韓国 テロリスト。 文在寅の韓国は、アメリカに見捨てられ北朝鮮より先に「崩壊」するか(大原 浩)

コロナ禍でも「反日」の韓国で五輪代表が自国に激怒 韓国アスリートを悩ます「五輪潰し」のネガティブキャンペーン(1/3)

韓国 テロリスト

日本政府は「国際世論戦」で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に勝利する-。 安全保障上の運用見直しとして、韓国を貿易上の優遇措置を適用する「グループA(『ホワイト国』から改称)」から除外する政令改正を閣議決定したところ、文大統領自ら罵詈(ばり)雑言を繰り返し、テロを煽るような言動をしているのだ。 国連安全保障理事会の制裁決議を無視するような「南北経済協力」発言の異常さとは。 自民党は5日開いた外交部会と国防部会などの合同会議で、国際社会への発信を強化すべきとの声が相次いだ。 結果的に韓国経済が痛んでも、断固として今回の措置は継続すべきだ。 国際会議などで韓国側との言い分が違った場合、『日本の主張が正しい』ことを(証拠やデータを示して)国内外に向けて発信すべきだ」 自民党の若手論客、和田政宗参院議員は合同会議でこう訴えた。 外交官出身の松川るい参院議員も「国際社会での『世論戦』で、淡々かつ、しっかり説明すべきだ」と同調した。 産経新聞社・FNNが3、4両日に実施した合同世論調査で、韓国を「ホワイト国」から外した措置を「支持する」とした回答が67・6%を占め、「支持しない」(19・4%)を大きく引き離した。 左派メディアや識者が「韓国寄りの発信」を続けるなか、多くの日本国民は、安倍晋三政権が示した「国家の意志」を支持している。 会議に出席した外務省幹部も「韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相らの不正確な発言には反論し、これからも説明を尽くす」と約束した。 経産省の担当者も「日本政府は安全保障の観点から、適切な貿易管理を進める。 韓国の反発にはきちんと否定する。 世耕弘成経産相もツイッターで反論するなど、速やかに対応している」と強調した。 合同会議が熱気を帯びたのは、やはり韓国側の対応が異常だからだ。 日本政府が、韓国に厳格な措置を適用したのは、核兵器や生物・化学兵器に転用可能な戦略物資の輸出管理に疑わしい事案が続出したためだ。 韓国メディアも、第三国を通じて北朝鮮やイランに不正輸出された可能性を指摘している。 ところが、文政権はこれを真摯(しんし)に受け止めず、罵詈雑言の限りを尽くして、日本政府を批判している。 文氏は「ホワイト国」剥奪が決まった2日の緊急閣議で「加害者の日本が盗っ人猛々(たけだけ)しい」「今後、起こる事態の責任は全面的に日本政府にあることをハッキリ、警告する」などと言い放った。 これは「反日」テロを容認するかのような異様な発言ではないか。 現に、ソウルの日本大使館にはガソリンを積んだ乗用車が突っ込み、釜山の日本総領事館には学生らが侵入した。 隣国では、ウィーン条約にある「外国公館の保護」すら守られていないのだ。 自民党安全保障調査会と治安・テロ対策調査会の副会長を兼務する中山泰秀衆院議員は合同会議に先立ち、「文政権は痛いところを日本側に突かれて、その恥ずかしさを隠すために、過激な『反日』姿勢で政治的得点を挙げようと必死なのだろう。 その責任を全て日本になすりつけるとは、許しがたい」と批判した。 文政権は公然と、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄までチラつかせている。 同協定は、米国の要請で締結されたものであり、文政権の姿勢は「米国への裏切り」でもある。 中山氏は「あまりにもレベルが低い。 自国の無責任な戦略物資の輸出管理が『ホワイト国』剥奪につながっているのに、『GSOMIA破棄』で脅してくるとは…。 米国もあきれ果てている。 相手の出方次第だが、国交断絶も否定できなくなるかもしれない」と語った。 合同会議には山田宏防衛政務官の姿もあった。 韓国軍は日本への対抗措置として、早ければ今月中にも、同国が不法占拠する島根県・竹島(韓国名・独島)の防衛を想定した軍事訓練を実施する方向で検討しているという。 山田氏は会議後、「韓国がもがけばもがくほど、自らの首を絞めるだけだ。 国際社会は『日韓のどちらが火を付けたのか』を理解している。 日本は冷静に事実をもって反論するまでだ。 不測の事態に備え、打つ手は数多くある。 勝負はついている」と、夕刊フジの取材に語った。

次の

韓国人は息を吐くように嘘をつく!韓国のサイバーテロリスト集団VANKは嘘つきである!慰安婦はただの売春婦だ 海外の反応

韓国 テロリスト

Ambassador Mark Lippert victim of South Korean hero worship 韓国のテロリスト崇拝の犠牲となったマーク・リッパート駐韓アメリカ大使 by テキサス親父 なかなか面白い議論が続いているようですので、続編をお届けいたします。 この事件をめぐる韓国人の言動をよく観察してみるといい。 やつら、ひと言の謝罪もないばかりか、いつのまにか議論をすりかえて悪いのは日本とアメリカであるかのようなことを言い出している。 そのうちやつら、テロリストの像を世界中に建てまくるぞ。 それにネット上でもみな申し訳ないと言っているぞ。 嘘をつくな。 パク大統領は大使にまだ謝罪してないぞ。 それにパク大統領は今回の事件が韓国の責任だって認めたか? 損害賠償の話はしたか?してないだろ? パク大領領は、事件は起こるべきでなかったと言ってるだけだぞ。 もしそれが謝罪だというのなら、日本が韓国に行った過去のそれも十分すぎる謝罪なはずだ。 なかでも、ぶっ飛んでいるのが襲撃者が日本に雇われたって説だ。 毎度のことだが、韓国人はいつも楽しませてくれるぜ。 もっと勉強しな。 あんたの考え方はうちの5歳のいとこと同レベルだよ。 ソースを見せてみろよ。 これが証拠だ。 必要ならGOOGLEで翻訳しな。 これはあきらかなテロだ。 テキサス親父が言っていることは完全に正論だ。 問題の根幹にあるのは、韓国がテロリストである安重根を英雄と崇めていることだ。 韓国人の多くが知らないことだが、安重根が伊藤博文を暗殺した本当の理由は、明治天皇への忠誠心からだった。 安重根は、伊藤博文を明治天皇の大御心を遮る奸臣と思い込んでいたんだ。 安重根は韓国を独立させようとして伊藤博文を殺害したわけじゃない。 安重根はアジアの平和のためにその伊藤を殺害したんだ。 知ってるか? 獄中の安重根に対しては、日本人の看守でさえ彼が正しいことをしたと弁護しているんだぞ。 伊藤博文はソウルの宮殿を破壊し、財宝の数々を奪った上に、多くの韓国人を奴隷労働に駆り立てた極悪人だ。 そんな伊藤を賞賛するのは恥知らずだけだ。 このトニーとかいう年寄りの口から出る言葉はみな間違っている。 だけど、あんたの見方は根底から間違っているよ。 伊藤博文は日韓併合に反対の立場だったんだ。 その伊藤を殺した安重根はつまり日韓併合を促進したマヌケだったんだよ。 ハハハハ。 自分も安重根は尊敬しないしね。 その点ではこの年寄り(テキサス親父)の言ってることはたしかに正しいよ。 だけど、真実を嘘で塗り替えたり、英雄的な行為を不当におとしめたりするのはやはり許せないな。 嘘は日本人ばかりでなく、親日的な人をも傷つけることになるからだ。 安重根には、そうするだけの正当な理由があったんだ。 もちろん現代の冷戦時代に、彼を崇拝するかどうかというのはまた別の問題だけどね。 君はおそらく私が安重根に敬意を払っていないという理由で、つっかかっててきたんだと思う。 だけど自分は当時の警察の調書に書いてあることをそのまま投稿しただけだ。 安重根は明治天皇のためによかれと思ってやったんだ。 だからといって彼の行為が正しかったと言っているわけではないけどね。 そうして韓国のあら探しをしたり、それらを世界に発信したりして楽しんでいるってこともね。 それも組織的にだ。 自分は視野の狭い多くの韓国人と距離を置いている。 だけどもし君らが韓国を非難するのなら、それはあくまでも事実に基づいたものでなければならない。 そうでなければ、日本人ばかりでなく、親日的な人に対しても嘘をつくことになるからだ。 安重根の行動の背景にあったのは、高宗の恨みだ。 高宗はその妻閔妃を殺されたことから日本人を恨んでいたんだ。 そもそも日本の歴史でも暗殺など珍しくないし、同じように暗殺者が崇拝されているケースだってあるだろ。 コンクリートの固まりを投げつけたんだ。 大使に怪我はなかったが、女性職員が負傷した。 犯人は懲役2年を宣告されたが、3年間の執行猶予がついた。 韓国では日本へのテロは犯罪というよりむしろ英雄的行為とみなされている。 つまりは野蛮な国ということだよ。 犯人を野放しにして、アメリカ大使を切りつけさせたのは韓国社会の責任でもある。 しかし今回は執行猶予などつかないだろう。 なにせ相手は、韓国の兄上様であるアメリカ様だからな。 これが韓国人というものだよ。 k1(アメリカ) 親愛なるプロパガンダバスターさんへ まずこの襲撃犯である金基宗の行為は、たしかに弁解の余地がないし、生産的なものでもない。 ふたつめは、暗殺者である安重根を韓国ではなぜ英雄として祭り上げているのかについてだが、これはあなたも知っているようにある国からテロリストと呼ばれる人物は、別の国から自由の戦士とされていることが少なくない。 安重根は韓国では日本の侵略に抵抗した英雄とされている。 当時韓国は外交権をはじめ多くの主権を日本に奪われようとしていた。 そんな中、伊藤博文こそが韓国とアジアの平和を破壊する張本人だと信じ、殺害を実行した安重根は、後に以下の暗殺理由を公にしている。 1、閔妃を殺害した 2、高宗を廃位した 3、韓国に不平等条約を強制した 4、良民を多数殺害した 5、韓国の主権を奪った 6、鉄道や鉱山、森林、河川などを奪った 7、日本円の使用を強制した 8、韓国軍を解散させた 9、韓国の教育を阻んだ 10、韓国人の海外留学を禁じた 11、韓国の教科書を焼却した 12、韓国人が日本の保護を求めているという噂を世界に流した 13、韓国には何の問題もないと天皇に嘘をついた 14、アジアの平和を損なった 15、孝明天皇を弑逆した (*注 ここに挙げられているリストは実際の供述書とは若干異なるようです) 伊藤博文は、韓国人と中国人の目には圧政のシンボルだった。 暗殺者が英雄に祭り上げられる例は他の国にもある。 たとえばアイルランドのマイケル・コリンズやセルビアのガヴリロ・プリンツィプなどだ。 安重根の行為だって生産的な行為とはいえないぞ。 併合に反対していた伊藤博文を殺してしまったんだからな。 金基宗の意見には、若干だけれども賛成できるところがある。 もちろんその行為は愚かで許せないものだけど・・・。 彼は韓国を保護国にしようとしていたし、その圧力は1905年頃から徐々に強まった。 それにアジア主義者だった安重根は、そんな伊藤をアジアの平和と連携を阻害するものと信じていたんだよ。 金基宗と安重根がよく似ているといったのは、それが理由だよ。 有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。 しかしながら、現実問題として相応の金銭的見返りがないと継続的に記事をアップし続けることはやはり困難といわざるをえません。 そこでたいへん恐縮ではありますが、古い記事に関しましては有料、もしくはシェアウエア(気にいってくださったらお気持ちの分だけ投げ銭していただくもの)の形でご提供させていただきたいと思います。 なにとぞご理解の上、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 なお本サイトの記事は下の「歴史ニンシキガー速報電子書店」上でも購入・購読できます。 kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。 最後に書かれた管理人さんのコメントに心から賛同します。 日本人が目覚めて戦う気になってきたのはよいけれど、韓国人と見分けがつかないような日本人も増えてしまっているのが本当に気がかりです。 「どっちもどっち」では日本の負け。 韓国人を相手にして感情的にならないのは難しいですが、相手が熱くなればなるほどこちらは冷静に事実を論理的に積み上げる方法で戦わなければ。 その意味ではテキサス親父さんの慰安婦の取り上げ方 不細工を強調 も、痛し痒しなんですよね。 アメリカ人が自由意思で作っている動画ですから、表現に注文を付ける訳にはいきませんが、もう少し幅広い層が素直に共感できる表現だったらな~と時々残念な気持ちになります。 とても有り難いし応援してますし、個人的には好きですけどね 笑。

次の

コロナ禍でも「反日」の韓国で五輪代表が自国に激怒 韓国アスリートを悩ます「五輪潰し」のネガティブキャンペーン(1/3)

韓国 テロリスト

日本政府は「国際世論戦」で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に勝利する-。 安全保障上の運用見直しとして、韓国を貿易上の優遇措置を適用する「グループA(『ホワイト国』から改称)」から除外する政令改正を閣議決定したところ、文大統領自ら罵詈(ばり)雑言を繰り返し、テロを煽るような言動をしているのだ。 国連安全保障理事会の制裁決議を無視するような「南北経済協力」発言の異常さとは。 自民党は5日開いた外交部会と国防部会などの合同会議で、国際社会への発信を強化すべきとの声が相次いだ。 結果的に韓国経済が痛んでも、断固として今回の措置は継続すべきだ。 国際会議などで韓国側との言い分が違った場合、『日本の主張が正しい』ことを(証拠やデータを示して)国内外に向けて発信すべきだ」 自民党の若手論客、和田政宗参院議員は合同会議でこう訴えた。 外交官出身の松川るい参院議員も「国際社会での『世論戦』で、淡々かつ、しっかり説明すべきだ」と同調した。 産経新聞社・FNNが3、4両日に実施した合同世論調査で、韓国を「ホワイト国」から外した措置を「支持する」とした回答が67・6%を占め、「支持しない」(19・4%)を大きく引き離した。 左派メディアや識者が「韓国寄りの発信」を続けるなか、多くの日本国民は、安倍晋三政権が示した「国家の意志」を支持している。 会議に出席した外務省幹部も「韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相らの不正確な発言には反論し、これからも説明を尽くす」と約束した。 経産省の担当者も「日本政府は安全保障の観点から、適切な貿易管理を進める。 韓国の反発にはきちんと否定する。 世耕弘成経産相もツイッターで反論するなど、速やかに対応している」と強調した。 合同会議が熱気を帯びたのは、やはり韓国側の対応が異常だからだ。 日本政府が、韓国に厳格な措置を適用したのは、核兵器や生物・化学兵器に転用可能な戦略物資の輸出管理に疑わしい事案が続出したためだ。 韓国メディアも、第三国を通じて北朝鮮やイランに不正輸出された可能性を指摘している。 ところが、文政権はこれを真摯(しんし)に受け止めず、罵詈雑言の限りを尽くして、日本政府を批判している。 文氏は「ホワイト国」剥奪が決まった2日の緊急閣議で「加害者の日本が盗っ人猛々(たけだけ)しい」「今後、起こる事態の責任は全面的に日本政府にあることをハッキリ、警告する」などと言い放った。 これは「反日」テロを容認するかのような異様な発言ではないか。 現に、ソウルの日本大使館にはガソリンを積んだ乗用車が突っ込み、釜山の日本総領事館には学生らが侵入した。 隣国では、ウィーン条約にある「外国公館の保護」すら守られていないのだ。 自民党安全保障調査会と治安・テロ対策調査会の副会長を兼務する中山泰秀衆院議員は合同会議に先立ち、「文政権は痛いところを日本側に突かれて、その恥ずかしさを隠すために、過激な『反日』姿勢で政治的得点を挙げようと必死なのだろう。 その責任を全て日本になすりつけるとは、許しがたい」と批判した。 文政権は公然と、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄までチラつかせている。 同協定は、米国の要請で締結されたものであり、文政権の姿勢は「米国への裏切り」でもある。 中山氏は「あまりにもレベルが低い。 自国の無責任な戦略物資の輸出管理が『ホワイト国』剥奪につながっているのに、『GSOMIA破棄』で脅してくるとは…。 米国もあきれ果てている。 相手の出方次第だが、国交断絶も否定できなくなるかもしれない」と語った。 合同会議には山田宏防衛政務官の姿もあった。 韓国軍は日本への対抗措置として、早ければ今月中にも、同国が不法占拠する島根県・竹島(韓国名・独島)の防衛を想定した軍事訓練を実施する方向で検討しているという。 山田氏は会議後、「韓国がもがけばもがくほど、自らの首を絞めるだけだ。 国際社会は『日韓のどちらが火を付けたのか』を理解している。 日本は冷静に事実をもって反論するまでだ。 不測の事態に備え、打つ手は数多くある。 勝負はついている」と、夕刊フジの取材に語った。

次の