小倉 美咲 キャンプ 参加 者。 小倉美咲ちゃん透視霊視で誘拐の可能性は?父親悲痛の行方不明後の足取り

小倉美咲ちゃんのキャンプオフ会メンバーとの関係性は?

小倉 美咲 キャンプ 参加 者

小倉美咲さんの大規模捜索が打ち切りに 産経ニュース他、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 山梨県道志村のキャンプ場で9月21日から行方不明になっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)について、山梨県警は6日、周辺にいる可能性は低いと判断し、午後5時で現地の指揮本部を解散して捜索を打ち切ると発表した。 特異行方不明者として全国に情報提供を求め、事件に巻き込まれた可能性も含めて捜査を続ける。 県警などは延べ約1700人の態勢で広範囲に捜索したが手掛かりは得られず、県の要請を受けて災害派遣した陸上自衛隊は9月28日で撤収。 地元消防団も翌日引き上げていた。 大月署の井上久署長は「取り得る限りの最大限の態勢で捜索したが発見できなかった」と語った。 大規模捜索は終了するが、有力な情報があれば再捜索するという。 不審な人物や車両の情報については「答えられない」とした。 県警などによると、小倉さんは9月21日に母親や姉、友人家族ら約30人で「椿荘オートキャンプ場」を訪れた。 同日午後3時40分ごろ、テントを設営した広場から小川に遊びに行っていた子供たちを1人で追い掛けた。 広場から続く下り坂を下った先の丁字路を小川のある左に曲がる姿を母親らが見ていたが、その後の目撃情報はない。 小倉さんは身長125センチくらいでやせ形。 不明になったときは黒の長袖シャツにジーパン姿で、緑のスニーカーを履いていた。 キャンプ場は神奈川県との境に近く、村役場の東約2キロの山間部にある。 こうした中、7日、有志でつくるボランティア団体が新たに設立された。 団体には登山経験が豊富なメンバーが十数人いるということで、今後、SNSやホームページで情報発信していく。 なお、捜索の様子は団体の意向で撮影できないという。 出典: この大規模な捜索に関してですが、小倉美咲さんが行方不明となってから16日目の2019年10月6日(日曜日)で打ち切りになったと言います。 今後はこのボランディア団体が主体となって行方になった小倉美咲さんを創作するということですが、警察も一切捜査をしなくなるのではなく、通常の行方不明者として全国の警察と連携して行っていくのだそうです。 出典: 16日間で消防、自衛隊、警察などを含めて1686人もの人員を費やしており、捜索範囲はおよそ120平方キロメートルにも及んでおります。 出来る限りの捜査を行ったということに加え、手がかりが一個も見つからないという状況と、このままダラダラと捜索を続けていても無駄足となってしまい、税金を垂れ流してしまうということも打ち切りの理由の一つに数えられると思います。 出典:• 誘拐の線を 主体に本格的に捜査していかざるを得ない• 土地鑑情報とは警察の専門用語であり、事件のあった場所などの土地に関する知識や情報のことを意味する語句です。 小学生や児童というのは、学校周辺などに行けば集まるということを考えるかもしれませんが、こうした犯罪者は用意周到であるため、防犯カメラなどがなく、さらには親の目から離れやすく誘拐の線が浮上しにくい土地をあえて選びます。 つまり、キャンプ場などは絶好の場所であるということです。 やその友人ご家族は、毎年のようにサークルで大人数でキャンプをしていたということですし、積極的にTwitterやInstagramなどで情報発信していたため、事前に椿荘オートキャンプ場に行くという情報を犯人がキャッチしていたのかもしれません。 そして事前に下見などをして入念にシュミレーションを重ね、女児が1人になるタイミングを見計らって、誘拐したということも考えられます。 小倉美咲さんをGoogleなどの検索エンジンで調べると、「母親殺害」という極めて不謹慎であるサジェストキーワードが出てきます。 サジェストワードとは検索エンジンで検索をしやすくするようにユーザーが最も検索をかけているワードを推奨し表示してくれるサービスのことで、ユーザーさんにとって有益である情報と検索エンジン側が判断した際に、勝手に表示されたり、検索ボリュームが多い時に表示されるものです。 つまり、小倉美咲さんは母親によって殺害されたのではないか?と疑念を抱いているユーザーが日本に一定数存在するということが明らかとなったのです。 しかしながら、この説は極めて現実的ではありません。 もし仮に母親であるが殺害をしていたとするのであれば、その時間はまずないでしょうし、遺体の処理や警察の捜査を欺くための偽装工作など完璧にする必要がありますので、考えられません。 したがって、母親が殺害したと考えるのはあまりにも無理があるでしょう。 道志川から下流に下っていくと、道志ダムという場所に流れ着くことが明らかとなっております。 この道志ダムは道志村には所在しておらず、小倉美咲さんが行方不明となった椿荘オートキャンプ場から以下のように距離が離れているのです。 道志川は、神奈川県相模原市で道志ダムと呼ばれるダムに流れ着きますので、この広大なダム湖の敷地に漂流してしまったという可能性も視野に捜査をしなければなりません。 実際に、行方不明となってから11日目の10月1日の捜索においては、警察や消防など43人態勢で機動隊がダムの水中に潜って手がかりを探したのですが、有力な情報は見つかっておりません。 これら全ての事象を加味すると、やはり誘拐の線が高いのではないかと推測されるのです。 とも子さんが事情を聴かれる。 その他の大人は継続して周辺を捜索。 2019年9月21日15時40分〜16時の間に小倉美咲さんは行方が分からなくなったのですが、その際に父親の雅さんは会社にいたことになります。 その後、おそらく母親のとも子さんあたりから「美咲が行方不明になった」というLINEの連絡をもらい、急いで駆けつけたのでしょう。 そこからの父親の雅さんの言動というのは、血眼になって探し続けているというもので、生きた心地はしなかったと思われます。 一部ネット上では「なぜ母親だけ顔を出して会見をし、父親は顔出ししないのか?」という批判もあるようですが、捜索で疲弊しきっている上に、今後の生活にも支障をきたす可能性もありますので、あえて公開しなかっただけだと思います。 A家 4人(父、母、子2) B家 5人(父、母、子3) C家 5人(父、母、子3) D家 4人(父、母、子2) E家 3人(母、子2) F家 3人(父、母、子1) 小倉家 3人(母、子2) 計27人(父5、母7、子15) 出典: キャンプの参加者は、ほとんどが顔見知りであり「子育てサークル」と呼ばれるサークルの仲間だったのだそうです。 計27人という大人数でありますが、大人が12人と子供の数より少ないですし、面倒を見きれなかったのかもしれません。 一部ネット上では、この参加者の中に誘拐をした犯人がいるのでは?と勘ぐる人もいるくらい、小倉美咲さんに関する手がかりが見つかっておりません。 もっとも、キャンプの参加者全員は警察による任意での事情聴取や聞き込み調査がされていると思われますので、まず参加者を疑うという行為が正しいとは言い切れません。 事故として決めつけて捜索をしてしまえば、事件であった時に気がつくはずの点などを見落とす可能性がありますし、逆に事件として捜索をしてしまえば、事故のポイントを見落とす可能性があるのです。 これほどまでに手がかりがないのは誘拐の可能性が高いわけですが、もっと早い段階で公開捜査(小倉美咲さんの顔画像を公開する行為)に切り替えていれば、早期発見につながっていたかもしれません。 これはあくまで結果論ではありますが。 警察が小倉美咲さんの親御さんに状況を説明し、説得をして写真を早期に公開て公開捜査に切り替わっていたすれば、瞬く間に写真が拡散され、世間に広く知れ渡ることとなったでしょう。 そうすれば街中などで小倉美咲さんが目撃された際に、有力な情報として警察に寄せられていたかもしれませんが、顔画像がはっきりとしない期間が行方不明となってから数日間続いてしまったため、初動捜査(事故の面)に遅れが生じたのではないでしょうか? 先入観を捨てることが解決への一歩であると思うのですが、それと同時に正しい判断を瞬時にするという判断力を身につけることも必要となってくるでしょう。 何れにしても、一刻も早く小倉美咲さんが見つかり、無事に親御さんの元へ戻ってくることを願っております。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

美咲ちゃんの母親のインスタに衝撃コメント発見「埋めてたら分からないか」【道志村キャンプ場7歳女児行方不明】

小倉 美咲 キャンプ 参加 者

2019年9月、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明となった小学1年生の小倉美咲ちゃん。 行方不明になってから、まもなく4カ月が経とうとしている。 小倉美咲ちゃんの両親が番組の取材に答えた。 【美咲ちゃんの母・小倉とも子さん】 「娘が戻ってきたら、自分の手で開けてもらおうと思って、そのままにしています」、「12月31日だけは、頑張って起きていると言って、初めて一緒に年を起きたまま越せて、ことしもそれを願っていたんですけど、その願いもかなわず、本当につらい年末年始」 【美咲ちゃんの父・小倉雅さん】 「毎年お年玉をもらって喜んでいたりとか、楽しい正月を迎えさせてあげることができたのに、それをかなえられてない今の現状が心苦しい」 家族は、引き続きチラシ配りなどをして情報提供を呼びかける。 ネットの声 キャンプ参加者10人以上大人がいたのに、その中の何人かが子どもを見る担当とか何でつくらなかったのか、そればかり思います。 ご両親岳でなく、一緒に行ってた方達も反省すべき。 してると信じたいです。 もう遅いですが。 六年生でも川に流されてます。 私なら自分の子供だけでなく、友達の子供達もちゃんとみときます。 この事件?事故?の一報を聞いたとき一番に思ったのは、大人がたくさんいて何してんだろ️と。 普段から子供だけにしてたまたま無事だっただけ。 私は過保護、心配性と言われますが、それでいいと思ってます。 何かあってからでは遅いので。 子供て想像しないことするし、、、とにかくみさきちゃんには罪はないので、早く帰ってきてほしいです。 お母さんインスタ好きみたいだし、キャンプ場に着いたら、写真しょっちゅう撮りそうってイメージがあります。 マスコミの報道のしかたで、そういうイメージができたのですけどね。 なんかオフ会の見知らぬ人達とって報道されてましたけど、違うみたいですね。 違っても訂正はないんだから… でも運動会が中止になるような変わりやすいお天気の時に、自然いっぱいのキャンプ場は川の増水等の危険もあるし、怖いかな。 でも周りのママ友達が行くのに、自分達だけやめるとは、なかなか言いにくいでしょう。 目を離したと言っても、そんなにシーンとしたところじゃないみたいだし、まさかいなくなるとは思わないだろう。 私が子供の頃は田舎に遊びに行った時なぞ、誰も大人が見てないところで子供だけで遊び回ってたし、その感覚だといちいち子供の遊びに親がついてまわるというのも過保護と思うので、目を離したを責めるのは可哀想かなと。 ということは、両親は偽装工作?それにしては演技がうますぎる? 管理人の率直な感想 「もし自分がこのキャンプの参加者だったら」 マスコミは当然のように参加者の情報は把握してると思うんです。 そして通常ならば当然のように突撃する。 「特定されるのがイヤだから」「下手したら犯人扱いされる」との声があります。 確かにその通りだと思います。 もし僕がキャンプの参加者だったとして、マスコミのインタビューに答えることによって行方不明の子が見つかるきっかけになるんだとしたら進んで答えますが、 マスコミのインタビューに答えたところで自分のパーソナルな部分が公にされるだけなんですよね。 事件の進展には何の役にも立たない。 情報を提供するなら警察だけでいいし、それが賢明。 ただ、「警察によると…」で始まるキャンプ参加者から寄せられた情報が一切無い。 参加者は、小倉美咲ちゃんに関係する情報を誰一人として持っていなかったのでしょうか。 今回は父親が一瞬だけ姿を見せました。 事件発生当初、「母親と父親は別居している」との情報が流れたのを覚えています。 事実こうやって一緒に暮らしているし、その情報がデマだったことが証明されたわけです。 疑念を抱いている人はまだ多くいます。 かくいう僕も正直、多くの疑問を持っています。 こういった両親の動きによって疑念が払拭されていけば、配布しているチラシにも力が増すと思います。

次の

小倉美咲ちゃん 本当にキャンプ場に来ていた?

小倉 美咲 キャンプ 参加 者

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で発生した小倉美咲ちゃん行方不明事件に関する新たな証言がネット掲示板に書き込まれました。 その書き込みによると、事件が発生した日、行方不明になった美咲ちゃんをキャンプ場では家族以外は誰も見ていない、つまり「美咲ちゃんはもともといなかった」というのです。 美咲ちゃんがキャンプ場に来ていなかったとなると、「キャンプ場で行方不明になった」という事件の大前提が崩れることになると同時に、美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが嘘をついていることになります。 そこで、この記事では事情通の書き込みとそれに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。 ただし、この証言はあくまでネットの書き込みにすぎず、信ぴょう性には疑問があります。 さらに、警察も捜査している案件ですので、そのような不審点があればすぐさま事件化しているはずです。 よって、この事情通の書き込みは「美咲ちゃんはいなかったという未確認情報があるが、あくまでネットの書き込みである」という前提で、真偽を疑いつつ読んでください。 うちにも美咲ちゃんと同い年の子がいるので、なんとなく思うのは、お母さん、最後に子供を見た時間を全く覚えてなかったんじゃないかなと。 ここまでおおごとになるとも思わず、「子供をみてなかったの?!」と、言われるのが怖くて、「さっきまでそこにいた」「子供を見送った」みたいに言ったら、子供帰ってこず。 「子供をみてなかったの?」とか、言われるのが怖くて、しかも迷子とかですぐ見つかると思ったから写真とかもださずにいたけど、実は曖昧な目撃証言で、いまさら「実は見てない」とか「覚えてない」なんて言えないから必死なのかなと。 このお母さんは、計画殺人を思いつくほどの頭もなさそうだし、知人に偽証させる口の固さを、何人も維持できるほどの人脈を築いたり、できなそう。 一度ついた嘘(子供をいつどこまでみていたか)自分に非はない感じに言おうとしたら、実はとんでもない流れになっちゃった、感じ 例えば、ずっとスマホゲームしてて、みてなかったとか何時だったか、覚えてなかったのかなと。 まさかこんな事態になっていると思わず、最初についた「子供をちゃんと行く先まで見届けてた」的な言葉が、もう「実は覚えてない」「いつどこへ行ったか覚えてない」なんでいまさら言えない。 なんかそんな感じする。 完全犯罪を企画、実行、アリバイ工作、口封じまでできるほどの頭も無さそう。 事情通の書き込みが正しかった場合の推理 事情通による「小倉美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という書き込みが正しい場合、この行方不明事件は狂言であり、偽装された行方不明ということになり、事件が計画的なものであった可能性が高まります。 ネット掲示板では事件当初からなぜか「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という噂が絶えなかったため、今回の書き込みに反響が会ったようです。 一緒にキャンプをしていた他の家族の証言が公開されればこうした疑問は消えるはずですが、それが明らかになっていないため、このような憶測や噂が飛び交うのだと思います。 警察もバカではないので、もともと美咲ちゃんがいなかったという疑いを考慮していると思いたいですが、そのあたりの情報はいっさいないのが現状です。 ではもともと美咲ちゃんがいないのなら、いま美咲ちゃんはどこにいるのかが問題になります。 ・すでに死亡している ・何者かに誘拐された ・人身売買 可能性としてはこの3つが考えられ、今回の場合は家族を巻き込んで行方不明を装っていたとしたら、「すでに死亡している」「人身売買」の線が濃厚となります。 単なる行方不明を超えた大掛かりな事件となるわけです。 しかし、小倉美咲ちゃんの家族、そして他の家族を巻き込んでの大掛かりな事件として考えるのは無理があります。 さらに犯罪集団でもない素人家族たちがこうした事件を仕切れるとも思いません。 事情通の書き込みの信ぴょう性も疑問があるので、現状ではあくまで未確認情報として留意するにとどめたほうがいいでしょう。

次の