中国 ハンタ ウイルス。 新型コロナの次は「ハンタウイルス」中国で別の感染症死亡報道

中国で新たな恐怖「ハンタウイルス」とは

中国 ハンタ ウイルス

米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏(イメージ:YouTubeスクリーンショット) 米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏は2月3日、中国共産党が武漢肺炎ウイルスは人工合成の産物であると事実上認めたことを明らかにした。 その根拠は、中国共産党の公式軍事ポータルサイト「西陸網」が、武漢の肺炎を引き起こす新型コロナウイルスが人工的に合成されたものであることを認めており、コウモリウイルスによる自然突然変異は不可能だと主張していることだ。 郭文貴氏は次のように述べた。 中国共産党軍の最高権力機関である中央軍事委員会のウェブサイト「西陸網」で発表される情報は極めて重要で、最高位層の首肯を得たものだ。 そのようなサイトが武漢肺炎の爆発を米国になすり付けた。 「西陸網」は1月26日に「武漢ウイルスの4つの主要蛋白質が交換され、中国人を正確に狙い撃ちできる」という文章を発表した。 この文章には、武漢肺炎ウイルスが人工合成であることが書かれていた。 文章の要点はこうだ。 「『武漢新型コロナウイルスは4つの重要な蛋白質を取り替えた』ことである。 その目的は第一に、SARSウイルスに偽装し、医療関係者を欺くことで、治療の時間を遅らせることである」 「第二に、『人への感染力が強力』であるため急速に蔓延させ、伝染させることができる。 人間を絶滅させるこの生物技術はコウモリや竹ネズミが生み出したのでしょうか」 「これほど正確な『4つの鍵となるタンパク質』の『交換』は、自然界では1万年たっても不可能だ」 「これらの事実から導かれる結論は、武漢ウイルスは実験室が製造と生産に関与していることだ」 米国になすり付ける 続いて、この中国共産党の権威ある軍事サイトの文章は米国に矛先を向け、「SARSから武漢新型肺炎まで、米国の人種絶滅計画を見る」という小見出しで、米国が生物兵器を製造し、中国人を攻撃できるようになったと非難した。 文章のもう1つのゴシック体の小見出しは「もっぱら中国人を選んで殺している。 文章は武漢ウイルスが生物戦であることを暗示し、「生物戦というこつの文字は消えることはない」 「原爆は強いでしょう。 生物兵器の前では、原爆でも水素爆弾でも、まったく武器にはならないかもしれない」 動画でこの文章のスクリーンショットを写したあと、郭文貴氏は、アメリカ人はまだ中共がどのような悪の政権であるかを意識していない。 米国人は金銭を信じ、マスコミを信じている。 しかし彼らのメディアの中でどれほど多くの人がすでに中国共産党に買収・浸透されているか思いもよらないだろう。 その中で何人が民衆の側に立っているのか? 真実の側に立っているのか? そのため、トランプ大統領が正しい行いをすると、アメリカのメディアはでたらめな偽ニュースを流す。 また、「西陸網」は1月22日に邱崇畏という人物の文章「武漢新型肺炎は米国の生物戦の匂いがする」を掲載した。 同様に、武漢の疫病発生の責任を米国に転嫁した。 この文章では、「米国は中国に対してもっと極端な手段に出るかもしれない」「米国はサイバー戦や宇宙戦を始めるかもしれない。 しかし、皆さんが本当に無視できないのは『生物戦』です」と対立を煽動した。 郭文貴氏は次のようにまとめた。 「今は、米国人が目覚めるかどうかの歴史上最も重要な瞬間であり、現在武漢の疫病はまさに戦争である。 この戦争は国賊である中国共産党と14億人の中国国民の戦争だ。 そして中国共産党は14億中国国民を煽動して米国に戦争を仕掛けようとしているのだ。 」 (翻訳・柳生和樹).

次の

中国ではハンタウイルス…東京でもコロナの陰に数々の感染症が

中国 ハンタ ウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、中国で今度は別の感染症による死亡事例が確認された。 中国雲南省臨滄市の保健当局は、今月23日に急死した労働者から、ネズミが媒介する病原体として知られる「ハンタウイルス」が検出されたと発表した。 ハンタウイルスという新たな感染症の恐怖 共産党機関紙・人民日報系の健康時報 電子版 などによると、感染者はバスで長距離を移動中に体調が悪くなり急死したという。 バスには他に29人が乗っていたが、感染の広がりは確認されていないと読売新聞は伝えている。 医師たちが検査した結果、男性の病気はハンタウイルスへの感染によるものであることが明らかになった。 新型コロナウイルスの検査は陰性だった。 ハンタウイルスとはネズミが媒介する病原体で、2週間の潜伏期を経て発熱や呼吸困難を引き起こす。 中国の有力ネットメディア「澎湃新聞」は専門家の見解として、かつては致死率が高かったが現在はワクチンがあり、早期に発見すれば治療が可能だと伝えているという。 また、国立感染症研究所によると、ハンタウイルス感染症ではヒトからヒトへの感染が起こらないと考えられている。 しかし、1996 年9 月の南部アルゼンチンのケースで、ヒトからヒトへの感染が起こった例が確認されているという。 ウイルス学的証拠も示され重要な問題となったが、その後終息し再発生は起こっていない。 とはいえ、ウイルスが突然変異することも考えられ、国立感染症研究所では今後引き続き注意をする必要があるとしている。 なぜまた中国発なのか? 今度はハンタウイルス? ヒトからヒトへの感染は起こらないと言われているとはいえ、このハンタウイルスのニュースにネット上では中国に対して怒りの声が上がっている。 twitter. また中国かよ。 何してんだよマジで。 コロナウイルスのつぎにハンタウイルスかよ。 なんで発生すんの? しかも、中国が日本でのコロナもっと感染しろってバンザイしてんでしょ? 何考えてんのマジで。 source: 読売新聞、NNA ASIA image by: shutterstock MAG2 NEWS.

次の

【話題】中国で出た新型のハンタウイルスはデマでした

中国 ハンタ ウイルス

ハンタウイルスの写真 : 第5群(1本鎖RNA -鎖) : : ハンタウイルス属 種 ANDV BAYV BCCV CADV DOBV ELMCV HTNV ISLAV KHAV LANV MULV NYV PHV PUUV RIOMV RIOSV SAAV SEOV SNV THAIV TPMV TOPV TULV ハンタウイルス(: Hantavirus, : orthohantaviruses)は、( Bunyavirales) ハンタウイルス属( Hantaviridae)に属するの総称。 はならびになどの小型哺乳動物で、それら動物に対して病原性を示すことはないが、人に感染すると(: Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome; HFRS)や(: Hantavirus Pulmonary Syndrome; HPS 等の重篤な疾病を引き起こす。 概説 [ ] ハンタウイルスによって引き起こされる は、原因不明のとして20世紀初頭から認識されていた。 本疾病はにおいて広く見られ、韓国では韓国出血熱、中国では流行性出血熱、旧ソ連では出血性腎症腎炎、スカンジナビア諸国では流行性腎症と、各流行地においてさまざまな病名で呼ばれていた。 永らく病原因子は不明であったが、1976年に韓国の ()(イ・ホワン)らは、より韓国出血熱の病因ウイルスを分離することに成功した。 このウイルスはセスジネズミの捕獲場所を流れる川、(ハンタンガン、)の名前をとってハンターンウイルスと名づけられた。 以後、各流行地などにおいても病因ウイルスが分離された。 これらのウイルスの解析を進めた結果、既存のウイルスとは別の性状を示すものであったため、これらのウイルスはブニヤウイルス科の5番目の属としてハンタウイルス属と命名された。 1993年には、アメリカ合衆国南西部において急性で重篤な呼吸器疾患が多数報告された。 これらの病因ウイルスはハンタウイルス属によるものであることが判明したため、これらの疾病はと名づけられた。 また、病因ウイルスは(: Sin Nombre、スペイン語で「名無し」を意味する)と名づけられた。 世界各地で、だけでなくや などの小型哺乳動物からも、さまざまなハンタウイルスが発見されている。 構造 [ ] ハンタウイルスは粒子内に3本のマイナス鎖RNAを保有しており、それぞれS、M、L分節と呼ばれている。 S分節は核タンパク質 N 、M分節は2つのエンベロープ糖タンパク質 Gn, Gc の糖タンパク質前駆物質 GPC 、L分節は RdRp をコードしている。 それぞれのゲノムの両端の塩基配列は互いに相補的であるため、結合して環状の構造を形成する。 ハンタウイルスの粒子は球状や卵形状を示しており、直径は80nmから120nmである。 複製機構 [ ] ・ ハンタウイルスはエンベロープ糖タンパクと宿主細胞表面上の受容体との結合を介し、、、、、などに感染する。 ハンタウイルスはクラスリン被覆ピットを介して初期エンドソームへ移動した後、後期エンドソームまたはリソソームへ輸送される。 エンドリソソーム区画内でpH6. 4以下になると細胞膜と融合し、脱殻が起こる。 ハンタウイルスの複製過程はすべて細胞質でおこなわれる。 RdRpはNのキャップ・スナッチング機構を使ってゲノミックS、M、L分節 vRNA からプラス鎖のmRNAを合成する。 複製されたウイルスゲノムは、核タンパク質と結合してを形成する。 ヌクレオカプシドはの細胞質側においてエンベロープ糖タンパク質と結合し、ゴルジ体内に出芽する。 出芽したビリオンは細胞外へ放出される。 疫学 [ ] ハンタウイルスはならびにを宿主とする。 これまで20種類以上もの血清型が報告されており、それぞれの血清型ごとに異なった種類の哺乳動物を宿主としている。 ウイルスの遺伝子をもとに作成された進化系統樹と自然宿主となる動物の遺伝子の塩基配列に基づく進化系統樹はそれぞれほぼ一致することから、ハンタウイルスは自然宿主となる動物が分化する以前の祖先となる動物に感染し、それらの分化とともにしてきたと考えられている。 ハンタウイルスは自然宿主である小型哺乳動物においては不顕性で病原性を示すことはなく、1年以上にわたって持続的に感染する。 ウイルスは糞尿や唾液などに排泄され、宿主間の感染は咬傷による唾液や糞尿などのエアロゾルを介して起こるとされている。 人への感染は、糞尿の粒子が空気中に飛散してを引き起こすとされている。 ハンタウイルスによって引き起こされるハンタウイルス感染症は、 HFRS と HPS がある。 腎症候性出血熱はアジア・ヨーロッパで発生し、ハンタウイルス心肺症候群は南北アメリカで発生する。 人におけるハンタウイルスの潜伏期は数日から6週間とされるが、多くは感染から2週間から3週間で発症する。 2020年の発生 [ ] 2020年3月、の男性がハンタウイルスに陽性反応を示し、チャーターバスでの仕事でへの旅行中に死亡した。 のレポートによると、他に約32人がウイルス検査を受けている。 主な疾患 [ ] 症状の特徴から 腎症候性出血熱 HFRS と ハンタウイルス肺症候群 HPS と呼ばれ、両疾患を合わせてハンタウイルス感染症と総称している。 腎症候性出血熱 HFRS 詳細は「」を参照 発熱・腎障害・出血症状を主徴とした疾患。 致死率はウイルス型によって異なり、0. また、ハンタウイルスが発見される以前には世界各地にてさまざまな呼び名で呼ばれており、下記疾患は現在では腎症候性出血熱としてまとめられている。 韓国出血熱 KHF - 1930年代、満州においてに恐れられ、の際には米軍内において3,000人以上の患者が発生した。 梅田奇病 - 1960年頃から約10年間にわたって大阪梅田地区で流行し、発生した119人の患者のうち2人が死亡した。 流行性出血熱 EHF - 中国• 出血性腎症腎炎 HNN - 旧ソ連 ハンタウイルス肺症候群 HPS 詳細は「」を参照 急性の肺水腫・呼吸器症状を主徴とした疾患。 予防・治療 [ ] 予防 厚生労働省検疫所は、次のように情報提供している。 げっ歯類との接触がないように環境を整備• 糞尿で汚染された場合は漂白剤で汚染部を十分に湿らせ、ペーパータオルなどを用いてふき取り、廃棄 ワクチン 現在、FDA()に認可されているワクチンは2019年3月現在、Phase 2a試験中。 HFRS流行地である韓国・中国においては実用化されている。 抗ウイルス薬 HFRSの治療薬としてがあげられている。 HFRS患者を対象とした中国での臨床研究では、発症初期にリバビリンを投与することで致死率が下がることが報告されている。 治療 HPS患者にリバビリンを投与しても現在のところ有効性は認められていない。 早期の集中治療が必須とされ、早い時点でのやをおこない、血中酸素飽和度、水分のバランスおよび血圧を注意深く観察する必要がある。 法的取り扱い [ ]• 腎症候性出血熱ならびにハンタウイルス肺症候群は4類感染症(即時届出)に指定されている。 ハンタウイルス属のウイルスのうち、以下のウイルスはの三種病原体に指定されている。 ソウルウイルス• ドブラバーベルグレドウイルス• ハンターンウイルス• プーマラウイルス• アンデスウイルス• シンノンブレウイルス• ニューヨークウイルス• バヨウウイルス• ブラッククリークカナルウイルス• ラグナネグラウイルス 脚注 [ ]• 119-129, :• 倉田毅 1994 ハンタウイルス感染症 臨床と微生物 21, 693-698. Emerging Infect. Dis. 18 1 : 159—61. January 2012. The Free Press Journal 2020年3月24日. 2020年3月28日閲覧。 Newsweek 2020年3月24日. 2020年3月28日閲覧。 Leonardi, Anthony 2020年3月24日. Washington Examiner. 2020年3月28日閲覧。 2020年3月28日閲覧。 「梅田熱」ともいう・・「春秋」日本経済新聞2014年8月5日朝刊1面• ClinicalTrials. gov 2014年4月14日. 2020年3月28日閲覧。 Clin. Microbiol. Rev. 23 2 : 412—41. April 2010. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の