新型 フォレスター sti。 スバル フォレスター新型、300馬力の「STI」は登場するのか!?

【2020年】新型フォレスターSTIバージョンの発売時期は?スペックや価格予想も紹介!

新型 フォレスター sti

改良により魅力をアップする新型フォレスターについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 スバル・フォレスターは、水平対向エンジンを搭載しその性能が国内外で評判になっている「シンメトリカルAWD」の走りを、本格SUVスタイルで楽しむことができるモデルとして人気になり、「世界で一番売れているスバル車」になっています。 2018年にフルモデルチェンジした新型フォレスターは、最新のプラットフォームを採用するなど基礎から大幅に変更し、ちから強い走りと低燃費を両立するハイブリッド仕様が初めてラインナップされました。 B型への改良となる今回は、装備を充実することで使い勝手がアップされています。 後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」を新採用• 新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用• 「X-BREAK」「Premium」「Touring」グレードのライセンスランプにLEDランプを標準装備• スバルの新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を採用• 新世代の外装、内装デザインを使用• モーターアシストをメインとした「e-BOXER」を搭載するハイブリッドモデル「Advance」と、2. 5Lエンジンを搭載する「Touring」「Premium」「X-BREAK」の4グレードを設定• 乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」により、ドライバーの運転状況を認識しサポート スバル新型フォレスターは、現行モデルのインプレッサから採用されたスバルグローバルプラットフォームを基礎とし、新世代の性能に進化しています。 パワートレインには、電動化の推進を発表しているスバルを牽引するプラグインハイブリッドも設定される予定です。 エクステリアには随所にアクセントカラーやハイグロスブラックを採用し、専用アルミホイールなどにより、SUVらしさが強調されています。 その他、サイドシルをドアパネルで覆い、汚れが付着しにくいクリーンサイドシルを採用。 リアドア開口部のステップの幅を広げてフラットな形状に変更することで、乗降時をはじめ、ルーフレールに荷物を積んで固定する時や洗車時などの足場としても活用できるようになっています。 B型への改良では、「X-BREAK」「Premium」「Touring」グレードのライセンスランプにLEDランプが標準装備されました。 しかし、バンパーデザインはシンプルとし引き締まった印象に仕上げることで、搭載される最新パワートレインなどとイメージをあわせ、先進性をアピールしています。 ホライゾンブルー・パール• ジャスパーグリーン・メタリック• クリムゾンレッド・パール• セピアブロンズ・メタリック• ダークブルー・パール• アイスシルバー・メタリック• クリスタルホワイト・パール• マグネタイトグレー・メタリック【新色】• クリスタルブラック・シリカ スバル新型フォレスターのボディカラーには、全9色のボディカラーが設定されています。 新型フォレスターSTIは、ハイブリッドの「Advance」をベースに、外装に専用色「ファイターグレー」を採用しアルミホイールを19インチ化。 さらにbrembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着することで、運動性能の高さを予感させる仕上げとされます。 ベースグレード:「Advance」• 専用ボディカラー「ファイターグレー」• brembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパー• 専用バンパー&グリル• ホイールベース:2670mm• 最低地上高:220mm• 米国では新しく3列シートSUVであるアセントが用意されたため、その拡大幅は小さめになっていますが、新型フォレスターではこれまでより大きな室内空間が魅力になっています。 ボディサイズを拡大しつつも、最小回転半径は従来型比0. 1m増の5. 4mに抑えられており、低速域での取り回しのよさと高速域での直進安定性を両立したVGR(Variable Gear Ratio)ステアリングギヤボックスも採用されています。 ナビゲーションには8インチディスプレイを採用し、スマートフォンとの連携を強化。 スマートフォンなどの充電に使用できる最大2. 1AのUSBポートは、前席に加え後席用にも用意されました。 インテリアデザインは、インストゥルメントパネルとコンソールを連続させることで、SUVらしい力強さに加えゆとりと開放感を表現したほか、ピラー形状の最適化によって死角を減らして視界性能を確保。 リアシート空間は、ホイールベース拡大分の30mmすべてを活用することで、前後席間距離はクラストップレベルとされています。 シート形状やクッションの素材も最適化することで、乗車時の疲労も軽減。 B型への改良では、後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」が新採用され、機能性がアップしています。 パーキングブレーキは電動式となり、アイサイトを使用した停止時にホールドする機能も搭載されています。 ラゲッジスペースは、最大1300mmの荷室開口幅とスクエアな形状を採用して積載性を向上。 新型パワーリアゲートにより、駆動ユニットをカーゴスペースに影響しないようにしたほか、開閉スピードを向上。 さらに、リアゲートの自動閉操作から車両全体の施錠までを連続して行なうことができる新しいロックシステムが初採用されています。 グレード:【Touring】【Premium】【X-BREAK】 水平対向4気筒2. 2kgm モーター出力:13. 6kgm• トランスミッション:7速マニュアルモード付CVT「リニアトロニック」• 駆動方式:4WD「シンメトリカルAWD」 スバル新型フォレスターのパワートレインには、水平対向2. 5L直噴エンジン「FB25」と、2Lエンジンにモーターアシストを追加したマイルドハイブリッド「e-BOXER」が搭載されています。 FB25型エンジンは、従来の2. 5Lエンジンに対して約90%の部品を刷新して直噴化し、出力とトルクを向上。 CVTのマニュアルモードは7速になっています。 「e-BOXER」システムは13. 6kgmの出力を持つモーターによる低速トルクのアップをメインにするマイルドハイブリッドシステムとされ、高い動力性能が実現されています。 また、走行システム「X-MODE」や安全システム「アイサイト」との協調制御により、モーターアシストを活かして悪路走破性や追従走行時の燃費性能が高められています。 スバル新型フォレスターの走行システムは? 新型フォレスターの走行システムには、滑りやすい路面などで、エンジン、トランスミッション、ブレーキなどをコントロールする「X-MODE」が搭載されています。 「X-MODE」は制御を最適化することで悪路走破性を向上し、路面状況に合わせて2つのモードを切り替えられるスイッチが設定されています。 また、あわせて装備される「SI-DRIVE」では制御を見直し、スポーティな加速とダイレクトな変速を愉しむことができる「S モード(スポーツシャープモード)」が設定されました。 4WDシステムには、走行状況にあわせ駆動力を最適化するアクティブトルクベクタリングも採用され、より高いコーナリングパフォーマンスを発揮することができるようになっています。 進化した走行パフォーマンスが評判になっています。 トランスミッション:マニュアルモード付CVT「リニアトロニック」• 駆動方式:4WD「シンメトリカルモーターAWD」 新型フォレスターには、新世代パワートレインとしてプラグインハイブリッドモデルバージョン「フォレスターEVOLTIS」の設定が予定されています。 新型フォレスターPHVは、協力関係にあるトヨタから提供されるハイブリッドシステムに、水平対向エンジンを組み合わせて搭載。 電気モーターのみで走行するEV航続距離は60kmほどに設定されるとみられ、日常では電力だけでの走行もできるようになります。 新型フォレスターPHVの「シンメトリカルモーターAWD」とは? 新型フォレスターPHVには、コンセプト「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT」で搭載が発表されていた「シンメトリカルモーターAWD」が搭載されます。 「シンメトリカルモーターAWD」は、リアタイヤの駆動を電気モーターが行うことで、駆動力をリアに伝達するプロペラシャフトが除去されます。 これにより室内空間を広げ、回生エネルギーを使用し走行することで燃費も向上することができるようになります。 スバル新型フォレスターのプラットフォームは? 新型フォレスターには、スバルの新世代プラットフォームのスバルグローバルプラットフォーム(SGP)が採用されています。 スバルグローバルプラットフォームは、全面改良を受けて新世代になっているインプレッサから採用され、2025年までを見据えたスバルの次世代プラットフォームとして製作されています。 7~2倍にアップし、サスペンションを滑らかにストロークさせることで乗り心地を向上します。 車体全体の低重心化も進められることで操舵時の無駄な挙動も防がれ、路面に吸い付くようにまっすぐ走れることで、将来の自動運転走行も見据えた走行性能になっています。 スバルグローバルプラットフォームは、車種に合わせてプラットフォームを柔軟に変化させることが可能とされており、ガソリンエンジンのほか、ハイブリッドやプラグインハイブリッド、電気自動車にも対応することができます。 また、生産性も向上し、日本国内の工場とアメリカの各生産ラインがそれぞれ複数車種を生産する「ブリッジ生産」も容易になっています。 アイサイトは、後退時自動ブレーキにより車両後退時の衝突回避または衝突による被害を軽減するほか、後側方警戒支援システムにより自車の後側方から接近する車両の検知に対応。 ステアリング連動ヘッドライトやハイビームアシストにより夜間走行時の視認性がアップしています。 初採用となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」は、マルチファンクションディスプレーの上に顔を検知するカメラを設置し、ドライバーの居眠りやわき見運転の検知、注意喚起機能により安全運転をサポート。 その他、ドライバーの顔を5人まで登録し認証することで、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整することができるようになっています。 5L自然吸気 ・JC08モード:14. 2L自然吸気ハイブリッド ・JC08モード:18. 日本仕様前モデルは2L自然吸気エンジンが16. 5Lエンジンでも14. また、新型フォレスターでは世界標準のテストを取り入れ実燃費に近づけた次世代燃費規格「WLTCモード」の数値も発表されており、市街地では2Lハイブリッドが、郊外や高速道路では2. 5Lハイブリッドが低燃費になることがわかり、パワートレインの検討に役立てることができるようになっています。 スバル新型フォレスターのカタログでグレード間の違いをチェック! スバル新型フォレスターは、カタログから各グレードの装備内容などを確認することができます。 Touring:スタンダードモデル 17インチアルミホイル、LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ 電動パーキングブレーキ、ステアリングヒーター、フルオートエアコン、コンビ合皮シート シートヒーター 運・助・後 、USB電源、アイサイト ツーリングアシスト付 、サイドビューモニター、歩行者保護エアバッグ• Premium:ハイグレードモデル 【Touringから追加】 18インチアルミホイル、LEDフロントフォグランプ、光輝ウィンドーモール アイサイトセイフティプラス 運転支援• 5L自然吸気エンジン】 Touring:2,808,000円 X-BREAK:2,916,000円 Premium:3,024,000円• 前モデルは2L自然吸気エンジンが242万円と全面改良を受けたインプレッサの上位モデルと比較できる設定でしたが、新型フォレスターでは280万円からとなり、283万円から用意されているレヴォーグに近い価格になっています。 2L「e-BOXER」モデルは、2. 5Lエントリーモデルから29万円ほど高価に設定され、高環境性能を持つ最上位グレードとなっています。 発売が予定されるフォレスターSTIは、「e-BOXER」モデルをベースに装備が強化され、350万円ほどに設定されるとみられています。 新型フォレスターは2018年9月13日までの先行受注で、「ドライバーモニタリングシステム」と「e-BOXER」を搭載する「Advance」が全体の約4割と一番人気のグレードとなり、B型への改良時には約半数のオーナーが「Advance」グレードを選択したことが発表されています。 Touring:9%• Premium:33%• X-BREAK:18%• クリスタルホワイト・パール:38%• クリスタルブラック・シリカ:17%• アイスシルバー・メタリック:9%• ホライゾンブルー・パール:9%• ダークグレー・メタリック:6%• ダークブルー・メタリック:6%• セピアブロンズ・メタリック:5%• ジャスパーグリーン・メタリック:5%• 本革シート(ブラウン):31%• 本革シート(ブラック):10%• アイサイトセイフティプラス(視界拡張):79% スバル新型フォレスターの発売日は? B型に改良されたスバル新型フォレスターの発売日は、2019年7月18日に設定されました。 市販化が予定されるスポーツモデルの新型フォレスターSTIは、2019年後半の発売が計画されています。 期待されるプラグインハイブリッドモデルはガソリンモデルから遅れ、2020年の投入が見込まれています。 フォレスターの車名の由来は、英語の「森をはぐくむ者」からとなっており、世界共通で使用されています。 インプレッサのワゴンにオフロード装備を搭載した「インプレッサ グラベルEX」の後継モデルとなり、初代と2代目はタフな外観を持つクロスオーバーワゴンのスタイルを採用。 WRCに参戦していたインプレッサをイメージするSTIモデルも設定されました。 新型フォレスターについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

新型フォレスターSTIバージョン最新情報!歴代STIバージョンや新型の予想は?

新型 フォレスター sti

5代目となった『フォレスター』も、当たり前のように全車4WDで登場した。 いまや世界的なクロスオーバーSUVブームで、各自動車メーカーがSUV風のモデルを登場させているが、FFモデルも多く混ざっており、性能よりもスタイルというクルマも少なくない。 フォレスターはクロスオーバーSUVの先駆けであり、オンロードでの豪快な走りとオフロード車に匹敵する走破性を備えた、新しいカテゴリーのクルマとして登場した。 最低地上高は初代から200mmを確保し、4WDの駆動力を生かした本格派の悪路走破性はフォレスターの特徴ともいえる性能だった。 2代目フォレスターも最低地上高200mmを確保して走破性の高さをキープ。 3代目になると最低地上高は220mmとなる。 オンロードでの豪快な走りを売りにしていたフォレスターはこのモデルからバランスのいい走りを掲げ、オフロード走破性を求める方向に変わっていった。 以来220mmをキープし続け5代目もこの最低地上高を踏襲した。 5Lエンジン 今回行われた試乗会では、施設内にスバルが特設オフロードコースを設営。 その性能を試すことができたので、新開発2. 5リットルエンジン搭載車でその性能を報告してみたいと思う。 これに対して筒内噴射となったフォレスター用FB25型は吸排気に可変バルブシステムを備えたデュアルAVCSとなり、圧縮比12. マニュアルモードを6速から7速に変更している。 またオフロード4WD性能を引き上げるディバイスとして、Xモードに従来のSNOW・DIRTモードに加えDEEP SNOW・MUDモードを設定。 このモードにすると自動的にトラクションコントロールがオフになり、トラクションを得るためにタイヤの空転を許容し、パワーを絞らずにESCのブレーキ制御で空転するタイヤにブレーキをかけ駆動力を高めてくれる仕組みだ。 20度を超え、場所によっては22度を超える急傾斜をスルスルと登っていってしまう。 こう書いてもあまりピンと来ないかもしれないが、20度は、10m進んで3. 6m上る坂。 22度は10mで4m上る坂。 運転席に乗っていると、もう空しか見えない急傾斜だ。 しかも、新しいXモードはそんな急傾斜を登りながら途中からハンドルを切っても、フロント内側のタイヤの空転を抑えこれも何事もなかったかのように登っていってくれる。 もちろんモーグルも楽々クリアする。 対角にあるタイヤが2輪空転してしまうとヘビーデューティ4WDでも駆動トルクが路面に伝えられなくなってしまう。 そのためクロカン4WDの多くにはデフロックスイッチがついているのだが、フォレスターは、空転しているタイヤにブレーキを掛けることで、反対側のタイヤに駆動力を作り出してくれる。 ちなみにデファレンシャルギヤは左右輪を見た場合、片輪の抵抗分だけ反対側に駆動トルクを伝えられる仕組みになっているので、ブレーキLSDが有効。 トラクションコントロールがオフになっているので、パワーが絞られず、上り坂のモーグルといった過酷な場面でも必要な駆動トルクを発揮することができ、クロカン4WD並のと言っても大げさではないくらいの走破性、踏破性を発揮してくれるのだ。 こんな路面を走る場合、クロカン4WDならローレンジを使って駆動トルクを増して走らせるが、フォレスターにはもちろんローレンジはなく通常のギヤどころかCVTで駆動トルクを発揮しているのだ。 こんな場面でのCVTは、エンジン回転だけが上がってしまいそうだが、思いのほかスリップ感がなく、ダイレクト(といったら大げさだが)な感じでエンジントルクを路面に伝えてくれたのに驚かされた。 さすがに何度も連続して走らせるとCVTユニットがオーバーヒートしてしまうそうだが、2~3回なら問題ないそう。 もちろんこうした走りを想定してCVTの制御はプログラムされているのだろうが、意外なCVTのパフォーマンスだった。 オフロードコースを走る機会なんて、オーナーになっても1度あるかないかくらいかもしれないが、降雪地域にならば深雪の遭遇率は低くない。 フォレスターの本領が発揮できる象徴的なシーンの一つだ。 新型プラットフォームになって、サスペンションのセッティングも変わり、大幅に乗り心地がよくなったもの新しいフォレスターの特徴の一つ。 その快適さとヘビーデューティな走破性能、2面性が持つギャップは、なかなか魅力的かもしれない。 《斎藤聡》.

次の

フォレスター新型STIの発売日はいつ頃?先行予約や納車時期も気になる!

新型 フォレスター sti

新型フォレスターは、2018年7月から販売開始になりました。 2019年10月には、最初のマイナーチェンジを終えています。 2019年1月の東京オートサロンでは、コンセプトモデルとして新型フォレスターのSTIバージョンも展示されましたね。 現在、同バージョンの販売に向けての企画は進行しているとの見方が大きくなっています。 こういった背景から、2020年の春までには販売開始するという予想が多くなっているのでしょう。 またフォレスターSTIバージョンは、アドバンス e-BOXERモデル をベースモデルにして、STI専用の足回りやアルミ、さらに専用エアロなどが装備されて、走りを意識したモデルにアップデートが施されていると予想します。 新型フォレスターSTIが発売されたらお得に購入したい!という方は、ぜひあなたの愛車が現状いくらで買い取ってもらえるのか、一度確認してみてくださいね。 ただ最高出力は、ベースモデルのアドバンス同様の145psとなるのではないでしょうか。 フォレスターSTIバージョンでは、走行性能をSTIとしてチューニングするといった要素が豊富に含まれていると考えます。 足回りに専用ビルシュタインのサスやショックを採用し、フロントブレーキキャリパーにモノブロック6ポッドキャリパーが搭載されるでしょう。 外装では、専用フロントバンパーやSTIオーナメントなどで装飾され、走りを予感するディテールにアップデートさせて登場するでしょう。 内装では、STIロゴや専用ステッチ入りの本皮仕様パーツが多く起用されると予想されます 各モデルのSTIバージョンが同様な仕様となっている為。 sti単独のイベントは今回が初?だったらしいです!運営の予想を上回る人数が集まったらしいので、次回ももしかしたらあるかもしれません!そのときはご一緒しましょう😆 ちなみに、フォレスターstiも置いてありました😍 — ニボだし VAB nibodashi 販売価格は、どうなるかも気になるところですよね。 現時点で販売されているレヴォーグやWRX STIモデルは、ベースモデルより50万円ほどアップしています。 そのことから考えると新型フォレスターの販売価格は、ベースモデルのアドバンスが3,157,000円で有ることから、3,650,000円~3,750,000円位になると予想します。 まとめ スバル新型フォレスターの販売開始にあたって、• 発売時期は、2020年4月ごろ。 スペックは、エンジン精度は高められても出力はベースモデルを維持し、足回りやエクステリア、そして内装に専用チューニングを施して登場。 販売価格は、ベースモデルから50万円前後のアップとなる。 と予想します。 フォレスターは、初代販売開始以来、ミディアムSUVの路線をずっと貫いてきたモデルです。 また、水平対向エンジンのジオメトリー効果によって、非常に高い走行性能を兼ね備えてもいますね。 同モデルが予想通り販売開始されれば、購入したいと思う方が沢山いらっしゃると期待します。

次の