流石 に 意味。 「流石に」に関連した英語例文の一覧と使い方

流石の読み方と意味、「りゅうせき」と「さすが」正しいのは?

流石 に 意味

「流石」という単語は難読漢字の一つで熟字訓です。 普段の生活の中で普通に使われています。 この漢字の視覚的イメージからは遠い意味で使われています。 使われる状況・場面によって意味が変ってきます。 この記事では、「流石」の意味や読み方、用例、言葉の由来、語源をご紹介させていただきます。 また、「流石」のような熟字訓とはどのようなものなのか、熟字訓には何があるのかを紹介させていただきます。 「流石」の読み方 「流石」は、「さすが」と読みます。 普通に読むと「りゅうせき」です。 これは川を石が流れていく様子をあらわすときに使えそうでが、実際はほとんど使われていません。 ではなぜ「流石(さすが)」なのでしょうか。 この漢字の由来の文字「漱石枕流」の「石」と「流」に「さすが」という音を当てました。 当て字はよく耳にしますが、これは熟字訓と呼ばれます。 「明日(あす)」「硫黄(いおう)」「海女(あま)」も熟字訓です。 「流石」の由来 「流石」は中国の故事に由来する言葉「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」の「流」と「石」をとって、「さすが」となりました。 故事を紹介します。 昔、孫楚という人が「枕石漱流(流れに口すすぎ石に枕す)」と言おうとして、間違えて「漱石枕流(流れに枕し石に口すすぐ)」と言いました。 友人が間違いを正したところ、孫楚は「仙人は流れで耳を洗い石で歯を磨く」と切り返しました。 友人はその切り返しを「さすが」と評しました。 「流石」の意味と使い方 意味1「期待通りだと改めて感心する気持ちを表す」 ほかの言葉に置き換えると「なるほど、やはり」「なるほど、たいしたものだ」となります。 「想像していたのと同じすごいです」、「予想していたのと同じ感動しました」、という時に使います。 例文を二つご覧ください。 使われる場面状況を記しておきます。 例文「流石は名探偵」 「殺人事件解決で実績のある探偵に、迷宮入りになりそうな殺人事件の解決を依頼して見事に解決しました。 やっぱり噂どおりの探偵だなあ、流石(さすが)は名探偵」 対象者を賞賛する時に使います。 おだてたり、茶化したりする時も使いますが、意味が変ってきます。 例文「流石本場の味だ」 北海道でラーメンを食べて、「流石本場の味だ。 他所(よそ)で食べるのとは比べものにならない。 おいしい」と感激・感心した時に使われます。 「本場」はその品物の原産地という意味です。 この場合は品物に感激・感心するですが、その品物に関わった人に賞賛を与える場合もあります。 例文のままで、本場の味の料理を作った人を賞賛する場合に使われます。 「流石腕前は本物だ」「流石いい味出してる」、会話の流れで変化します。 意味2「内容は認めつつも相反する感情を抱くさま」 他の言葉に置き換えると「そうとばかりともいえない」「やはりそうともいかない」「それはそうだが、やはり」となります。 以下に例文2つ紹介しますが、意味1の文章でも思いとしては意味2になる例をここに紹介します。 パチンコで連勝している人に、「(よっ、)流石はパチンコ名人」と声をかけた場合の「流石」です。 例文「流石は名探偵」と同じ文字構成ですが、相手を妬んでる気持ち・茶化す気持ち意味2が含意されています。 例文「ひとり暮らしは気楽でも流石に寂しい」 同じ意味の例文「一人旅は自由気ままで楽しいでも流石に話し相手がいないと寂しい」などといった使い方ができます。 話者の置かれた状況の中で、相反する気持ち・感情が時間の経過とともに起きてくる様子です。 例文「味は良いが、量が多いと流石にあきる」 同じ例文「百貨店での買物は楽しい、でも大勢の人ごみの中だと流石に疲れる」とは、話者が同じ状況下で、状況の中のある要素が変化することで、話者に相反する感情・気持ちが起きる様子です。 意味3「前後矛盾した事態であるさま」 他の言葉に置き換えると「然しもの(さしもの)」となります。 「然しもの(さしもの)」は、「然しも」と助詞「の」で、「然しも」は「あれほど」「あんなにも」、否定表現をともなって「そのようにも」「それほどにも」という意味です。 熟字訓とは2文字以上の熟語の訓読みです。 文字をみて意味が通じるものや、文字だけでは意味が分からない、たとえばこの「流石 さすが 」のように故事に由来するものがあります。 熟字訓には難読漢字もありますが、普通に読めて日常的に使っているものもあります。 「相撲 すもう 」「浴衣 ゆかた 」「雪崩 なだれ 」その他多数あります。 以下、数例挙げておきます。 意味や由来も紹介します。 「一昨日 おととい 」 意味は二日前のことです。 慣用句で「おととい来い」があります。 二度とくるなという意味です。 三日前のことは「一昨昨日 さきおととい 」といいます。 「おとつい・をとつい」が転じて「おととい」になりました。 「おと」は遠方を意味する古語「おち・をち」に由来し、「つ」は助詞の「の」、「い ひ 」は日という意味で、「おとつい」は遠方の日を意味しました。 「昨日 きのう 」 他の読みは「さくじつ」です。 意味は前日です。 他に「先日 せんじつ 」という言葉がありますが、意味は、近い過去の一日です。 正確な語源はわかっていません。 古語で「き」が過去を表し「う」が日を表しているという説があります。 「七夕 たなばた 」 夜空の天の川の両岸に輝く、織姫星と彦星が出会う旧暦七月七日を「七夕 たなばた の日」といい、中国の故事に由来します。 ではなぜ「たなばた」とよむのでしょう。 昔、日本で女性が着物を「棚機 たなばた 」という機械で織り、それをお供えして行う神事が七月七日にありました。 諸説ありますが、読みの由来はこの「棚機 たなばた 」だと言われています。 「七夕」と「棚機」の間に意味の繋がりはなく、7月7日繋がりです。 「従兄弟 いとこ 」 「従兄弟 じゅうきょうだい 」とは親の兄弟姉妹の子供のことです。 「従姉妹 じゅうしまい 」とも書きます。 年や性別でわけて「従兄 じゅうけい 」「従弟 じゅうてい 」「従姉 じゅうし 」「従妹 じゅうまい 」「従兄妹 じゅうけいまい 」「従姉弟 じゅうしてい 」とも書きます。 熟字訓で読めば全て「いとこ」ですが意味が変ってきます。 ちなみに祖父母の兄弟姉妹の孫のことを「またいとこ」「はとこ」といいます。 「陽炎(かげろう)」 太陽の直射日光が道路や地面にあたり、空気の密度に変化が起き、光の屈折の具合により、ゆらゆらと空気が揺れて炎が立ち上るように見える現象です。 主に春や夏に起きる現象です。 「蜃気楼(しんきろう)」を指して「陽炎(かげろう)」を使うことがあります。 主に大規模なものが「蜃気楼」で小規模なものが「陽炎」です。 「逃げ水」も陽炎の一種です。 慣用句で「陽炎稲妻水の月」があります。 意味は捕らえがたいもののたとえです。 「無花果(いちじく)」 果物です。 花の無い果物と書いてますが、本当はあります。 花嚢というものの中にあり、隠れて見えなくなっているです。 読み方の語源は諸説ありますが「一熟(いちじゅく)」です。 「無花果(いちじく)」は、果実が少しずつ一つずつ熟していきます。 その様子を「一熟(いちじゅく)」ということから読みが当てられ、「いちじゅく」が「いちじく」になりました。 「欠伸(あくび)」 眠くなった時に口を大きく開けて、大きく息を吸い込む動作が「欠伸(あくび)」です。 「欠」は象形文字です。 口を大きく開ける動作を表しています。 口を大きく開け「伸び」をする様子がわかります。 読みの由来は、「枕草子」のなかで使われている動詞「欠ぶ(あくぶ)」の名詞形という説が有力ですが、正確な由来は不詳です。 「流石」の意味を理解して、正しく使おう 3つの意味には「期待通りだと改めて感心する気持ちを表す」「内容は認めつつも相反する感情を抱くさま」「前後矛盾した事態であるさま」ですが、正確に理解して使い分けましょう。 上記例文で確認しましょう。 読み方が難しい言葉を覚えよう 「流石」のような熟字訓は難読漢字の宝庫です。 「さすが」と読めるだけでなく、意味や由来も覚えましょう。 何気ない会話で使われた時に披露すれば、「流石(さすが)」と言われるでしょう。 普通の会話の中の言葉が、意外に難しい漢字だったりします。 例えば「彼方此方(あちこち)」「案山子(かかし)」「凸凹(でこぼこ)」他にも多数あります。 「流石」に無鉄砲に覚えるのは疲れます。 意味や由来を合わせて覚えましょう。

次の

さすが!流石と書くのは何故ですか?

流石 に 意味

流石の読み方 それでは、さっそく本題に入っていきたいと思います。 今回紹介するのは『流石』の読み方です。 そのまま読んだら「りゅうせき」とでも読んでしまいそうなこちらの漢字、じつは私たちも会話の中でよく使っている言葉なんです。 この二つの漢字の読みからはちょっと思いつかないこの読み方、いったいなんだと思いますか? 正解は・・・ さすが です! じつはこちらの漢字、 流石と書いて「さすが」と読むことができるんです。 これは知らなければ読むことはできない文字ですね。 ・・・実際、流木(りゅうぼく)と言う字があるので、流れてくる石は流石(りゅうせき)でもいい気はしますけど(笑) 流石の意味 では、 流石の意味についてもお話ししていきたいと思います。 皆さんは、どういった時にこの流石(さすが)を使っているでしょうか? この言葉は、本来相手に感心した時などに使う言葉です。 「この問題が解けるなんて流石だな~」 「流石、先輩はすごいです!! 」 等が例として挙げられます。 このように、 相手に対する称賛の気持ちがあるときに使うのが一般的ですが、一方で 「流石の山田も、世界大会では勝てないか・・・」 のように、 相手を褒めつつも一定の条件下で逆に低く言う際にも用いることがあります。 この文章ですと、「流石の山田」で山田さんの実力を認めつつも、後半の部分で世界では厳しいといっていることが分かります。 こんな読みにくい漢字にしなくても・・・なんてついつい思っちゃいますよね。 実は、 この言葉にはちゃんとした由来があるんです。 その由来とは、中国のことわざの一つ 【沈石漱流(ちんせきそうりゅう)】です。 漱は口をすすぐという意味だそうです。 このことわざは「山水に隠れて自由な生活を送る」、簡単に言うと自然の中で悠々自適な生活を送る、という意味になります。 このことわざを、その昔中国の孫楚という政治家が誤って 「漱石沈流」と言ってしまったそうです。 間違いを周りから指摘された彼は、意地になり「私は間違っていない!! 」と強く言い返しました。 ちなみに彼の言い訳は 「『漱石沈流』は正しいだろ。 流れを枕にするのは耳を洗うため、石をすすぐのは歯を磨くためだ!」 だったそうです。 したそうです。 この流石は、ほめていない気もしますが(笑) このプチ事件が背景にあって、いざ日本にこの故事が入ってきたとき孫楚の間違ったことわざから文字を取って 流石=さすが としたのが始まりだそうです。 ちなみに、このエピソードをひどく気に入ったのが、かの有名な文豪:夏目漱石です。 もう分りますよね? さて、 実はこの流石、苗字としても用いられているんです。 流石さんの読み方はそのまま『さすがさん』の時もありますし、『りゅうせきさん』、『ながれいしさん』なんて時もあるみたいです。 一般的には『さすがさん』が最も多く、山梨県のあたりにこの名字の方が多く住んでおられるそうです。 見慣れていないと、読み方が難しいかもしれませんね。 今回は さすがの読み方は、ということで流石の読み方や意味、由来などをお話しさせてもらいました。 最後にポイントをまとめておきますと、• 流石=さすがと読む• 名字でも流石=さすがと読む場合がほとんど• 意味は、基本的に相手への称賛• 由来は中国のことわざ といった所です。 今回、 この漢字をサラッと読めたあなたは・・・流石です!! と漢字の使い方を最後に示したところで今回の記事は終了です。 ありがとうございました!

次の

「流石」3つの意味と用例6コ|由来/語源・敬語表現

流石 に 意味

「私もご一緒します」という言葉は、主に同格の人に対して使う言葉• 「ご一緒させて頂きます」「お供させて頂きます」が正しい敬語• 「さすが」は否定の意味も含むので、目上の人への使用はNG• 回りくどい表現でなく、ストレートに気持ちを伝えるのがベスト 「私もご一緒します」は敬語ではなく、同格の人に対して使う言葉 「私もご一緒します」という言葉は、主に同格の人に対して使う言葉である。 つまり、上司に対して「部長、私もご一緒します」と発言するのは適切ではない。 自分が上司と同じ立場にあると考えているような物言いになってしまうからだ。 この場合の 正しい敬語は「ご一緒させて頂きます」「お供させて頂きます」なので、覚えておこう。 ポジティブな意味があるイメージを持っている人も多いかもしれないが、「さすが」には、 ある事実を認めた上で否定する「そうはいうもののやはり」という意味もあるのだ。 「さすが」を使わずに感謝や尊厳の気持ちを伝える 「さすが、おできになりますね」という言葉は、人によっては以下のような捉えられ方をされかねない。 つまり、上司や目上の人に対して使う場合は「とんでもない+丁寧な表現」という組み合わせをするのが正しい。 正しい使い方は 「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」であることを、しっかり頭に入れておこう。 目上の人と話す場合、 あまり回りくどい言い方はせずにストレートに敬意を示そう。 なお、この場合の正しい表現は 「あの似顔絵、そっくりですね ~さんによく似ていますね 」となる。 目上の人に使うのがNGな敬語を4つ紹介してきた。 紹介した敬語の中に、使っていた敬語表現はなかっただろうか。 ぜひ、本記事を機会に正しい敬語を習得してほしい。 より言葉遣いを洗練させたいと思った方は、『大人の敬語常識』をチェックしてみるといいだろう。 正しい敬語で丁寧な印象を身につければ、周りのビジネスパーソンと差がつけられること間違いなしだ。 社会人スキルは武器になる!第二新卒の転職活動なら「DODA」 敬語の使い方など基本的なビジネスマナーを習得した若手ビジネスマンは、社会人スキルが転職活動の武器になる。 会社に入れば、上司や取引先の顔を立てる気遣いは当たり前のことであり、その気遣いが意外な契約に取り付けたり、プロジェクトの成功を導くことも稀ではない。 したがって、転職市場では社会人スキルを身につけた若手の需要は高い。 「キャリアをアップさせたい」「広いフィールドで活躍したい」など向上意欲の高い若手ビジネスマンは、求人数が業界最大数を誇る転職エージェント「DODA」がおすすめである。 「DODA」は 独自の非公開求人も持っており、多くの企業を比較検討できるため、転職成功率も高く、多くのキャリアプランを考えることができるのが最大の魅力だ。 今後のキャリアについて少し悩んでいる人は、ぜひDODAの転職エージェントを利用してみてほしい。

次の