外国人 28時間 起算日。 外国人の雇用 |厚生労働省

入管法にかんしてのご質問です入管法第19条に資格外活動に関しての文...

外国人 28時間 起算日

外国人留学生のアルバイト、長期休暇中は「1日8時間」「週40時間」まで可能に 外国人留学生が資格外活動の許可を得て可能になる就労時間数は、 原則「1週間28時間以内」です。 この制限は、労働をそもそもの入国の目的(留学)に支障をきたさない範囲にとどめるために設けられています。 「学則による長期休業期間」とは、学校の夏休み等に定められた期間のことを指し、本来学校がある期間にもかかわらず、休講等が多く生じた期間については適用されません。 もちろん、この場合にも在留カードの「資格外活動許可欄」の記載、掛け持ち労働の有無の確認はしっかりと行い、事業主として不法就労を助長せぬよう努めましょう! 外国人留学生の「週40時間」以外に、事業主が配慮すべきこと 外国人留学生を働かせる上では、前号、そして今号にてご紹介した「就労可能時間数」の管理だけでなく、私たち日本人に適用される「労働基準法の遵守」についても徹底する必要があります。 具体的には、下記の点について、「外国人であること」を理由に不適切な取り扱いをしてはいけません。 労働条件の通知 採用にあたり交付する労働条件通知書は、労働者本人が理解できなければなりません。 日本語では分からないようであれば本人が分かる言語での作成・説明が必要です。 厚生労働省が「外国人労働者向けモデル労働条件通知書(英語)」のリーフレットを公開していますので、参考にしましょう。 参考:厚生労働省「」 最低賃金 外国人労働者であることを理由に、不当に低額な賃金で働かせることは出来ません。 日本人労働者同様、地域別最低賃金もしくは特定最低賃金のいずれか高い方を元に算出する必要があります。 参考: 厚生労働省「」 厚生労働省「」 休憩・休日 労働基準法上、労働者の休憩・休日については 「使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければならない」 「使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならない」 とされています。 この規定は、日本で働く労働者全員に適用されますから、外国人労働者についても例外ではありません。 参考:厚生労働省「」 安全衛生対策 労働者が安全に働く上でのルールや安全標識は、もちろん、外国人アルバイトであっても十分に理解しておくべきです。 ただし、こうした細かな事項を日本語以外で正しく説明することは、外国語に不慣れな事業主にとっては悩みのタネとなることもあるのではないでしょうか? この点。 厚生労働省が公開する「外国人労働者の労働災害防止」に関わるリーフレットを活用すれば、説明がスムーズに進みそうです。 参考:厚生労働省「」 外国人雇用については、日本の就労ルールを理解してもらうこと、働く上でしっかりと日本人労働者とのコミュニケーションをとってもらうことなど、現場においては様々な難しさがあるものと思います。 対応せず、では大きなトラブルに発展する可能性も。 お悩みの際には、なるべく早期に、外国語対応可能な社会保険労務士へのご相談をご検討いただくのが得策です(弊事務所では英語対応可能です!)。 外国人労働者の「1日8時間」「週40時間」の管理には、がオススメです^^.

次の

【外国人社員雇用Q&A】1週間28時間以内のアルバイトは一社ごとに計算するのですか?|行政書士阿部総合事務所

外国人 28時間 起算日

外国人留学生の就労時間制限について よろしくお願い申し上げます。 弊社では、1ヶ月単位のを導入しています。 1.資格外活動許可を取得している外国人留学生の就労時間は1週28時間までとなっていますが、この場合1日の就労時間制限はあるのでしょうか。 弊社のように変形労働時間制を導入している企業では、1日8時間以上の就労も可能でしょうか。 2.長期休暇中は1日8時間までとなっていますが、上記1.の回答で1日8時間以上の就労が可能であったとしても、長期休暇中は1日8時間が上限となり、その代り1週40時間まで伸びるということになるのでしょうか。 3.1週28時間はどこから起算しても28時間でないといけませんが、長期休暇中の1週40時間は労基法通り、指定がなければ日曜日起算で40時間と考えてよいのでしょうか。 ご教示いただきたくよろしくお願い申し上げます。 2.ご認識の通り、1日8時間・週40時間が上限になるものと考えられます。 3.1日8時間・週40時間という時間数からの法定労働時間を指すものと考えられますので、日曜日起算で差し支えないように思われます。 念のため確認させて頂きますと、1.に関しましては、「特に定められていない~、避けるべき~」という表現から考えますと、一応理屈の上では、1日9時間勤務を週3回や14時間勤務を週2回ということも違法ではないと理解してよろしいでしょうか。 度々申し訳ございませんがよろしくお願い申し上げます。 「1.に関しましては、「特に定められていない~、避けるべき~」という表現から考えますと、一応理屈の上では、1日9時間勤務を週3回や14時間勤務を週2回ということも違法ではないと理解してよろしいでしょうか。 従いまして、あくまで参考意見であり、違法性の有無について断定までは出来かねます件ご了承下さい。 但し、留学生に関する労働時間制限の主旨からしましても避けるべきというのが私共の見解になります。 仮に敢えてこうした法の主旨に反すると思われる不規則勤務を実施される場合は、御社自身の判断で責任を持たれる必要がある旨留意下さい。 大変参考になりました。 ご指摘頂いた件、法の主旨を踏まえて事業運営を行って参りたいと思います。 ご教示頂きまして誠にありがとうございました。 当社では1ヶ月単位の変形労働時間制を導入しております。 たとえば、2月1日から2月29日までの1ヶ月単位の変形労働時間制を締結している場合、 最後の週(2月25日から3月2日まで)についても40時間を越えてしまいます。 (土曜起算で1週間としています。 ) このとき... 1ヶ月の変形労働時間制と1年の変形労働時間制について、導入するにあたり、労務管理面で注意することを教えてください。 また、それ以外に変形労働時間制を導入できる月数(3カ月など)はありますか。 また、1ヶ月と1年変形のメリットとデメリットについても教えてください。 休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。 あわせて読みたいキーワード 長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。 通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。 変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。 一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働... 「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。 厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休... よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか? 有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43. 7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。 総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

次の

外国人の雇用 |厚生労働省

外国人 28時間 起算日

Q1 : 私は「留学」の資格で在留している学生ですが、学校が終わったあとにアルバイトをしたいと思います。 何か許可が必要ですか。 A 外国人の方が本来の活動を行いながら、アルバイト等の収入を得る活動等を行う場合には,地方入国管理官局において 資格外活動許可を受ける必要があります。 資格外活動許可を受けた場合、基本的には、 1週について28時間以内(留学生については、在籍する教育機関で 長期休暇期間があるときは、1日について8時間以内)の収入を伴う事業を運営する活動、または報酬を受ける活動が可能です。 ただし、風俗営業等の一定の活動を除きます。 また、特別な場合を除いては、「技能実習」、「研修」、「短期滞在」の在留資格をもつ者には、資格外活動の許可はされていません。 Q4: 私は外国人留学生で、来年卒業予定です。 日本で就職することを希望していますが、まだ内定をもらっていません。 日本に残って就職活動はできますか。 A 留学生の方が、卒業後に在学時より行っていた就職活動を引き続き行うことを目的として日本への在留を希望する場合、在留資格「 特定活動」への変更申請手続きを行います。 この場合、在留が 6ヶ月間認められる制度があります。 更にもう1回の在留期間更新が認められると最長1年間までの在留が可能となり、就職活動を継続することができます。 必要書類としては次のようなものがあります。 在留中に一切の経費の支弁能力を証する文書• 卒業証書(写し)または卒業証明書• 直前まで在籍していた大学(専門学校)による継続就職活動についての「推薦状」• 継続就職活動を行っていることを明らかにする資料• その他 Q9: 「留学」ビザがあと1ヶ月で切れる大学生です。 この春卒業し、現在は、就労ビザへの変更申請をしています。 おそらく、結果の出る前に在留期限は来てしまいます。 もし不許可になったら、帰国するしかありませんか。 できれば、また別の企業への就活を続けたいのですが、不許可になってからでも、就職活動のためのビザをもらうことはできるのでしょうか。 A 不許可ではありますが、このようなケースに対して、入国管理局では、不許可となった就労ビザへの変更申請を「特定活動」への変更申請として取り扱います。 一定条件を満たした留学生の就職活動に対する救済措置であり、この場合、「留学」の期限が到来していても、オーバーステイとはみなされません。 ただし、就労ビザあるいは「特定活動」への変更申請を行うことなく「留学」の在留期限が到来した場合は、オーバーステイとなります。

次の