今あなたに私のピアノを。 【演奏動画】足立佳奈「私今あなたに恋をしています」をピアノで弾いてみました♪

私とピアノの事

今あなたに私のピアノを

大大大好きなカッチーニのアヴェ・マリア。 チェロの音色が心にしみる。 思わず涙、涙。 我が家は今賃貸なので、不動産価格が大変な事になっているバンクーバーで、購入する時はピアノを諦めて小さいマンションで(それでも高いので、今回のコロナで色々考え中)というか、そうやって気持ちに折り合いをつけようと思っていた自分は何だったのだろう・・・だめ、やっぱりダメよ~(笑)2015年の終わりにバンクーバーに引っ越して来てからというもの、音楽活動は一切してきませんでした。 オタワにいる時は歯科衛生士の傍ら少しだけピアノを教えたり、合唱の伴奏をしたり。 演奏活動はほぼゼロでしたが。 最後に演奏したのは・・・ひゃー、なんと9年も前の事でした(汗)この年は東北大震災があり、チャリティーコンサートをしてはどうだろうと思い付き、当時教えていた楽器店の太っ腹オーナーがスタンウェイのグランドピアノをコンサートに提供してくれて、色々な人の声掛けで会場を抑え、たぶん企画から演奏当日まで2か月もなかったような気が。 当時は歯科衛生士になって1年目、いやはや、あの当時の思い出が蘇ります。 えいっ。 昔の事だし載せてしまえ~。 ははは、このメンバー全員、今は他の事をやっているという。 夫はこの時、2回目の大学を卒業する年だったかな。 プログラマーになり、一緒にピアノを弾いた彼はメディカルスクールに行って、今はお医者さん。 もう一人のバイオリンの彼は現在看護学部で勉強中。 先週スカイプしたのだけど、お互い様、年取った~!て、1年に一度会えているのだけど。 私は初めて会ったのは、彼が高校3年生の時だったな(笑)20歳そこそこのあの青春時代、今は皆こんな道に進んでいるなんて、誰が思った事だろうか。 住んでいる所も見事に国内でチリチリバラバラ。 人生てわからない。 ピアノはなくても何とかなる、と思った自分、罰が当たりそうです。 コロナで仕事もなくなったのが3月16日だったかな。 少ししてピアノを弾いて、今は緊急事態宣言もなんと3か月目でして。 まためっきり弾かなくなってしまった。 心が落ち着いていないからだと思う。

次の

ピアノタイル2019:クラシックソング を入手

今あなたに私のピアノを

私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。 でも弾き始めると・・。 「私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。 でも弾き始めると・・。 」という言葉で始まるピアノコピー。 このピアノコピーは、 セールスコピーライティングをしている者の中で、知らない人はいないと言われるほど有名なコピーです。 この上の一文だけを見ても、続きをが気になって読みたくなりませんか? 今でも、ピアノコピーを検索すると、「ピアノコピー 全文」という検索ワードがサジェストで出ますよね。 ということは、それくらい今でも続きが気になる人がいるという事実。 コピーライティングとはキャッチコピーを読ませ、冒頭文を読ませて、ボディコピーを読ませ、クロージングを読ませること。 次の文章を読ませることがコピーライティング。 その観点から見てみると、このピアノコピーは秀逸。 その続きは? という声が聞こえてきそうです。 ゴミ箱直行、町の美観を崩す町で配られるビラ広告。 最近では受け取ってもくれないティッシュ広告。 このように、全く読まれないコピーがあふれかえっている現在。 でも、こんな現代でも活用すれば、爆発的に読まれるコピーを作ることができるのがこのピアノコピーなのです。 ピアノコピーとは ピアノコピーとは、「私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。 でも弾き始めると・・。 」という書き出しで始まる広告のこと。 アメリカのコピーライター、ジョン・ケープルズ(John Caples)が1925年頃に音楽学校の通信講座の広告として書いたものです。 このピ アノコピーは、公開以来、爆発的に売上を勝ち取ったため、このコピーが有名になりました。 また、このコピーの凄いところは、この続きに同じくジョン・ケープルズが作った、フランス語の通信講座で同じ言い回しを使ったコピーが同じようにバカ売れしたこと。 このことで、コピーは言い回しや、表現方法、語り口調などをマネをすれば、同じように売れる広告になるということが証明されたのです。 そして、 今の広告でも、活用されている現役のコピーライティング手法です。 (参考:) ピアノコピーの効果 それでは、ピアノコピーの効果を見てみましょう。 ピアノコピーの効果で強く言われているのが、 ツァイガルニック効果が使われているということ。 ツァイガルニック効果とは、中断していることは続きが気になって、印象に残るという心理現象。 この続きが気になるというのが大きな効果です。 そして、ピアノコピーには、もう一つ、大きな効果があります。 それは、 再現性があるということ。 どういうことか説明すると、ジョン・ケープルズはこの後に、フランス語の通信講座で同じ言い回しでまたもや大爆発ヒット広告を飛ばしたからです。 そのフランス語講座の書き出しは、「私がウェイターにフランス語で話しかけられると、みんなニヤニヤしていました。 でも、返事をすると、今度はあっけにとられたのです。 」というもの。 自分のコピーとはいえ、 見事なパクり方ですよね。 これでピアノの通信講座と同じように爆発的な売り上げとなったのです。 だから、コピーライティングでは、売れたコピーには再現性があるということが実証され、スワイプファイルの重要性、写経の有用性を証明することができているのです。 (参考:) ピアノコピーの使い方 ピアノコピーの使い方について少し触れてみましょう。 SNSからブログへ誘導するときに、このように使うと、 ブログへのアクセスを増やすことができます。 ピアノコピーが示していた。 コピーライティングのたった一つの真実とは! という書き出しでも興味をそそられますようね。 このように、興味を煽って、中途半端に寸止めで終わらせ、つづきを知りたくさせるとその広告に引き込まれる、それが、ピアノコピーの効果です。 また、ピアノコピーには再現性があるという視点から見てみるならば、 ライザップの広告が良い例でしょう。 少し、ライザップの広告を思い出してみましょう。 ドヨンとした雰囲気でこれでもかとばかりに太った過去の体型と、痩せて筋肉ムキムキになって幸せそうに笑う現在との対比。 「どうみても、不可能にしか思えないけれど、どうしたらこうなるのか?」という疑問を残したまま、「あなたの人生を変えるダイエット、まずは無料カウンセリングから」と言われると、無料なら聞いてみようかな、と無料カウンセリングに申込んでしまうという手法。 ズルズルっと引き込まれるこの心理効果は、ピアノコピーの効果そっくりですよね。 (参考:) まとめ 以上、「私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。 でも弾き始めると・・。 」についてお話ししました。 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。 (参考:) ピアノコピーを使うということは、見込み客の興味を惹きつけ、あなたのコピー、あなたの文章、あなたの作品に関心を寄せるようにすることです。 ピアノコピーを使えば、あなたの書く文章にたちまち磨きがかかり、ガツンとステップアップしていきます。 それでは、引き続き、コピーライティング生活、楽しんでいきましょう! はじめてのコピーライティング 小比井雷太 ネットの世界に飛び込んで一番最初の壁「なにを書いたらいいんだ!」にぶつかっていませんか。 書いても書いてもだれも見向きもしてくれないことはないですか? コピーライティングはそんなあなたの文章に劇的な変化をもたらし、読む人をとらえて離さない文章に変えるテクニックです。 このブログでは文章を書くことに悩むあなたにコピーライティング技術の神髄を伝えています。 私はネットでビジネスを展開しようとして最初にぶつかった壁が「文章を書くこと」でした。 そんな私でも、コピーライティングを知った時から、文章を書けるようになったんです。 ブログ、フェイスブック、LINE@、何を利用しても、文字を書くテクニック、文章を作る技術は必要。 ホームページ、ブログ、アフィリエイト、お金を稼ぐために、自分の大切な時間を割いて、一生懸命書きますよね。 だったら、読んでもらって、最大の効果を得たくありませんか。 もし、あなたのメディアがあなたの望むだけの成果を出していないなら、コピーライティングがあなたにこれ以上ない成果をもたらします。 コピーライティングは、書くことに悩むあなたの文章に、光り輝くツヤを与えて、読む人の心を躍らせ、感動を与える文章に変えていきます。 そんな素晴らしいコピーライティングの技術を一人でも多くの人に知ってもらいたい。 そして、あなたのビジネスで成功して欲しい。 そんな思いでコピーライティングの技術を伝えています。 あなたも、コピーライティングの素晴らしい世界に足を踏み入れて、ビジネスを成功させてみませんか?

次の

忙しいあなたへ。「音符0」でピアノの実用的スキルが身に付く!

今あなたに私のピアノを

永井です。 ピアノ教室にも新型コロナウイルスと一斉休講の波紋が広がっていますね。 その記事では、全国のヤマハ音楽教室でもレッスンの休講や発表会の延期中止が行われる中、個人のピアノ教室ではこの状況をどう見、どう判断するべきか、レッスンはやって大丈夫か、お休みにするなら振替レッスン(補講代講)やレッスン料(月謝)の有無、返金、そしてピアノ教室内での感染防止対策について考えてみました。 言わば前回は、ピアノ教室コロナ対策の初期対応のお話でしたね。 今、何ができる? さて、 「ピンチはチャンス」という言葉を、あなたもどこかで一度は聞いたことがあると思います。 今回は日本全国の個人ピアノ教室の先生に向けて、 今、この新型コロナウイルスと一斉休校というピンチを、どうチャンスに(せめて少しでもプラスに)転じるか、ということを考えてみたいと思います。 大変だ、困った、どうしようと、ただ嘆くだけではなく、 「今、何が可能か」を常に考え続けることはとても大切だと思います。 こんな状況の中でもできる「積極的・建設的な何か」は必ずあるはずです。 不思議なもので、 人間の目は「ない」と思っていると見えなくても、「ある」と思って見ていると色々なことが見えてきたりするものです。 今回のお話が、「これを機にあなたのピアノ教室に今何ができるか」を考えていくきっかけやヒントになれば幸いです。 ピアノ教室コロナ対策案 1 「晴耕雨読」 日本には昔から「晴耕雨読」という言葉があります。 天気が晴れたら外で畑を耕す。 雨が降ったら家で読書をする。 というものですね。 使い古された、もはやありきたりと言ってもいいぐらいの言葉ではありますが、今でもとても力のある考え方だと思います。 外向きの活発的な活動、つまり「出力の時間」ですね。 そして、 「雨読」の部分はインプットや沈思黙考の時間に充てるという事にあたるかと思います。 内向きの静かな活動、つまり「蓄積の時間」ですね。 基本的にはこのスタンスが、まず考えられるかと思います。 そしてこれが一番やりやすいことかもしれません(でも超重要)。 基本的にはインプットか沈思黙考(発酵)時間のどちらかになるのではないでしょうか。 他にも考えればいくらでもあると思います。 でも 家からは出られない。 となると、 やっぱりネットですよね。 べつに見ず知らずの新規の人でなくても、既存の生徒さんや保護者の方に向けたコミュニケーションに使うことだってできます。 やろうとしないからやれないだけで、やればやれるんです。 大丈夫です。 今はオススメなのは、Skype(スカイプ)より簡単なZOOM(ズーム)! テレビ電話というと、昔からあるSkype(スカイプ)が有名ですが、 実は今は、スマホだけでできるスカイプよりもっとカンタンで手軽なサービス(もちろん無料!)が出ています。 ZOOM(ズーム)というサービス(アプリ)がそれ。 ZOOMの良いところは、テレビ電話にアクセスする 相手側(生徒さん)に「ユーザー登録が不要」という点です。 もちろん音質はを劣りますけれども、 工夫して使えば、相当な部分の「事は足りる」のではないでしょうか。 また技術的なアドバイスなどの実用面だけではなく、 気持ち的な効果も大きいと思います。 特に 今の時期は、コロナウイルスの影響で子供も学校に行けず、お友達と遊ぶこともできず、精神的に不安定になっているかもしれません。 そんな時に ピアノの先生とお話をしたり、辛いことや悲しいことのお話を聞いてもらったりするだけでも、子供の生徒さんは(大人だって)ずいぶん喜ぶんじゃないでしょうか。 LINEなどの文章や電話でも良いですが、テレビ電話でお互いに顔を見ながらお話しすると、また違うと思うんですよね。 親御さんにしたって、今大変な時期ですから、そうしてお子さんのサポートの一端をピアノ教室の先生が担ってくれると、とても助かるんじゃないかと思います。 こうやって大変な時にこそ助かる対応というのは、いわゆる「顧客満足」を高める効果が期待できるわけです(平たく言うと「ポイントが上がる」)。 こうして、この未曾有の事態を一緒に乗り切った時の、お互いの信頼関係を想像してみてください。 「ピンチはチャンス」だと見えてきませんか? さらに これを機に、動画サポート、遠隔サポートのやり方を確立してしまえばいいんですよ。 これ、 いわゆる「商品開発」ってやつです。 こんなにバタバタした緊急事態ですから、先生側も慣れないアプリをつかってうまく繋がらない、操作で手間取るなんてことが多少あっても、まあご愛嬌ですよ。 それも含めて、 こんな時のイレギュラーなイベントの一部として、子供と一緒に楽しんでしまえばいいと思います。 案外子供の方がスマホに強くて、先生の方が動画の向こうであたふたしていて、「先生まだぁ~?」なんて子供がきゃっきゃ騒いでいる。 それだけで心が温まるというものです。 そして 今のコロナウイルスが収束したら、この動画サポートをサービスとして標準化、あるいはオプション化してしまえば、あなたの教室の付加価値はさらに高まるでしょう。 やはり今の時代、ネットなんですよ。 今回の新型コロナウイルスでも、テレワーク推奨のニュースが随分テレビでやっていますよね(これを機に日本の働き方改革はずいぶん進むでしょうね)。 私の本業がまさにここですが、 今後ネットを使ってピアノ生徒を増やしていくための仕組み作りを、今ここでガンガン進めてしまえばいいんです。 すでにピアノ教室ホームページをお持ちの方は、 今あるホームページをどう改善したらより生徒を集められるか研究したり(晴耕雨読) 今あるホームページの改善(テコ入れ)を行う などするとと良いでしょう。 自宅で、ネットで、一人でできることです。 ピアノ教室ホームページをまだお持ちで無い方は、この時間にホームページ作成の準備を進めてしまえば良いんですよ。 ピアノ教室ホームページを作るのは、ネットだけでもある程度できちゃいますからね(実際私も遠方のお客様とはネットと電話だけでホームページ制作と日頃の集客サポートを完結させています)。 そしてホームページを作り始めても、すぐに出来上がるわけではありません。 自分の教室方針や月謝の料金体系を見つめ直すといった作業が最初にあります(ここも晴耕雨読)。 まさに時間がある今だからこそ、じっくり取り組めることだと言えますよね。 さらに、ピアノ教室ホームページは出来上がってすぐに生徒が集まり始めるわけではありませんから、もし今の新型コロナウイルス収束が長引いたとしても(そんな事あってほしくないですが)、ほぼ問題はないでしょう。 ホームページ生徒募集の最初の数ヶ月は「問い合わせが入らない魔境」です。 この期間をコロナウイルスで冷え込んでいるこの時期に当ててしまうのはとても効率的と言えます。 と、特にネット上のことにおいては、今できることはたくさんあるんですね。 実際、ちょうど今日の午前中に、私は電話で、あるチェロ教室さんの「」を行っていました。 事前にチェロ教室のホームページURLを伺い、中身をチェックしておいて、先ほど電話で60分、みっちりと教室ホームページの改善アドバイスをさせていただきました。 私の他のお客さんでも、このタイミングを見計らって、こっそり検索対策の実験や方向転換をしているピアノ教室さんが、実はいくつかあります。 「今、何ができるか?」を自分に問い続ける こんな風に、今こんな時であっても、実は、 できることは意外と色々あるかもしれませんよ。 こんな時だからこそ、 「何が可能か?」という自分への問いを、ぜひ持ち続けてみてください。 「ある」と思って見ていると、きっと「何か」が見えてくると思いますよ。 以上、今回も新型コロナウイルスの感染拡大により日本全国の小中高の学校が一斉休校になる中、個人のピアノ教室でどんな対策ができるか、今何ができるかということを考えていました。 晴れでも進み、雨でも進み、新型コロナウイルスでも進む。 ・ ・ ・.

次の