パルコ 劇場。 パルコ劇場の見え方を解説 どこでもよく見えるって本当?

“UTAHIME” AKINA NAKAMORI PARCO THEATER LIVE

パルコ 劇場

7月1日 水 より開幕いたします「大地(Social Distancing Version 」会場におきまして、PARCO劇場では、 公社 全国公立文化施設協会の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインや緊急事態舞台芸術ネットワークでの劇場再開に向けての議論を基に、以下の新型コロナウィルス感染拡大予防対策を講じ、ご来場者の皆さま及び出演者・公演関係者の安全と安心を確保することに努めて参ります。 ご来場前に予めご確認くださいませ。 ペーパータオルやご自身のハンカチをご使用ください。 QRコードや交通系ICカードによるお支払いを推奨いたしております。 現金のお客様は釣銭がないようにお願いいたします。 (料金未定・公演初日までに本記事及び公演ページ、公式SNS等にてご案内いたします。 )尚、での販売を併せてご利用いただけます。 尚、客席内にてミネラルウォーター・お茶のペットボトルに限りお飲みいただけます。 なおホワイエドリンク・カウンターにて、お客様同士が対面にならないよう、また表示に従いお互いの距離が一定程度保たれている場合、お食事をおとりいただけます。 尚、表示に従い前の方と距離を保ちご整列ください。 またご利用後は抗菌マット(消毒マット)での靴裏消毒にご協力ください。 発熱がある場合は、ご来場をお控えくださいますようお願いいたします。 (チケットは払い戻しをさせていただきます。 (チケットは払い戻しさせていただきます。 ご登録いただきました個人情報は、必要に応じて保健所等公的機関への提供を行う場合がございます。 検知結果によっては、改めて体温測定をさせていただき、37. 尚、該当の場合は、チケットは払い戻しをさせていただきます。 開演時間が近くなりますと入場口が混雑いたしますので、どうぞお時間に余裕をもってご来場くださいませ。 尚、入場に際しては、表示に従い前の方と距離を保ちご整列くださいますようお願い申し上げます。 (1階もしくは8階又は10階から外階段をご利用いただけます。 アルコール消毒にアレルギーのある方はお申し出ください。 (石鹸等での手洗いをお願いします。 チケット券面の確認後、ご自身で半券を切り取りの上、所定のBOXにお入れください。 尚、1階まで徒歩にてお降りいただける外回廊ご利用のお客様は、舞台に向かいまして右手中央と奥にございます3番・4番扉をご利用ください。 () ご登録いただいた情報は、必要に応じて保健所等公的機関へ提供させていただく場合がございます。 チケットをお持ちでないお客様への販売はいたしかねます。 をご利用くださいませ。 <再販売分のチケットの払い戻しにつきまして> 本公演に関しましては、新型コロナウイルス感染拡大予防のためにご来場をお控えになるお客様には払い戻しを承ります。 払い戻しの詳細は以下の記事をご覧くださいませ。 PARCO劇場では、お客様がご安心してご来場いただけますよう、引き続き様々な検討を重ねて参ります。 何かお気づきの点などございましたら、係員もしくはまでお気軽にご意見をお寄せくださいませ。 The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan. For foreigners who are not residents, there may be services that we cannot offer. Please agree after confirming the following items. The following pages use machine translations. The translated pages may not necessarily be correct. In addition, our company holds no responsibility for translations. The translated pages are only available to customers for reference. We will conform to the original Japanese text for descriptions of our content and services. Call center services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages cannot be made. Please be aware that some of the services we offer may not be available to those living outside Japan. 이 페이지는 외국인 거주자를 위한 서비스입니다. 외국인 비거주자 고객님의 경우 제공할 수 없는 서비스가 있습니다. 다음을 확인, 동의하신 후에 이용해주십시오. 이 번역 페이지 내용은 기계 번역을 사용하고 있습니다. 따라서 번역 페이지는 반드시 올바른 내용이 아닐 수 있습니다. 또한 당사는 번역의 결과에 대해 일체의 책임을지지 않습니다. 번역 페이지는 어디까지나 참고를 위한 번역이며 기재된 내용은 일본어 페이지를 준수합니다. 당사가 제공하는 서비스 중 일부는 비거주자 고객이 사용할 수없는 서비스도 있으므로 양해 바랍니다. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum. Sed ut perspiciatis unde omnis iste natus error sit voluptatem accusantium doloremque laudantium, totam rem aperiam, eaque ipsa quae ab illo inventore veritatis et quasi architecto beatae vitae dicta sunt explicabo. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur.

次の

渋谷パルコ 2019年11月22日(金)開業!全192テナントジャンル別一覧!最新情報も!

パルコ 劇場

今年30年目を迎える朗読劇『ラヴ・レターズ』に、希代の舞台女優・黒柳徹子の出演が決定! 1989年から2018年まで、「黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズ」で比類なきコメディエンヌとして、同シリーズ32作品に出演し、その舞台女優としての魅力と力量を知らしめてきた黒柳徹子が、歴史ある朗読劇『ラヴ・レターズ』に初めて出演します。 今回、相手役を務めるのは、黒柳徹子が共演を望んだ、スペシャルな三名、高橋克典、筒井道隆、吉川晃司。 華も実力も兼ね備えた3人のアンディーと、黒柳徹子のメリッサが紡ぐ朗読劇の金字塔『ラヴ・レターズ』。 特別な時間を約束する上演に、どうぞご期待ください。 その後を継いで、青井の薫陶を受けた藤田俊太郎が、青井の演出を大切にしながらも、「ラヴ・レターズ」の新たなページを紡いでいきます。 舞台にはテーブルと二脚の椅子。 並んで座った男優と女優が、手にした台本を読み上げるだけの2時間。 大掛かりな仕掛けも、目をひく照明や音響もない、このシンプルな舞台が、これほど見るものをとらえてはなさないと、誰が想像できたでしょうか…? 「ラヴ・レターズ」は1989年ニューヨークで初演されるやいなや、全世界で上演され静かなブームを巻き起こしました。 パルコ劇場でも1990年8月19日に幕を開け、以来26年間、この一つの台本を、年齢も個性も異なった様々な延べ460組のカップルが読み続けてきました。 俳優によって、観客によって、同じ作品とは思えないほど全く新しく生まれ変わる舞台。 世代、年代、個性に応じて全く新しい「ラヴ・レターズ」が誕生します。 俳優が身体的演技を行なわないゆえに、一層その声と姿に彼等の演技を超えた真情がほとばしるのを目の当たりにし、観客は新鮮な感動を共に分かち合うのです。 幼馴染みの二人は対照的な性格だ。 自由奔放で、束縛を嫌う芸術家肌のメリッサ。 穏やかで、内省的、口よりも文章で自分を表現するのが得意なアンディー。 アンディーは自分の感じること、彼女についての自分の意見などを折にふれてメリッサに伝える。 メリッサは手紙よりも電話の方が楽で好きだ。 しかし、電話で思ったようにコミュニケーションできないアンディーの手紙にはつきあわざるを得ない。 思春期を迎え、それぞれ別の寄宿学校に送られて過ごす二人。 会えるのは休みで親元に戻った時だけである。 伝統的な暖かい家庭に守られているアンディー。 一方、メリッサはアンディーより裕福だが、離婚と結婚を繰り返す母親のもとで孤独な思いを噛み締めている。 恋に目覚める季節、お互いを異性として充分意識する二人だが、どういう訳かぎごちなく気持ちは行き違い、しびれをきらしたメリッサは他の男の子とつきあってみたりする。 そして、遂に決定的に結ばれるチャンスが巡ってきた夜、二人は友達以上にはなれない自分達を発見する。 大学を出た二人はいよいよ全く別の道を歩き始める…。 作者 A. ガーニー プロフィール アメリカ、バッファロー生まれ。 20年以上にわたりMIT(マサチューセッツ工科大学)にて文学を教える。 2017年6月没。 主な作品は「ダイニング・ルーム」、「パーフェクト・パーティ」、「カクテル・アワー」、「ゴールデン・エイジ」、 「スイート・スウ」、「レイター・ライフ」、「シルヴィア」、「オーヴァータイム」、ミュージカル「レッツ・ドゥ・イット」 (コール・ポーター音楽)等。 受賞歴も多数。 「ラヴ・レターズ」は1988年、ニューヘイブンのロング・ウォーフ・シアターで世界初演が行われた。 1989年にはブロードウェイ、エディソン・シアターに登場。 さまざまなアンディーとメリッサに出会いながらロンドン、パリ、オーストラリア、デンマーク、 オランダ、アルゼンチン、ドイツ、そして日本と、世界各地で上演されている。 訳・演出家:青井陽治 プロフィール 翻訳家・演出家。 1969年、劇団四季演劇研究所入所。 多数の舞台に出演すると同時に翻訳・訳詞・劇作も行う。 1976年よりフリーとなり 、以後、海外戯曲の上演、ミュージカルの創作に独自の世界を築く。 第3回湯浅芳子賞翻訳・脚色部門を受賞。 第3回・第6回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。 2017年9月没。 主な作品に「真夜中のパーティ」「リトルショップ・オブ・ホラーズ」「あなたまでの6人」「GODSPELL」など。 「ラヴ・レターズ」では、 1990年8月19日の第1回公演から2016年12月10日の第469回公演まで訳・演出を務めた。 演出 藤田俊太郎 プロフィール 1980年生まれ、秋田県出身。 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科在学中の2004年、ニナガワ・スタジオに入る。 2005年以降2015年まで蜷川幸雄作品に演出助手として関わった。 2015年『ザ・ビューティフル・ゲーム』の演出により 第22回読売演劇大賞 杉村春子賞 優秀演家賞。 2017年『ジャージー・ボーイズ』の演出により第24回読売演劇大賞 優秀演出家賞。 『ジャージー・ボーイズ』『手紙2017』の演出の成果に対して第42回菊田一夫演劇賞。 2015年『美女音楽劇 人魚姫』2016年 『Take Me Out』2017年『ダニーと紺碧の海』『ピーターパン』演出。 1990年、青井陽治とパルコは「LOVE LETTERS」の上演をスタートしました。 当初の上演スタイルは、別作品の休演日や日曜日のマチネ公演の後に公演するというものでした。 出演者も30歳以上の方々に限っていましたが、若い俳優たちの「僕たちもLOVE LETTERSがやりたい! 」という声に応え、パルコスペースパート3で"YOUNG AND PROMISING"というシリーズを始めました。 この冒険がやがてパルコ劇場だけでなく、日本各地の劇場での上演につながっていきます。 上演を重ね27年目の2016年8月、「LOVE LETTERS」469回目の公演をフィナーレに、パルコ劇場が一旦休館しました。 そして1年後の2017年9月1日、翻訳・演出家として26年間の「LOVE LETTERS」と共にあった青井陽治が天に旅立ちました。 まるでパルコ劇場と歩みをともにするような、青井陽治の退場でした。 2017年12月、青井陽治の遺志を受けて、藤田俊太郎が「LOVE LETTERS」を演出します。 青井陽治の薫陶を受けた藤田俊太郎が、追悼の想いを込めて、その演出を大切にしながら、新たな歩みを進めていきます。

次の

渋谷パルコ劇場 劇場座席表(636人)

パルコ 劇場

緊急事態宣言の全面解除が決定した25日、政府が策定した経済活動再開に向けた目安では、エンタメ界に大きな希望が見えてきた。 コンサートやイベントなどの開催が条件付きで容認され、東京・渋谷のPARCO(パルコ)劇場で6月20日から上演予定だった、三谷幸喜氏(58)作・演出の舞台「大地」が、7月上旬の開幕を目指して準備を進めていることが分かった。 政府はこの日、コンサートなどの目安を、約3週間後の6月18日までは「上限人数を屋内で100人、屋外200人、または収容人数の50%以内」とし、同19日以降は屋内・屋外とも上限を1000人とすると策定した。 7月10日以降の上限人数は屋内・屋外とも5000人となる。 上限人数と「50%以内」の条件は、どちらか小さい方を限度とする。 「大地」が開幕を遅らせる理由の一つはチケットの発売方法だ。 パルコ劇場は636席。 6月20日の開幕に間に合わせるには「50%以内」の条件を順守し、半数の席にしなければならない。 しかし、すでに全席完売しているため、チケットをいったん払い戻し、半数の枚数で再販売する方向で検討が行われているようだ。 さらに稽古の遅れもある。 5月は稽古場が使えなかった上、6月に入ってからのスタートとなるが、3密を避け、感染拡大防止対策の下での稽古場使用となるため、稽古の進行ペースは遅くなる見通し。 また、主演の大泉洋(47)らキャスト陣も人気俳優ばかりで、千秋楽の8月8日までの日程を後ろ倒しすればスケジュール確保は難しい。 このため、日程の前半は中止にして、早ければ7月上旬の開幕を目指している。 主催者は取材に「どういう形で上演させていただくか、さまざまな角度から慎重に検討しながら準備を進めております」とした。 「大地」はパルコ劇場鳴り物入りのこけら落とし公演で、商業面でも業界屈指の売れっ子作家である三谷氏の作品。 公演が成功すれば演劇界全体が活気づくのは確実で成り行きが注目される。 策定中の2020年度第2次補正予算案の内容を説明。 2月以降に延期や中止になったコンサートなどのイベントを改めて開催する場合、費用の2分の1を上限5000万円まで支援するとした。 接待を伴う飲食業など小規模事業者や個人事業主が実施する感染対策費用への補助を最大150万円から200万円に引き上げる方針も示した。

次の