アズレン 強襲作戦。 【アズレン】「特別演習 超空強襲波」に調整入る。駆逐艦「Z2」発表! 来週開催予定のミニ海域イベントで登場

アズールレーン攻略Wiki【アズレン】

アズレン 強襲作戦

なぜそのように呼ばれているかというと、このイベントが開催された時期が絡んでいます。 つまり、指揮官歴最長でも5ヶ月程度で、初心者も多い最も戦力が乏しいサーバーに対して エセックス(Lv120)が立ちはだかることになったのです。 このイベントは当時指揮官歴約1年の私でも十分に重いイベントだったので初心者が多かった オデッサ鯖はまさに地獄だったと思われます。 しかも手加減があるということは本気モードもあるわけで... 」と当時はそんなことを考えていました。 エセックス 底力 前衛Lv1単騎1分耐久 後衛はイラスト単騎なので燃料14の超低燃費艦隊です エセックス本気出し過ぎじゃないですかね... 今見ても十分におかしい。 特別演習超空強襲波の問題点 難易度の高さは置いておくとして(手動前提辛いけど) それ以外の問題点を振り返っていきます。 ゲロマズイベとしても名高いこのイベントは本当に 報酬が酷かったです。 具体的には ・燃料消費あり ・ただし経験値無し(オフニャの経験値ももちろん無し) ・疲労度の蓄積あり(沈みまくる前衛艦たち) ・ドロップすら渋い(艦船ドロップ無し、各種パーツT3も1~2個程度と渋い) という感じで、どう考えても通常海域回した方が賢いよねと言わざるを得ない状況でした。 そもそも敵のレベルが120で、なおかつ暴力的な殲滅力に対抗しようとすると必然的にフル艦隊での出撃となり、 燃料も1戦で60以上普通に溶けてる感じでした。 それなのに 経験は0でドロップも渋い。 個人報酬の対空砲はSTAAGの劣化版という本当に悲しいモノでした。 一応エセックス討伐?後は 弱体化が入ったため難易度問題は個人報酬だけ回収できればいいという人には ある程度優しくはなっていた(なお、ドロップは相変わらずまずい)ため難易度に関しては一応妥協点という印象。 Lv110の海域で辛いという声も比較的多いので、高難易度イベにするにしてもLv110ぐらいが無難じゃないかなと思うところがあったりします。 あとは純粋に報酬の強化をしてほしいという想い。 オフニャの経験値すら入らないのは泣けてきます。 設計図のドロップが渋い事はよくあることなので仕方ないにしても、強化パースのドロップは最低でもエリート艦よりは美味くしてほしいなという願望。

次の

【アズールレーン】特別演習「超空強襲波」攻略情報まとめ【アズレン】

アズレン 強襲作戦

荒れてたので正直スルーしようか悩んだのですが。 大型レイドボス的な感じでコンセプトは悪くなかったと思うのですが 何故こんな仕様になってしまったのだろうか。 ・難易度が1つしか無くレベル120前提な調整。 ・燃料はしっかり使うのに経験値は入らない。 ・なのにコンディションはしっかり低下する。 ・ドロップが渋すぎる。 などなど何故こんな仕様にしたのかもこれでOKが出たのかも謎な出来。 新しいキャラが報酬に入っているので嫌なら云々も言えないですし。 数ポイントのログを見るのは悲しかったよ……。 【ご意見・ご要望について】 システムやイベントの仕様など、ゲームに関するご意見やご要望は お問い合わせ窓口「cs azurlane. net」で承っております。 こちらに頂いた内容は運営のほうで全て確認した上、 開発側に共有させていただいております。 何卒よろしくお願いいたします。 ・エセックス(作戦完了後)の戦力の弱体化 ・細かい不具合の修正 ゲーム内で「更新」が表示された場合、ゲームを再起動し、 最新データの適用をお願いします。 引き続きご協力のほど宜しくお願いいたします。

次の

5╛╧/5

アズレン 強襲作戦

『誉笏のグロリアスフォーミュラ』 『栄冠のビクトリーレーシング』 『瞬速の真名』 『疾翔の姉羽』 『凄艶のマックススピード』 『魅惑のフルドライブ』 『ロストワールドの探検者』 『おまくら天国』 『恋情のコンパニオン』 復刻版の仕様変更まとめ 一部メイド隊2nd 過去イベント の仕様を輸入 難易度の区分けや特別戦闘券などのメイド隊2nd 過去イベント の仕様が一部輸入された他、 主に緩和方向で仕様の調整が入っている。 4つの難易度の追加• 各難易度の「演習Pt」獲得量• 各ステージの報酬内容• 「特別戦闘券」の追加• EXステージ以外での経験値や好感度が獲得可能• 戦闘不能でのコンディション低下の撤廃• 「再度出撃」ボタンの追加• 難易度EXに「模擬戦」機能の追加 「特別演習 超空強襲波」イベント内容 イベントの遊び方 赤文字は復刻版で追加された仕様• 期間中は「合同演習作戦」特別ステージが追加• 演習相手はユニオンのエセックスが担当• 特別演習ではイベントページで専用の艦隊を設定して出撃する• 特別ステージをクリアすると「演習pt」を獲得できる• 特別ステージをクリアすると特別演習ゲージを削ることが出来る• 難易度は4種類あり、難しいほど「演習pt」が多い• 難易度「簡単」~「難しい」は1日15回まで獲得量にボーナス• 15回以降も「特別戦闘券」を消費してボーナス出撃可能• EXではエセックスに与えたダメージ量で演習Pt獲得数が増減する 他難易度は固定• 特別演習ゲージはサーバー内の全ての指揮官と共有• 作戦成功後、参加した指揮官全員に報酬が配布される• 演習Ptの個人累計獲得数に応じて貰える「Pt累計報酬」も存在している Point いわゆるレイドバトルというもので、サーバー全体で力をあわせ、強大なボスの体力を削りきろう…という趣旨になります。 イベントの注意点 仕様変更含む 赤文字は復刻版で仕様変更があった点• EXステージは経験値が獲得不可能 その他難易度は獲得可能• 出撃によるキャラのコンディションは通常通り下がる。 戦闘不能では下がらない• EX難易度では戦闘を中断した場合も「特別戦闘券」が消費される。 好感度についても通常海域と同様• 作戦時間は60秒 時間経過で強制クリア 報酬は2種類ある 本イベントでは演習ゲージをサーバー全体で共有して削り切る演習ゲージに対する報酬と、指揮官個人が一定数の演習Ptを獲得した際に発生する2種類の報酬がある。 サーバー全体で成否が分かれる演習ゲージ 演習ゲージはサーバー全体で共有されるので、成功時の報酬は参加者全員に配布される。 配布条件は1度でも特別ステージをクリアすることで難易度は問わないので、敷居は高くない。 個人の成績が重要な個人累計獲得報酬 特別ステージをクリア時に得られる演習Ptの個人累計獲得数でも報酬を得られる。 こちらは 個人で獲得したPtで判定されるので何度もクリアする必要があり、自然にサーバー全体の進捗にも貢献できる。 EXステージは「特別戦闘券」が必要 イベント中最高難易度のEXステージは「特別戦闘券」を使用してのみ参加可能。 「特別戦闘券」はイベント中に発行される限定毎日任務をクリアすることで獲得できる。 まずは模擬戦で小手調べ 難易度「簡単」~「難しい」は1日15回までは報酬にボーナスが追加され、15回以降も「特別戦闘券」を消費すればボーナス出撃可能。 また、ボーナス出撃はなくなるが 15回目以降も通常の出撃は可能で、報酬も発生する。 EX難易度でエセックスを倒しきるために 緩和調整によりエセックスの攻撃力は前回より下がっているため、より与ダメージを意識した編成が可能になる。 仮に倒しきれなくても与ダメージ分のPtは獲得できるので、気軽に挑戦しよう。 Point 仕様調整により、撃破されてもコンディションに影響しなくなったので、より気軽に挑戦可能です。 与ダメージを上げるポイント エセックスに効率よくダメージを与えるには、まず 相手と戦闘の仕様を把握することが大切なので、まずは戦闘の仕様とエセックスの大まかな特徴をまとめる。 戦闘時間は1分間 短期戦用の編成が必要• エセックスは移動停止するタイミングがある 攻撃を集中できるタイミングがある• エセックスは中装甲 通常弾は不利• エセックスは空母 空母特効が有効になる• 高い耐久力を誇る 高い攻撃力が必要 中装甲なので通常弾はNG 強力な駆逐主砲の通常弾の例 通常弾が有効なのは軽装甲の艦まで。 強力な主砲は殆ど榴弾か貫通弾なので間違えにくいが、最近の 駆逐主砲などは一部強力な通常弾の主砲が実装されているので注意。 Point むしろ、駆逐主砲自体が軽装甲以外に対してダメージ補正が少し不利なので、 今回の駆逐艦は魚雷が得意な艦を採用すると活躍しやすいです。 制限時間が短いので主力は攻撃回数を意識 1分間という短い戦闘時間なので、発動までに20秒以上かかる攻撃は3回目の発動までに戦闘が終わってしまう。 特に空母などは発艦までが速くなるスキルを持つ艦を選んでおきたい。 Point 戦艦なども載せる主砲によっては20秒を超えます。 装填の速い主砲を選ぶか、高性能火器管制レーダーなどを装備して装填時間を短縮しましょう。 編成する艦隊は現時点での全力 特別演習では 経験値の取得が不可能な為、育成を兼ねてイベントを進行することは出来ない。 エセックスに与えたダメージによって獲得できる演習Ptも増加する為、専用艦隊は現時点での全力を推奨。 前衛の生存性を考慮にいれる エセックスの弾幕は苛烈。 前衛が被る被害は大きく、 撃破されると好感度も下がる本イベントでは、制限時間の60秒をしっかり生き残れる編成を行おう。 ゲージ前半は潜水艦も有効 ゲージ前半では砲撃や魚雷によるダメージも十分通る為、苛烈な弾幕の中でも一方的に魚雷攻撃を行える潜水艦は効果が高い。 特別演習では支援範囲などは関係ないので、設備は雷撃値を強化するか潜航力を上げて臨もう。 Pickup! 空母の航空攻撃は発動時に 照準を合わせる必要がなく、弾幕を一時的に消すことも出来るので前衛の操作には幅を持たせられるようになる。 Pickup! 前衛は生存重視でOK エセックスは、 ゲージが削れる程に水上艦による砲撃と雷撃に耐性をつけていく。 前衛の攻撃についても例外ではないので、後半になるにつれて苛烈になったエセックスの攻撃で前衛が撃破されるようであれば、前衛は主力艦隊に攻撃を任せて生存重視の立ち回りや編成に変更することも検討しよう。 削りきった後は… エセックスの攻撃力が下がる 後半の壮絶な弾幕を乗り切ってゲージを削りきった後は、一転してエセックスの攻撃力が大きく下がる。 弾幕そのものは激しいままだが、被ダメージそのものが小さくなっているので、 中盤以降を乗り切った指揮官がやられてしまうことはまずない。 全ての攻撃が有効になる ゲージが減る毎に砲撃や魚雷に対する耐性が上がって行ったエセックスだが、ゲージを削りきった後はそれらの耐性が下がり、全ての攻撃が通るようになる。 こちらが受けるダメージは下がっているので、前衛においても 重桜の雷撃艦隊などダメージを出せるキャラを中心に編成していこう。

次の