スマイル シンデレラ。 ⛳️【女子ゴルフ】全英女王 渋野日向子選手って◯◯な人!!スマイルシンデレラ?

シブコの“心友”キャディーが明かすスマイルシンデレラの裏側

スマイル シンデレラ

渋野日向子さんのかわいい画像30選 「かわいい」画像がたくさんあるので、それぞれジャンルに分けて掲載します。 とびっきりの笑顔がかわいい画像 日向子さんは『スマイル・シンデレラ」と言われているほど、笑顔がキュートで有名です。 ピースサインも若々しくていいですね。 会見でも嬉しい気持ちが表情にめいっぱい溢れています。 女性ファッションブランド「サマンサタバサ」のイベントでもとびきりの笑顔でイベントに参加しました。 ゴルフ場でのインタビューでも前向きかつ笑顔を絶やしません。 こちらもかわいいピース。 さっとピース出来るところが渋野日向子さんの素敵なところでもありますね。 これはたぶんカメラマンに求められたポーズだと思いますが、グーの位置もかわいいです。 カーリング女子の「もぐもぐタイム」のように、プレー中にお菓子を食べる姿が人気です。 激辛チキンはベビースターラーメン系のお菓子のようです。 この「タラタラしてんじゃねーよ」が大好物なようで、ちょっとオヤジ臭い駄菓子好きというところに好感を持つファンもいらっしゃるようです。 これは記者さんが撮った画像ですが、タラタラしてんじゃねーよを噛みちぎっている瞬間だそうです(笑)こんな写真を撮られるなんて日向子さんもびっくりですよね(笑) 最後におにぎりでエネルギーチャージをする日向子さんです。 おにぎりを食べながら芝をよんでいるのでしょうか、真剣な眼差しですね。 プレー中の笑顔や真剣な表情の画像 最後にプレー中の可愛い画像もお届けします。 テレビやインタビューでの笑顔だけじゃないところが渋野日向子さんの魅力です。 この写真、私のお気に入りなのですが、ちょっと大人っぽい表情に見えます。 美しいです。 帽子を直しながらのにっこりスマイルです。 こちらも真剣な表情。 大事な局面での写真でしょうかね。 笑っていないときの表情もかっこよくて好きです。 ファンへのサービス精神も豊富という渋野日向子さん。 笑顔でハイタッチしてもらえたらしばらくは元気が持続しそうですね。 このとびきりの笑顔。 最高ですね~~プレーを生で観に行っていなくても喜びが伝わってきます。 プレー中でもニコッと笑う渋野日向子さん。 このときはちょっと幼くみえて可愛いですよね。 キャディーさんや周りまでも笑顔にするパワーをもっています。 みんな楽しそうです。 ふとした瞬間を捉えた写真でも笑顔がこぼれています。 プレーがうまくいったときは笑顔が炸裂です。 こちらは髪の毛が今よりも長かったときのお写真ですね。 大人っぽいです。 プレー中はキレイなお姉さんに大変身するのも魅力的。 この写真はつい見ているこちらも笑顔になってしまうほどのかわいい笑顔です。 (こんな表情で笑ったのなんて何年前でしょうか……) かわいいぬいぐるみをもらって かわいくない持ち方してますが笑 笑顔いっぱいの渋野日向子さん。 ズボンが多いですが、スカートも可愛いですね。 トロフィーとの画像 記念すべきトロフィーとの写真でもかわいい笑顔がたくさんみられました。 AIG全英女子オープン 優勝のトロフィーをもらったときの渋野日向子さんです。 思わずキスしてしまう様子から喜びが伝わってきます。 かわいい!これは記者さんから求められたのか、自らやったのかわからないのですが、キュートなポーズが似合ってますよね。 資生堂アネッサ・レディースで優勝した際のトロフィー写真。 アネッサは美しい女性をCMに起用するイメージがありますが、渋野日向子さんが出演したらいいな~と思いました。 ワールド・サロンパス・カップ優勝のお写真です。 けっこう大きなトロフィーだと思うのですが、いつもどおりの笑顔で余裕そうですね。 こちらも全英オープンのトロフィーです。 ちょっとえくぼが出るのがわかりますね。 この写真お気に入りなので、顔アップバージョンを最後に載せておきますね。 さらに2年生の時には「全国高等学校ゴルフ選手権大会」にチームとして出場し、大里桃子さんがいた熊本国府高等学校を抑えて優勝を果たすなど、チームへも貢献していました。 卒業後2017年7月にLPGA最終プロテストに進出したものの、最終日のラウンドには薦めず、2018年にリベンジ。 見事14位で合格を果たしました。 2019年5月に開催されたLPGA公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」ではツアー最年少優勝の快挙を成し遂げて初優勝しています。 さらに「資生堂アネッサ レディスオープン」では、初代女王となるLPGAツアー2勝目を挙げています。 今シーズンで実績を積んでいる渋野日向子さん。 全英オープンでの優勝でさらにはずみをつけて今後も結果を残してほしいなと思います。 クラブハウスの片隅で、彼女はしくしく泣いていた。 6月中旬、ツアー会場でのことだった。 国内でも無名の存在ながら、5月のワールド・サロンパス杯で初優勝。 常に笑顔を絶やさない姿が一躍、注目された。 だがプロ初勝利を飾ってからも、満足なプレーができなければ 隠れて泣いた。 今大会の快進撃で「笑顔のシンデレラ」と呼ばれるまでになったが、流した涙は数え切れない。 苦労を重ね、努力ではい上がってきた。 「うまくいかなくて、悔しくて…。 みんなに置いて行かれてしまう気がするんです。 でもどんなにうまくいかなくても、笑っていないといけないと思う。 なかなか難しいですけどね」 最も遅れてきた 黄金世代の選手だった。 同じ98年度生まれは、アマチュア時代の15歳でツアー優勝した勝みなみを筆頭に畑岡奈紗、新垣比菜、大里桃子が昨年までにレギュラーツアーで優勝。 渋野と同じ下部ツアーが主戦場だった河本結は、4勝を挙げて力を付けた。 どんどん成長する同世代に必死に付いて行こうとしたが、昨年9月以降は下部ツアーでさえ全5試合で1桁順位が1度もなかった。 特に2年前の夏は、 どん底にいた。 初挑戦のプロテストは、第3ラウンドまで通算14オーバーの97位。 最終日に進むことすら許されず、振り返れば最下位はすぐそこにあった。 プロになる夢を、諦めようとした。 悩んでいた時、1人の選手が目に入った。 「先輩の大出瑞月さんがずっと、パットの練習をしていた。 それくらいやらないと、うまくはならないんだと、気づかされました。 うまくなりたかった」 1年後のプロテストに合格。 2年が過ぎた今、初の海外試合として挑んだ舞台が今回のメジャーだった。 単独首位で迎えた最終日は、これまで歩んだゴルフ人生のように、苦難の連続だった。 V争いから脱落しかけても、諦めず、食らいつき、最終18番で歓喜の瞬間が待っていた。 流した涙が、やっと報われた。 「 黄金世代」とよばれる同じ年の仲間が活躍しているのに、そこに 自分の名前がないことに もどかしさや 悔しさをたくさん感じていたそうです。 中学時代を知る恩師も「彼女の笑顔は、たくさんの努力があっての笑顔だ」とおっしゃっていました。 辛さを知っている人だからこそ、周りを元気にするほどの 笑顔が自然と出ているのかもしれませんね。 渋野日向子さんの笑顔についての声 「スマイル・シンデレラ」と最初に呼んだのは海外メディアとのことですが、日本でも報道されるやいなや、「笑顔が可愛い」という声で溢れました。 世界の大舞台でこういう笑顔出来る子って日本の誇りやな。 ゴルフ全然わかんないけど、幸せな気分になりました。 笑顔のシンデレラ。 羽田空港に到着する前から、テレビ各局も中継を繋ぐなど大注目されていましたが、すぐに笑顔がニュースになっていました。 【渋野「寝たい」笑顔で帰国】 全英女子オープンで日本人42年ぶりメジャー制覇を飾った渋野日向子(20)が帰国し、出迎えたファンに笑顔で応えた。 何をしたいか聞かれると「寝たいです」と一言だけ答えた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 会見では「イギリスに着いたときから日本に帰りたかった」とおっしゃっており、日本が大好きなところも好感が持てました。 飛行機内ではJALからケーキでお祝いしてもらったそうです。 今後も活躍されることを祈っています。

次の

渋野の快挙に海外メディア「センセーション」「スマイル・シンデレラは語り継がれる」/ゴルフ/デイリースポーツ online

スマイル シンデレラ

プロとして日本国外の大会に参戦するのは初めてだった渋野だが、これで1977年の全米女子プロゴルフ選手権()を制した樋口久子()氏以来42年ぶりに、男子ではまだ生まれていない2人目の日本人メジャー覇者となった。 渋野はインタビューで快挙を誇りに思うと話し、「信じられない」「リンクスを想像して全英オープンに来たら、日本と同じように木があってびっくりしたけど、そこはすごく助かった」「フロントナインは緊張していたけど、バックナインに入ったら落ち着いて、バーディーが取れるようになった」とコメントした。 2位と2打差の単独首位から出た渋野は、3番で4パットをたたき、痛恨のダブルボギー。 いったんは3位タイまで順位を落としたが、そこから巻き返して結局は4アンダー「68」をマーク。 サラスとメジャー3勝目を狙う高眞榮(、コ・ジンヨン、韓国)との最後まで続いた優勝争いを制した。 最終18番では、サラスにバーディーの大きなチャンスがあったが、約2. 5メートルのパットはカップに嫌われた。 それでもサラスはプレーオフをにらんで練習コースへ向かったが、笑みを絶やさない女子ゴルフの新たなスター渋野は、終始驚くほどリラックスした様子で、最後もギャラリーと笑顔でタッチを交わしながらコースへ。 第2打を約5. 5メートルの位置につけると、バーディーパットを見事に沈めて快挙を達成した。 この日8バーディーを奪い、スコア「65」をマークしたサラスは、通算17アンダーで2位、同組で回った高がそこから1打差の3位に入った。 その他の日本勢は、上原彩子()がスコアを4ストローク伸ばして通算6アンダーの21位タイ、横峯さくら()が一つスコアを落として同5アンダーの24位タイに入った。

次の

渋野日向子を支えるスポンサーたち:“スマイルシンデレラ”がサントリーと所属契約を締結

スマイル シンデレラ

第2ラウンドで1打差2位から出た海外初挑戦の渋野日向子(20=RSK山陽放送)が4バーディー、1ボギーの69で回り、通算9アンダーで2位の好位置をキープした。 首位のアシュリー・ブハイ(30=南アフリカ)とは3打差。 77年の樋口久子以来、42年ぶりの日本人メジャー制覇への期待が膨らむ。 70で回ったアマチュアの安田祐香(大手前大1年)は通算1アンダーの36位で2週連続のメジャー決勝ラウンドに進出。 畑岡奈紗(20=森ビル)は2日間とも76と振るわず、通算8オーバーの124位で予選落ちを喫した。 最終的には2位になったものの、ホールアウト時は単独首位だった。 20歳はつぶやいた。 「本当にビックリですよね。 みんなビックリですよね。 本人もビックリですから」。 初日に続いてリーダーボードの上位をキープ。 渋野の言葉の通り、世界を驚かせる2日間になった。 スタート前から「攻める」と決めていた。 1番でピンを狙った第2打がグリーンをオーバーもパーセーブ。 この時「今日は大丈夫」と感じた。 2、3番で連続バーディー。 6番から10ホール連続でパーが続くもどかしい展開も、16番パー4で第2打を1メートルに寄せてバーディーを奪い、この時点で単独首位に立った。 日本では黄金世代の注目株として人気急上昇中だが、海外では全くの無名。 いきなり上位争いを続けるニューフェースに、ホールアウト後には海外メディアからの取材が殺到した。 メッセージを求められ「とってもハッピー、ベリーハッピー!」。 この一言で笑いを誘うと、笑顔がトレードマークの渋野に海外女性リポーターの一人から「あなたはいつも笑っているように見えるわ。 スマイルシンデレラね!」と命名された。 昨年7月にプロテストに合格したばかりの20歳。 本格参戦1年目の今季は、国内メジャーで初勝利するなど2勝を挙げ、全英切符を手にして英国に乗り込んだ。 「メジャータイトル?想像もできないです。 でも、日本ではできない経験。 しっかり楽しみたい」と声を弾ませた。 岡本綾子は87年全米女子オープンで3人によるプレーオフに進出したが、惜しくも2位。 全米女子プロ選手権では2度(89、91年)の2位がある。 昨年の全米女子プロ選手権では、畑岡奈紗が首位から9打差で出た最終日に64をマーク。 3人によるプレーオフに進出したが、1ホール目に脱落してメジャー制覇を逃した。

次の