テリーのワンダーランド 配合 植物系。 【GB/3DS/スマホ レトロ対応】ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド攻略 ゲーム完全限界攻略

配合表・とり系〜ドラゴンクエストモンスターズ・テリーのワンダーランド攻略サイト新生スペクタルコロニー〜

テリーのワンダーランド 配合 植物系

ゴールデンゴーレム その配合の容易さと恵まれた能力値で、通常プレイでは魔王系を過去にした、パーフェクトゴーレム。 初出現のドラクエ5では、ゴールド稼ぎでお世話になったプレーヤーも多いのではないだろうか? 本作では、他国マスター出現の仕組みや、レベル合計値での出現モンスターテーブルを知っておけば、簡単に配合相手を揃えられるので、序盤からの作成も可能。 序盤から終盤まで、パーティーのエースとして活躍してくれて、配合を繰り返していけば、簡単に能力がカンストする。 ゴールデンゴーレムの良さは、系統最高位クラスのモンスターにもかかわらず、レベルアップが致命的に遅いわけではない点。 鳥系などの早熟モンスターと比べると見劣りしてしまうが、それでも十分に序盤から機能させられる、成長速度だ。 配合方法は、他国マスターから奪った溶岩魔人と氷河魔人を組み合わせるのが一般的だが、1体目に限り、氷河魔人はお見合いで調達するという方法もある。 ロック鳥 鳥系のレアモンスターだが、配合方法さえ知ってしまえば、材料の調達も容易なので簡単に作れてしまう。 HPが凄まじいスピードで成長し、パーティーの壁役と回復役を同時にこなしてくれる。 序盤は、攻撃力のみ成長が鈍いが、後半で巻き返しを見せて、最終的にはそれなりの数値になる。 配合方法は、メダルおじさんのサンダーバードに、序盤ボスで仲間になるゴーレム。 もしくは、配合が容易で比較的強いヘルコンドルに、ゴーレムを掛け合わせる方法がおすすめ。 ヘルコンドル経由なら、ベホマラー+グランドクロスを覚え、攻守共に隙のないモンスターに。 ヘルコンドルの配合に必要なネジまき鳥を作成の際には、さまよう鎧や呪いのランプを意識的に経由させると、さらに研ぎ澄まされる。 ちなみに、スカイドラゴンは神龍の素材として貴重なモンスター。 また、13枚以上渡して初プレゼントが済んだ後に、近くのメタルスライムと会話すると旅の扉を開放してくれる。 13枚で貰えるサンダーバードは、序盤で手に入れることができれば、非常に強力なモンスター。 能力値が高く、成長が早いので、かなりの活躍を見込めるだろう。 【13枚】サンダーバードのタマゴ 【18枚】パオームのタマゴ 【25枚】デンタザウルスのタマゴ 【30枚】はぐれメタルのタマゴ 図書室の書庫への道は、司書さんが塞いでいるが、モンスターを100種類以上仲間にしていると通してくれる。 Fクラスに勝利すると今まで口をきいてくれなかった王妃が話してくれるようになる。 珍しいモンスターを見せてほしいと頼まれ、王妃のお題に応える度にアイテムを貰える。 後半のハードルが異常に高い割には、パッとしないアイテムばかりがプレゼントになっている。 謎の闘技場で出現するモンスターは、味方のレベル合計に応じて決定し、肉を使うことでモンスターを勧誘することも可能。 ちなみに、味方のレベルに応じて相手モンスターが決定するので、謎の闘技場を利用し続ければ、いずれレベルカンストを目指せる。 謎の闘技場で出現するモンスターは、他国マスターが使用するモンスターのラインナップと似ているが、微妙に違う点があり、最高クラスでもメタルキングが出現せずに、はぐれメタル止まり。 また、謎の闘技場は、3戦勝ち抜く毎に賞品が貰え、もう1度挑戦するかどうかを選べる。 「はい」を選び続けることでアイテム欄が埋まるまで挑戦でき、前半戦の賞品は肉や杖など戦闘中に消費できるアイテムが主体のため手に入れるたびに消費で延々と続けられるが、後半戦の賞品は本が主体のため、いずれはアイテム欄が一杯になってしまう。 その後も何度でも闘うことができるので覚えておこう。 いっきにモンスター収集が加速できるので有効に活用したい。 また、同じく売り出されたばかりの銀の竪琴もレベル上げの際に役立つ。 クリア後すぐに防衛可能だが、モンスターが育っていない場合は、まず勝てない。 また、倒しても再度挑戦することができる。 モンスター配合表 各種族の基本配合 相手(横) ベース(縦) スライム ドラゴン 獣 鳥 植物 虫 悪魔 ゾンビ 物質 スライム ドラゴスライム ぶちスライム はねスライム スライムツリー スライムつむり スライムナイト バブルスライム ボックススライム ドラゴン ドラゴンキッズ ガメゴン プテラノドン フーセンドラゴン フェアリードラゴン リザードマン ポイズンリザード ソードドラゴン 獣 ベロゴン アルミラージ キャットフライ ファーラット ミノーン グリズリー スカルガルー かまいたち 鳥 ピッキー キメラ あばれうしどり はなカワセミ ダックカイト デッドペッカー デスフラッター ミストウイング 植物 マッドプラント かりゅうそう はなまどう ふゆうじゅ サボテンボール ガップリン マタンゴ コハクそう 虫 おおなめくじ キャタピラー せみもぐら じんめんちょう とうちゅうかそう おおみみず リップス はさみくわがた 悪魔 ピクシー メドーサボール グレムリン ベビーサタン ダークアイ おおめだま スカルライダー ヘルビースト ゾンビ ゴースト エビルスピリッツ アニマルゾンビ やたがらす マミー ダーククラブ しりょうのきし シャドー 物質 おどるほうせき エビルワンド おばけキャンドル ネジまきどり トーテムキラー とげぼうず あくまのカガミ さまようよろい.

次の

ドラゴンクエストテリーのワンダーランドの質問です!!各種族の最強を教えてく...

テリーのワンダーランド 配合 植物系

・スライム系>> ・ドラゴン系>> ・獣系>> ・鳥系>> ・虫系>> ・植物系>> ・悪魔系>> ・ゾンビ系>> ・物質系>> ・序盤におすすめのモンスター>> ・一日でレベルカンスト>> ・弱モンスターでもクリアできる>> メインシナリオ攻略はこちら こちらではメインシナリオを攻略記事を紹介しています。 ・全扉の攻略はこちら>> ・テリワンに飽きたら>> 特技や道具など各種データはこちら ・ ・ ・ ・??? 系(魔王)モンスターの配合レシピ この章では??? 系モンスターの配合レシピを紹介しました。 他に覚える特技も解説。 とはいえ、ドラクエモンスターズは配合を繰り返せば弱いモンスターであっても強化することが可能なので一つの目安だと思って頂ければ幸いです。 系(魔王)??? 系モンスターの特徴は配合でしか作成できない、状態異常耐性が非常に高いといった特徴がある。 さらにレベルアップに必要な経験値が大量に必要で育てるのに一苦労する。 物語中に作成できてもレベルが上がらず足手まといになることも。 基本的に配合で作成するしかないのだが他系統の上位モンスターが必要なことが多く、それらのモンスターも配合でしか手に入れられないことが多い。 なので??? 系を手に入れるのに一苦労するはずだ。 しかし、パラメーターの伸びは最強クラス。 成長させれば他系統のモンスターを凌駕する能力値になるぞ。 モンスター図鑑を埋めるためにも、本記事を参考に頑張って作成しよう。 「野望の扉」のBossとして登場。 神官のような格好をしているが本当の正体は竜。 配合は??? 系中最も簡単でストーリー攻略中に作れなくもない。 見た目の通りMPの伸びが良く、成長させれば第一線で活躍できるぞ。 系の中でも下位クラスであるのか、耐性は多少弱いほう。 作成する際は「誘いの扉」と「裁きの扉」のBoss「まおうのつかい」を捕まえて素材にしたい。 特技は貧弱なので、ガチで使用するなら強力な特技を継承しているモンスターを配合して作ろう。 ちなみにパラメーターをカンストしたりゅうおうでドラゴラムを使うと、逆に弱体化するのをお忘れなく。 見た目が凶悪な竜へと変貌する。 野望の扉で出現するりゅうおうはドラゴラムでこちらの姿に変身する。 その際はドラゴラムなので配合で作成したりゅうおう(竜型)とは別使用。 ドラゴラムでの変身なので「いてつくはどう」をかけると元の姿に戻ってしまう姿はまさにネタ。 仲間として使用すると、元が強力なしんりゅうと配合して作るので人型のりゅうおうよりも強い。 しんりゅうから「ビッグバン」や「めいそう」などの強力な特技を引き継ぎたいところ。 配合を繰り返せばメインパーティーとして大活躍するぞ。 こいつもりゅうおうの様な神官の姿をしている。 見た目の通り攻撃呪文が得意。 MPや賢さの伸びが良くベギラゴンやイオナズンといった強力な呪文を扱う。 敵として登場した時は破壊の扉のBoss。 「バズウしょうかん」を使い自身の「イオナズン」とバズウの「ジゴスパーク」での波状攻撃でプレイヤーを苦しめる。 配合で作る際は親にメタルキングを使用するので、「ギガデイン」と「ジゴスパーク」をも扱えるようになる。 さらにワイトキングからは「バギクロス」を引き継ぐので、後は「メラゾーマ」と「マヒャド」を他のモンスターから引き継げば「マダンテ」すら覚えさせることができるぞ。 メタルキングを配合するのでHPが低くなる点には注意しておくこと。 破壊神シドー。 破壊神と言うだけありやたら強い。 ゲーム内ではハーゴンを倒した後にもう一度破壊の扉の最深部に行くと戦える。 配合では「ジャミラス」と「ローズバトラー」といった最強クラスのモンスターが必要となる。 特にローズバトラーは作成に??? 系を使用しなければいけないので非常に手間がかかるモンスター。 ジャミラス作成も「アクバー」と「にじくじゃく」が必要で本当に遠回りしてから作らなければならない。 親を用意するまで何度も配合を繰り返すことになるので、シドーを作った時にはかなりの強さになるぞ。 覚える技も「しゃくねつ」「かがやくいき」と強力なものが多く、アクバーからイオナズンを引き継げば「ビッグバン」を自力で思いつくことも可能。 さらにアクバーから「せいしんとういつ」ジャミラスから「ばくれつけん」を引き継げるので、普通のモンスターじゃ生きていられない脅威の8連攻撃も可能。 せいしんとういつを使い、1ターンで4回攻撃のばくれつけんを2発放つコンボ。 計8回攻撃となり、さらにバイキルトで威力を2倍にできるのでテリワン最強の攻撃方法。 自身は魔王だが大魔王ゾーマの配下。 ハーゴンの親であるメタルキングの特技と被っている物が多いのが難点。 とはいえ「やまたのおろち」からばくれつけんを引き継げるのはでかい。 MPの伸びが良いが他のパラメーターは普通といった感じ。 強いバラモスが欲しいならハーゴンとやまたのおろちのレベルを上げてから配合しよう。 テリワンでは支配の扉のBossとして戦うぞ。 序盤はMPが良く伸び、後半はその他の能力がぐんぐん成長していく。 配合に??? 系を使用するうえ、シドー自体がかなり強いのでこれらの能力を引き継いだ強力なゾーマが産まれるぞ。 特技も「ビッグバン」や「ひかりのはどう」といった強力なものを覚える他、親から引き継げる「ジゴスパーク」「ばくれつけん」「せいしんとういつ」「マダンテ」「めいそう」など隙が一切ない。 まじで強いのでおすすめ。 魔族の長ピサロが進化の秘法で変身した姿。 テリワンでは根絶やしの扉のBossとして登場。 配合に「デュラン」と「しんりゅう」を使うので非常に手間のかかるモンスターだ。 というのも、デュランを作成するのにあたってスライム系最強の「ゴールデンスライム」を使用するから。 ゴールデンスライムには物質系最強に「ゴールデンゴーレム」を必要とするのでマジめんどい。 作るのは面倒だが面倒に見合った強さを持っているのも事実。 覚える特技も最強クラスの物が多く、さらに親から「ビッグバン」や「めいそう」を引き継げるので攻撃面は問題なし。 耐性も強く状態異常は完全にシャットアウト。 さらに続編のドラゴンクエスト5の隠しBossとしても登場。 本編のラスボスであるミルドラースを凌ぐ強さでプレイヤーを苦しめた。 テリワンでは眠りの扉のBossとして登場。 デスピサロの強化版といった感じで、覚える特技は全て肉弾戦用。 耐性も強く、能力値はバランス良く成長していくぞ。 特技の「さみだれぎり」「れんぞくこうげき」は忘れさせないようにしたい。 攻撃力がカンストしたらギガスラッシュよりも使い勝手が良くなるからだ。 エスタークからミルドラース、デスタムーアへと派生していくためにも重要なモンスター。 5本編のラスボスなのだが、隠しBossエスタークの圧倒的な存在感によりこいつがエスタークが5のラスボスだと思ったプレイヤーは多いはず。 ミルドラースは見た目通りの魔導士系。 覚える特技も攻撃呪文がメインとなる。 親にごりごりの肉弾系エスタークと鉄壁のゴールデンスライムを使用。 見た目は魔導士なのに「ばくれつけん」で敵を粉砕する姿の方が良く見る気がする。 エスタークから引き継いだ「さみだれぎり」は、低コストなうえに攻撃力がカンストするとギガデインに匹敵する威力になるので必ず引き継ぐこと。 テリワンの本編では登場しないので配合で作りださないとお目にかかれない。 なのに何故デンタザウルスといった雑魚と配合するとできあがるのか不明。 雑魚と配合するからか特技もぱっとしないものが揃っている。 デンタザウルスから引き継げる特技は「すてみ」「とっこう」「がんせきおとし」と微妙すぎるので、ミルドラースから使えるものを引き継ぐこと。 とはいえミルドラースよりは強くなっているのはたしか。 こいつが??? 系に入れてデュランやジャミラスが入れないのが謎。 確かに強いのだが麻痺が効いてしまうのが落とし穴。 素直にデスタムーア第3形態の素材になってもらおう。 ガチで使うのならばバラモスからイオナズンを引き継ぐこと。 簡単に「しゃくねつ」「かがやくいき」「イオナズン」が揃うので「ビッグバン」を思いつくことができる。 「ベホマ」「ザオリク」を覚えたユニコーンを配合した「ダークホーン」を配合すれば回復もいける。 テリワンではじいさんの扉のBossとして登場。 扉のBossとしては最強の強さを誇る。 特にビッグバンが強力で「ベホマズン」がないとあっという間にやられてしまう。 配合がミルドラースとゾーマなので嫌でも超強力なデスタムーアが産まれる。 少し育てればあっという間に全ステータスがカンストするぞ。 覚える特技は最強クラスのものしかない点もポイント。 配合にはデスタムーアと虫系最強の「さそりアーマー」を使用。 耐性はミルドラースよりも強力になっている。 ドラクエ6では肉弾戦を挑んでくるのだが、本作の最強技が「ばくれつけん」である今回も肉弾戦がベスト。 エスタークから大事に引き継いだ「ばくれつけん」をメインに使ってやろう。 ドラクエ6のラストでは顔と手が独立しており、Boss3体を相手にしている状態なので非常に強かった。 ここまでくると全耐性に強く隙がない。 配合も繰り返しているのでレベル1から強力なステータスになっている。 「せいしんとういつ」を覚えるので覚えていない人はここで「ばくれつけん」とセットにしてやろう。 こいつと希少生物の「わたぼう」を配合するとテリワン最強モンスター「ダークドレアム」が産まれる。 「ダークドレアム」を手に入れ図鑑をコンプリートさせるか、今までお世話になった「わたぼう」とさよならを告げるか悩みどころ…。 ドラゴンクエスト6でデスタムーアをボコボコにする隠しイベントがあり当時から強かったが、今回も強い。 強さの理由は全モンスター1位を誇る耐性の強さ。 攻撃力などのパラメーターはスライムでも頑張ればカンストするが、耐性はそうもいかない。 こいつは最初から全耐性に強く配合次第では全体性に対して完全耐性にすることもできる。 全体性に対して完全耐性にするためには、素で完全耐性を持ったモンスターと配合することで可能となる。 わたぼうを失う覚悟があれば作ってみて欲しい。 【おぼえる特技】 ひのいき つめたいいき デイン 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) デスタムーア(第3形態) わたぼう.

次の

タマゴ

テリーのワンダーランド 配合 植物系

もくじ• おすすめモンスターを解説。 ・覚える特技や出現場所まで網羅。 他系統の配合レシピ別記事にて紹介しています こちらでは他系統の配合レシピを紹介しています。 ・スライム系>> ・ドラゴン系>> ・獣系>> ・鳥系>> ・虫系>> ・悪魔系>> ・ゾンビ系>> ・物質系>> ・??? 系>> ・序盤におすすめ>> ・効率の良いレベル上げ>> ・弱モンスターでも勝てる>> メインストーリー攻略記事はこちらから メインストーリー攻略はこちらからどうぞ。 ・テリーの旅立ちはここから始まる>> ・テリワンに飽きたら>> 特技・道具など各種データはこちら ・ ・ 植物系モンスター配合レシピ紹介 ここでは植物系のモンスターを紹介していきます。 とはいえドラクエモンスターズは配合を繰り返して強化してあげればどんなモンスターでも強くすることができるので一つの目安として思って頂ければ幸いです。 さらに 状態異常に強そうに見えるが、意外とそうでもないので注意が必要だ。 成長のスピードは普通なので育てやすいが、呪文への耐性が脆いので育てる際は慎重に。 個人的にはもうちょっと耐性面を強化して欲しかった種族。 破壊の扉に植物系モンスターの大半が出現するので覚えておこう。 「ボエミ」で素早さを下げてくる。 ステータス低下系の呪文は強力ではあるが耐性を持っている敵には効かないのがネック。 逆のステータス上昇系呪文の方が状況を選ばない分有用か。 物語クリア後のダンジョンにしか出現しないが配合で序盤から作れる。 スライム系にこいつを配合すると「ホイミスライム」ができあがる。 何気に「ホイミスライム」は最初のBoss戦以降ダンジョンには登場しないので、配合でホイミスライムを失ったが育てたいと言う方はマッドプラントから作成しよう。 攻撃力は全然上がらないが素早さ、賢さ、MPの伸びが良い魔法使いタイプ。 呪文を引き継がせれば使えるかも。 敵として出てきた場合は「やけつくいき」で全体を麻痺にしてくるので厄介なモンスターだ。 覚える特技は毒を回復する「キアリー」や呪いを回復する「シャナク」など状態回復を得意とする。 呪いの回復手段は忘れがちなので「シャナク」を引き継がせ覚えておいても良いかもしれない。 こいつにを血統に「ネジまきどり」を配合し「キアリー」「キアリク」「キアラル」「シャナク」を揃えるとバッドステータスを全て回復する「ひかりのはどう」を思いつくので補助系特化型の「コハクそう」を生み出すことが可能。 ちなみに、植物系で唯一「ギラ」を覚えるモンスターでもある。 「ゾンビぎり」を悪魔系で「しんくうは」持ちの「デュラン」に継承できれば「グランドクロス」を思いつくことができるぞ。 このモンスターの利用価値はそんくらい。 成長が早く、守備力以外がまんべんなく育ってくれるので序盤に配合で作れば割と使える。 覚える特技も効く相手には非常に強力な「マヒこうげき」と悪くない。 しかし、中盤以降からは戦力としては段々厳しくなってくる。 「アンドレアル」は「やまたのおろち」や「りゅうおう」を作る材料として重要なモンスター。 アンドレアルを生み出すために「ガップリン」が必要になると言う訳。 図鑑を埋めるためには、最低でも4回くらいはアンドレアルを作る必要があるので、そのたびにガップリンを狩ることになるぞ。 ちなみに植物系で唯一「バギ」を覚えるモンスターでもある。 が、大半の人は「キングスライム」のいる真ん中の部屋を選んでいるはず。 マタンゴはたいして有用なモンスターではないので、図鑑登録用に配合で作ってしまおう。 中でも仲間の攻撃力を倍にする「バイキルト」は非常に強力な呪文。 さらに「はげしいほのお」など息系特技のダメージを減らす「フバーハ」。 攻撃呪文のダメージを減らすレアな特技「マジックバリア」などはパーティーの補助系担当に引き継がせたいところ。 序盤のBossにめっぽう効く「ラリホー」を覚える。 こいつ自体の素早さは同じ時期に仲間になるスライム系と比べるとかなり低いので「ラリホー」はスライム系に引き継がせたいところ。 特技は「グランドクロス」を思いつくために必要な「ゾンビぎり」を覚える。 敵に使われると厄介。 物語後半になるとMPが底をつきやすくなり、回復手段が他国マスターの神父といったプレイヤーは多いはず。 そんな時にMP回復を狙える「マホトラ」は何気に使えたりする。 敵として登場した場合「さそうおどり」から「しのおどり」を踊られると超危険。 植物系に「さそうおどり」を覚えさせたい時に便利。 さらに「みかわしきゃく」も覚えるので「ベホマ」の使える「ヘルボックル」あたりに引き継がせ全体回復の「ハッスルダンス」を思いつかせてやろう。 こいつに悪魔系モンスターを配合すると、配合でしか手に入らない「マンドラゴラ」が産まれるので覚えておこう。 「ダンスキャロット」から「みかわしきゃく」を継承し「ベホマ」と揃えて「ハッスルダンス」を覚えさせたい。 もちろん「さそうおどり」も引き継ぐこと。 こいつに「コハクそう」を配合すれば回復に補助と万能選手になる。 倒すと仲間になるタイプ。 先制で眠らせてしまえば怖くないBossだったりする。 手に入るBossモンスターの中でもかなり微妙な能力なので配合素材として使ってしまってOK。 こいつを牧場に預けておいても活躍することはほとんどないはずだ。 覚える特技もレアな特技が多いのが特徴。 特に敵全体の踊りを封じる「おどりふうじ」はこいつしか覚えないレアな特技。 さらに「せいしんとういつ」も覚えることができるのでぜひ「ローズバトラー」に引き継がせたい。 特に、仲間の攻撃力を倍にする強力な呪文「バイキルト」。 さらにダンジョンのマップを表示する「レミラーマ」は必ずメインで使用しているモンスターに覚えさせたい。 これさえあればアイテム欄を埋め尽くす「レミラーマそう」や「ルーラのつえ」を持ち運ばなくてよくなるぞ。 「マヒこうげき」は強力で使える技なので引き継がせたいが、そこまでする労力が必要なのか?と言ったらぶっちゃけ必要ないと思う。 が、マンイーターはクリア後のダンジョンに出現するのでこの配合で作ることはおそらく無いだろう。 図鑑登録用のモンスターかな…。 特技も有用なものが少ないので配合で強化する必要あり。 呪文への耐性が割と高めなのが救い。 戦力としても出現するタイミングが遅すぎたか、すでにパーティーには強いモンスターがいたりする…。 系と配合して「ローズバトラー」にしてやろう。 贅沢なことだが配合に??? 系モンスターを必要とし、作るのがかなり手間。 しかし、その手間分の強さを秘めている。 特技も強力なものが揃っていて、守備力と素早さを下げつつマヌーサの効果を与える「やみのはどう」。 成長させれば4連続攻撃の「ばくれつけん」になる「れんぞくこうげき」など。 ビーンファイターから「バイキルト」、マンドラゴラから「せいしんとういつ」を引き継がせれば1ターンに威力2倍の「ばくれつけん」を2回連続で繰り出す凶悪モンスターと化す。 【出現する扉】 なし 【おぼえる特技】 れんぞくこうげき やみのはどう やいばのぼうぎょ 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) しょくぶつけい??? 全ての扉をクリアしたら仲間になってあげると言う彼の言葉は本当で全扉クリア後に仲間になる。 その能力は??? 系に匹敵し、強耐性な上にぐんぐんとパラメーターが伸びていくぞ。 ゲーム中1匹しか手に入らないのがネックなうえ、最強のモンスター「ダークドレアム」の素材なので「ダークドレアム」を取るか「わたぼう」として残しておくか悩みどころ。 覚えている特技はレアなものではあるが、攻撃用としての性能はないので他のモンスターから継承させる必要がある。 ダークドレアムを作成したい時は「デスタムーア(第3形態)」を血統に「わたぼう」を配合してみよう。 【入手方法】 ・全ての扉をクリアしたあと、モンスター宿舎にいるわたぼうに話しかける。 【おぼえる特技】 パルプンテ くちぶえ まねまね 【配合レシピ】 血統(先に選ぶモンスター) 相方(後に選ぶモンスター) なし なし.

次の