さよなら 安倍 総理。 #さよなら安部総理 X 安倍総理

茂木健一郎 公式ブログ

さよなら 安倍 総理

女優の小泉今日子(54)が25日、ツイッターを更新。 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言中に、東京高検の黒川弘務・検事長(63)が新聞記者と賭けマージャンをした問題に言及した。 小泉は、黒川氏の処分について、法務省は国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたものの、官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったことを報じた共同通信社のネット記事を自身が代表取締役を務める制作会社「株式会社明後日」の公式ツイッターに貼付。 その上で「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。 政治家だって人間だもの」とコメント。 続けて「#さよなら安倍総理」などとネット上で拡散しているハッシュタグをツイートした。 あと、検察官とマスコミの癒着についてはスルーですか?国家公務員が接待を受けるのは国家公務員倫理規定違反だと思いますが。 検察からマスコミに「政府が人事に関与しすぎるから世論形成してくれ」と頼まれ、それに乗っかったと思われても仕方がないという事態なんですけど、それには怒らないんですか?仮に私が本当に政治を変えようと活動していたなら、今回のマスコミと検察官の癒着には腹が立って仕方がないと思いますよ。 小泉今日子ごとき芸能人は安倍批判は出きるが、マスゴミ批判は出来ません。 マスゴミを敵に回してしまっちゃ人気商売は出来ないからねww今回わかった事は、小泉今日子は日本のあり方を心配して発言したのではなく、安倍批判をしたかっただけって事。 政治家が権力と繋がるのが嫌なら選挙で落とせば良い。 しかし、マスゴミが権力と繋がれば誰も止める事は出来ない。 殺人事件で相手の心情を考えず実名報道するくせに、マージャンしてた自社の記者の実名は報道しないスタンスのマスゴミ。 小泉今日子の発言なんて所詮こんなもん。 安倍批判して悦に入ってるだけで、本質を理解していないから叩かれる事に気づかない思考。 小泉今日子の周囲の人間もたかが知れてるんだろうな。

次の

小泉今日子「#さよなら安倍総理」ツイートに賛否。ネットに衝撃(MAG2 NEWS)

さよなら 安倍 総理

ツイッターでは、「#さよなら安倍総理」のタグ付き投稿が40万件を超える(24日夜7時時点)ネットデモも巻き起こっている。 そんな中、安倍政権の「過去の閣議決定」がさらなる決定打となりそうだ。 問題の閣議決定は、第1次安倍政権時のものだ。 2006年12月8日付で、鈴木宗男衆院議員(新党大地=当時)が賭けマージャンを含む賭博の定義などについて、内閣に質問主意書を提出。 週刊誌の投書欄に、外務省内部で違法賭博が行われていることを示唆する記述があったことを受け、〈(省内で)賭け麻雀を行ったという事例があるか〉とただし、「賭博」の定義や〈賭け麻雀は賭博に該当するか〉などと質問している。 安倍内閣は同19日付で回答。 省内で賭けマージャンが行われていたか否かは〈確認できなかった〉としたものの、賭博の定義については〈偶然の事実によって財物の得喪を争うこと〉と刑法の記述を提示。 賭けマージャンについては、〈財物を賭けて麻雀【中略】を行い、その得喪を争うときは、刑法の賭博罪が成立し得るものと考えられる〉と、ハッキリと「賭博に該当」との見解を示している。 質問主意書に対する内閣の答弁書は、各府省などで案文を作成し、内閣法制局の審査を経て閣議決定された見解を、質問者が所属する議院議長に示すものと規定されている。 つまり、安倍内閣は「賭けマージャンは賭博罪」と、金額に関係なく違法であることを閣議決定していたわけだ。 ところが、22日の衆院法務委で、法務省の川原隆司刑事局長は、黒川氏が参加した賭けマージャンのレートについて、1000点当たり100円の「点ピン」だったと示した上で「必ずしも高額とは言えない」と、悪質性を打ち消す答弁を展開。 懲戒処分もせず退職金を満額払う。 過去の政府見解と矛盾するのは明らかだ。 こんなデタラメだからだろう。 SNSでは「堂々と賭けマージャンしよう」という呼びかけが広がっている。 ツイッターでは、「【祝レート麻雀解禁!】検察庁前テンピン麻雀大会」と題し、参加者を募集する人まで現れた。 「1000点100円=黒川レート」なんて言葉も出現している。 皮肉を込めたイタズラかもしれないが、参加者に「政府は黒川レートならOKなんでしょ」と反論されたら、捜査機関はどうするのか。 「法律自体は、宗男議員が質問した06年と現在で変わっていないのに答弁は正反対。 その矛盾を野党に質問されたらどう答えるのでしょうか。 この『一貫性のなさ』は今度こそ徹底的に追及されなければなりません」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学) 黒川問題はまだ終わっていない。 安倍首相は墓穴を掘った。 自ら「さよなら」を切り出す時だ> 以上「日刊ゲンダイ」より引用 「#さよなら安倍総理」がツイッターで拡散しているという。 彼ほど口から出任せで嘘を吐き続ける総理大臣はかつていなかっただろう。 厚顔無恥というよりも、恥の観念が完全に欠落しているようだ。 黒川氏に関し「賭けマージャンは賭博」と一次安倍自公政権で閣議決定していたことが明らかになった。 憲法も法律もすべて彼の下位にあって、彼お得意の「閣議決定」こそが日本の憲法であり法律だ、として来た。 しかしそうした無知の増長が墓穴を掘ったようだ。 引用記事によると「安倍内閣は「賭けマージャンは賭博罪」と、金額に関係なく違法であることを閣議決定していた」というではないか。 賭け金のレートが低いから「無罪」とはならない、と彼が「閣議」で決めていた。 自ら決めたことにも従わない、というのでは民主主義国家は成り立たない。 それは独裁国家でしかない。 この『一貫性のなさ』は今度こそ徹底的に追及されなければなりません」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)」とある。 まさにその通りだ。 安倍独裁政治をこれ以上許してはならない。 それは一貫性のなさ以上に政治を私物化し、日本を根底から破壊して外資や投機家たちにバラ売りする亡国政権だからだ。 「#さよなら安倍総理」を国民的な運動で大きな退陣要求の流れを作り出そうではないか。 日本の捜査機関という犯罪組織への徹底抗戦が、意外なところから火がつくかもしれない。 政治に関心を持ってる人は「悪法も法。 抵抗は選挙でしか駄目」と思ってるから、警察に絶対に従うけど、 ギャンブルをやってる人は「悪法も法なんて関係ない。 悪いことは悪い」と思って行動するし、 警察に殺されることを怖いと思っていない人が多いだろうから、 日本の捜査機関という犯罪組織と国民の徹底抗戦は、ギャンブルをやってる人達から火がつくかもしれない。 フランス革命やアラブの春のようなことが、ギャンブルをやってる人達が突破口となって起こるかもしれない。 「1000点100円=黒川レート」で賭けマージャンをやって警察官に取り押さえられた人が、 警察官に武力で徹底抗戦するのが当然の社会になったとき、 「警察に徹底抗戦する奴の方が悪い。 銃を持ってて殺す力を持ってる 警察官の方が正しい。 」 と言い切れるか? 黒川を無罪放免にした奴らよ、答えろよ! 6. : : [151] seijichishin 福島瑞穂党首、トレンドに乗っかり「 さよなら安倍総理」とハッシュタグをつけて安倍総理を批判するツイートをするも、「 さよなら福島瑞穂 」のカウンターをくらう seijichishin. 24 06:01 11. : : [367].

次の

小泉今日子「#さよなら安倍総理」黒川弘務氏の賭けマージャン問題に言及

さよなら 安倍 総理

毎日新聞の世論調査によれば、安倍政権の支持率が27%となったようです。 この政権はメディアコントロールに非常に長けていて、支持率を嵩上げしていたのか正確なことは分からないが、実感とはかなりの乖離があった。 今回の支持率急落は、ここまでのコロナ対策を評価すれば当然ではあるけれど、私の周りで自民党を支持する人などいないからそれでもまだ大幅に高いのではなかろうか。 アベノマスクも届かないし10万円の給付もいつになるか分からない。 こんな体たらくでは、コロナに罹って死ぬ前に飢えて死んでしまうと、みんな怒ってますよ。 これまで安倍政権7年間の政策や大規模災害対応は、掛け声だけは立派なことを言うが有効な仕事ができなかった。 今回のコロナ禍においても予想通りなにもできていない。 もういいでしょう。 当然、それに関わった官僚なども同罪です。 「桜を見る会」で安倍と安倍後援会幹部を弁護士ら662人が刑事告発。 サンデーモーニングで青木理さん。 こういう事件を潰すために息のかかった検事総長にしようとしたのではないかと思われてもしかたがない。 元検事総長に話を伺ったが、この事件も公文書改ざんも事件化できると思うと話された。 — あらかわ kazu10233147 ツイッターの力が無視できないレベルなってきました。 SNSは他にもあるが、世の中を動かすにはツイッターでなくてはだめだ。 おいおいすごいよ! さっきトレンド28位まで下がってもう圏外かと思ったら、また8位に浮上してる。 ツイート数は怒涛の200,000オーバー! これは滞空時間の長いホームランだね👍 — 君に届け! 滑稽新聞 空気を変える akasakaromantei 安倍政権の無能と悪徳ぶりは目に余る。 速やかに総辞職を! 休業補償も 現金給付も 消費税減税も PCR検査も 何もしたくないのに 休校や営業や外出の自粛要請を 世論を利用して強制する しかも、コロナ禍に隠れ 司法支配が出来る検察庁法改正 農家潰しの種苗法改正 監視社会が実現出来る スーパーシティ法案を…… — 前田弘幸 fxi9ttSrGrL5Hnx 政治への信頼を ここまで失墜させた総理は 他にいませんでした。 ここまで国家を私物化した総理は、 他にいませんでした。 話す言葉はウソばかり ウソの合間にウソをつく だから、 「ウソつきは安倍晋三の始まり」 まったくその通り、許さない! 政治への信頼を ここまで失墜させた総理は 他にいませんでした。 ここまで国家を私物化した総理は、 他にいませんでした。

次の