君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ。 映画『君の名前で僕を呼んで』ネタバレ感想 エリオの青春物語

君の名前で僕を呼んで

君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ

あらすじ 83年、夏。 家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリバーと出会う。 一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリバーに特別な思いを抱くようになっていく。 ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリバーが去る日が近づいてきて……。 引用元:映画. com ネタバレをラスト・結末まで Sponsored Link 1983年、夏のイタリア。 バカンスシーズンの別荘地に、17歳のエリオは家族と共にやってきました。 父は考古学を大学で教える教授で、母はドイツ語も話せる知的な美人。 この家族、なんともインテリで会話も上品で、エリオも本を読んだりピアノやギターを弾いたりと知性にあふれています。 そこへ父がアシスタントとして招待したオリバーというアメリカ人の青年がやってきます。 博士課程の学生で知的だけど自由奔放、周りの女性たちの注目を集めるセクシーな美しさがありながら気取らずに皆から好かれています。 でも、エリオは彼の態度が気に入らず、家族の前で彼の真似をしてみせて嫌味を言ったりと失礼な態度を取ります。 両親には仲良くするようにとたしなめられますがそれもまた気に入りません。 このあたりはよくいる普通の17歳の少年です。 だけど、エリオはそんなオリバーが何かと気になります。 ダンスパーティーでオリバーが女性とくっついて踊っていたりキスしたりすると、胸がざわつきます。 Call Me by Your Name う、美しい!映像もだし、俳優もだし、ラブストーリーも、全て! 少なくとももう1回は見なくては!てかNYならギリまだ1館やってるかも。 映画館で見ないとな。 会話の中でエリオは自分の気持ちを吐き出してしまいますが、オリバーに止められます。 でもやはり止められず、休んでいた河原で2人はキスしてしまいます。 オリバーはエリオに落ち着くように言い、その後2人は距離を置いて過ごします。 エリオにはガールフレンドがいました。 オリバーへの気持ちをぶつけるように彼女と寝ますが気持ちのモヤモヤは晴れません。 エリオはオリバーに気持ちを伝えるメモを残しました。 翌日、オリバーから「大人になれ。 深夜に会おう」という返事がありました。 その日は別荘にゲイの友人のカップルが訪ねてきますがエリオは彼らが苦手です。 なんとか失礼にならないよう応対して部屋に戻ります。 幸せそうなカップルが賑やかに帰っていくのをバルコニーからオリバーと2人で見ていると2人の手が触れ合いました。 そして2人は結ばれます。 「君の名前で僕を呼んで。 僕は僕の名前で君を呼ぶから」 翌日、2人の間に気まずい空気が流れます。 オリバーは一人で出かけますが、エリオのことが気になっています。 そこへエリオがやってきて2人は気持ちを確認し、別荘に滞在する間は2人で出かけたり満ちたりた時間を過ごします。 オリバーがイタリア滞在の終わりに遠方に行く時はエリオも同行し、山を登ったりお互いに自分の名前で相手を呼んだり、バカ騒ぎをしたり… でも別れの時が来ました。 駅のホームで2人は抱擁しますが言葉はありません。 And if I should hear that you died, my life as I know it, the me who is speaking with you now, will cease to exist. 駅まで迎えに来た母親の車の中で、エリオは涙を流しますが母親は黙ったまま優しく頭を撫でます。 落ち込んでいるエリオにガールフレンドが話しかけます。 彼女はエリオが自分に気持ちがないことに気づいていました。 「友達でいましょう、一生」と言い2人は友情の抱擁をします。 夜、悲しそうなエリオに父が言葉をかけます。 「2人の友情は素晴らしい。 友情以上かもしれない」 2人の関係にきづいていた父は、優しく話しました。 父は昔同じような経験があったようだけれど、自分の気持ちを押し殺していました。 でも、エリオにはその気持ちを恥じずにいて欲しいようです。 冬になり、ハヌカの日にオリバーから連絡があります。 オリバーには2年間交際している恋人がいました。 彼女と婚約したと告げ、エリオは悲しみますがお互い自分の名前で呼び合います。 両親はおめでとう、と言いますがエリオの気持ちを知る2人はそっとエリオを見守ります。 エリオは悲しみにくれながらオリバーを想い、暖炉の火にあたりながらそっと涙を流します。 『君の名前で僕を呼んで』の感想 全体の雰囲気ですが、予告の通りです。 予告を見て「この映画好きかも」と思った方はきっと好きになれる映画だと思います。 あの映像のままの夏の出来事が綴られていきます。 逆に、予告を見て「淡々としている」と思った方はその通り。 大きな展開やどんでん返しはないので、そういうのを期待している方は楽しめないかもしれません。 あらすじに書いてある通り、お坊ちゃんのエリオと魅力的な大人のオリバーの一夏の恋が、美しいイタリアの風景と共に描かれている映画です。 そう言ってしまえばどこにでもあるラブ・ストーリーです。 でも、ここまで評価が高いのは、エリオを演じたティモシー・シャラメの演技がよかったからだと思います。 はじめはオリバーを快く思わなかったのに、それだけに引っ掛かりが多く徐々に惹かれていってしまう。 その様子がすごく繊細に演じられていて、本作の一番の見どころでした。 風景、季節、人物全てが綺麗なのは予告を見ただけでわかる。 原作買おうかな? — 光 queergeekueer 特に、オリバーと結ばれてからのエリオが「この恋愛はいけないんだ」と思ってオリバーに「迷惑かけないから」というところは健気で胸を打たれました。 オリバーはオリバーで、エリオと恋愛関係になってからはそれまでの奔放さは落ち着いて、エリオに嫌われているのではないかと距離を取ったりして慎重になっています。 2人のそういう様子がすごく丁寧に描かれていました。 それから、登場人物がみんないい人。 設定になっている1983年はまだ同性愛者への差別や偏見があったと思います。 それでもエリオの両親は理解をもって2人を見守っていたり、失恋したエリオにかける言葉もすごく深い。 エリオのガールフレンドだった女の子も、傷つきながらもちゃんと友情を失わずにいたりとすごく思いやりがある。 そういったところも、エリオとオリバーの恋愛を際立たせていたと思います。 それから、『ブロークバック・マウンテン』と被るシーンもありました。 オリバーのイタリア滞在の最後に2人で旅行する場面、2人は山を登ります。 そこでお互いを自分の名前で呼び合うところ。 なんだかダブって見えました。 原作ではその後の2人も描かれているそうです。 結婚後のオリバーと再会するようですが、そこもまた『ブロークバック・マウンテン』を彷彿させますね。 ちなみに映画の続編は、原作に合わせて主演の2人がちゃんと年を重ねてから撮るのだそうですよ。 数年後のようですから、またそろそろ撮影が始まるのかもしれませんね。

次の

映画『君の名前で僕を呼んで』あらすじとキャスト。公開日と上映館は

君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ

CONTENTS• 映画『きみの名前で僕を呼んで』の作品情報 C Frenesy, La Cinefacture 【公開】 2018年(イタリア、フランス、ブラジル、アメリカ映画合作) 【原題】 Call Me by Your Name 【監督】 ルカ・グァダニーノ 【キャスト】 アーミー・ハマー、ティモシー・シャラメ、マイケル・スタールバーグ、アミラ・カサール、エステール・ガレル、ビクトワール・デュボワ、バンダ・カプリオーロ、アントニオ・リモルディ、アンドレ・アシマン、ピーター・スピアーズ 【作品概要】 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の恋の行方を瑞々しく描いたラブストーリー。 アンドレ・アシマンの同名小説を『眺めのいい部屋』などの監督で知られるジェイムズ・アイヴォリーが脚色。 第90回アカデミー賞・脚色賞を受賞しました。 ティモシー・シャラメ(エリオ役)のプロフィール C Frenesy, La Cinefacture 1995年12月27日生まれ。 ニューヨーク・マンハッタン出身。 母ニコール、姉ポーリーヌも女優で、叔父のロッドマン・フレンダーは映画監督。 祖父、ハロルド・フレンダーは脚本家という芸能一家に育ちました。 名門ラガーディア高校演劇科に進学(『ベイビー・ドライバー』の アンセル・エルゴートとは同級だそう)。 在学中の2012年に『救命医ハンク セレブ診療ファイル』のシーズン4に4話出演したのを始め、人気テレビシリーズ『HOMELAND/ホームランド』シーズン2に出演。 副大統領の息子フィン・ウォルデン役で注目を集めました。 2014年の『ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界』〈未 ジェイソン・ライトマン監督〉で映画デビューを果たします。 同じ年の『インターステラー』(クリストファー・ノーラン監督)では、マシュー・マコノヒーの息子トムを演じ、強い印象を残しました。 同時に舞台でも活躍。 2016年にはジョン・パトリック・シャンリィの戯曲『ProdigalSon(放蕩息子)』で主役のジム・クインを演じ、オフブロードウェイの演劇賞である ルシール・ローテル賞最優秀男優賞を受賞、ドラマ・リーグ賞とクライブ・バーンズ賞にもノミネートされました。 2017年、本作『君の名前で僕を呼んで』での演技が高く評価され、 ニューヨーク映画批評家協会賞主演男優賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞主演男優賞を受賞、第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。 2017年は、他にもクリスチャン・ベイル、ロザムンド・パイク共演の『Hostiles』、グレタ・ガーウィグの監督デビュー作品で、シアーシャ・ローナン共演の『レディ・バード』に出演。 『レディ・バード』は2018年6月に日本公開がされます。 今後の出演作に、スティーヴ・カレルと共演の『Beautiful Boy』(2018)、 ウディ・アレン監督の新作でエル・ファニング、ジュード・ロウと共演する『A Rainy Day in New York』(2018)などがあり、今、世界中で最も注目されている若手俳優です。 アーミー・ハマー(オチヴァー役)のプロフィール 1986年8月28日、ロサンゼルス生まれ。 曾祖父は世界的にも有名な石油王のひとり、アーマンド・ハマー、父は大会社のCEOという、裕福な家庭で育ちました。 幼い頃から演技に興味を持ち、高校生になると、両親の反対を押し切って俳優の道を志します。 『ヴェロニカ・マーズ』、『ゴシップガール』、『デスパレートな妻たち』といったテレビシリーズに出演した後、2010年、デヴィッド・フィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』で双子のウィンクルボス兄弟を演じて、トロント映画批評家協会賞最優秀助演男優賞を受賞するなど、高い評価を得ました。 クリント・イーストウッド監督の『J・エドガー』(2011)ではフレッシュな新任捜査官を熱演し、全米映画俳優組合賞最優秀助演男優賞などにノミネートされました。 2013年の『ローンレンジャー』 ゴア・バービンスキー監督 で初主演を果たし、『コードネームU. 『君の名前で僕を呼んで』で共演したティモシー・シャラメの印象を聞かれ、「素晴らしい表現者だと思う。 自分も表現者として、もっと上を目指したいという気持ちにさせられた。 」と応えています(公式HPより)。 ルカ・グァダニーノ監督とは? 1971年、イタリア、シチリア州パレルモ生まれ。 エチオピアで幼少期を過ごしました。 イタリアのパレルモ大学卒業後、ローマ・ラ・サピエンツァ大学で歴史と映画批評の学位を取得。 卒論テーマにジョナサン・デミを選びました。 1999年、ティルダ・スウィントン主演作品『The Protagonists』で映画監督デビューを果たします。 同年の第67回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映され、FEDIC特別賞を受賞しました。 第3作となる『ミラノ、愛に生きる』(2009)では再びティルダ・スウィントンとタッグを組み、2010年のゴールデングローブ賞や英国アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされ、アカデミー賞最優秀衣装デザイン賞候補にもなりました。 『胸騒ぎのシチリア』(2015)でもティルダ・スウィントンが主演し、声のでなくなったロック・シンガーを演じました。 レイフ・ファインズ、ダコタ・ジョンソンらが個性的なキャラクターを演じ、独特な雰囲気をまとったサスペンスフルな傑作に仕上がりました。 ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に選出されています。 長編映画第5作となる本作は、17歳と24歳の青年の恋を瑞々しく描き、数々の作品賞を受賞。 第90回アカデミー賞作品賞にノミネートされました。 次回作は、ダリオ・アルジェント監督のホラー映画の名作『サスペリア』のリメイクで、ティルダ・スウィントンとダコタ・ジョンソンが出演。 2018年公開を予定しています。 また、最近、『君の名前で僕を呼んで』の続編を作りたいと発言し、ファンを喜ばせました。 映画『君の名前で僕を呼んで』のあらすじ C Frenesy, La Cinefacture 1983年夏、北イタリアの避暑地。 17歳のエリオのもとに、24歳の大学院生オリヴァーが現れます。 大学教授であるエリオの父の研究を手伝いにやってきたのです。 夏の間、彼はエリオたち家族とともに過ごすのです。 自信に満ちたオリヴァーの態度に最初は反発を感じていたエリオでしたが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発しあいます。 それはやがて激しい恋に変わります。 しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいていました…。 第90回アカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされ、見事に ジェームズ・アイヴォリーが脚色賞を受賞しました。 絶賛の声ばかりが聞こえてくる話題作がいよいよ公開されます。 まるで少女漫画の世界から飛び出してきたようなテイモシー・シャラメと、長身で丹精な顔立ちのアーミー・ハマーがどのような演技をみせてくれるのでしょうか!? ひとくせもふたくせもある作品を監督してきたルカ・グァダニーノ監督が、どのようなラブストーリーを作り上げたのか、興味はつきません。 スフィアン・スティーヴンスによる主題歌「Mystery of Love」も心に染み込む名曲です。 今最も公開が待たれる作品 『君の名前で僕を呼んで』は4月27日 金 より、TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテ、Bunkamuraル・シネマ他にて全国ロードショーされます。

次の

君の名前で僕を呼んでのあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

君 の 名前 で 僕 を 呼ん で あらすじ

教授である親と共に避暑地で夏を過ごす主人公エリオのもとに来た爽やかな青年オリヴァー。 彼との出会いがエリオに初めての感情を抱かせる一夏の話。 何も考えずに見れば同性愛者の恋愛に見えるがそうではないのが今作。 突然現れた青年オリヴァー。 普遍的な生活を過ごしていたエリオにとってそれは刺激的な出会いに変わる。 オリヴァーだからエリオは好意を抱きエリオだからオリヴァーは好意を抱いた。 当たり前のことをだけどこの2人だったから恋をした。 愛を見出した初めての人が偶々男であっただけ。 とにかく作中の脚本、構成、そして心理描写が丁寧に描かれているおかげで曖昧にならず伝わっている映画です。 またティモシーシャラメの中性的な見た目が同性愛者に理解の無い人間にも見易くなっていたかなとも思った。 そして終盤父親から彼に語りかけた言葉はどの物事にも共通する素晴らしい言葉で感動しました。 たった一夏の数週間。 人生においてはほんの一瞬だけどエリオにとって何処をとっても忘れられない夏になった。 堅苦しい枠組みに囚われて普通である事を求められる人生において何が普通なのか、定義のない物を求められる中、自分のままを生きる事の大切さが画面から溢れていた。 エンドロールまで続く彼の素晴らしい演技を是非見て欲しいです。 それを見てどう感じるかは人それぞれです。 そこに関して余計な感想を書いて先入観を与えたくないので見て下さい。 愛について語りかけてくる一夏の長い蜃気楼のような映画です。 後書き この映画に関しては原題のCall me by your nameまんまのタイトル通りの映画だったから邦題もそのまま直訳で良かったっすね〜 再鑑賞。 エリオの父を「オリヴァーの未来の姿」としてみた。 初見はエリオを中心に物語を観ていたけど、オリヴァー中心に観てみると、北イタリアの何処かのゆっくりとした時間の流れが、少し違って見えるようだった。 エリオにとってあの夏は誰もが得られるわけではない尊い経験だったのかもしれないけど、オリヴァーにとってみたら。 もしや知らないでいれた方が良かったのかもしれない、永遠ではない甘すぎる経験、だったのかもしれないと思った。 エリオには、すごく近くにそれを肯定してくれる理解者がいる。 オリヴァーには、おそらくいないのだと思う。 タイトルにもなっているあの台詞 なんであんな素晴らしい台詞が思い浮かぶのか理解に苦しむ や、エリオを苦しめたくないと言うあの表情がたまらない。 この頃にはもう、自分自身の未来が見えているはずなんだよな、と思うと。 「何一つ忘れない」という言葉に後ろ髪を引かれる思いになるのはエリオではなくオリヴァー自身だったのでないかと。 彼は、とてつもなく大きい、償いようのない業を背負って生きていくことになる。 映画を初めて観た後に読んだ原作本のラストにとてつもない切なさと感動を覚えた。 だけど映画は映画で、かけがいのない夏を切りとった素晴らしい作品。 続編がこわいけどすごく気になる。

次の