米ドル。 AUD USD チャート

米ドル/円(ドル円):今日の予想|為替レート/FX | 投資の森

米ドル

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック 1. 49 pips 0 円 -4 円 1 通貨 1,000 円 1. 6 pips 1 円 -2 円 1,000 通貨 最大400,000 円 1. 6 pips 1 円 -2 円 1,000 通貨 最大400,000 円 1. 6 pips 1 円 -4 円 10,000 通貨 最大440,000 円 1. ランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨で表記しています。 特徴 同じオセアニア通貨ということや、主要な輸出先が中国であるということもあり、豪ドルと似通った値動きをとることが多い。 もっとも、天然資源に恵まれた豪州に対して、NZドルは主要産業が酪農、食肉、木材などとなっており、典型的な農業国。 そのため、国際商品価格の変動などで豪ドルが変動した場合は、動きに同調しないことがある。 かつては高金利通貨の代名詞であったが、リーマンショック及び世界的なディスインフレの進行からの金利低下をうけて、政策金利は同国にとっては過去最低水準である1. 75%に抑えられており、また当面同水準を維持すると公表している。 米国よりも低い金利水準となっていることもあり、金利差を狙った取引は減少している。 また2017年の政権交代により、中銀の責務に、物価の安定に加え雇用の最大化がくわえられ、かつてに比べて金利が上がりにくくなっている。 取引のポイント 純粋な意味での資源国通貨ではないが、資源国通貨と同調して動くことが多いため、商品市場動向などに要注意。 2017年の輸出品目第一位は乳製品で、全体の26. 1%と四分の一以上を占めており、乳製品価格がNZ経済に与える影響が大きいことから、月二回行われる乳製品の電子オークションでの価格動向が相場に影響を与えることがある。

次の

米ドル/円(ドル円):今日の予想|為替レート/FX | 投資の森

米ドル

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック 0. 7 pips -11 円 -6 円 1,000 通貨 最大1,500,000 円 0. 8 pips 7 円 -8 円 1,000 通貨 最大400,000 円 0. 8 pips 7 円 -8 円 1,000 通貨 最大400,000 円 0. 8 pips -107 円 0 円 1,000 通貨 最大500,000 円 0. ランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨で表記しています。 特徴 かつては高金利通貨の代名詞としてFX取引でも人気の通貨であった。 2018年8月時点での政策金利は1. 50%と、米国よりも低く、長期金利などでも米国の水準を下回っている。 もっとも、日本や欧州に比べると金利が取れる分、ある程度金利を意識した取引も残っている。 また、世界有数の資源国として、天然資源の国際市場での動向が相場に影響を与える資源国通貨としての一面も持っている。 輸出のトップ10はすべて天然資源が占めており、資源価格動向が豪経済に与える影響が大きい。 鉄鋼・石炭などが主な輸出品で、輸出先のトップは中国。 そのため、自国の経済指標だけでなく、中国の鉱工業生産や小売売上高など、中国の経済指標で豪ドルが動くこともある。 取引のポイント 鉄鋼・銅など金属資源の国際市場動向の影響を大きく受けるため、国際商品市場動向を要チェック。 中国向けの資源輸出が経済のカギを握っており、中国の需要減退などのニュースに反応しやすい面も。 かつて金利を狙った投機的な取引が多かったこともあり、世界的なリスク警戒感を誘うようなニュースに対する感応度が大きく、リーマンショックの際に、経済的にはほとんどン関係なかったにもかかわらず、ドル円以上に値を落としたこともあるため、大きなニュースには要注意。

次の

豪ドル/米ドル(AUDUSD)|為替レート・チャート|みんかぶFX

米ドル

会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 最小取引単位 口座開設キャッシュバック 1. 49 pips 0 円 -4 円 1 通貨 1,000 円 1. 6 pips 1 円 -2 円 1,000 通貨 最大400,000 円 1. 6 pips 1 円 -2 円 1,000 通貨 最大400,000 円 1. 6 pips 1 円 -4 円 10,000 通貨 最大440,000 円 1. ランド円とメキシコペソ円のみ10万通貨で表記しています。 特徴 同じオセアニア通貨ということや、主要な輸出先が中国であるということもあり、豪ドルと似通った値動きをとることが多い。 もっとも、天然資源に恵まれた豪州に対して、NZドルは主要産業が酪農、食肉、木材などとなっており、典型的な農業国。 そのため、国際商品価格の変動などで豪ドルが変動した場合は、動きに同調しないことがある。 かつては高金利通貨の代名詞であったが、リーマンショック及び世界的なディスインフレの進行からの金利低下をうけて、政策金利は同国にとっては過去最低水準である1. 75%に抑えられており、また当面同水準を維持すると公表している。 米国よりも低い金利水準となっていることもあり、金利差を狙った取引は減少している。 また2017年の政権交代により、中銀の責務に、物価の安定に加え雇用の最大化がくわえられ、かつてに比べて金利が上がりにくくなっている。 取引のポイント 純粋な意味での資源国通貨ではないが、資源国通貨と同調して動くことが多いため、商品市場動向などに要注意。 2017年の輸出品目第一位は乳製品で、全体の26. 1%と四分の一以上を占めており、乳製品価格がNZ経済に与える影響が大きいことから、月二回行われる乳製品の電子オークションでの価格動向が相場に影響を与えることがある。

次の