パウンド ケーキ。 栗原はるみのパウンドケーキ

基本のパウンドケーキ

パウンド ケーキ

パウンドケーキ、どうやって焼いていますか? オーソドックスで一般的に作られているのは、クリーム状にしたバターに砂糖、全卵、薄力粉を順に混ぜていくシュガーバッター共立て法だと思います。 パウンドケーキにはいろいろ焼き方があるのですが、焼き上がりはどう変わるのでしょうか。 今回は、シュガーバッター共立て法・シュガーバッター別立て法・ジェノワーズ法の3種類の手法を比較します。 材料・下準備 同じ材料・分量・型でプレーンパウンドケーキを焼いて比較。 無塩バター…100g• 卵 Mサイズ …2個 100g• 細目グラニュー糖…100g• 薄力粉…100g• おすすめのアイテムはこちら 下準備• 卵、バターは室温にもどしておく。 *ジェノワーズ法はバターを溶かしておく。• 型にオーブンペーパーを敷く。 シュガーバッター共立て法 クリーム状にしたバターに砂糖を加え、ほぐした全卵を少しずつ加え混ぜ、最後に粉を加える手法です。 作り方• ボウルにバターを入れ、ゴムベラでよくかき混ぜてクリーム状にする。 白っぽくなるまでハンドミキサーで泡立てる。 グラニュー糖を3回に分けて加え、その都度ハンドミキサーでふわっとなるまでしっかり泡立てる。 泡立ちが足りないと、あとで分離しやすくなる。 卵を大さじ1ずつ加え、分離しないように気をつけながらハンドミキサーで泡立てる。 粉類を入れてゴムベラでさっくりと混ぜる。 生地が均一になり、ツヤがでるまで混ぜ合わせる。 型に入れて平らにならし、10cmくらいの高さから落として空気を抜く。 バターに卵を混ぜ合わせるときに分離しやすいのが難点ですが、そこさえうまくいけばおいしいパウンドケーキができます。 分離させずに作るコツは「」に詳しく書いていますので、参考にしてみてください。 シュガーバッター別立て法 クリーム状にしたバターに砂糖の半量、卵黄を加え混ぜ、残りの半量の砂糖を加えた卵白で作ったメレンゲと粉を交互に加える手法です。 作り方• ボウルにバターを入れ、ゴムベラでよくかき混ぜてクリーム状にする。 白っぽくなるまでハンドミキサーで泡立てる。 グラニュー糖を加えて、ハンドミキサーでふわっとなるまでしっかり泡立てる。 卵黄を1個ずつ加えて、なめらかになるまでよく混ぜ合わせる。 別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を3回に分けて加えて、しっかりとしたメレンゲを作る。 薄力粉を半量ふるい入れてゴムベラでさっくりと混ぜる。 残りのメレンゲの半量を加えて混ぜ合わせる。 残りの薄力粉を加えて混ぜ、メレンゲを全て加えて生地がなめらかになりツヤがでるまで混ぜる。 型に入れて平らにならし、10cmくらいの高さから落として空気を抜く。 卵黄と卵白を分けるので分離の心配がなく、失敗のしにくい手法です。 ただ、メレンゲの出来や混ぜ方によって仕上がりに差がでます。 ジェノワーズ法 卵と砂糖を泡立ててから、小麦粉を加え、最後に溶かしバターを加える手法です。 ジェノワーズを作る手順と同じなのでジェノワーズ法と呼ばれています。 作り方• キメが細かくなり、生地が折り重なるくらいの固さになるまでしっかりと泡立てる。 薄力粉を半量ずつふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜる。 溶かしバターを3回に分けて加える。 ゴムベラで底からしっかりかき混ぜる。 型に入れて平らにならし、10cmくらいの高さから落として空気を抜く。 バターや卵を室温に戻したりするなどの下準備の必要もなく、手軽に作れます。 ただ、卵の泡立ての見極めや、溶かしバターの混ぜ方にコツが必要です。 バターの混ぜが足りないと、生地のところどころに混ざりきらなかったバターが出てきてしまいます。 3種類のパウンドケーキを比較。 見た目や味に違いはある? 見た目 シュガーバッター共立て法 ベーキングパウダーを入れているため、安定した高さが出ます。 断面には気泡が見えますが、全体にきれいに膨らんでいます。 シュガーバッター別立て法 あまり高さが出ていませんが、私のメレンゲの作り方や混ぜ方が影響しているのかもしれません。 作り手によって差が出てきてしまうところかと思います。 断面は共立て法よりも、少しキュッとしまった感じがします。 ジェノワーズ法 一番高さが出ています。 断面には他の二つのように気泡がなく、キメが細かい生地です。 味 シュガーバッター共立て法 しっとりどっしり。 バターの香りや甘さを一番感じます。 パウンドケーキらしい食べ慣れた味。 口に入れると、ほろりと崩れる食感。 シュガーバッター別立て法 しっとりしているけど軽く、ほんのりとした甘さ。 共立て法よりも口に入れたときに崩れない。 なめらかな食感。 ジェノワーズ法 ふんわりと軽いのですが、しっとり感はあまりないです。 卵の味を感じ、カステラのような感じ。 自分好みのパウンドケーキを作ろう 同じ材料、同じ分量で作っても、作り方を変えるとこんなにも見た目や味が変わることにびっくりしました。 そして、ジェノワーズ法の特徴としてキメの細かさがあります。 ベーキングパウダーはガスを発生させて膨らむので、せっかく卵をキメ細かに泡立てたのにベーキングパウダーを入れてはもったいないかな、という気もします。 また、ベーキングパウダーありとなしでは食感も多少かわってくるかと思います。 ただ、入れてはいけないということもありません。 卵の泡立てが不十分で思うように膨らまないかもという心配がある場合はベーキングパウダーを少量入れてもいいかもしれません。 5gくらいがいいと思います) 最初はベーキングパウダーを入れて作ってみて、慣れてきたら卵の力だけで作ってみてはいかがでしょうか。 パウンドケーキがおいしく焼けると良いですね! YOKO様 コメントありがとうございます! 生のフルーツを入れて焼くパウンドケーキは確かに失敗しやすいですよね。 どうしてもフルーツから水分が出てきてしまうので生焼けっぽいような食感になってしまうこともあると思います。 考えられる解決法としては ・フルーツの量をあまり入れすぎない ・生地に練り込まずに表面に並べて焼いてみる ・粉の割合を通常のパウンドケーキより多くする ・焼き時間は通常のパウンドケーキよりも長めにとる などがあるかと思います。 また、レシピを参考にしているのでしたら配合に問題はないかと思いますので、焼き時間をレシピよりも長めに取ってみてください。 各オーブンによってクセがあるのでレシピ作成者のオーブンよりもYOKO様のオーブンの温度が低かったりするのかもしれません。 竹串をさしてみて生地がつかなくなるまで焼いてみてください。 また、パウンド型や丸型よりも火の通りやすいマフィンで生のフルーツ入りを挑戦してみるのも良いかもしれません。 再チャレンジ成功することを願ってます!.

次の

パウンドケーキのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

パウンド ケーキ

パウンドケーキを手作りしたり買ってきた場合は、基本的に常温で保存するのがおすすめです。 パウンドケーキは、 他のスイーツと比較してバターや砂糖が多く使われています。 そのため傷みにくく、日持ちするのが特徴です。 特に日当たりが良い場所はおすすめできないので注意して下さい。 ただし、バナナやリンゴなど水分を多く含む材料を使ったパウンドケーキは、プレーンほど日持ちしないので気を付けましょう。 砂糖やバターを少なくしたパウンドケーキも傷みやすいです。 ブランデーやラム、日本酒を使うと逆に長持ちします。 手作りの場合は、生地の中に含ませたり、焼いたあとに表面に塗ると良いでしょう。 味が染みていっそう美味しくなります。 市販のパウンドケーキで既にカットして個別包装されているものは、そのままで良いでしょう。 そうでない場合は、 スライスしてラップでピッタリと包んでください。 乾燥剤もそのまま使いましょう。 手作りの場合は、焼いたあとすぐに型から外して粗熱を取ります。 その後ラップで包みますが、しっとり感を残したい場合は熱いうちにラップをして蒸気を閉じ込めるのがコツです。 理想はカットせずに保存することです。 その方が乾燥しにくくてしっとり感が残るのでおすすめです。 食べやすくカットする場合は、 1枚ずつラップをしてその上からアルミホイルで包むと匂い移りも防げて保存状態が良くなります。 市販品でも手作りでも 必ず密閉容器に入れてください。 焼いたあと、型から外さないで放置しておくと、型に残った水分がカビの原因になるのでおすすめしません。 パウンドケーキの保存は、乾燥させないことが大きなテーマになります。 空気を遮断するために密閉することがとても大切と認識しましょう。 また、何度もカットして食べていると、包丁で切ったところや指が触れた場所が傷みやすくなります。 特に暖かい季節に常温保存する場合は注意しましょう。 冒頭でも触れましたが、パウンドケーキは比較的バターと砂糖を多く使用するため傷みにくい特徴があります。 そのため、 少しくらいであれば賞味期限を過ぎたパウンドケーキを食べても問題がないといえそうです。 パウンドケーキの語源は、重さの単位のポンドに由来します。 フランスの一般家庭で作られたのが始まりです。 パウンドケーキの材料は、小麦粉、卵、バター、砂糖という非常にシンプルなものです。 このすべての材料をそれぞれ「1ポンドずつ」使って作ることから、パウンドケーキと呼ばれるようになりました。 1ポンドは約450gですから、それだけのバターと砂糖を使うとなると、かなり甘くてコクも出ます。 もちろんたとえ話なので、必ずしもこの配合で作るわけではありませんが、それくらいバターと砂糖の含有量が多いということです。 手軽さと日持ちすることが好まれて、世界的な広がりを見せたといって良いでしょう。 特に子供が多い家庭なら、多めに作っておいておやつに出すと楽ですし、食べなければ冷凍保存もできます。 これらの背景から、パウンドケーキは、賞味期限が過ぎてもすぐには処分せず、そのまま食べる人が少なくありません。 パウンドケーキを食べればわかりますが、時間が経っても明らかに味が落ちるというものではありません。 なかには数カ月経過したものを食べたという人もいます。 ただし、これには、常温で未開封、密閉状態で保存していることが大前提になります。 高温多湿だったり、密封されていない場合は危険ですし、カビが生えたり、糸を引いていたり、酸っぱい異臭がしたら直ちに処分しましょう。 市販のパウンドケーキには、一般的に賞味期限が設けられています。 賞味期限の定義は、美味しく食べられる期限です。 通常、パウンドケーキに代表される焼き菓子など、長期間日持ちする商品に使われます。 一方、似た言葉に消費期限があります。 これは、比較的短期間で食べられなくなるものに使われ、期限を過ぎたら食べない方が良いとされるものです。 パウンドケーキの袋に記載されている賞味期限が過ぎたからといって、すぐに捨てなければならないものではないのです。 ちなみに、手作りの場合、薄力粉やドライフルーツなど材料の賞味期限を大幅に過ぎたものを使っているケースも少なくないようです。 そしてその感想の多くは、とても美味しかった、というものです。 もちろん、賞味期限は守るのが前提です。 それを超えたパウンドケーキを食べることは推奨はできません。 もし食べるとしたら自己責任ですし、くれぐれも常温、未開封、密封状態で保存してあることを確認してください。

次の

パウンドケーキの保存方法と保存期間!しっとり美味しく保つには?

パウンド ケーキ

パウンドケーキを手作りしたり買ってきた場合は、基本的に常温で保存するのがおすすめです。 パウンドケーキは、 他のスイーツと比較してバターや砂糖が多く使われています。 そのため傷みにくく、日持ちするのが特徴です。 特に日当たりが良い場所はおすすめできないので注意して下さい。 ただし、バナナやリンゴなど水分を多く含む材料を使ったパウンドケーキは、プレーンほど日持ちしないので気を付けましょう。 砂糖やバターを少なくしたパウンドケーキも傷みやすいです。 ブランデーやラム、日本酒を使うと逆に長持ちします。 手作りの場合は、生地の中に含ませたり、焼いたあとに表面に塗ると良いでしょう。 味が染みていっそう美味しくなります。 市販のパウンドケーキで既にカットして個別包装されているものは、そのままで良いでしょう。 そうでない場合は、 スライスしてラップでピッタリと包んでください。 乾燥剤もそのまま使いましょう。 手作りの場合は、焼いたあとすぐに型から外して粗熱を取ります。 その後ラップで包みますが、しっとり感を残したい場合は熱いうちにラップをして蒸気を閉じ込めるのがコツです。 理想はカットせずに保存することです。 その方が乾燥しにくくてしっとり感が残るのでおすすめです。 食べやすくカットする場合は、 1枚ずつラップをしてその上からアルミホイルで包むと匂い移りも防げて保存状態が良くなります。 市販品でも手作りでも 必ず密閉容器に入れてください。 焼いたあと、型から外さないで放置しておくと、型に残った水分がカビの原因になるのでおすすめしません。 パウンドケーキの保存は、乾燥させないことが大きなテーマになります。 空気を遮断するために密閉することがとても大切と認識しましょう。 また、何度もカットして食べていると、包丁で切ったところや指が触れた場所が傷みやすくなります。 特に暖かい季節に常温保存する場合は注意しましょう。 冒頭でも触れましたが、パウンドケーキは比較的バターと砂糖を多く使用するため傷みにくい特徴があります。 そのため、 少しくらいであれば賞味期限を過ぎたパウンドケーキを食べても問題がないといえそうです。 パウンドケーキの語源は、重さの単位のポンドに由来します。 フランスの一般家庭で作られたのが始まりです。 パウンドケーキの材料は、小麦粉、卵、バター、砂糖という非常にシンプルなものです。 このすべての材料をそれぞれ「1ポンドずつ」使って作ることから、パウンドケーキと呼ばれるようになりました。 1ポンドは約450gですから、それだけのバターと砂糖を使うとなると、かなり甘くてコクも出ます。 もちろんたとえ話なので、必ずしもこの配合で作るわけではありませんが、それくらいバターと砂糖の含有量が多いということです。 手軽さと日持ちすることが好まれて、世界的な広がりを見せたといって良いでしょう。 特に子供が多い家庭なら、多めに作っておいておやつに出すと楽ですし、食べなければ冷凍保存もできます。 これらの背景から、パウンドケーキは、賞味期限が過ぎてもすぐには処分せず、そのまま食べる人が少なくありません。 パウンドケーキを食べればわかりますが、時間が経っても明らかに味が落ちるというものではありません。 なかには数カ月経過したものを食べたという人もいます。 ただし、これには、常温で未開封、密閉状態で保存していることが大前提になります。 高温多湿だったり、密封されていない場合は危険ですし、カビが生えたり、糸を引いていたり、酸っぱい異臭がしたら直ちに処分しましょう。 市販のパウンドケーキには、一般的に賞味期限が設けられています。 賞味期限の定義は、美味しく食べられる期限です。 通常、パウンドケーキに代表される焼き菓子など、長期間日持ちする商品に使われます。 一方、似た言葉に消費期限があります。 これは、比較的短期間で食べられなくなるものに使われ、期限を過ぎたら食べない方が良いとされるものです。 パウンドケーキの袋に記載されている賞味期限が過ぎたからといって、すぐに捨てなければならないものではないのです。 ちなみに、手作りの場合、薄力粉やドライフルーツなど材料の賞味期限を大幅に過ぎたものを使っているケースも少なくないようです。 そしてその感想の多くは、とても美味しかった、というものです。 もちろん、賞味期限は守るのが前提です。 それを超えたパウンドケーキを食べることは推奨はできません。 もし食べるとしたら自己責任ですし、くれぐれも常温、未開封、密封状態で保存してあることを確認してください。

次の