遊戯王 ニビル。 遊戯王カードWiki

遊戯王カード考察:≪原始生命態(げんしせいめいたい)ニビル≫大量展開に一石(物理)を投じる強烈なメタカード

遊戯王 ニビル

モンスター 1. その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。 モンスター効果を無効にする手札誘発 マストカウンターを見極めることで、相手の行動を著しく抑えることができる。 ステータスに恵まれており、サポートも豊富。 ターン終了時まで無効にする効果の持続時間も魅力的。 発動回数制限がないので、他の優秀な手札誘発との差別化を図ることができる。 使用の際の注意点 ・《マクロコスモス》等がある場合は発動できない ・対象を取れないカードには発動できない ・相手バトルフェイズや自分のターンは発動できない 自分のターンに使えないことで響いてくる場面が意外と多いので、環境に合わせて採用したい。 Amazon: 2. フィールドのそのカードを破壊する。 緩い条件でカードを破壊する手札誘発 フィールドでも効果を発動できるため、《緊急テレポート》などで呼び出して相手を牽制することもできる。 永続魔法・永続罠・フィールド魔法に強く刺さる。 使用の際の注意点 ・破壊するが カードの発動を無効にしない ・破壊耐性のあるカードには無意味 Amazon: 3. その効果を無効にする。 この効果は 相手ターンでも発動できる。 また、手札から捨てて発動するため、《マクロコスモス》などに妨害されない。 このカードが腐る場面を探す方が難しい。 その発動を無効にする。 《氷結界の龍 トリシューラ》や「SPYフレーム」など一部でも効果範囲に含まれていれば無効にできることも重要。 対象を取るカード効果は後述する《D. クロウ》でも対処できるため、 対象を取らない効果も無効にできることや ダメージステップでも発動できることに意義を見出したい。 使用の際の注意点 ・効果範囲以外の墓地で発動する効果は無効にできない 例:《クリッター》や《ダンディライオン》など ・召喚ルールやコストは無効にできない 例:「インフェルノイド」や《ダーク・アームド・ドラゴン》など Amazon: 5. 自分のエクストラデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。 その後、相手のエクストラデッキを確認し、選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 相手エクストラデッキに干渉するカード このカードほど簡単に相手エクストラデッキに妨害を仕掛けるカードはないため、重宝される。 自分のエクストラデッキに相手の使うカードを入れておく必要があるが、相手の主力を全て除外すると戦略が完全に崩壊する。 サイドデッキ向けではあるが影響力の大きいカードといえる。 使用の際の注意点 ・相手フィールドの数の方が多くないと発動できない ・相手の使用カードを対戦前に予想する必要がある Amazon: 6. このターン、以下の効果を適用する。 この効果で自分のLPが回復しなかった場合、エンドフェイズに自分のLPは半分になる。 相手が特殊召喚する度にその効果モンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復できる手札誘発 デメリットも基本的には響かないため使用者に優しい 何も相手の行動を妨害することはできないものの、回復できるため純粋に相手の1ショットキルを妨害する性能は高い。 使用する際の注意点 ・相手に構わず展開されて制圧されると苦しい ・やや強化や連続攻撃に弱い Amazon: 7. このターン、以下の効果を適用する。 相手の特殊召喚に合わせてドローする手札誘発 特殊召喚を行わないデッキはほとんどなく、発動機会は常に恵まれている。 相手の特殊召喚を抑制する役目を担うが、相手が躊躇せず特殊召喚を行う場合もあるため、他の手札誘発と併用してデッキに搭載したい。 使用の際の注意点 ・ ドローする効果は強制 ・この効果によるドローはチェーンブロックを作らない 相手が特殊召喚を続けて、ドローすることでデッキ切れにより敗北することは稀に起こるので注意したい。 このカードを特殊召喚する。 このターン、お互いにカードを除外できない。 この効果は相手ターンにのみ発動できる。 お互いのカードの除外を封じる手札誘発 リリースして発動するため《マクロコスモス》があろうと効果を封じることができる。 除外を主戦術とするデッキは年々増えているため、活躍機会も多いだろう。 使いきりのため自分が除外を主戦術としていても相手のメタとして使うことができる。 使用の際の注意点 ・相手ターンしか使えない ・他の用途での使用が難しい 11. このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 お互いのサーチを封じる手札誘発 高速化した環境ではこのカードが頻出する。 相手がこのターン行動すると仮定して発動するカードなので、実際に次のターン相手が行動するまでこの効果を実感することが難しい。 この効果はドローも封じることができる。 このカードを使わなければ勝負にならない環境はバランスの悪いパワーカードが多く存在する環境なので目安にするといいかもしれない。 使用の際の注意点 ・1度目のサーチを妨害できない ・自分もそれなりに影響を受ける 12. 手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。 この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。 先行プレイヤーの妨害を見送って、自分のターンに魔法などで初動を始め、あえて制圧モンスターの効果を誘うなど使い方は様々。 フィールドの外の効果に対しても効果を発動できるため、墓地や手札、除外ゾーンと広範囲でメタを張れる。 使用の際の注意点 ・自分の場のモンスターが存在すると発動できない ・《PSYフレーム・ドライバー》の投入が必須 Amazon: 13. このカードを手札から特殊召喚する。 その後、自分は相手フィールドのリンクモンスターの数+1枚をデッキからドローし、相手フィールドのリンクモンスターの数だけ自分の手札を選んでデッキに戻す。 その発動を無効にし破壊する。 相手のリンクモンスターの数+1だけドローし、手札交換できる手札誘発 現状はリンクモンスターが頻繁に特殊召喚されるので発動には困らない。 《増殖するG》と比べると展開の抑止にならない点では劣るものの手札の質を上げるといった面ではこちらの方が上手。 フィールドには耐性持ちのこのモンスターが残るためアタッカー&壁になってくれることも高評価です。 使用の際の注意点 ・大量にリンク召喚された後だと焼石に水になりやすい ・リンク召喚をほとんど使わない相手だと腐る Amazon: 14. このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。 手札から捨てて、相手モンスター1体をリリース不可・融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚の素材にできない状態にできる手札誘発 自分フィールドにカードが存在せず、特殊召喚時のみと先行1ターン目の後攻プレイヤーしか使えないような局所的なカードですが、テンポを奪うカードとしては申し分ない。 EXモンスターゾーンを封じてしまえば十分な展開妨害になるので基本的には低リンクのモンスターを狙い撃ちにするといいでしょう。 仕様の際の注意点 ・初手で引かなければほとんど意味のないカード ・複数採用すると手札事故を起こしやすい 15. 自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。 その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。 このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 相手が5体以上のモンスターを特殊召喚したターンメインフェイズに、お互いの表側表示のモンスターを全てリリースして特殊召喚できるモンスター その後、トークン1体を相手フィールドへ特殊召喚します。 大量展開を得意とするデッキに対して絶大な影響を及ぼし、存在そのものがゲームスピードを抑制するような手札誘発。 基本的に現代のデッキは召喚・特殊召喚を1ターン中に余裕で5体以上展開するため使用機会には困りません。 相手が低速デッキだった場合もこのカード1枚が腐ったところで即死するわけではないので問題なし。 メインデッキからの採用も十分に考えられる脅威的なメタカードです。 使用の際の注意点 ・特殊召喚されるトークンは自分が表示形式を決められる 以下、名前と簡単な効果紹介 16. 「宣告者」シリーズ 手札の天使族とこのカードを墓地へ送り(固有効果) 《朱光の宣告者》モンスター効果の発動を無効にし破壊 《緑光の宣告者》魔法の発動を無効にし破壊 《紫光の宣告者》 罠の発動を無効にし破壊 17. 《A・O・Jサイクルリーダー》 手札から墓地へ捨てて発動 相手の墓地の光属性モンスターを2体まで除外する 18. 《応戦するG》 相手の特殊召喚効果を含む魔法の発動時、手札から特殊召喚。 フィールドに存在する限り墓地へ送るカードは除外する。 墓地へ送られた場合、攻撃力1500以下の昆虫族をサーチ 19. カード名を宣言する。 相手の宣言は自分の宣言したカード名となる。 《クリフォトン》 手札から墓地へ送り、2000LPを払って発動。 このターン自分が受ける全てのダメージを0にする 23. 《無限泡影》 自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードは手札からも発動できる。 そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。 セットされていたこのカードを発動した場合、さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。 相手フィールドのモンスター1体の効果をエンドフェイズまで無効にできる手札誘発 発動条件を容易に満たせるのは先行1ターン目くらいなので、先行プレイヤーの抑止力として採用できます。 《エフェクト・ヴェーラー》とはメインフェイズ以外にも対応できる点で差別化できます。 普通にセットして使っても使いやすい汎用カードなので採用しやすいカードです。 《レッド・リブート》 このカードは LPを半分払って手札から発動する事もできる。 その発動を無効にし、そのカードをそのままセットする。 その後、相手はデッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。 このカードの発動後、ターン終了時まで相手は罠カードを発動できない。 相手の罠の発動を無効にして、そのターン中の罠の発動を封じる手札誘発 相手に任意の罠をデッキからセットできる重いデメリットがあるため、主に1ターンキルを決めるデッキで採用することになります。 《サイクロン》等で対処できない《次元障壁》や《和睦の使者》など、そのターン中影響を及ぼし続けるフリーチェーンの罠カードに手札から対抗できるのがこのカードの利点です。 また、《神の宣告》などカウンター罠に対しても後出しできる点が評価を引き上げています。 使用上の注意点 ・1ターンキルできなかった場合の代償が大きい ・デメリットが重く、気軽には使えない.

次の

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「機塊(きかい)」テーマデッキ紹介

遊戯王 ニビル

どうも、ハイロンです。 2019年も残すところあと1ヶ月もないということで、 今回は、2019年下半期に登場したカードの中から、このカードの登場は衝撃的だったなとか、使われてヤバかったなど、印象に残っているカードを取り上げてみようと思います。 ちなみに上半期については、こちらの記事内で書いてますので、一緒に見ると2019年ののトレンドがわかるかも(??) では、下半期に登場したカードの中から選んでランキング形式で振り返ってみたいと思います。 このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。 また、相手ターンにリンクできる効果も、「トロイメア・」が出てきて、バウンス…やめていただきたかったことも。 それから、イベント限定のスリーブも出ましたが、そちらもヤバかったですね。 スリーブが出た時、管理人も「U. ウルトラアスリート 」の新規だと思ってましたが、違ってて良かったですw やはり手札・デッキから装備できる効果がヤバいポイントで装備された時に効果を発動できるモンスターと相性が良く、カードが増える度に、いろんな使い方が研究されそうです。 まだまだ評価が上がっていくカードになるかもしれないですね。 ではランキングに戻って、トップ3の発表に入りたいと思います。 自分・相手フィールドの表側表示モンスターを全てリリースし、このカードを手札からする。 その後、相手フィールドに「原始生命態ン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体をする。 このンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 第3位は、「原始生命態ニビル」です。 「エクストラパック2019」に、急遽入ることがわかった時は、まさに隕石が降ってくるような衝撃でしたね。 効果は、相手ターンでも飛んでくる「壊獣」と言ったところで、大量展開するデッキにとっては脅威ですね。 来日当初はデッキに3積みが当たり前になるのかな?と思われましたが、日本では「増殖するG」が3枚積めるので、4枚目以降の「増殖するG」としての立ち位置になりつつあるようですね。 ちなみに管理人は、この時期からデュエルをする機会が減っているので、実は、対人戦ではまだ投げられたことがなかったりする…(隕石、こわい~) この記事を書いてから、そろそろ買った方がいいのかなとか思いはじめてます。 このカードは通常召喚できない。 攻撃力の合計と守備力の合計が、合わせて10000以上になるように 自分フィールドのモンスターをリリースした場合のみできる。 第2位は「万物創世龍」で、「1万」にゆかりのあるモンスターという点がヤバいですね。 「イグニッション・アサルト」にて、OCG10000枚目突破を記念して作られ、それにちなんで10000シークレットレアというレアリティも登場し、カード効果も1万にかかわる効果ばかりとこだわりのあるモンスターになってます。 がここまでこれた長い歴史に、驚きと感動があるところも、いい意味でヤバいポイントにもなります。 2019年上半期に登場したカードの中で、管理人がヤバいなと思ったトップカードは、20thシークレットレアの「女剣士カナン」です。 20thシークレットレアの「女剣士カナン」は、OCGカード10000種突破を記念して、開催された10000種展示イベントにてランダムで配布されたものですが、販売価格もさることながら、買取価格を見てヤバいなと…。 配布された初日にで流れてくる買取価格を見て、もはや給料やんwwって正直、思いましたね。 ちなみにこの展示イベントは、大阪からスタートしたわけですが、大阪在住の管理人は行けてません 笑 5位 I:Pマスカレーナ 4位 ライトニング・ストーム 3位 原始生命態ニビル 2位 万物創世龍 1位 女剣士カナン 20thシク でした。 2019年の後半も、いろいろなカードが登場してきましたが、上位は高額カードとなり、金額がヤバいと言った感じになりましたね。 下半期はカードの効果自体は落ち着いてましたが、やはりOCG10000種類突破記念があったので、上半期とは違ったヤバさが出たなと書いていて思いました。 2020年はさすがに落ち着くとは思いますが、どういったカードが登場するのでしょうかね? ではこのあたりで「2019年下半期に登場したカードの中で、管理人がヤバいと思ったカード5選」を終わりたいと思います。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

抹殺の指名者の使い方とデメリット 対策と裁定について

遊戯王 ニビル

このカードを手札から特殊召喚する。 デッキから「電幻機塊コンセントロール」1体を特殊召喚する。 「機塊」モンスターが存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター 【機塊】の展開に最も欠かせない下級モンスターです。 同名カードが自分フィールドに存在する場合に特殊召喚した場合、デッキから同名モンスター1体を特殊召喚することもできます。 【機塊】の中でもとくに展開力に優れたカードでリンク素材を揃えるためには不可欠。 《機械複製術》《ワン・フォー・ワン》《ワンチャン!?》《悪夢再び》《モノマネンド》などに対応しており、アクセス手段は非常に豊富。 安定して3体並べることができます。 簡単にデッキから消えてしまうので初動の展開カードを腐らせないためにも《貪欲な壺》も合わせて採用することをおすすめします。 本当は6枚くらい入れたい。 かわいい。 このカードを手札から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードはエンドフェイズまで、対象のモンスターと同名カードとして扱う。 そのモンスターの同名モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。 自分フィールドに「機塊」モンスターが存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター この効果で特殊召喚した場合、 エンド時まで「機塊」モンスターの名前をコピーします。 《電幻機塊コンセントロール》とはデザイナーズコンボとなっており、相互に特殊召喚をサポートし、デッキの安定度を上げてくれます。 ただし、必ず名前をコピーするので《機械複製術》は使いにくくなるため注意。 また、 墓地から除外することで自分フィールドの「機塊」モンスターと同名モンスターを手札・墓地から特殊召喚できます。 墓地へ送られたターンには使えないものの、ノーコストで展開力を上げてくれるため積極的に使いたい。 その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。 「機塊」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に手札から捨てることで、戦闘破壊されない&戦闘ダメージ0にするモンスター 「機塊」モンスターは全体的に攻撃力が低く、戦闘を行うことで効果を発動するモンスターも多いためそこそこ使いやすい。 また、 墓地から除外することで「機塊」モンスターの効果破壊から身代わりになることもできます。 《コンセントロール》《コピーポックル》とは属性が異なるため一部のサポートに対応しませんが、《機械複製術》を無駄にしないためにも3積みがおすすめです。 1枚で《ブラック・ホール》や《激流葬》などの全体除去を防ぐことができるのでこちらから積極的に全体除去を採用していくのもいいですね。 自分はデッキから1枚ドローする。 【機塊】の中核となるリンクモンスター リンク状態の場合、攻撃対象にならない&相手の効果の対象にならないため、攻撃力0ですが比較的場もちはいいほうです。 このモンスターをEXモンスターゾーンに配置しリンク1「機塊」モンスターたちの効果のON・OFFを切り替えて戦います。 【機塊】は打点の高いテーマではないのでなるべく相互リンク先に2体並べてATK2000UPで大きくライフを削りたい。 OFF:1ターンに1度、相互リンク状態ではない「機塊」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、1ドローできる《補給部隊》のような効果がありますが、こちらの効果はサブで使います。 このモンスターがいなければリンク1の「機塊」たちはガラクタ同然なので絶えずEXモンスターゾーンに出せるような展開力が必要です。 初動となるカードは普通のデッキよりも多めに採用するといいでしょう。 このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 自分の墓地から「計量機塊カッパスケール」以外の「機塊」リンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。 自分の墓地からレベル4以下の「機塊」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 2つの蘇生効果もちのモンスター ON:自身をリリースし、墓地から同名以外の「機塊」リンクモンスターを蘇生 自らリンク先を開けることができ、「機塊」リンクモンスターのON・OFF効果を活かしやすくすることで円滑な展開をサポートしてくれます。 リンク素材のデメリットも実質無視できるためかなり便利。 OFF:自身をリリースし、墓地からレベル4以下の「機塊」モンスターを蘇生 《充電機塊セルトパス》をリンク召喚する前にこのモンスターをリンク召喚しておけば、蘇生カードの《機塊リユース》《機塊テスト》を1ターン目から有効に使えます。 まだ効果を使っていない《電幻機塊コンセントロール》の効果も使えますね。 どちらの効果もフィールドと墓地の入れ替えだけで地味に見えますが、カードの位置も重要となる【機塊】ではわりと馬鹿にできないカードです。 このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 そのカードを破壊する。 そのモンスターを破壊する。 手札1枚を墓地へ送り、相手フィールドのカード1枚を破壊できるモンスター 「機塊」リンク1としてはフィールドに左右されない効果を持っているのが強み。 《トロイメア・ケルベロス》&《トロイメア・フェニックス》といえば聞こえがいいですね。 ON:相手メインモンスターゾーンのモンスター1体を破壊 対象をとるとはいえ、ノーコストでの除去はやはり便利。 こちらから「壊獣」を投げつけておけば確実に除去できるので採用を検討できます。 OFF:直接攻撃できる 直接攻撃する場合《充電機塊セルトパス》の攻撃力UPは付与されないので、やや使いにくい。 戦闘を行わずにカードを除去できる効果を持っているモンスターは「機塊」ではこのモンスターのみなので汎用的な除去カードは多めに採用しておく必要があります。 その相手モンスターを除外する。 その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージを0にするモンスター ON・OFFどちらの効果も戦闘に関係するため自爆特攻に使いやすい。 ただし《電幻機塊セルトパス》との兼ね合いは悪い。 ON:相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後、そのモンスターを除外 対象をとらない破壊以外の除去なので《百万喰らいのグラットン》のような扱いができます。 OFF:相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後、そのモンスターを破壊&元々の攻撃力分ダメージ こちらは単体でも使えるため、妨害されて展開が止まった場合でも使いやすい。 展開系デッキの例にもれず【機塊】も《原始生命態ニビル》には弱いのですが、後出しでこのカードを出せれば3000ダメージを与えられるので少しは安心して展開できますね。 このカードを含む自分のメインモンスターゾーンの「機塊」モンスター2体を選び、その位置を入れ替える。 このターン、そのもう1体のモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。 その攻撃を無効にする。 リンク状態で攻撃力が1000UPするモンスター 《充電機塊セルトパス》で最大3000までUPできるのでアタッカーになります。 ON:自分バトルフェイズ中にメインモンスターゾーンのこのカードと「機塊」モンスターの位置を入れ替えて2回攻撃を付与 ON・OFFの効果を切り替えつつ、戦闘をサポートできるため使いやすい。 同名カードを2体並べるだけでもATK3000の2回攻撃アタッカーが2体用意できます。 OFF:攻撃対象になった場合、1度だけ自身への攻撃を無効にできる 元々の攻撃力が0なので大ダメージを阻止できる効果は結構重要。 相手フィールドが空いているならば、《セルトパス》+このモンスター2体で一気にゲームエンドまでもっていくのがおすすめ。 「機塊」魔法・罠 《家電機塊世界エレクトリリカル・パレード》 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 自分の墓地から「機塊」モンスター1体を選んで手札に加える。 自分フィールドの「機塊」モンスター1体を選び、その位置を他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。 【機塊】のサーチ・サルベージ・モンスターの移動ができる全てが詰まったカード 1枚で2枚分以上のカード・アドバンテージがとれる文句なしのパワーなので3積み確定 発動時にフィールド魔法以外の「機塊」カードのサーチができるため、初動となる《コンセントロール》と《コピーポックル》の2枚を揃えやすくなります。 さらに 「機塊」リンクモンスターがリンク召喚された場合、墓地から「機塊」モンスターのサルベージも可能。 これにより飛躍的に展開が安定します。 比較的汎用性のあるフィールド魔法なので【Sin】や【地縛神】といったフィールド魔法を軸として戦うデッキの候補にもなれる素質があります。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。 墓地の「機塊」モンスター1体を蘇生できるカード フィールドを離れた場合、デッキボトムへ戻るため文字通り再利用できます。 発動制限がないため複数積んでも腐りにくいのが強み。 どちらかといえば蘇生できることよりもデッキに戻る方が重要になるのですが、単純に《セルトパス》を蘇生させてリンク4につなげるのもいいですね。 忘れがちですが、蘇生した「機塊」リンクモンスターはリンク召喚時のデメリットを持たないため、別の「機塊」リンクモンスターの素材にできます。 《機塊テスト》 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 そのモンスターのリンク先となる自分フィールドに、自分の墓地からリンク1の「機塊」リンクモンスターを可能な限り特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。 「機塊」リンクモンスターのリンク先に墓地のリンク1「機塊」モンスターを可能な限り特殊召喚できるカード 実質EXモンスターゾーンにいる《充電機セルトパス》専用の蘇生カード 1ターン目からこのカードの効果を最大に活かすのは少し難しいため、考えなしに3積みできるカードではありませんが1枚で2体蘇生は魅力的。 リンク召喚したターンのリンク1「機塊」をフィールドから離すには《星杯の守護竜アルマドゥーク》の融合素材にしてしまうのがおすすめ。 基本は2ターン目以降の消費を減らすカードとして採用するのがベターです。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。 サイバース族を代表する展開系カードの1枚 【機塊】では《サイバネット・マイニング》や《ワン・フォー・ワン》で捨てた「機塊」モンスターを蘇生し、連続リンク召喚につなげるために使います。 蘇生させた《電幻機塊コンセントロール》の効果は無効になりますが、《軽量機塊カッパスケール》を経由することですぐに解除できるので問題なし。 【機塊】と《ワンチャン!?》を共有できる《エフェクト・ヴェーラー》も採用しておけば《水晶機巧-ハリファイバー》やシンクロ召喚も絡められるので戦術の幅が広がります。 《リンク・バースト》 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 そのモンスターを破壊する。 その後、自分はデッキから1枚ドローする。 自分フィールドのリンクモンスター1体と相手モンスター1体を破壊し、1ドローできるカード 「機塊」リンクモンスターは破壊対象にしやすく、除去&ドローしながらリンク先を開けたり、《充電機塊セルトパス》のドロー効果も活かせます。 あまり使われないカードなので知らない人も多いと思いますが、 効果処理時に1体がフィールドを離れたり、破壊耐性を持っていたりしても、残りのモンスター破壊とドローは問題なく処理されます。 つまり、こちらから《遮断機塊ブレイカーバンクル》で破壊を身代わりにしてもOK。 対象をとる破壊&ドローというありきたりなカードという評価もできますが、こちらの損失はほぼ0にできるので【機塊】では割と採用しやすいドローソースともいえます。

次の