横浜市 即時避難勧告対象区域。 記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 9月3日23:39更新

戸塚区の危険な崖地はココだ!〈インターン・レポート〉

横浜市 即時避難勧告対象区域

ここで示されている「対象区域」について説明します。 例えば「井土ケ谷上町の一部」というのは、井土ケ谷上町の一部にある崖地周辺を指しています。 下記リンクの地図の赤く塗られた地域は「土砂災害警戒情報」の発表とともに避難勧告を一斉に発令する区域(即時避難勧告対象区域)です。 city. yokohama. city. yokohama. 令和元年9月3日21時10分、土砂災害警戒情報(横浜市南部)の発表に伴い、【警戒レベル4】避難勧告を発令しました。 対象区域は次のとおりです。 city. yokohama. ) <とるべき行動>対象区域にお住いの方は、避難場所などへ避難行動を開始してください。 避難場所への避難が困難な場合は、建物の2階以上(崖地と反対側の部屋)に一時的に避難するなどの行動をとってください。 対象区域外にお住いの方も、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害に十分警戒いただくとともに、テレビやラジオ、インターネット等で最新の気象情報を確認してください。

次の

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 9月3日23:39更新

横浜市 即時避難勧告対象区域

4/24 2019. 01 神奈川県横浜市 多くの被害をもたらした東日本大震災から8年が経過します。 東日本大震災からの教訓を基に制定した「よこはま地震防災市民憲章」では、「食料・飲料水などの備蓄」、「防災訓練への参加」など、私たち一人ひとりにできる日頃の備えなどについてまとめています。 災害の発生を防ぐことはできませんが、被害を減らすために、いつ起こるかわからない大地震への備えを見直してみましょう。 また、食料品や日用品を購入することが難しくなります。 家族構成や生活スタイルにあわせて、必要な備蓄をしておきましょう。 備蓄する量の目安は最低3日分です。 避難する際に必要となるものは、すぐに持ち出せるようにリュックなどに入れ、非常持出品として準備しておきましょう。 ・トイレパック 1人3日分で15個程度が目安です。 ホームセンターなどで購入できます。 定期的に使い、使った分を買い足すことで無理なく、備蓄することができます。 そんな時、役立ったのが、水の備蓄はもちろん、水を運ぶポリタンクや台車、体を拭くウェットティッシュだと言われています。 また、停電やガスの不通によって、食事や家族間の連絡で困った人も多くおり、懐中電灯や携帯ラジオ、携帯電話用充電器、乾電池、卓上コンロも重宝されました。 女性については、生理用品などの備蓄も役立ったと言われています。 一人ひとりが、訓練に参加して、災害への備えに取り組みましょう。 運用開始は4月1日からです。 さらに、本市から、土砂災害警戒情報の発表とともに事前に定めた区域 即時避難勧告対象区域 に避難勧告を発令し、そのことを緊急速報メールで配信します。 対象区域については日頃からホームページで確認しましょう。 「横浜市 即時避難勧告対象区域」で検索 緊急速報メールに関する問合せは:総務局緊急対策課へ 【電話】045-671-2064 【FAX】045-641-1677 避難勧告の対象区域に関する問合せは:各区総務課防災担当へ.

次の

崖地52カ所を避難勧告対象に 横浜市、土砂災害警戒発令時に

横浜市 即時避難勧告対象区域

横浜市は11月25日、土砂災害警戒情報発表とともに、避難勧告を一斉に発令する港北区の「即時避難勧告対象区域」を区内に221カ所ある土砂災害警戒区域の中から新たに3カ所を指定した。 * * * 今回指定されたのは、日吉本町2丁目の一部、大曽根台の一部、鳥山町の一部。 地質専門家が行った崖の高さ、勾配、表面の変化、亀裂、建物の有無などの現地調査の結果をもとに、崖崩れが発生した場合に人家に著しい被害を起こす恐れがある崖地を抽出し、その周辺を選定している。 32世帯70人が対象 港北区総務課によると、この3カ所には、32世帯70人が居住している。 区ではこれまでにこの世帯への戸別訪問を実施し、即時勧告対象となることや大雨時の防災情報の集め方、避難方法などを紹介。 また、13ある連合町内会自治会長や対象地区の町内会長などへの説明も行っており、住民からは「不安だが、非常時には行政の指示に従い、すぐに対応するようにしていきたい」といった声があがっているという。 区では対策強化を進めており、事前登録した電話機に、警戒情報や避難勧告発表と同時に一斉にコンピュータから電話をかけ、周知させる新システムを導入する方針だ。 また、大雨時はテレビやラジオのニュース、市危機管理室のホームページ、ツイッターなど、あらゆる手段での情報収集を呼びかけている。 「今回の3カ所に限らず区から避難に関する発表があればすぐに行動を」としている。 11区で累計100カ所に 市では、2014年10月の台風18号で発生したがけ崩れにより、死亡者を出した教訓を受け、同年12月に避難勧告対象区域として133カ所を指定している。 翌15年1月からはそれに加え、市内の土砂災害警戒区域内に存在する約9800カ所の崖地の見直し作業を行い、これまでに今回の港北区を含め11区の調査を終了させている。 これにより、即時避難勧告対象区域は、累計100カ所(崖97カ所+土石流3カ所)にのぼっている。

次の