即 パット 登録。 JRAへのお届け事項の変更手続きについて(住所変更等) 各種手続き 会員の皆様へ 電話・インターネット投票 JRA

PAT、即パット、IPATの加入者番号を忘れてしまった時の対応方法。

即 パット 登録

お客様の環境によっては、ネット投票フラッシュ画面全体を一度に表示できない場合や、ネット投票フラッシュ画面のローディング中に通信エラーが発生し、ご利用いただけない場合がございますのでご了承下さい。 JRAでは、会員の方に安心してネット投票をご利用いただくため、以下のセキュリティ体制を構築しています。 TLS暗号化技術の採用 ネット投票ではインターネットの高レベルの暗号化技術であるTLSを採用し、会員の方の重要な情報を保護します。 安全性の確保 ネット投票では第三者の「なりすまし」による不正利用を防ぐため、ログイン時に、加入者番号、暗証番号(パスワード)、P-ARS番号に加え、セキュリティコード(INET-ID)による認証方式を採用しております。 さらに、投票送信時に暗証番号を入力することにより、ログイン後の状態からも第三者の「なりすまし」を未然に防ぐよう配慮しております。 加入者番号等の管理 加入者番号、暗証番号(パスワード)、P-ARS番号、セキュリティコード(INET-ID)は会員の方を識別するための大切な番号ですので、他人に知られないように充分ご注意いただくとともに、不正アクセス等の未然防止の観点から、JRA以外の外部サイトへの保存はお控え下さい。 また、これらの情報を記載した書類等は大切に保管してください。 不正対応 誤った暗証番号が複数回入力された場合には、確認が取れるまで一旦電話投票の利用を停止します。 システム構成 ネット投票ではファイアウォールを設け、不正なアクセスを防いでいます。 また、主要機器は二重化等の対応により、万全なバックアップ体制を整備しています。 監視体制 ネットワークの状態を監視し、万が一、不測の事態が発生した場合でも即時に対応します。

次の

即PATの申込方法と使い方|馬券購入に使える銀行口座比較

即 パット 登録

2013年7月26日より、即PAT対応ネット銀行に、 住信SBIネット銀行が加わりました。 それに伴い、JRAのIPAT(A-PAT、即PAT)申込画面がリニューアル。 、住信SBIネット銀行を新規開設したので、 今回は、住信SBIネット銀行を利用して、 即PATの申し込み手続きを説明していきます。 なお、即PAT申し込みは、 中央競馬の馬券発売時間帯にしか申し込みが出来ないため、 金曜の18:30から同週の最終レース終了時刻までに済ませましょう。 『即PAT』の登録 JRAの。 メニューの「電話・インターネット投票」から 「即PAT」を選択 「即PATのお申し込みはこちらから」をクリック。 利用する銀行を選択します。 今回は住信SBIネット銀行を選びます。 規約を読んで「同意する」をクリック。 会員情報と登録口座情報を入力。 住信SBIネット銀行で設定した「ユーザーネーム」と 「WEBログインパスワード」を入力 口座振替規定を読んで「同意する」 契約者情報を確認して、 住信SBIネット銀行で設定した「WEB取引パスワード」を入力し「確定」 会員情報を入力していきます。 暗証番号はメモしておきましょう。 加入者情報に間違いが無ければ「お申込み」 これで即PATの申し込みは完了です。 加入者番号、P-ARS番号、INET-IDは 先ほどの暗証番号同様、メモするか、この画面を印刷して、 大切に保管しましょう。 『Club A-PAT』の登録 引き続き、『Club A-PAT』の登録が可能です。 『Club A-PAT』とはJRAから提供されるキャンペーンなどに 参加できるサービスですが、特に登録の必要はありませんし、 後日登録もできますので、必要になれば登録すればいいと思います。 規約を読んで「会員規約に同意して登録する」 Club A-PATコードを自由に入力します。 もちろんメモなどに残しておきましょう。 メールアドレスの入力。 メール配信は任意です。 特に必要はないかと思いますが、 キャンペーン情報などはメールで確認した方が早いので、 必要ならば「配信を希望する」にしておきましょう。 仮登録が完了しました。 登録したメールアドレスに上のようなメールが届きます。 メール本文内のURLをクリックすれば登録完了です。 関連記事•

次の

即PATの申込方法と使い方|馬券購入に使える銀行口座比較

即 パット 登録

お客様の環境によっては、ネット投票フラッシュ画面全体を一度に表示できない場合や、ネット投票フラッシュ画面のローディング中に通信エラーが発生し、ご利用いただけない場合がございますのでご了承下さい。 JRAでは、会員の方に安心してネット投票をご利用いただくため、以下のセキュリティ体制を構築しています。 TLS暗号化技術の採用 ネット投票ではインターネットの高レベルの暗号化技術であるTLSを採用し、会員の方の重要な情報を保護します。 安全性の確保 ネット投票では第三者の「なりすまし」による不正利用を防ぐため、ログイン時に、加入者番号、暗証番号(パスワード)、P-ARS番号に加え、セキュリティコード(INET-ID)による認証方式を採用しております。 さらに、投票送信時に暗証番号を入力することにより、ログイン後の状態からも第三者の「なりすまし」を未然に防ぐよう配慮しております。 加入者番号等の管理 加入者番号、暗証番号(パスワード)、P-ARS番号、セキュリティコード(INET-ID)は会員の方を識別するための大切な番号ですので、他人に知られないように充分ご注意いただくとともに、不正アクセス等の未然防止の観点から、JRA以外の外部サイトへの保存はお控え下さい。 また、これらの情報を記載した書類等は大切に保管してください。 不正対応 誤った暗証番号が複数回入力された場合には、確認が取れるまで一旦電話投票の利用を停止します。 システム構成 ネット投票ではファイアウォールを設け、不正なアクセスを防いでいます。 また、主要機器は二重化等の対応により、万全なバックアップ体制を整備しています。 監視体制 ネットワークの状態を監視し、万が一、不測の事態が発生した場合でも即時に対応します。

次の