ノン フィクション 西山 家。 プロレスという世界で「ノン・フィクション」は可能か(柳澤健×田崎健太×細田マサシ)

日本で一夫多妻が可能?西山いやさかファミリー、妻の嫉妬は?【有吉ダレトク】

ノン フィクション 西山 家

2020年4月19日 日 放送 あらすじ 52歳でクビになりました。 ~クズ芸人の生きる道~ いつもジャイアンツの帽子をかぶっているその男…小堀敏夫52歳、独身。 貯金はゼロ、家賃2万8千円のアパートに住み、ガスは止められ、スーパーで割引になったとんかつ弁当と一緒にカップヌードルを食べる暮らし。 ワハハ本舗に所属し「ガッポリ建設」というコンビを組んでいる。 主宰の喰始(たべ・はじめ)からは「クズ芸人」と呼ばれている。 芸人として何一つ努力もせず、毎日パチスロばかり。 「仕事」と称して出かけるのは、昨今世間で話題になった芸人による「ギャラ飲み」…たとえクズ芸人と呼ばれようが、小堀にとっては「お笑い芸人」でありつづけることが大切なのだ。 小堀の所属するワハハ本舗では、仕事のない芸人を救済するために3カ月に一度、お笑いライブが開かれている。 みんなの前で芸を披露し、主宰の喰にアイディアをもらいながら、本番に向けて芸を練り上げていく。 小堀も参加するが、やる気は全くない。 喰のダメ出しには、いつも言い訳ばかり。 そんなクズ芸人・小堀を見続ける喰は「自分は人間を嫌いになれない」「クビは切れない」と言い、長年、見逃してきたのだが….

次の

ノンフィクション

ノン フィクション 西山 家

昨日、週刊誌(『』だったかと思う)を立ち読みしていて初めて知ったのだが、・元記者夫人の啓子(ひろこ)さんが今年2月に亡くなっていたとのこと。 が「自主独立派の政治家」として英雄視しているに陥れられた西山元記者を啓子さんが支え続けたことは、昨年1〜3月に放送されたTBSテレビのドラマ『運命の人』で初めて知った。 ドラマの放送期間中、当ダイアリーではこのドラマに関連する歴史的事実を毎週取り上げ、関連図書の紹介などを行ったこともあって、ドラマ放送中の毎週日曜日夜になると当ダイアリーのアクセス数がはね上がったものだ。 その中で啓子さんを記事のタイトルにしたのが下記。 (2012年2月18日) それなのに、啓子さんの訃報を今まで知らなかったうかつさを悔やんだ。 ネット検索をかけても啓子さん死去に関して書かれた記事は少ないが、筆頭に表示されたのが下記の記事だった。 (2013年2月27日) 「沖縄密約」事件のさんの妻西山啓子(ひろこ)さん訃報の新聞記事(2月24日)をみて、あらためて「沖縄密約」について検証したいと思います。 以下は「呑ん兵衛備忘録」からの一部引用 いつもなら声を荒らげ、睨みつけるように反論してくる夫が黙っている。 啓子は身を縮めるような思いで待った。 「あのね」 か細い声が聞こえた。 拝むような表情の夫が続ける。 「ギャンブルしているときだけは、すべてを忘れられるんだ」 啓子は何も言えなかった。 「結局、決断できないのは私自身だったのね。 私が放りだしたら、ひとりでは生きていけないだろう。 私さえ我慢すれば、まわりに迷惑をかけずにすむ。 そう思っていたけど、言い訳だったのかもしれない。 だから、どんなにわがまま言っても大丈夫だろうって、主人から見透かされてしまうのね。 ただ、心の底のどこかに、これではあまりにもかわいそうすぎるという気持ちがあったことも確かでした。 このまま終わってほしくない、と」 中 略 電話を切ると、夫は玄関へ向かった。 「ちょっと新聞買ってくる」 飛び出すように出て行ったきり、なかなか帰ってこない。 戻ってきたとき、手にした新聞はくしゃくしゃになっていた。 〈と大の我部(がべ)政明教授は、(一九七二年五月)に至る日米両国政府の交渉の実態と最果を詳しく記録した米公文書のつづりを入手した。 それを一面だけでなく、二、三面も見開きで報じていた。 破格の扱いだった。 台所のテーブルに新聞を置くと、夫はつぶやくように言った。 「あんたの言ったとおりだったな」 口にしたのはそれだけだったが、啓子にはその意味がわかった。 「パパねえ、カってでたらめなところのある国だけど、きっと公文書とかが出てくるわよ。 密約があったことは、きっと証明されるから」 事件が起きた直後から、啓子はしきりにこう繰り返していたのだ。 そういう意味ではこれは30年前の事件ではなくて、現在の事件です。 その会見でわれわれは宣伝を鵜呑みにするのではなく、判断にあたっての貴重な資料としてとらえればよいのです。 官制の会見は、程度の差こそあれ、みな色はついています。 それを見抜くのは、取材する側、あるいは読者の側の能力の問題です。 基礎資料というのは、その人と会ってその人がしゃべらなければ始まらないのです。 「」の否定につながります。 これは「イロハ」のイです。 これはおそろしいファッショですよ。 はっきり言えば、権力の集中が始まってくると、受け皿のほうでも権力に迎合する、いわゆる的な動きを受容し、それを促進する陣営ができてくる。 を封印した「戦後史の正体」 氏の「戦後史の正体」は、の「沖縄密約」を、意図的に封印しています。 「そういう意味ではこれは30年前の事件ではなくて、現在の事件です。 つまり、嘘をつき通すということを、依然として政府や私たちが選んだ権力者はやり続けて、それが可能な国だという、これは非常に明白に照らし出しています」。 「外務省のもっとも恥ずべき部分」()を「戦後史の正体」は隠ぺいし封印しています。 ある意味で情報犯罪だと考えています。 氏は「戦後史の正体」のあとがきで「私自身、40年近く外交官としてすごしましたが、本当の外交をしようと思ったら、必ず歴史を勉強する必要が出てきます。 相手国とのあいだに横たわる問題を共同で解決し、友好関係を維持する。 または敵対関係のなかでなんとか妥協点を見いだし、最悪の事態を回避する。 どちらの場合も、本当に必要なものは情報です。 そのなかでいちばん基礎となる本質的な情報をあたえてくれるのが、歴史の研究なのです。 」 本当に必要な情報を封印した「戦後史の正体」。 これまで繰り返し述べてきましたが、「戦後史の正体」が国にとって本当に都合が悪ければの「沖縄密約」と同様、徹底的に弾圧し、国家機密法違反で逮捕されることでしょう。 そうならないのは、なぜなのか皆さんに考えてもらいたいと考えています。 72年時にシステムとして確立された「公印偽造による裏金づくり」を、暴露したため、役所から市民を抹殺するために「罠」を仕掛けられ、それを見破ると、終いには不当な契約解除。 来る3月9日で4年目。 国家権力の恐るべき犯罪行為である「色のついた」をご覧ください。 (『わらびジャーナル』 2013年2月27日付記事「と」) そういえばは、カと「糸と縄の取引」を行い、に絡んでカと密約を交わしたを「自主独立派の政治家」として持ち上げている。 現在では密約が「あった」ことは広く世に認められているにもかかわらず、日本政府は密約の存在を未だに認めていない。 そして、一部の「リベラル・左派」がやを賛美する孫崎のご高説をありがたく承り、もののみごとに洗脳される醜態を晒しているさなかに、啓子さんはこの世を去ってしまった。 なんたる痛恨事! 遅ればせながら、故西山啓子さんのご冥福をお祈り申し上げる。 kojitaken.

次の

ザ・ノンフィクション 2020年4月19日(日)放送 52歳でクビになりました。~クズ芸人の生きる道~

ノン フィクション 西山 家

世界の終わりまで待てない。 日記を長期間付けられないニンゲンによる、期更新の雑記ブログ。 近日は拝見させていただいたブログ記事に自分なりに思う所のある時、その記事をリブログする様になりました。 旅の終わりに : 探検家のブログ 「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。 米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。 2016年の終わりに。 姿勢科学の専門家で、魔法の質問家で、 仮面心理学インストターの みちのえみこが、 日常のできごと、思うこと... 【Iconoclasts実況】世界の終わりが近づく 37 版「Iconoclasts」を実況プレイ。 いよいよ「彼のお方」が近づいてきます。 11月28日で鹿児島cainoyaは15周年... 11月28日で鹿児島cainoyaは15周年そしてその日で鹿児島cainoyaは完全クローズします。 「」 この邦題、素晴らしいなぁ。 たった、ひと家族分だけの登場人物。 目だけで語る演技や、愛想笑い、時計、まるでそこだけが世界かのような家の中がとても印象的。 世界の終わりから逃げ切れ【SHU】まったりへっぽこ実況 新実況スタート! 【KOI】で冒険を終えたぴょん。 次は極悪の嵐によって村を破壊されたシュウを操作し、生き残るための旅へ立つ…。 旅の途中... 第一段階終わりですね : 我が家だけの『世界でたったひとつの家づくり』 本日はお疲れ様でした。 t様電気工事、とりあえずこれで先行配線も終わり 第一段階完了!! 次は、ボードの穴あけ。 その次は床塗り... - 映画情報・レビュー・評価・あらすじ Filmarks映画 の映画情報。 17983件のレビュー 口コミ・感想・評価 、内容・ネタバレ、あらすじ、予告編・予告動画、公開映画館情報、公開スケジュール、監督・出演者の関連映画情報。 監督、出演。 「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12... Thecriticbuz6.

次の