どう でも いい や 歌詞。 【ヨルシカ/夜紛い】の歌詞の意味を徹底解釈

まねきケチャ どうでもいいや 歌詞

どう でも いい や 歌詞

等身大を歌うとかそんなのどうでもいいから 他人よりも楽に生きたい 努力はしたくない 俯いたまま歩くから空の青さがわからない 君の写真を見ていただけ がらんどうの心が夕陽の街を歩いてく 銃身よりも重いと引き攣ったその嘘の分だけ 人生ごとマシンガン、消し飛ばしてもっと 心臓すら攫って ねぇ、さよなら一言で 悲しいことを消したい 嬉しいことも消したい 心を消したい 君に一つでいい、ただ穴を開けたい 名もない花が綺麗とかそんなのどうでもいいから 貧しい心を消したい バイトはしたくない 俯いたまま話すから人の気持ちがわからない 君の写真を見ていただけ ライブハウスの中で等身大を歌ってる 金にもならないような歌なんか歌いやがってさ、馬鹿みたいだな 人生とはマシンガン そんなことを言いたい リフレインごと歌って ねぇ、その喉から全て 切ない歌を消したい 優しい歌も消したい 聞くだけで痛い 僕に一つでいい 人生ごとマシンガン 消し飛ばしてもっと 苦しいんだと笑って ねぇ、さよなら一言で 君が後生抱えて生きていくような思い出になりたい 見るだけで痛いような ただ一つでいい 君に一つでいい 風穴を開けたい 解釈 他人と同じだけの能力なんていらないから 他人より楽にいきたいし、努力もしたくない。 君の写真を見て俯いたまま歩くから空の青さがわからない。 まず、前提として、この曲は「パレード」の続きとして歌詞が書かれています。 主人公とエルマの物語を流れも知るためにも、「パレード」の解釈記事を読んでいただいてからこの記事を読んでいただくことを推奨しています。 branchwith. と言う意味があります。 そこから「他人と同じだけの能力はいらない」と歌い出しは解釈できます。 また、「俯いたまま〜」からの部分は、エルマを忘れられない主人公の心情を歌っているものと推測できます。 がらんどうの心が夕陽の街を歩いてく 銃身よりも重いと引き攣ったその嘘の分だけ 解釈 中身の無い空っぽな心の僕が街を歩いている。 嘘のぶんだけ引き攣って、僕の歩みを妨げている。 「がらんどう」とは中に何もないことを指します。 そこから「中身の無い空っぽな」と解釈しています。 「銃身〜」の部分。 ここは解釈する際にかなり迷いました。 嘘の分だけ銃身より重いと引き攣るってちょっと意味わかりませんよね。 ここを解釈する上で、少しフライングしてしまいますがサビの歌詞を見て見ましょう。 マシンガンで君に穴を開けたいというようなことを言っていますね。 このサビの歌詞と、がらんどうな心という歌詞を考慮すると「嘘の分だけ銃身より重いと引き攣る」を「嘘(歩むために自分を騙す嘘)をつけばつくほど君(エルマ)を打つことを戸惑ってしまう」とすんなり解釈することができます。 人生ごとマシンガン、消し飛ばしてもっと 心臓すら攫って ねぇ、さよなら一言で 悲しいことを消したい 嬉しいことも消したい 心を消したい 君に一つでいい、ただ穴を開けたい 解釈 人生とは辛いことを乗り越えることだなんて言ってみたい。 君の最後を何度でも歌って。 あぁ、君のその喉から切ない歌も優しい歌も全て消してしまいたい。 「人生とはマシンガン」。 この部分はマシンガンをエルマを消すための道具と解釈すると、「人生とは辛いこと(=エルマがいなくなったこと)を乗り越えること」と解釈できます。 リフレインとは詩・楽曲の各節最後の部分をくりかえすこと。 そのくりかえし。 という意味があります。 エルマは音楽であり詩だ。 というのが主人公の考えですから、リフレインの部分はエルマの最後、つまりエルマの死ぬ間際のことを指しているのでしょう。 人生ごとマシンガン 消し飛ばしてもっと 苦しいんだと笑って ねぇ、さよなら一言で 君が後生抱えて生きていくような思い出になりたい 見るだけで痛いような ただ一つでいい 君に一つでいい 風穴を開けたい.

次の

CIVILIAN どうでもいい歌 歌詞

どう でも いい や 歌詞

等身大を歌うとかそんなのどうでもいいから 他人よりも楽に生きたい 努力はしたくない 俯いたまま歩くから空の青さがわからない 君の写真を見ていただけ がらんどうの心が夕陽の街を歩いてく 銃身よりも重いと引き攣ったその嘘の分だけ 人生ごとマシンガン、消し飛ばしてもっと 心臓すら攫って ねぇ、さよなら一言で 悲しいことを消したい 嬉しいことも消したい 心を消したい 君に一つでいい、ただ穴を開けたい 名もない花が綺麗とかそんなのどうでもいいから 貧しい心を消したい バイトはしたくない 俯いたまま話すから人の気持ちがわからない 君の写真を見ていただけ ライブハウスの中で等身大を歌ってる 金にもならないような歌なんか歌いやがってさ、馬鹿みたいだな 人生とはマシンガン そんなことを言いたい リフレインごと歌って ねぇ、その喉から全て 切ない歌を消したい 優しい歌も消したい 聞くだけで痛い 僕に一つでいい 人生ごとマシンガン 消し飛ばしてもっと 苦しいんだと笑って ねぇ、さよなら一言で 君が後生抱えて生きていくような思い出になりたい 見るだけで痛いような ただ一つでいい 君に一つでいい 風穴を開けたい 解釈 他人と同じだけの能力なんていらないから 他人より楽にいきたいし、努力もしたくない。 君の写真を見て俯いたまま歩くから空の青さがわからない。 まず、前提として、この曲は「パレード」の続きとして歌詞が書かれています。 主人公とエルマの物語を流れも知るためにも、「パレード」の解釈記事を読んでいただいてからこの記事を読んでいただくことを推奨しています。 branchwith. と言う意味があります。 そこから「他人と同じだけの能力はいらない」と歌い出しは解釈できます。 また、「俯いたまま〜」からの部分は、エルマを忘れられない主人公の心情を歌っているものと推測できます。 がらんどうの心が夕陽の街を歩いてく 銃身よりも重いと引き攣ったその嘘の分だけ 解釈 中身の無い空っぽな心の僕が街を歩いている。 嘘のぶんだけ引き攣って、僕の歩みを妨げている。 「がらんどう」とは中に何もないことを指します。 そこから「中身の無い空っぽな」と解釈しています。 「銃身〜」の部分。 ここは解釈する際にかなり迷いました。 嘘の分だけ銃身より重いと引き攣るってちょっと意味わかりませんよね。 ここを解釈する上で、少しフライングしてしまいますがサビの歌詞を見て見ましょう。 マシンガンで君に穴を開けたいというようなことを言っていますね。 このサビの歌詞と、がらんどうな心という歌詞を考慮すると「嘘の分だけ銃身より重いと引き攣る」を「嘘(歩むために自分を騙す嘘)をつけばつくほど君(エルマ)を打つことを戸惑ってしまう」とすんなり解釈することができます。 人生ごとマシンガン、消し飛ばしてもっと 心臓すら攫って ねぇ、さよなら一言で 悲しいことを消したい 嬉しいことも消したい 心を消したい 君に一つでいい、ただ穴を開けたい 解釈 人生とは辛いことを乗り越えることだなんて言ってみたい。 君の最後を何度でも歌って。 あぁ、君のその喉から切ない歌も優しい歌も全て消してしまいたい。 「人生とはマシンガン」。 この部分はマシンガンをエルマを消すための道具と解釈すると、「人生とは辛いこと(=エルマがいなくなったこと)を乗り越えること」と解釈できます。 リフレインとは詩・楽曲の各節最後の部分をくりかえすこと。 そのくりかえし。 という意味があります。 エルマは音楽であり詩だ。 というのが主人公の考えですから、リフレインの部分はエルマの最後、つまりエルマの死ぬ間際のことを指しているのでしょう。 人生ごとマシンガン 消し飛ばしてもっと 苦しいんだと笑って ねぇ、さよなら一言で 君が後生抱えて生きていくような思い出になりたい 見るだけで痛いような ただ一つでいい 君に一つでいい 風穴を開けたい.

次の

NMB48 どうでもいい人仮面 歌詞&動画視聴

どう でも いい や 歌詞

等身大を歌うとかそんなのどうでもいいから 他人よりも楽に生きたい 努力はしたくない 俯いたまま歩くから空の青さがわからない 君の写真を見ていただけ がらんどうの心が夕陽の街を歩いてく 銃身よりも重いと引き攣ったその嘘の分だけ 人生ごとマシンガン、消し飛ばしてもっと 心臓すら攫って ねぇ、さよなら一言で 悲しいことを消したい 嬉しいことも消したい 心を消したい 君に一つでいい、ただ穴を開けたい 名もない花が綺麗とかそんなのどうでもいいから 貧しい心を消したい バイトはしたくない 俯いたまま話すから人の気持ちがわからない 君の写真を見ていただけ ライブハウスの中で等身大を歌ってる 金にもならないような歌なんか歌いやがってさ、馬鹿みたいだな 人生とはマシンガン そんなことを言いたい リフレインごと歌って ねぇ、その喉から全て 切ない歌を消したい 優しい歌も消したい 聞くだけで痛い 僕に一つでいい 人生ごとマシンガン 消し飛ばしてもっと 苦しいんだと笑って ねぇ、さよなら一言で 君が後生抱えて生きていくような思い出になりたい 見るだけで痛いような ただ一つでいい 君に一つでいい 風穴を開けたい 解釈 他人と同じだけの能力なんていらないから 他人より楽にいきたいし、努力もしたくない。 君の写真を見て俯いたまま歩くから空の青さがわからない。 まず、前提として、この曲は「パレード」の続きとして歌詞が書かれています。 主人公とエルマの物語を流れも知るためにも、「パレード」の解釈記事を読んでいただいてからこの記事を読んでいただくことを推奨しています。 branchwith. と言う意味があります。 そこから「他人と同じだけの能力はいらない」と歌い出しは解釈できます。 また、「俯いたまま〜」からの部分は、エルマを忘れられない主人公の心情を歌っているものと推測できます。 がらんどうの心が夕陽の街を歩いてく 銃身よりも重いと引き攣ったその嘘の分だけ 解釈 中身の無い空っぽな心の僕が街を歩いている。 嘘のぶんだけ引き攣って、僕の歩みを妨げている。 「がらんどう」とは中に何もないことを指します。 そこから「中身の無い空っぽな」と解釈しています。 「銃身〜」の部分。 ここは解釈する際にかなり迷いました。 嘘の分だけ銃身より重いと引き攣るってちょっと意味わかりませんよね。 ここを解釈する上で、少しフライングしてしまいますがサビの歌詞を見て見ましょう。 マシンガンで君に穴を開けたいというようなことを言っていますね。 このサビの歌詞と、がらんどうな心という歌詞を考慮すると「嘘の分だけ銃身より重いと引き攣る」を「嘘(歩むために自分を騙す嘘)をつけばつくほど君(エルマ)を打つことを戸惑ってしまう」とすんなり解釈することができます。 人生ごとマシンガン、消し飛ばしてもっと 心臓すら攫って ねぇ、さよなら一言で 悲しいことを消したい 嬉しいことも消したい 心を消したい 君に一つでいい、ただ穴を開けたい 解釈 人生とは辛いことを乗り越えることだなんて言ってみたい。 君の最後を何度でも歌って。 あぁ、君のその喉から切ない歌も優しい歌も全て消してしまいたい。 「人生とはマシンガン」。 この部分はマシンガンをエルマを消すための道具と解釈すると、「人生とは辛いこと(=エルマがいなくなったこと)を乗り越えること」と解釈できます。 リフレインとは詩・楽曲の各節最後の部分をくりかえすこと。 そのくりかえし。 という意味があります。 エルマは音楽であり詩だ。 というのが主人公の考えですから、リフレインの部分はエルマの最後、つまりエルマの死ぬ間際のことを指しているのでしょう。 人生ごとマシンガン 消し飛ばしてもっと 苦しいんだと笑って ねぇ、さよなら一言で 君が後生抱えて生きていくような思い出になりたい 見るだけで痛いような ただ一つでいい 君に一つでいい 風穴を開けたい.

次の