ぎっくり腰 pow。 巫女(星照

GICRRY

ぎっくり腰 pow

実際に経験してみると分かるのだが、動けないほどの痛みに突然襲われる。 もともとは突然痛みが発生することから「びっくり腰」と呼ばれており、それが「ぎっくり」に訛ったと言われている。 海外でも「ぎっくり腰」はポピュラーな症状だ。 ぎっくり腰を英語にすると、医療的には「Slipped disc(椎間板ヘルニア)」「Lumbar sprain(腰の捻挫)」「lumbosacral strain(腰仙部挫傷)」と呼ばれている。 だが、日本の語源同様、いきなり腰に激痛がはしり動けなくなることから、海外でも別の呼称が定着している。 例えば、ドイツやイタリアではぎっくり腰が魔女の仕業と信じられており、「魔女の一撃」と呼ばれる。 ドイツ語では「Hexenschuss」、イタリア語では「Colpo della strega」と表す。 万が一、海外でぎっくり腰になってしまったら「腰が痛むこと」「(痛みで)動くことが出来ないこと」を相手に伝えよう。 」 ぎっくり腰になったっぽい 「Ahh! My back hurts so bad! 」 さっき腰がポキってなったのがわかった また、海外では痛みの度合いを「10段階評価」で伝えることが多い。 ケガをした人に痛みの度合いを聞くときにも便利なので、覚えておきたい。 「On a scale of 1 to 10, how much does it hurt? 」 痛みを10段階で表すと、どれくらい痛いですか? <記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)> >> >>.

次の

ぎっくり腰とは (ギックリゴシとは) [単語記事]

ぎっくり腰 pow

実際に経験してみると分かるのだが、動けないほどの痛みに突然襲われる。 もともとは突然痛みが発生することから「びっくり腰」と呼ばれており、それが「ぎっくり」に訛ったと言われている。 海外でも「ぎっくり腰」はポピュラーな症状だ。 ぎっくり腰を英語にすると、医療的には「Slipped disc(椎間板ヘルニア)」「Lumbar sprain(腰の捻挫)」「lumbosacral strain(腰仙部挫傷)」と呼ばれている。 だが、日本の語源同様、いきなり腰に激痛がはしり動けなくなることから、海外でも別の呼称が定着している。 例えば、ドイツやイタリアではぎっくり腰が魔女の仕業と信じられており、「魔女の一撃」と呼ばれる。 ドイツ語では「Hexenschuss」、イタリア語では「Colpo della strega」と表す。 万が一、海外でぎっくり腰になってしまったら「腰が痛むこと」「(痛みで)動くことが出来ないこと」を相手に伝えよう。 」 ぎっくり腰になったっぽい 「Ahh! My back hurts so bad! 」 さっき腰がポキってなったのがわかった また、海外では痛みの度合いを「10段階評価」で伝えることが多い。 ケガをした人に痛みの度合いを聞くときにも便利なので、覚えておきたい。 「On a scale of 1 to 10, how much does it hurt? 」 痛みを10段階で表すと、どれくらい痛いですか? <記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)> >> >>.

次の

急性腰痛症

ぎっくり腰 pow

「ぎっくり腰」を英語で何て言う? 日本語みたいに一つの単語で表現することはできません。 言い方は色々ありますが、いくつか代表的なものを紹介します。 紹介する前に一つだけ覚えておきましょう。 英語で「腰」に直訳する単語がありませんので、 背中を表す「back」を使って、「lower back」が腰を指します。 ぎっくり腰の正式名称 昔から腰が弱い僕。 先日もPCをやった後に、立ち上がる前に思いっ切り腕を伸ばして後ろに沿ってストレッチしたら、 見事にグキっといきました。 そこからはワイフに服を着替えさせてもらったり等の半介護生活が始まったわけです。 1日中何もすることができないので、この際ぎっくり腰のエキスパートにでもなってやろうか、という意気込みで身体の仕組みについての本をなぜか読み始めました 笑 その時に初めて知ったんですけど、ぎっくり腰の正式名称って「急性腰痛」なんですね。 うん、そのまま。 なので、今度ぎっくり腰になって病院に行った際には、ドクターに「急性腰痛になりました」って言えば、「お、こいつデキるな」と思ってもらえるかもしれません。 ぎっくり腰になった時に取った行動 まず、すぐ横になりました。 ぎっくり腰になるという事は、 何かしらの負担が背骨にかかっているので、 その負担を無くす為に、横になり身体が力を使わなくていいようにしました。 ここでみんなやってしまいがちなのが、 痛い患部を温めることです。 これは絶対にNGです。 ぎっくり腰というのは筋肉が炎症を起こしている状態なので、 炎症を起こしている部分を温めるというのは、火傷を温めるようなものですので逆効果です。 10分程度患部を 冷やすのが正解です。 次に、2日程度経って、痛みがだいぶ引いてからカイロに行きました。 僕の場合は何度もやっていて、原因が姿勢による筋肉の衰えから来るものと分かっているのではじめからカイロにいきました。 ぎっくり腰になるのが初めてで、まるっきり歩けなかったり、楽な姿勢が全く見つからないという時は神経の圧迫等(ヘルニア)の可能性もありますので、まずは整形外科に行った方がいいでしょう。 それ以外の方は、痛みが引いてからカイロに行くことをおススメします。 カイロは骨や筋肉の位置を正してくれるので、ぎっくり腰の後に連続で3,4回行けば、体が元の状態に戻ります。 ぎっくり腰をやる前の状態ではありませんよ。 本来あるべき状態に戻してくれます。 根本的な原因を改善しているわけですから、最も最良の手段です。 体を正常に戻すことによって、ぎっくり腰の予防になります。 正しい体の使い方やストレッチも教えてくれるのでおススメです。 しかし、中には仕事の都合等でそのまま痛みが引くのをベッドで待てないという方もいますが、そういう方は最初から整形外科に行くのがベストです。 大体の流れとしては、レントゲンを撮って背骨の状態を診断し、飲み薬&湿布を処方されます。 薬は、痛み止めと筋肉を和らげるもの、 湿布は痛み止め&炎症を抑えるもの、を処方されるパターンが多いです。 身体の痛みを抑える事ができるので、 ある程度は歩けるようになります。 但し、無理は厳禁です。 結局は身体を騙して痛みを無くしているだけなので、 動けば炎症が起きている部分に負荷をかけることになります。 急用が終わったら自宅で安静にしているのがベストです。 ぎっくり腰の予防にコルセットは効果ない 腰は、背骨の腰椎という部分から形成されていますが、ぎっくり腰の時は腰椎の部分に何かしらの異常が出ています。 僕の場合だと、曲線を描いているはずの腰椎が、 姿勢による筋肉の衰えや歪みのせいで真っ直ぐになってしまっています。 (ストレートバック)下図の右から2番目の「平背」です。 そこで、腰椎を安定させるためにコルセットを巻きます。 こうすることによって身体内部の腹圧が高まります。 つまり、筋肉が足りていなかったら、コルセットの締めている圧力が筋肉代わりになり、腰椎を支えてくれるということです。 ぎっくり腰とは言えど、トイレや食事の準備のために家のなかでは動かなければいけません。 そういう時は、コルセットを巻けば腰椎への負担が少なくなるので、腰痛を悪化させることはないでしょう。 但し、コルセットや腰ベルトは腰痛がある時 のみ着用することにしてください。 上記で書いた通り、コルセットは筋肉の代役になっています。 これ以外の時に常用すると、 腹筋やインナーマッスルが常にサボっている状態になるので、体幹が弱っていきます。 体幹が弱まれば、もちろん骨への負担が大きくなり、腰を痛めやすい体になってしまい、悪循環を作ってしまいます。 何事も効果があるからといってオーバーユース(使いすぎる)するのは良くないってことですね。 ぎっくり腰の予防に効果的な方法 言うまでもないですが、キレイな姿勢を意識することと筋肉を使うことです。 街中を歩いている時も常に姿勢を意識します。 僕はふとビルや窓ガラスに映る自分の姿勢を見て、適宜直すように意識しています。 ぎっくり腰の予防でカイロの先生に勧められたのが、背筋と腹筋を鍛えることです。 背筋を鍛えれば上半身の上部が後ろにひっぱられ、腹筋を鍛えれば上半身の下部が前にひっぱられます。 この絶妙なバランスによって姿勢も自然とキレイになり、背骨の湾曲も保つことができます。 ぎっくり腰になってたから僕がやっている運動といえばこれです。 まさに一石二鳥。 家で気楽に出来ますし、ただ腹筋するより全身を鍛えられるのでオススメです。

次の