かしこ 意味。 「主催」と「主宰」の違いとは?それぞれの意味や使い分けをご紹介

「かしこ」の意味とは|手紙での使い方や例文と男性が使わないわけ

かしこ 意味

「かしこみかしこみ」とは? 早速「かしこみかしこみ」の意味を解説します。 「かしこみかしこみ」は祝詞の一つ 日本には「神道」に用いられる「祝詞(のりと)」という大切な言葉があります。 祝詞は神様に奏上する特別な言葉で神職が神社で祭典や参拝のシーンで用いるのが通常とされています。 「祝詞」を唱えることで神様に近づくことができると言われていますが、強い言霊を持つ言葉としても広く知られています。 「かしこみかしこみ」の意味は「恐れ多く思う」 「かしこみかしこみ」は「かしこみ」という言葉が2度繰り返し使われている言葉ですが、「かしこみ」単体では「恐れ多く思う」「恐れる」「畏まる(かしこまる)」また「謹んで承る」などの意味があります。 つまり「かしこみかしこみ」と「かしこみ」を2回重ねることで「恐れ多く畏まる」の意を強め、「最大級の畏敬を持ち、心から祈りを捧げさせていただく」という姿勢を示しているのです。 「かしこみかしこみ」は「恐み恐み」「畏み畏み」とも書く 「かしこみかしこみ」は通常ひらがな表記をすることが多いですが、漢字表記では 「 恐み恐み」または「畏み畏み」となります。 「かしこみかしこみ」の意味をたどれば「尊敬」や「崇拝」を表す言葉であることが理解できますが、漢字表記では「恐れ多くも」「畏まって」という敬いの気持ちを表す意図で、この二つが使われています。 「恐み恐み」は「恐ろしい」という漢字であるため、恐怖感や不安を表す言葉のように捉えがちですが、あくまで「恐れ多い」という意味であり、ネガティブな感情を示すものではありません。 「かしこみかしこみ」の使い方をシーン別に紹介 それでは一般的には「かしこみかしこみ」をどのように使うのでしょうか?シーン別に紹介します。 神社に参拝する時 正月や祝い事などで神社に参拝する時に「かしこみかしこみもうす」という表現を使います。 通常は、2礼、2拍手をし、最後に1礼をしますが、2拍手をした後に神にお願いすること告げ、締めの言葉として「かしこみかしこみもうす」と言います。 「かしこみかしこみもうす」はもともと「かしこみかしこみまもおす(恐れ多くも申し上げます)」という言い回しで使われていました。 つまり「私のようなものが、あなたのような偉大な方に対し、恐れ多くもお願いをさせていただいています。 どうか聞いて下さい」という意味合いがあります。 家に祀られた神棚に祈りを捧げる時 家に神棚を設けている場合には、毎日神棚に向かって祈りを捧げることもあるでしょう。 この時、祈りの際に告げる言葉が「かしこみかしこもまもおす」です。 神前で手を合わせて、偉大ないる先祖を祀り、心から慎みと崇拝の念を表現します。 神前の結婚式では「恐美恐美」を使う もう一つ、神前の結婚式において使われる表現に「恐美恐美(かしこみかしこみ)」があります。 神前を含め結婚式では縁起のあまり良くない「終」「死」「別」などの言葉を嫌いますが「恐み恐み」という言葉に「美」という良い言葉を入れることで、良い結果につなげるという意図があります。 「かしこみかしこみ」を使う時に気を付けたいことは? 最後に「かしこみかしこみ」を使う時の注意点や気に留めておきたいことを紹介します。 「かしこみかしこみ」は相手に皮肉交じりに使わない 「かしこみかしこみ」は、相手がとてつもなく偉大であることが前提であり、最大限の敬意と慎みの気持ちを持って使うのが適切です。 言ってみれば「私のようなものが、お願いを申し上げるとは、とても恐れ多いこと」という何ともおこがましいという姿勢の表れでもあります。 たとえば、立場が上である「上司」や「取引先」などから怒鳴られた時などに、思わずカッとして皮肉交じりに「かしこみかしこみ」と茶化すように口走ることもあるようです。 これでは「からかっている」と勘違いされてしまうことは否めません。 「かしこみかしこみ」は現代の会話であまり使われない表現ですが、あくまで祝詞という厳粛で正しい言葉であるため、ふざけて濫用しないようにして下さい。 「かしこみかしこみ」は神への礼儀であることを理解しておく 「かしこみかしこみ」を使うのは「神への礼儀」であると理解しておくことが大切です。 総じて、神という偉大な存在に対し「恐れ多く思う」「畏まる」という慎み深い意味があることを理解しておきましょう。 「かしこみかしこみ」は神道に基づく「祝詞」です。 強い言霊を持つ表現であることを念頭に、感謝の気持ちを忘れないようにして下さい。 まとめ 「かしこみかしこみ」は神職が神に奏言する「祝詞」の一つで、「恐れ多いと思う」「かしこまる」など「慎みと敬いを持つ姿勢」を総体的に意味する言葉です。 神道に通じる厳粛な言葉ですが、強い言霊を持ち、神に近づくことができると言われています。 日常生活やビジネスシーンではあまり使われない表現ですが、自分が恐れ多いと感じる相手に出逢った時は、心の中でひそかに唱えてみてはいかがでしょうか?自然と相手に対する慎みや敬いの気持ちが溢れてくるかもしれません。

次の

かしこの意味と使い方はこれで完璧!手紙の女子力をアップさせよう

かしこ 意味

拝啓・かしこ・敬具の正しい意味に使い方!手紙の書き方や文例を紹介 「拝啓」の正しい意味として 最初に「拝啓」についてですけど 拝啓を訓読みしてみると 「おがみもうす」と読むことができます。 「拝」はおじぎで・・・謹んで 「啓」は述べるで・・・申し上げる となるので 「お辞儀をして申し上げる」 こういった意味合いになるわけですね。 日常的に誰かに会ったりする場合 まずは軽くお辞儀をして挨拶をするのが まあ常識的ですよね。 「拝啓」は手紙やメール上での頭語で お辞儀をして挨拶しているという 解釈になるわけです。 「敬具」の正しい意味として 次に敬具ですけど、訓読みすると 「うやうやしくととのえる」 といった読み方になり これは相手に敬意を表しつつ結ぶということで 誰かに会って一通り話をした後で 「それでは、また」 といった具合に言葉を交わすかと思いますが それを文面上で表しています。 「拝啓」と「敬具」は 1セットで使うようになっており 手紙を書く相手に礼儀や敬意を持って 挨拶しているという意味が含まれますので そのあたり意味を 理解しておきたいところでもあります。 「かしこ」の正しい意味って? では 「かしこ」って どういう意味になるんでしょうね。 一般的に「かしこ」は手紙の終わりに 女性の方が書く挨拶の用語になりますが どういった意味が含まれているのかといえば 「かしこ」 恐れ多いこと、恐縮です といった意味合いになり 「畏し(かしこし)」が 語幹になっているといいます。 あとは「かしく」と書くこともできるようで 「可祝(かしぐ)」と書いて 「これにて失礼します」といった 意味にもなります。 男性の場合は「恐惶謹言」といった具合に 漢字を用いるのに対して 女性の場合は平仮名となっているのには 文字としての形状も 漢字はどこかカクカクしていて 男性的なのに対して 平仮名は曲がっている部分もあれば 流麗にも見えるので女性的と 捉えられていたことから 古来より男性は漢字で 女性はひらがなを文章の最後の敬意を表す 用語として使っていたというわけですね。 そしてそれが現代いなっても ずーっと続いて今日に至る、というわけです。 こうして見ると「かしこ」の用語に そんな歴史があったのかーと ちょっと興味深くも感じます。 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの正しい使い方 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの 意味についてはだいたい 理解できたでしょうか。 では次にそれぞれの使い方について、です。 頭語と結語の組み合わせを間違えると 結局相手に対して失礼になってしまい トラブルの原因にもなりかねませんので ここは注意しておきましょう。 「拝啓」で始まり 「敬具」で結ぶ 「前略」で始まり 「草々」で結ぶ 一般的には上の2つが手紙などでの 挨拶文の書き出しと結語とされているようです。 あと送る相手が偉い人物 地位の高そうな人物の場合は より丁寧な使い方として 「謹啓」で始まり 「謹白」で結ぶ といった使い方もできます。 そして 「かしこ」についてですけど 先述したように 相手に敬意を表す用語となるので 女性が自分よりも目上の方に出す手紙に 「かしこ」と書くのが一般的とされています。 使い方としては「拝啓」で 始まった手紙の文末部分に 「かしこ」と書くのが一般的ですけど これは必ず セット使う必要はないといいます。 「かしこ」は他にも 「あらあらかしこ」 「あなかしこ」 「めでたくかしこ」 といった具合に色んな候補もあったりします。 「Sponsored link」 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの正しい書き方や例文 手紙での書き方 一般的に手紙やメールの場合は 以下のようにテンプレート化されているので 迷ったら以下にはてはめつつ 書いていくといいかと思います。 「1・頭語」 最初の「拝啓」「前略」といった 書き出し部分になります。 「2・前文」 ここははじめの挨拶の部分。 時候の挨拶の書き出し部分が この箇所です。 お互いに親しい間柄の場合は 省略されることも多いです。 「3・主文」 ここは手紙の中で伝えたい もっとも大事な部分でも ありますね。 書き出しの起語としては 「さて、この度は・・」 「さて、突然ですが・・」 「さて、先日は・・」 といった書き出しにすると 手紙の主文に自然と 入っていけます。 「4・末文」 手紙の締めくくりの文章ですね。 相手への気遣いの一文として ご自愛ください、などが ここに入ります。 「5・結語」 文の冒頭の「頭語」と 対になる用語をここに書きます。 「拝啓」なら「敬具」 「前略」なら「草々」 「謹啓」なら「謹白」 そして「かしこ」も ここに書きます。 「6・後付」 手紙を書いた 「日付」「署名」 「宛名」「脇付」となり 「いつ、誰が、誰に」 宛てたものなのか書く部分です。 「7・追伸」 最近の言葉でいうなら 「PS」ですね。 主文とは特に関係はないものの 追記したい内容があれば 書いておきましょう。 ・・・・・・ (主文省略) ・・・・・・ 徐々に暑くなっていきますので 末筆ながら、ご自愛のほど お祈り申し上げます。 今回のまとめ はい、今回はそんな感じで 「拝啓」「かしこ」「敬具」の それぞれの正しい意味や使い方 手紙での書き方や例文など 紹介してきました。 普段から意識していないとこういった知識って なかなか自分の中に根付かないものですけど 社会人になると年長者や 年配の方へ敬意を払い 互いに付き合っていく 必要も出てきますので こういった手紙の基本的な書き方は 覚えておいて損はないかと思いますよ。 「Sponsored link」.

次の

「草々」の意味とは?書く位置と使い方・「敬具」との違いも解説

かしこ 意味

拝啓・かしこ・敬具の正しい意味に使い方!手紙の書き方や文例を紹介 「拝啓」の正しい意味として 最初に「拝啓」についてですけど 拝啓を訓読みしてみると 「おがみもうす」と読むことができます。 「拝」はおじぎで・・・謹んで 「啓」は述べるで・・・申し上げる となるので 「お辞儀をして申し上げる」 こういった意味合いになるわけですね。 日常的に誰かに会ったりする場合 まずは軽くお辞儀をして挨拶をするのが まあ常識的ですよね。 「拝啓」は手紙やメール上での頭語で お辞儀をして挨拶しているという 解釈になるわけです。 「敬具」の正しい意味として 次に敬具ですけど、訓読みすると 「うやうやしくととのえる」 といった読み方になり これは相手に敬意を表しつつ結ぶということで 誰かに会って一通り話をした後で 「それでは、また」 といった具合に言葉を交わすかと思いますが それを文面上で表しています。 「拝啓」と「敬具」は 1セットで使うようになっており 手紙を書く相手に礼儀や敬意を持って 挨拶しているという意味が含まれますので そのあたり意味を 理解しておきたいところでもあります。 「かしこ」の正しい意味って? では 「かしこ」って どういう意味になるんでしょうね。 一般的に「かしこ」は手紙の終わりに 女性の方が書く挨拶の用語になりますが どういった意味が含まれているのかといえば 「かしこ」 恐れ多いこと、恐縮です といった意味合いになり 「畏し(かしこし)」が 語幹になっているといいます。 あとは「かしく」と書くこともできるようで 「可祝(かしぐ)」と書いて 「これにて失礼します」といった 意味にもなります。 男性の場合は「恐惶謹言」といった具合に 漢字を用いるのに対して 女性の場合は平仮名となっているのには 文字としての形状も 漢字はどこかカクカクしていて 男性的なのに対して 平仮名は曲がっている部分もあれば 流麗にも見えるので女性的と 捉えられていたことから 古来より男性は漢字で 女性はひらがなを文章の最後の敬意を表す 用語として使っていたというわけですね。 そしてそれが現代いなっても ずーっと続いて今日に至る、というわけです。 こうして見ると「かしこ」の用語に そんな歴史があったのかーと ちょっと興味深くも感じます。 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの正しい使い方 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの 意味についてはだいたい 理解できたでしょうか。 では次にそれぞれの使い方について、です。 頭語と結語の組み合わせを間違えると 結局相手に対して失礼になってしまい トラブルの原因にもなりかねませんので ここは注意しておきましょう。 「拝啓」で始まり 「敬具」で結ぶ 「前略」で始まり 「草々」で結ぶ 一般的には上の2つが手紙などでの 挨拶文の書き出しと結語とされているようです。 あと送る相手が偉い人物 地位の高そうな人物の場合は より丁寧な使い方として 「謹啓」で始まり 「謹白」で結ぶ といった使い方もできます。 そして 「かしこ」についてですけど 先述したように 相手に敬意を表す用語となるので 女性が自分よりも目上の方に出す手紙に 「かしこ」と書くのが一般的とされています。 使い方としては「拝啓」で 始まった手紙の文末部分に 「かしこ」と書くのが一般的ですけど これは必ず セット使う必要はないといいます。 「かしこ」は他にも 「あらあらかしこ」 「あなかしこ」 「めでたくかしこ」 といった具合に色んな候補もあったりします。 「Sponsored link」 「拝啓」「かしこ」「敬具」それぞれの正しい書き方や例文 手紙での書き方 一般的に手紙やメールの場合は 以下のようにテンプレート化されているので 迷ったら以下にはてはめつつ 書いていくといいかと思います。 「1・頭語」 最初の「拝啓」「前略」といった 書き出し部分になります。 「2・前文」 ここははじめの挨拶の部分。 時候の挨拶の書き出し部分が この箇所です。 お互いに親しい間柄の場合は 省略されることも多いです。 「3・主文」 ここは手紙の中で伝えたい もっとも大事な部分でも ありますね。 書き出しの起語としては 「さて、この度は・・」 「さて、突然ですが・・」 「さて、先日は・・」 といった書き出しにすると 手紙の主文に自然と 入っていけます。 「4・末文」 手紙の締めくくりの文章ですね。 相手への気遣いの一文として ご自愛ください、などが ここに入ります。 「5・結語」 文の冒頭の「頭語」と 対になる用語をここに書きます。 「拝啓」なら「敬具」 「前略」なら「草々」 「謹啓」なら「謹白」 そして「かしこ」も ここに書きます。 「6・後付」 手紙を書いた 「日付」「署名」 「宛名」「脇付」となり 「いつ、誰が、誰に」 宛てたものなのか書く部分です。 「7・追伸」 最近の言葉でいうなら 「PS」ですね。 主文とは特に関係はないものの 追記したい内容があれば 書いておきましょう。 ・・・・・・ (主文省略) ・・・・・・ 徐々に暑くなっていきますので 末筆ながら、ご自愛のほど お祈り申し上げます。 今回のまとめ はい、今回はそんな感じで 「拝啓」「かしこ」「敬具」の それぞれの正しい意味や使い方 手紙での書き方や例文など 紹介してきました。 普段から意識していないとこういった知識って なかなか自分の中に根付かないものですけど 社会人になると年長者や 年配の方へ敬意を払い 互いに付き合っていく 必要も出てきますので こういった手紙の基本的な書き方は 覚えておいて損はないかと思いますよ。 「Sponsored link」.

次の