商品企画 給料。 商品企画の仕事内容・なり方・給料・資格など

商品企画・開発が明かす仕事の本音 ~年収や給料、転職・就職の実態は?~

商品企画 給料

メーカーでの商品企画 各業界に商品企画の仕事はありますが、やはり花形として思い浮かべるのは製造業界の商品企画でしょう。 たとえば での商品企画は、開発部門と二人三脚で新商品を企画していきます。 ニーズやトレンドに合わせてアイディアを出しても、実際にアイディア通りの味や色、形を実現するには、開発部門の協力が欠かせません。 食品メーカーの商品企画は、開発部門に具体的なイメージを提供するため、より 重視の傾向があります。 ではブランドイメージが非常に重要なため、商品企画と広告・宣伝部門が試行錯誤を重ねて新商品を作り上げていきます。 ターゲット層はどこなのか、全体的なカラートーンは、キャンペーンモデルを誰にするのか、などのイメージ戦略を徹底的に練り上げます。 家電メーカーでの商品企画はどうでしょうか。 こちらはたとえば新商品の冷蔵庫を企画する場合、冷蔵庫自体の形を完全に変えてしまうことはありません。 どの分野で何を作りたい? 初めに特定業界への興味があって、その業界で商品企画の仕事がしたいと漠然と思うのが普通ではないでしょうか。 しかし商品企画自体はどこの業界にもあるため、視野を広げてさまざまな業界の商品企画についてリサーチしてみることで、就職先の可能性が広がるかもしれません。

次の

商品開発・企画職への転職に必要な資格3つ

商品企画 給料

商品企画の仕事内容とは 商品企画の仕事内容とはどのようなものなのか、仕事の流れに沿って詳しく解説します。 情報収集する 商品企画の最初の仕事は、情報収集(マーケティング)です。 日常生活において常にアンテナを張り、日本国内はもちろん、海外ではどのような人たちにどのような商品が受け入れられているのかなどの情報を収集します。 また、競合他社はどのような商品を市場に出しているのか、消費者はどのような商品を求めているのかを見極め予測します。 そのためには、消費者の生の声を聞ける街頭インタビューや消費者アンケート、試作品の評価(モニタリング)などを行うこともあります。 商品企画の仕事に対して華やかなイメージをもっている人もいるかもしれませんが、地道に情報を集めるという泥臭い部分も多くあります。 商品を立案する 情報収集した後は、市場の生の声にもとづいて商品を立案します。 「自分が作りたい商品を作る」わけではなく、「市場のニーズに沿っているか」「消費者に受け入れられそうか」「類似商品はないか」「競合他社よりも秀でた部分があるか」などを考慮しなければなりません。 また、「特許や著作権を侵害していないか」「採算は取れそうか」なども確認する必要があります。 そのうえで、どのようなターゲットに対して、どのような機能をもった商品を作るのか、どのようなデザインなのかを具体的にし、コンセプトや仕様などを企画書に落とし込んでいきます。 プレゼンテーションする 企画書ができたら、関係各所へプレゼンテーションを行います。 ここで承認されなければ、実際の商品化に向けて動き出すことはできません。 会社としては、「利益はどれくらい出るのか」を重要視します。 そのため、企画書の中には製造コストや販売コストを算出し、どれくらいの価格で売り出すのかといった点も盛り込まれます。 これらの情報が盛り込まれたプレゼンテーションをもとに、その商品を本当に作ってよいかを検討・判断していきます。 経営的視点など、それぞれの立場で企画書を見て、よりよい商品に改案していくのも、プレゼンテーションの目的のひとつです。 開発や製造部門と打ち合わせし、スケジュールを調整する プレゼンテーションを経て商品化が決定したら、開発部門や製造部門と打ち合わせを行い、商品販売までのスケジュールを調整していきます。 「試作品はいつまでに完成するのか」「商品をいつまでに完成させるのか」「いつごろ販売できるのか」など商品に関するスケジュールのほかに、商品の原価などコスト面も考慮されます。 また、「今ある製造ラインで商品を作れるのか」「設備導入が必要ならいつまでにできるのか」などの設備面も検討し、商品化に向けてより具体的な調整が行われます。 ここからは、商品開発部門が中心になって業務が進みますが、会社によっては商品企画が開発まで行うところもあります。 販売と広告の戦略を練る いくらよい商品を作り上げても、消費者の目に留まらなければヒット商品にはなりません。 そのため、販売戦略や広告戦略も重要です。 営業部門が中心になって販売戦略から実際に販売するところまでを担当することもありますが、会社によってはこの部分も商品企画が担います。 商品発表会の開催や広告の手配、販売ルートや商品の販売方法の検討など、多くの消費者に受け入れられるよう緻密な計画を立てる必要があります。 商品企画の仕事に就くためには 「売れる商品を生み出せる商品企画」として活躍するためには、業界に対する深い知識が必要です。 そのため、新卒でメーカーなどに就職し、いきなり商品企画職に就くことは難しく、営業部門や販売部門などほかの部門で経験を積んでから商品企画に配属されるか、経験のある人が転職して商品企画職に採用されるのが一般的です。 転職して商品企画職に就こうとする場合は、前職で同業界の営業や販売、商品開発などの経験があると有利です。 仕事をする上で必要なスキル 商品企画の仕事をするうえで必要なスキルには、次のようなものがあります。 コミュニケーションスキル 社内外問わず多くの人と接する機会の多い商品企画は、消費者のニーズを引き出したり、自分の意見を相手に伝えたりする場面が多いものです。 そのため、高いコミュニケーションスキルが求められます。 フットワークの良さ 市場動向を把握するためさまざまな地域の店舗に足を運んだり、顧客のもとを訪れたりすることも多い商品企画には、フットワークが良いことも重要です。 調整・折衝スキル 商品を企画し、実現化するためには多くの部門の方々とやり取りをしなければなりません。 それぞれの立場を考慮しつつ、調整や折衝する機会も多いためこのスキルが必要です。 プレゼンテーションスキル 商品化にたどり着くための承認ステップであるプレゼンテーションは、商品企画にとって重要な仕事のひとつです。 そのため、高いプレゼンテーションスキルが必要です。 画像編集ソフトの操作スキル 商品企画の業務として、商品のデザインも行う場合は、IllustratorやPhotoshopなど画像編集ソフトの操作スキルも必要です。 このスキルがあれば、自分のもっているイメージをほかの人によりわかりやすく伝えられるでしょう。 商品企画職に関する資格 「この資格がなければ商品企画の仕事はできない」というものはありません。 しかし、商品企画の仕事をするうえで必要な知識や技術が学べる資格として、次のような資格をもっているとよいかもしれません。 ・商品プランナー 資格取得のための勉強過程で、商品やサービス企画、マーケティング、プレゼンテーションの基礎などを学べます。 ・商品開発士 商品プランナー資格を有する人が受験できます。 この資格を取得することで、より実践的な商品開発の助言や指導ができる知識とスキルが得られます。 ・商品開発コーディネーター 商品プランナーの上級ライセンスです。 プロデューサーとしての立場でプロジェクトをリードしていくために必要な知識が得られます。

次の

商品企画の仕事内容・なり方・給料・資格など

商品企画 給料

商品プランナー、商品開発士、商品開発コーディネーターに 今求められているモノ、コト(1) 「商品開発」「商品企画」の違いとその役割 商品開発とよく混同される仕事に商品企画があります。 企画と開発、その意味の違いは役割の違いでもあります。 「企画」の意味は、実現すべきモノゴトの内容を考え,その実現に向けて計画を立てることです。 「開発」は、知恵や能力などを導きだし、活用させること。 新しいものを考え出し、実用化すること、潜在している才能などを引き出し伸ばすこと、という意味があります。 つまり、開発は知恵や能力を使い、新たなものを考え出し、その活用を考えるということでは、企画よりも、より実践的な役割を持っています。 企業における商品企画を一言で言えば、「商品イメージの明確化」であり、「商品のイメージやアイデア」を生み出すことです。 商品開発は、商品のコンセプト・イメージやアイデアを実際に商品として形にする仕事です。 商品はイメージやアイデアの段階では、まだ形を持っていません。 たとえどんなに優れたコンセプト・イメージがあっても、商品開発の段階で実用化できる形にならなければ、その商品を販売することはできません。 企画段階では具体的でありながらも形のないイメージであったものを実用に供される形にまでもっていく必要があります。 その意味では、企画の部分はアイデアですので、商品化が困難であったとしても通用しますが、 開発の部分は市場に出回る形にしなければ成功とは言えず、いくら優れた企画でも、 開発に失敗すれば事業そのものの失敗ということになります。 企業が生み出す商品は、商品開発がきちんと形にしてこそ完成するのです。 このように商品の企画と開発は企業にとって両輪でともに重要なものですが「商品企画」と「商品開発」は大きく違う活動です。 この2つはよく混同されがちなのですが、果たすべき役割や目的は全く異なり、違いを認識して仕事をしないと大きな失敗をしてしまうことになります。 日本商品開発士会では、このような仕事の役割とスキルと知識の養成から、商品企画は「」が、商品企画と商品開発を一貫して実施展開することのできる人材が「」として、さらに商品プランナーと商品開発士の役割を理解し、そのコーディネート、指導、助言ができる人材を「」として養成をしています。 商品開発の流れ 基本的には、まず商品企画が商品のイメージやアイデアを作り、それをもとに商品開発が形にしていくという流れです。 商品企画では顧客や市場を調査して集めたデータを分析し、顧客のニーズを把握したうえで商品のイメージを明確化させます。 つまり、どのような商品をつくるのか、を決めるのが商品企画の仕事といってもよいでしょう。 商品企画がつくった商品のイメージを目指して、商品開発はそれを具体的な形にしていきます。 しかし、商品の開発が常にこの流れで進んでいくとは限りません。 ときには商品開発から商品企画へイメージやアイデアの提案がされることもあります(商品企画の段階ではアイデアの実現可能性についてはあまり問題にされることがなく、商品開発の段階でアイデア変更の必要性が指摘されることがあるからです)。 商品開発は企業が販売する商品のアイデアを具体的な形にするという大切なポジションです。 商品開発に携わる人々のスキルと能力があってこそ役に立つ商品が誕生し、私たちの生活が便利になっていくと言えるでしょう。 商品企画担当者や商品プラナーが行う作業は、事前の顧客調査や市場調査の情報を吟味し、お客様が欲しいと思っている商品のイメージやイメージコンセプトを固めることです。 商品開発には大きく分けて、まったく新しい商品を開発する新商品開発、既存商品を改善する商品改良やブラッシュアップ(磨き上げる)作業があります。 商品の開発サイクルは、短いもので数ヵ月、長いものだと数年、十数年。 担当する商品特性によっても、各企業によっても、商品開発仕事内容は大きく異なります。 All Right Reserv 新刊情報 学校認定校制度 商品プランナー認定 本協会認定の教育課程を履修し単位修得した者に、学校の申請に基づき資格認定証を授与しています。

次の