門田 隆 将 ツイッター。 門田隆将

門田隆将(かどたりゅうしょう)の本名や経歴は?年収や講演会と評判も!

門田 隆 将 ツイッター

門田隆将(かどた・りゅうしょう) 1958年高知県安芸市生まれ。 本名・門脇 護(かどわき まもる)。 安芸第一小学校、土佐中学、土佐高校、中央大学法学部政治学科卒業後、新潮社に入社。 週刊新潮編集部に配属され、以後、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。 週刊新潮時代は、特集班デスクとして18年間にわたって政治、経済、歴史、司法、事件、スポーツなど、さまざまな分野で800本近い特集記事を執筆した。 デスク時代から「門田隆将」のペンネームで『裁判官が日本を滅ぼす』(新潮社)、『甲子園への遺言—伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社)、『ハンカチ王子と老エース』(講談社)などを出版した。 『甲子園への遺言』は、(主演・高橋克実)としてドラマ化され、ベストセラーとなった。 独立に伴い、ペンネームを解消し、本名での執筆に切り替えようとするが、出版社側がこぞって「門田隆将」での執筆継続を要請したため、そのまま「門田」での執筆をつづけている。 2008年7月、独立第1作目として光市母子殺害事件の9年間を描いた『なぜ君は絶望と闘えたのか—本村洋の3300日』(新潮社)を発表。 2008年11月には、『神宮の奇跡』(講談社)、2009年3月には、初の対談本である『激突!裁判員制度 井上薫vs門田隆将』(WAC)を出版。 2009年7月、初めての歴史ノンフィクションとなる『康子十九歳 戦渦の日記』を文藝春秋から上梓。 2010年7月、「新潮45」に1年間連載した『スポーツドキュメント「あの一瞬」』をもとに新潮社から『あの一瞬 アスリートはなぜ「奇跡」を起こすのか』を出版。 翌8月、集英社から日航機墜落事故後25年の遺族の闘いを描いたノンフィクション『風にそよぐ墓標-父と息子の日航機墜落事故』を刊行した。 2010年9月、『この命、義に捧ぐ』が「第19回山本七平賞」(PHP研究所主催)を受賞した。 同月、『なぜ君は絶望と闘えたのか』を原作として、なお同作品は、2010年度の文化庁「芸術祭」ドラマ部門大賞を受賞した。 2011年3月、台湾で『この命、義に捧ぐ』の翻訳本『為義捐命』が刊行され、初めて浮かび上がった日台の歴史秘話に台湾国民の注目が集まっている。 同4月、祖国アメリカに零戦で特攻して戦死した日系2世・松藤大治海軍少尉の知られざる生涯を描いた『蒼海に消ゆ—祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯』(集英社)を出版した。 2011年8月、「大正100年」と「太平洋戦争開戦70周年」を記念して『太平洋戦争 最後の証言(第一部 零戦・特攻編)』を小学館から刊行した。 12月には、第二部の『陸軍玉砕編』、2012年4月には、第三部の『大和沈没編』を刊行し、「最後の証言」シリーズを完結させた。 2012年9月、小学館文庫から『尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故』を刊行。 同作は、の原作となった。

次の

門田隆将

門田 隆 将 ツイッター

門田はした。 隆美は小倉の生まれで旧姓・久保。 ともに慶大に学び、隆美が婿入りする形で結婚、隆美はに勤務しており、大阪の茨木に住み、息子の典正は勤務で当時25歳。 1985年8月、隆美は東京本社へ日帰り出張し、帰路、機に乗った。 知加恵は、87年にで『なにか云って : 8・12 26家族の記録』を刊行し、そのうち自身の事故当時の日記を再録して、96年に『雪解けの尾根 : 機事故から11年』(ほおずき書籍)を上梓している。 門田は「父と息子」という趣旨から、50歳近くなった息子の典正に取材し、知加恵にも取材し、著書の提供を受けた。 門田の著書は、隆美が「婿入り」したことは不幸だったのではないかというニュアンスで書かれており、これが知加恵には心外だったのだろうということが容易に推察できる。 ほかにも、息子から家にいるように言われた知加恵が、自分でバスに乗って東京まで出てきたことが、いくらか勝手な行動というニュアンスで書かれてもいる。 そこで抗議し、という手で報復に出たと言える。 池田側弁護士筆頭はであり、裁判の原告側弁護士であり、いわば「作家キラー」である。 判決文は以下にある。 原告は25か所についてなどを申し立てたが、裁判所は、うち15点および、2点については前後に分離して片方につき、原告の著作に創作性があると認めたから、25件中16件である。 『盗作の』でいえば、やの例に類似している。 ただし、これらが、事実に基づいた小説であるのに対し、門田のものはノンフィクションである。 ところで池田の手記に、「飛行機にはもう乗らない」というのがあった。 あんな事故があっても、飛行機に乗る人が減った、などということはない。 不思議なことだ。 jun-jun1965.

次の

週刊ポストの韓国ヘイトを百田尚樹、門田隆将、ネトウヨが全面擁護! 安倍政権批判を「ヘイト」と攻撃し人種差別を「表現の自由」という噴飯|LITERA/リテラ

門田 隆 将 ツイッター

11月2日朝、自身のFacebookからの発信だった。 安倍氏はこう続けている。 〈左翼暴力集団が猛威をふるい、平然と人の命を奪った時代、敢然と立ち向かった人たちがいた。 その執念の物語でもあります。 朝日新聞の吉田調書報道が捏造であると最初に告発し、勇気を持って巨大組織に論戦を挑んだ門田隆将氏渾身の作品。 お薦めです〉 同書は2013年10月に刊行されたノンフィクション作品である。 1974年8月30日に東京・丸の内で起こった三菱重工爆破事件。 彼らは政治闘争の名を借り、連続11件の企業爆破を繰り返した。 この謎の犯人グループに真っ向から勝負を挑み、追い詰め、爆破事件から9か月後に一網打尽としたのが警視庁公安部だった。 門田氏は当時の捜査官を数年にわたって訪ね歩き、実名での証言を得て、犯人逮捕までの全貌を明らかにした。 では、安倍氏はなぜ今、この本を手にとったか。 どうやら直前の国会での答弁が影響しているようだ。 全国紙政治部記者が解説する。 「小渕優子、松島みどりという看板女性閣僚を政治資金問題で失い、後任の宮沢洋一経産相にもSMバーへの政治活動費の支出が発覚した。 政治とカネで揺さぶられ続ける官邸サイドが、反撃の狼煙としたのが民主党の枝野幸男幹事長の政治献金だった」 安倍氏は10月30日の衆院予算委員会で、革マル派との関係が指摘される連合傘下のJR総連やJR東労組から枝野氏が政治献金を受けていることを問題視して批判した。 11月1日のFacebookでは秘書名義で、JR総連やJR東労組について、民主党が政権をとっていた鳩山内閣時代に政府として「影響力を行使し得る立場に、革マル派活動家が相当浸透している」と認めた団体であると説明。 これに対し枝野氏は、献金は合法だとし「何ら批判される筋合いはない。 これこそ誹謗中傷そのものではないか」と反論した。 「政治とカネ問題は団扇など配布物の解釈などをめぐってどんどん些末な方向へ流れつつあった。 著者である門田隆将氏は以下のようにコメントしている。 「突然のことで驚いている。 『知名もなく、勇名もなし』の思いで捜査にあたった人々の姿を書き残さなければとの一心でまとめあげた本。 一国の総理が深く読み込んでくれたことについては光栄に思います」•

次の