、毒づき、剣の舞 アメタマ以来の待望の水虫タイプ。 オニシズクモはそこまで見ないと思ったので割愛。 そこそこ削った後に新特性の危機回避で交換できるのも魅力的。 レートではあまり見かけないと思うが、今後増えると感じたので一応入れた。 【追記】全く増えなかった。 使うならHAぶっぱになると思う。 ボルトチェンジ持ちの電気タイプ。 耐久がある岩タイプ。 バンバドロ 地面 地震、10万馬力 、 馬鹿力、インファイト 、 岩石封じ、岩雪崩 、ヘビーボンバー、 恩返し、捨て身タックル 、毒毒 ガルガブゲンに強いポケモン。 ギルガルドに強いという点で新ポケモンの中では珍しい。 攻撃を受けると防御が一段階上昇するという新特性。 それでいて特殊耐久もそこそこある。 テッカグヤ、水や草ポケモン。 アシレーヌ 水フェアリー うたかたのアリア、ムーンフォース、アクアジェット、エナジーボール、熱湯、シャドーボール、サイコキネシス、リフレクター、光の壁 待望の水フェアリーポケモン。 技範囲が非常に広い。 大体がミズZクリスタル持ちだと思う。 鈍足で物理耐久が低いので、正直活躍の場はそこまで広くないと思う。 カプ・コケコやジバコイルなどの電気タイプ。 ぶっちゃけガルーラやボーマンダで勝てると思う。 ガオガエン 炎悪 フレアドライブ、DDラリアット、猫だまし、地震、きゅうけつ、ニトロチャージ、シャドークロー 大体が何かしらのZクリスタル持ちだと思う。 鋼タイプに強いのが魅力的。 正直使い方わからん。 地震に弱いのが悔やまれる。 水かフェアリーポケモン後投げ。 キテルグマ ノーマル格闘 地震、 馬鹿力、アームハンマー 、冷凍パンチ、雷パンチ 新特性もふもふのお陰で接触技をダメージ半減する。 ガルガブゲンに非常に強い。 劣化ローブシンぐらいには戦えそう。 テッカグヤ、炎技、フェアリーと飛行タイプ。 それ以外のポケモンガブリアス 地震、逆鱗、 ストーンエッジ、岩雪崩、岩石封じ 、アイアンヘッド、剣の舞、毒づき、大文字 言わずもがな主人公。 対策自体は簡単な方。 鮫肌の仕様変更故にスカーフより襷の方が強い。 襷の方が強いので剣の舞持ちがORASより増えたと思う。 フェアリータイプにもそこまで弱くない辺りやっぱガブリアスって強いわ。 威張るの仕様変更が混乱弱体化。 混乱の仕様変更が逆鱗強化って辺りガブリアスはまだまだ生き残れそう。 テッカグヤ。 ポリゴン2。 対面なら氷タイプやフェアリータイプ。 ダブルチョップガブリアス。 ギルガルド キングシールド、ラスターカノン、シャドーボール、目覚めるパワー氷、影討ち、聖なる剣、シャドークロー、アイアンヘッド、身代わり、毒毒 7世代のポケモンはギルガルドに有効打がないポケモンが多すぎる。 気合の襷、弱点保険、命の珠、残飯等なんでもある。 確実にギルガルドを倒せるポケモンは少ないと思う。 使う側は常にキングシールドの択が発生するので、読み勝てる人にはオススメ。 身代わり持ちのポケモン。 地面、炎、悪タイプ。 Z技等の高火力技を対面でブッパする。 マンムー 地震、 氷柱針、氷柱落とし 、氷の礫、ストーンエッジ、岩雪崩、地割れ ガブリアスやボーマンダ等の竜に強く、ジバコイルやギルガルド等の鋼に強い。 ゲンガーにも臆せず地震が打てる。 襷がメジャーだけど、スカーフや命の珠や突撃チョッキ、Zクリスタルを持たせてもよい。 有利不利がはっきりしているので物理受けや水ポケモンに後投げできるポケモンを一緒に選出したい。 テッカグヤ、ガルーラ、水ポケモン、物理受けポケモン。 ジバコイル 10万ボルト、ラスターカノン、めざめるパワー氷、ボルトチェンジ、ミラーコート 7世代のポケモン 特にテッカグヤとフェアリー にとにかく強い。 今使うなら頑丈一択だと思う。 持ち物は拘り眼鏡かZクリスタル等の火力アップアイテムか風船。 イバンのみが入手できないのが悔やまれる。 ピッキングジバコイルにしても強いと思う。 ガルーラ、地面や炎や格闘タイプ、S60以上の襷持ちポケモン。 ペリッパー 波乗り、暴風、冷凍ビーム、追い風、ハイドロポンプ、とんぼ返り、羽休め 湿った岩、Zクリスタル、襷、脱出ボタン等アイテムも幅広く使える。 キングドラを活かす為だけでなく、自身もアタッカーになれる。 襷持ちのポケモン。 ジバコイル。 カプ・コケコ。 キングドラ 波乗り、ハイドロポンプ、流星群、竜の波動、冷凍ビーム、ラスターカノン、めざめるパワー炎 Zクリスタル、襷、眼鏡等幅広く使える。 物理型もワンチャンあると思う。 使い方がよくわからないけれど、雨を枯らさないことが大事だと思う。 マリルリやアシレーヌ、水とフェアリータイプ。 ポリゴン2 冷凍ビーム、自己再生、シャドーボール、トリックルーム、 10万ボルト、放電 、イカサマ ガルガブゲンに弱くない受けポケモン。 目立っていないが今作でも普通に強いと思う。 これから数が増えると予想。 格闘タイプ、積み技持ちのポケモン。 【追記】オニゴーリ 身代わり、守る、氷の息吹、絶対零度、フリーズドライ、地震 クソゲー流行ってきたから書いた。 電気玉投げつけるガブリアスと組み合わせて起点を作るという構成を思いついた方には脱帽。 オニゴーリにS負けてると強引に突破されることもしばしば。 下記の主な対策方法では運次第で余裕で負けてしまうので、そもそも起点を作られないことが大事かと。 運次第だから難しいのだけど。 聖なる剣ギルガルド、メガガルーラ バルジーナ イカサマ、羽休め、毒毒、挑発、とんぼ返り、身代わり、吹き飛ばし S1屈指の受けポケモンだと思う。 大体がゴツメ持ちかと。 サンムーンから始めた初心者がガルーラ使っていたら是非後投げしよう。 何が強いかって、受けポケモンにも毒毒が入り弱くない。 確実に電気かフェアリーに変えられるので、何か交換できるポケモンを一緒に選出しておきたい。 カプシリーズ。 電気とフェアリータイプ。 パルシェン 殻を破る、氷の礫、氷柱針、ロックブラスト、シェルブレード、大爆発 韓国勢が多く手持ちに入れていたから一応。 大体やることは決まっている。 持ち物は襷、ラム、王者の印、スカーフ、Zクリスタルもワンチャンいけそう。 特殊ルカリオ。 物理耐久のある特殊ポケモン。 【追記】イーブイ とっておき、身代わり、バトンパス、アシストパワー、欠伸 Z技のナインエボルブーストで全能力2段階上昇させて、バトンパスをしてガルーラなどで全抜きを狙う型。 アローラキュウコンで壁貼ってから殴る展開やエルフーンから繋いでくる。 これを書いている時は置き土産使えなくなったが 挑発メガゲンガー、エルフーン、クリアスモッグ 【追記】ポリゴンZ テクスチャー、トライアタック、冷凍ビーム、悪の波動、 10万ボルト、放電 、シャドーボール、破壊光線 テクスチャーZで全能力1段階上昇させて全抜きを狙う。 挑発、エルフーン、クリアスモッグ カイリュー 逆鱗、地震、空を飛ぶ、竜の舞、羽休め あんまり強いとは思わないけど混乱弱体化したし一応。 Zそらをとぶは威力175の飛行技。 襷ガブリアス、カプシリーズ、フェアリーや氷タイプ。 ウインディ フレアドライブ、神速、インファイト、 雷の牙、ワイルドボルト 、噛み砕く、鬼火、地ならし、燃え尽きる 正直ウインディもそこまで強いとは思わないけど一応。 やっぱ火力足りない。 ガブリアス、ボーマンダ、大体の物理受けポケモン、水ポケモン。 サザンドラ 悪の波動、流星群、 火炎放射、大文字 、ラスターカノン、とんぼ返り、大地の力 サザンガルドできるし一応。 持ち物は眼鏡か命の珠かスカーフか襷かZクリスタル。 あんまり差はないかと。 フェアリー後投げ。 襷ガブリアス。 あまり見かけないけれど個人的に僕が強いと思うポケモン メタグロス メガ石 バレットパンチ、アームハンマー、思念の頭突き、コメットパンチ 冷凍パンチを覚えないのがネック。 上からガルガブを倒せる強ポケ。 フェアリーにも強い。 HAベースかASベースかはわかんない。 エルフーン 残飯 身代わり、アンコール、宿り木の種、ムーンフォース 初心者ハメるならこれ。 図太いHBDが好き。 ブラッキー ゴツメ 鈍い、しっぺ返し、毒毒、月の光 某実況動画で見て、あまり見かけないけどこれから流行りそうな気がしたから。 しっぺ返しあるので腕白HBになるのかな? マリルリ ノーマルZクリスタル 腹太鼓、じゃれつく、アクアジェット、滝登り Z腹太鼓は体力全回復してから腹太鼓をするという技。 でもORASより使いづらいかも。 ハマれば強いと思う。 フワライド オボンのみ 小さくなる、バトンタッチ、身代わり、金縛り 個人的には最強だと思うポケモン。 レートで勝つには持って来いのバトン要員。 誰か上のポケモン活躍させてください。 追記 結局のところ、それぞれのまとめの中の上の方に書かれているポケモン使ってたら強いと思う。 どの相性が強いとかは色々使ってみないとわからないんだよなあ。 パーティの組み方としてはとりあえず適当に6匹組んで、そこから入れ替えればいいと思う。 某枠見てたら炎ポケモン全然いないって気づいた。 確かに。 テッカグヤめっちゃ強いんじゃねえの? ギルガルドやテッカグヤを中心とした鋼タイプに打点が取れるポケモンをパーティに1匹は欲しい。 修正箇所 カプ・テテフの説明を修正した。 ブラッキー、ガルーラ、ルカリオ、ペリッパー、キングドラ、ミミッキュ、テッカグヤ、フェローチェ、カプ・コケコ、サザンドラ、バルジーナ、カイリューの技を修正した。 ブラッキーの性格を修正した。 アローラガラガラ、アローラベトベトン、デンジュモク、イーブイ、ポリゴンZ、オニゴーリを追加した。 メガシンカポケモン、カプ・コケコ、パルシェンの主な対策方法を修正した。

次の

ポケモン剣盾(ソードシールド)巨大ラプラス対策必須!入手方法と対策まとめ

対策必須ポケモン

メガハッサム 特徴 4倍弱点の炎で殴れば倒せると言えばそれまでですが、メガハッサムの対策の難しさはそこではありません。 メガハッサムの強みは、アタッカーだけでない型の豊富さにあります。 交代読みで使用する事が多くギルガルド・ポリゴン2などに刺さります。 つるぎのまい持ちは、起点にしてくることも。 おにび みちづれ持ちゲンガーがオススメ。 鬼火を撒いた後は、道連れしたい。 弱点系 メガハッサムは、鋼・虫ポケモンです。 ばつぐん 4倍 ほのお 特殊耐久は、特攻特化メガフシギバナのめざ炎で確2といったところ。 もちろん、一致抜群は耐えません。 受けポケモンで流す ・はねやすめ ・つるぎのまい搭載 ・とんぼがえり の3拍子があるため受けは難しい。 さっさと炎で焼きましょう。 起点系 タイプ相性で流す 虫・鋼共に攻撃範囲が狭いので、多くのポケモンに半減されます。 ハッサムに炎技で攻撃できるのを考慮すると、 炎複合タイプ、 飛行複合タイプ(ねっぷう)、 一部のゴースト(ほのおパンチ、マジカルフレイムなど) です。 物理耐久が高い or 1発で倒せる火力持ちのポケモンを選びましょう。 具体的には、サンダー・メガバシャーモ・ファイアローなどが対処しやすいですね。 流し系 特性:いかく ギャラドスは、虫・鋼を半減、霊獣ランドロスは虫を半減など使用率の高い威嚇持ちはメガハッサムを流しやすい。 ゴツメ+ほえる 場にいさせる事で仕事をされることが多いメガハッサムは、ほえるで流しましょう。 接触技の多いハッサムには、ゴツメは有効です。 メガハッサム 対策 オススメポケモン 炎で焼くのが一番です。 ヒャッハー、汚物は消毒だーーー 改めてピックアップすると、飛行ポケモンが多いですね。 以下は、 ハッサムのメインウェポン(虫・鋼)を半減できるポケモンを選定しました。 ファイアロー ハッサムのメインウェポンを半減できます。 サンダー ギャラドス メガバシャーモ ヒードラン メガクチート.

次の